1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008年09月28日(日) 01時24分16秒

責任を負うのが嫌で誰かに一任すると言うのはそういうこと

テーマ:日記

おまえらにまともなアルバムの一ページが手に入ると思うなよ

定あきです


 春先に、ゼミの卒業生向け文集の編集を任された定あき。

 今度は自分達の卒業アルバムの、ゼミページの編集を任されております。

 理由は、他に誰もやりたがらなかったと言うことと、定あきともう一名、副ゼミ長という立場の人間が2人いる訳ですが、この副ゼミ長という立場、特に何もする事が無かった為、今まで特になんの仕事もしていないので仕事しとこう。と言う感じの経緯。


 ま、理由は何にせよ、あの小娘どもが卒業アルバムの自分達を飾るページを定あきに一任したと言うことが、どれだけ墓穴を掘っていのか思い知らせてやるんよ。高校の文化祭の校門を飾るアーチにわはーや小唄を使ったり、新入生歓迎会の入場曲でゲキテイファイナルを流した男の底力を見せてやるんよ。

 とりあえず手始めに、入手した編集用画像データを、一枚一枚、人物だけを大雑把に切り取って素材化してやったんよ。でも面倒だから途中で止めたんよ。


 月曜にもう1人の男の子と一緒に編集するから、その時に素材化しちゃうことにした。使う画像を決めてからでないと面倒でやってられん。

 とりあえず、今の考えとしては「ウォーリーを探せ」的なニュアンスか、有名CDの表紙デザインみたいなのをパクッて作っていこうかと考えてる。実際にウォーリーも入れようかと思ってる。雑誌の切り抜きとかキャラクターとかの使用は禁止なんだけど、要は著作権に触れるなって事だから、分からないようにすれば問題ないよ。多分。


 小中高、大学もそうだけど、学生ってのは特別な仕事を嫌がる傾向があるんよね。クラス委員長とか良い例で。まぁ、傾向って言うか面倒だと思って当然の行動かもしれんけど。

 定あきは昔から、そういうのをやるのが苦でなくて、むしろそれを決めるのにいちいち立候補だの推薦だの多数決だのとギャーギャー時間取って決めるのが嫌いだった。「もう俺がそれやるからとっとと帰ろうぜ」みたいなニュアンスだった。

 ただ、そういうのを面倒臭がって誰かに一任するということは、自分達の決定権を委ねるのと同じ事でさ、後になってその人間が取った決定に文句を言う資格はほとんど無くなるんだよね。

 具体的に言うと、無印ToHeartの1話で、バカ女に推薦されて決定された委員長が席替えの方法はクジ引きだって言ったら、もうそれに文句言う権利は周りには無いのよね。


 っつーことで、奴らにグーの音しか出ないような卒業アルバムの一ページをお見舞いしてやるわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年09月27日(土) 03時42分54秒

生き残りたい!生き残りたい!まだ生きてたくなる!

テーマ:日記

ヤバイ!内定取れる気がしない!

定あきです


 マクロスF面白かった!17才の覇権短かった!劇場版見に行く!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月25日(木) 04時55分48秒

リフレッシュ

テーマ:日記

家族計画を久々にプレイして心身ともにリフレッシュ

定あきです


 最近チェリさんをスカイプで見ない。ブログも更新しない。

 きっと、脳内会社に目覚めて生まれ変わったに違いない。

 おめでとうチェリさん。ホルデインの領土は、ロッシ雪原まで占領されたよ…。


 ここ数日、お金を使って一気に身の回りを整えました。

 まず、ルーターとLANケーブルを2本買って、PCを新調してから使っていなかった、以前みかん氏から買った旧PCも使用可能に。

 まぁ、大きなお金の使用っていったらこれくらいしかありませんでしたが、駅前のブックオフで懐かしのゲーム「EverGreenAvenue」を280円で購入。mooデザインのキャラに「悠久の調べふたたび…」という謳い文句で、どう見てもスターライトマリーに版権持ったまま倒産されて続きが出せなくなった悠久シリーズに似た何かを作ろうとしたゲーム。まぁ、ミッションの成否をルーレットで決めるシステムは若干斬新だったけど、それ以上の何かは特になく、それで最終的に280円という価格になったのだと思う。

 さらに、電源拡張ソケットも購入、800円くらいで6つコンセント挿せてスイッチでオンオフ切り替えられる奴があった。広告の品だったらしく結構安いと思った。

 それらで、PC周辺を徹底的に整頓。流石に一年以上生活して、この部屋もそれなりにゴミゴミしてきたので、そろそろ大々的な改革が必要。

 そして、駅前ではない遠くのブックオフで、悠久幻想曲2ndアルバムを200円で購入。最近、持ってるゲームでも何故か500円ワンコイン以内で買えてしまうようなのがあると手を出してしまう。

 珍道中としてチェリさんあたりに送ろうと思ったけど、若干久しぶりに自分でやりたくなったりしてる。


 身体を洗うのに、石鹸ではなくボディソープに切り替えたら、脇から妙にかぐわしい臭いが漂ってきて困る。

 さて…寝よう。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年09月21日(日) 02時30分25秒

あー…

テーマ:日記
ブログの更新はIEじゃなくてFireFoxでね。って言う決まりを忘れてIEで30分近く文章書いてフリーズした。ストレスハナマル急上昇
定あきです

 どんな話を書いていたかって言ったら、中川翔子さんの歌う劇場版グレンラガンのテーマソング「続く世界」は、熱い歌として聞くには少々残念であるということ。
 なんか全体的に曲調が熱い割りには、特別な盛り上がりが無くて、熱いまま淡々としてるから、正直、これじゃぁ熱くなれない。

 という話を、30分近くかけて書いてたんですが、全部消え去りました。
 完全な批判文になりかけてたから、むしろその方が幸せだったかもわからんね。
 ACE3「深紅」とWA5「Justice to Believe」に次ぐ定あき自転車爆走時テンションMAXソングは未だ現れずか…。熱いだけの曲ならちょろちょろあるんだけど、その曲を聴くだけでMTB最高速まで持っていける曲ってのは前の2曲以外はまだ無いなぁ…。
 「Justice to Believe」に関しては、定あき、一時期かなり批判してた気もしますが、それは曲そのものじゃなくて、主題歌の人選をした製作側への批判だから、別に曲は悪くないと思うんだ。どのくらい悪くないかと言うと、水樹奈々の曲は正直これ以外には全然魅かれないってくらいだね。

 なんか一時間近く歯ブラシを口に突っ込んでる気がしてきた…

>中継さん
 正直に言うと、そういうルームシェアは結構憧れてるところがあります。
 だとしても中小零細企業の何かしらで社員にはなりますよ…。
 コミケに関しては、既に若干倦怠気味なんですよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月19日(金) 23時50分25秒

NHK料金?払いませんよ

テーマ:日記

SHARP製モノラルテレビが買って一年ちょいで受信しなくなったんじゃ!!

定あきです


春前

 時々テレビを見てて、一瞬だけ映像が乱れる事があった


春過ぎ

 映像の乱れがちょこちょこおこるようになった


夏前

 電源を入れると乱れた状態からスタート。時間が経つとまともになる


現在

 常に砂嵐状態。乱れが収まるのを待つ気にもならない


 バーカ!!SHARPバーか!!

 保障?一年の保障がありますが、もう切れてるよ!!

 ねー、いーでしょー?テレビ見れないからNHK料金払わなくてもいーでしょー?


 鉄腕バーディーDECODEを6話まで見たんですがね、4話くらいまでは、「いいぞ!もっとやれ!!」って感じでした。そのあとはもうなんかしょんぼりな感じでした。

 DECODEと旧バーディを比較するのもいかがなものかと思うかもしれませんが、元が同じものなら比べても良いよね。

なんかDECODEはふつーのアニメ。映像が特別スゴイ訳でもなく、塗りがすごい綺麗な訳でもなく、キャラがめちゃくちゃ可愛い訳でもない。

 鉄腕バーディーの、「あるひ平凡な男の子の前に女の子の宇宙人が現れて、吸った揉んだで同じ身体で生活する事になりました」って設定はすっごい好きなんですけどね、それをアニメ化するのはもう数年前に一度実現してる事で、新しくアニメ化しなおすって事は、そこに何かプラスアルファが必要だと思うんですよ。まぁ、キャラクター設定は若干変わってますけどね。

 コレをアニメ化します!数年前にも一度アニメ化されてますが、もう一回します!でふつーのアニメ作ってもさ…、そりゃ誰も見向きもしませんわな…。


 10話くらいまで見て急展開が無かったらもう良いや…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月17日(水) 02時07分16秒

定あきさんに就職とかできるはずないし

テーマ:日記

定あきさんに就職とかできるはずないし

あ?定あきです


 国内で、自転車専門店として一位の自転車販売店の一次選考で落ちました。

 もうさー、お兄さん、どこ行っても内定なんかもらえる気しないよぉー。お兄さん自分を飾るのが大の苦手でさぁー、面接とか結構正直に喋っちゃうんだよねぇー。正直って言うか、ぺらぺらぺらぺら喋っちゃうのよぉ。これでも一時はラジ「」やってたくらいの喋り好きだからさぁ?人生の転換期である就活でもさぁ、喋らされたらペラペラ喋っちゃうんだってばよぉー。別に致命的にマイナスな印象与えるような事は一切言って無いんだけどさぁー。どうもこう、どっかでマイナスが重なってるみたいなんだってばよぉー。それとは別に、大学ブランドで判断されたらその時点でもうどうしようもないんだけどねぇー。まぁ、もうお兄さんやる気失っちゃったわけよぉ。


 しばらくは家族計画を4週目のコンプする事に心血を注ごう。

 定あきが将来結構しても良いと思える女性は青葉姉さんだけだわ、マジで。(ほい二次元脳

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年09月16日(火) 03時02分54秒

総括

テーマ:日記

定 あき は チェリング あき の トランクス を 装備 した

定あきです


 腰周りのサイズがきつそうで入らないんじゃないかなぁと思ったんですが、案外普通に入りました。若干ゴムひもが頑張ってる様子はありますが…。

 さて、九州旅情に関してはこれが最後、全体のまとめなお話になります。と言っても、既にほぼ全てを書いてしまったので特に何を書くでもありませんがね。


 さて、3日間、ロストグラウンド事九州は福岡の小倉に滞在してみた訳ですが、もう2日目からはまるで地元民かの如く駅前商店街を闊歩していました。どうも定あきは、よっぽど周囲の環境が変わらないと、いつもと違う場所に行ったという感覚が湧かないようです。

 チェリさんの地元に移動した時も、緑の多い普通の住宅街で、海が近くにあるという事を抜けば定あきの地元の近くにも同じような場所があり、まぁ日本はどこへ行っても大差は無いんだなぁと実感した次第。多分北に行くと雪景色が増えてガラっと変わる気はしますけど。


 空想さん含め、なんだかいろいろな人に「何故定あきは九州へ来たんだね?」みたいに思われているところがあるんですが、正直に言って特に理由は無いんですよね。

 あえて言うなら、事の発端はチェリさんが関東に来ると言う話があって、もっと大分後の話だろうと思って、その時期スカイプにインしていなかったら、久々に入って既にチェリさんが関東へ来て空想さんとオフ会をし、そして帰って行ったという事実にションボリし、今度は空想さんが職務で山口へ行って、どうも時間を取って九州でチェリさんと会うらしいという情報を入手。

 チェリさんが関東に来た時にきちんと連絡を取れていれば、チェリさんとも空想さんとも会えるという一石二鳥を逃した定あき。じゃぁ今回の空想さんが九州へ行くこの機会をモノにすれば空想さんとチェリさんに会えて一石二鳥なんじゃねぇの!?と思って唐突に九州へ行ってみた次第。

 さらに言うと、大学生活(多分)最後の夏に、どっかしら旅行へ行きたいとも思っていたので、それを実現させた訳です。


 まぁ、定あきの銀行口座の中身が半減すると言うせつねぇ事態に陥っていますが、旅とはそういうものでしょう…。そろそろ新しい自転車、厳密にはMTBではなくクロスロードと言う街乗り用の通常のシティサイクルとタイヤのサイズが同じでスピードが段違いと言うとても定あき向けのものに買い換えようと思っていたんですが、まぁおの旅のおかげで大分遠のきました。代わりといってはなんですが、寿命を迎えている今のMTBのペダルを買い換える事にしました。

 中古だから仕方ないけど、本当に維持費がかかる…。


 3日間お付き合いいただいたチェリさんは、大分お疲れモードだったようで、3日目の海散歩ではかなり日に焼けて、定あきは軽くヒリヒリするだけだったのに比べて、焼けた皮膚がペリペリとむけちゃったそうです。

 2日目の午後だけ合流した空想さんは、チェリさんと定あきにオタショップを2件連れまわされて、本気で体調を崩していました。空想さんを普通の人と称して良いものかよくわかりませんが、普通の人ってああいう場所にそういう印象を持つものなのかと少々驚きました。

 そんな2人が定あきに対して抱いたであろう印象を定あきが考えたもの


チェリさん

 昔の人は子どもの事を子どもではなく、小さな大人と称していたようですが、恐らく定あきの事を「大きな子ども」と正しく認識していただけたかと思います。


空想さん

 実はチェリさんですら、オタショップに一人で行くにはちょっとした覚悟が必要だったそうで、そんなお店を我が物顔で闊歩する定あきを、ちょいと違う生き物を見るような目をしていました。大体合ってます。初めてアニメイトに入ったのは小5の時でした。


 まぁ、懐具合がさびしくなったりチェリさんと会ったり空想さん込みでカラオケに行ったり、楽しかったですよ、九州。

 おやすみなたい


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月12日(金) 01時26分59秒

Third Day

テーマ:日記

夏が終わり涼しくなった昨今。皆さんいかがお過ごしですか?

定あきは唐突に家族計画をフルボイス化させて楽しんでいます


 さて、空想さんは去り、定あきが帰りの新幹線に乗った3日目。もうどうせ3日目なんて疲れてテンションも下がってぐだぐだなんだろ!とか思うかもしれませんが、定あきとチェリさんの両名が思うに、3日目が一番アレだったんじゃないかと思うんですよ。


 チェリング邸チェリング妹部屋にて目を覚ます定あき。

 昨晩のうちに「定さん、明日は何時に起きる?」と問われていて、夜3時前に寝るならそこまで長い事寝ないだろうと思っていたし、流石に出発の日に徹夜して初日もネットカフェのリクライニングシートでまともに寝ていないとなると、疲労が爆発して泥のように昼過ぎまで寝続けるような気もしたので、とりあえず早すぎず遅すぎず「10時半で」と言って起きました。

 実際、定あきが起きたのは10時過ぎと言ったところでしょうか。本当はもう少し寝ていたくはあったんですが、人様の家で遅くまでグースカするのもアレだし、日差しが強くて部屋が明るく、流石に再び深い眠りにつくのは無理そうだったので、すぐに目を覚まし、トイレと洗面所を借りて朝の態勢を整えました。

 流石のチェリさんはまだまだ眠そうでしたが、半覚醒状態だったらしく、定あきがチェリさんの部屋に様子を見に行ったらすぐに起きました。


 チェリング母君に「買い物をしてないから大した朝食は作れないけど…」といわれながら、白米にお味噌汁、目玉焼きにソーセージと、ちょいとしたパーフェクトな朝食が提供される。まったく、本当にロストグラウンドは敏腕な人間がゴロゴロしているな!!

 

 小倉駅近辺は歩きつくした感がある3日目は何をしようかという話になったのですが、初日から「海が見たい…チェリさん、海が見たいよ…」と言いまくって定あきにチェリさんが「すぐそこが海だよ」とベランダからちょいとひらけた方向を見ると素で、直線で15分程の所に海がある。

 完全に海に行く気満々になる定あき。


 丁度真昼頃にチェリング邸を出発し、チェリさんに先導され、途中スーパーで飲料と、定あきは袋入りカキ氷を購入。知ってますか皆さん?世の中にはカップではなくて袋加工されたカキ氷があるんですよ!?ええ、定あきは感動しましたね。それがしかも定価で60円ちょいとね、非常に安いんですよ。定あきは感動しましたね。実は1日目にも買って食べてましたよ。あれはあの海鮮商店街の一角の古い駄菓子屋的な店だから売ってるんだと思ったら、そこらじゅうのお店で売ってるんですよ。ええ、定あきは感動しましたね。

 道を行くチェリさんとカキ氷を食べる定あき。2人の旅はまだまだ終わらない。

 スーパーを越えたところで、海に繋がる川にぶち当たり、その川の側道を下っていく。日光をさえぎるものが無いので、暑くなってシャツを脱ぎ、中のノースリーブ1枚になる定あき。


 川の途中で、海水が川に逆流しないように水門が設置された場所があり、そこで小休止。


チ「ほら定さん、あそこに魚の群があるよ」


定「え、どこ!どこチェリさん!?」


チ「そこだよ定さん」


定「ほんとだ、魚の群だ!すげー!さっき買ったこのシリアル投下したら食うかな!?」


 川の生き物を見て、まだ海に到着してすらいないのにテンションがマックス気味になる定あき。1日2日目と、ゲーセンを巡ったり、空想さんを交えてカラオケに行った時とは比較にならないテンションの高さになる。

 少し歩くと、川の水位が浅くなり、小さな干潟のような物を形成させてる場所にたどり着く。恐らく水門から200m程度しか歩いていない。橋がかかっていて、結構水面の辺りは掘り下げてあるんですが、川の両端の壁が一部出っ張って斜めになっていて、人一人歩ける幅の道がある。「道」と表現したものの、確実に道とかじゃなく、デザイン的な何か。

 チェリさんが定あきから目を話した隙に、ふらふらとその出っ張りの方に歩き、その出っ張りを下り、小干潟まで降りる定あき。


定「チェリさん、ここにも魚がいるよ!ハゼか何かだよこれ!」


チ「本当かい?それはよかったね」


定「チェリさん、カニもいるよ!カニ!」


チ「本当かい?それはよかったね」


定「おー、すげー!」


 大体100~200m感覚でいちいちテンションの上がる定あき。

 ちなみに、この時のミニ干潟を見てはしゃいでる定あきの写真をチェリさんが撮っていたので、見たい奴はチェリさんにブログを更新させるんだな!!


 さらに200m程歩くと途中小さな商店を発見。ゴミを捨てたかったけど、それ以外の用が無いのでとりあえずスルー。するとその先で、干上がりかけている川の中にボートと船の中間程度の船的なものがなんこも設置されているのを発見。その辺りから、シロサギがちらほら姿を見せ始める。

 そしてその時、一隻の船の陰に鴨の一団が。5羽の鴨が船の陰に隠れて日差しから身を守っている様子。


定「チェリさんほら!カモだよカモ!」


チ「そうだね、カモだね」


 再び川の生物を目の当たりにしてテンションが跳ね上がる定あき。定あきが興味津々に鴨を見ていると、どうやら向こうもこちらがエサをくれるのではないかと、船の陰から出てクワックワッと鳴き始める。


定「よしチェリさん、俺ちょっとさっきの店でエサになりそうな何かを買ってくる!」


チ「いってらっしゃい定さん」


 商店に戻ってまずはゴミを捨ててから店内に入り、とりあえずまずはアイスケースを覗いた後に食べ物の陳列棚を見る。鳥のエサなんぞ置いているはずもなく、仕方なく鳥が食べそうなパンで、メロンパンを買った。


定「チェリさんメロンパン買って来たよメロンパン!」


チ「よかったね定さん」


 川の淵に行くために、おもむろに皮の淵と道の間に植えてある植え込みを跨いで淵へ。

 そしてクワックワッと鳴く鴨達目掛けてメロンパンをちぎっては投げ、ちぎっては投げ、ちぎっては口の中に入れる定あき。


定「チェリさん、カモがメロンパン食べてるよ。メロンパン!」


チ「食べてるね、定さん」


定「おら!おら!もっと食え!お、チェリさんこのメロンパン美味しいよ」


チ「良かったね、定さん」


定「最後は全部自分で食べちゃったよチェリさん!」


チ「別に良いんじゃないかな」


 鴨にエサやりをして楽しみまくる定あき。この時点でどう考えても前2日分以上のテンションを発揮。

 さらに200m歩くと、今度はまた小干潟に加えて足場になりそうな雑草の生えた泥地のある場所を発見する。


定「チェリさん、あそこだったら降りても大丈夫だよね」


チ「いやー無理だと思うよ。絶対足埋まると思う」


定「じゃぁ降りてみるねチェリさん!」


 チェリさんの言葉を無視して、2m程ありそうなコンクリの淵から雑草の生えた乾燥した泥地にジャンプ。若干靴底がめり込んだものの、とりあえず乾燥して硬くなっているようで沈みはしませんでした。

 そこから適当な枯れ木を泥地と干潟の間に放り投げて足場を作り、それを経由して干潟にある、人の顔程度の岩に着地。干潟の中に降り立った事により、再び定あきのテンションがハナマル急上昇。そこに立って10分くらい干潟の生き物を眺めていたような気がします。


 いい加減定あきがプチ干潟を見つけるたびにはしゃぎすぎなので、この時点でチェリさん邸から歩いて20分くらいの場所であるにも関わらず、時間にして既に一時間近く経っている。興奮も程ほどに海岸へ向かう二人。
 そこから少し歩くと、コンクリの道が終わって、一面に広がる干潟。結構有名な干潟らしいんですが、名前は伏せておきます。マジでチェリさんちから近いからな!!
 視界にすごい広さの干潟が広がっている訳ですが、干潟はものすごいぬかるみっぷりなので進入は不可。川の隅のプチ干潟に踏み入れた段階で既に定あきの靴にはべっちょり灰色の泥がつきまくってる。これいじょうはいけない…。


 干潟だけでも結構楽しんだんですが、その干潟から沖の方向、そしてその先の小さな島に続いているようなコンクリの道があったんですよ。こんな感じの

 
道


 この画像の中央に写る白い人がチェリさんっぽい人です。
 とりあえず面白そうだったので、チェリさんと2人でこの道がどこまで続いているのかと歩き続けてみました。

 

 まぁ、結論から言うとこの道は、昔の船の発着場として使われていた場所へ行く為の道で、行き着いた先に漁網が放置されてるプチ港みたいなのがありました。というかただの元発着場なので、何もなし。陽をさえぎるものもなし。船もなし。
 結局2時間以上あるいて、ちょいと海風が気持ち良い発着場にたどり着いただけだったんですが、定あきは発着場の、少し階段で水面近くまで下げられた場所に腰をかけて水面の魚を眺めていました。チェリさんはモクモクしてました。
 なんだかんだで、チェリング邸を出てからこの突端に到着するまで3時間くらいかかりました。干潟からこのコンクリの道を行くのに30分以上かかったんですが、なんでそんなにかかったかって言ったら、定あきが数10m進むたびにそこらにあるものに気を取られて、チェリさんに手間のかかる子供扱いされてしまったからなんです。
 帰る時は干潟まで15分で帰りました。

 行きに存分に干潟や川を楽しんだおかげで、帰りは何かをやりとげた感を放つ定あき。そして陽の光にやられて大分アレな状態になってるチェリさん。
 まずメロンパンを買った商店で再び袋カキ氷を買う。定あきはイチゴ、チェリさんはメロン。イチゴの方が美味かったよ!!
 その袋カキ氷を、例の水門の所で食べていたら、急に水面から亀が顔を出す(卑猥な例えとかじゃないよ!)。定あき、亀はいろいろ水槽に入ってるところは見たことがあっても、川を泳いでる野性の亀を見るのは初体験。

定「チェリさん!亀がいるよ亀!」

チ「お、本当だ」

定「すげー、亀だよ亀。川泳いでるのはじめて見た」

チ「それは良かったね定さん」

定「お、もぐった」

チ「お、本当だ」

定「あ、あっちにもう一匹いるよチェリさん!」

チ「お、本当だ」

 亀2匹で完全にテンションを取り戻す定あき。自然の力は偉大。

 亀を見て回復した定あき、あと座ってカキ氷食べてチェリさんも回復。
 行きにも寄ったスーパーに再び寄って、最初はもう一個カキ氷を食べるつもりでしたが、チェリさんがいろいろとお土産になりそうなモノを教えてくれて、お土産屋ではなく、現地のスーパーでいろいろとお土産を購入。お土産屋で買えば1000円近くしそうな乾麺5袋パックを400円で3つ、さらに一袋100円の二食分の乾麺ラーメンを6つ、それぞれお土産に買いました。
 なんかお土産屋で買ったら結構な額になりそうでしたが、普通にスーパーだったので2000円しない程度でした。

 チェリさんは軒先のベンチで一服、定あきは袋カキ氷を一袋。それからチェリング邸に帰還。
 更にそこでチェリング母君から昼食、時間にして既に16時過ぎだったけど昼食、をご馳走になる。メニューは焼きそば。じゃっかん濃い味でしたが美味しかったです。
 それから少しして、一晩お世話になったチェリング邸と母君に別れを告げ、新幹線の待つ小倉駅へ。

 小倉駅に着いたら、一度駅から離れてたこ焼きを食べに行きました。それから駅に戻って新幹線の改札へ。

定「それじゃぁチェリさん、3日間お世話になりました」

チ「いやいや、気をつけて帰るんだよ」

定「はいチェリさん、ええと、これが切符かな」

チ「じゃぁね定さん」

定「それじゃー」

 財布から抜き取った切符で改札をくぐろうとして、何か違和感に気づいてUターンしてチェリさんの所に戻る。

定「チェリさん、これ切符じゃなくて領収証だった」

チ「君はいったい何をやっているんだ?」

 と、最後の最後まで、23歳の男とは思えないトンチキっぷりを発揮する定あきの九州タイムはこうして終わりました。

 東京駅に23時27分頃に着き、31分の千葉行き快速電車に乗るために、結構思い荷物を背負って駅構内をダッシュ。多分あと30秒遅かったら乗り逃してました。アブネー。
 で千葉に帰ると、九州を発ったのが7時前でこの時点で0時過なので、夕飯を用意するにも食材売ってる所が無いしメンドイという事で、珍しく一人でラーメン屋に入る定あき。九州から帰ってきたばかりだからなのか、帰ってきたのになのか、なんか九州ラーメンが売りの店らしくて、九州ラーメンを食べました。千葉で。
 待つこと数分でラーメンが着て、10分程度で平らげる。会計の時に店員に

定「今さっき九州から帰ってきたんですけど、負けずに美味しかったですよ」

 と言っておいた。けど、それは嘘で、ラーメンは普通の豚骨。なんか麺が固かった。茹で時間が足りないとかじゃなくて、そもそもそういう硬いタイプの麺だったんだと思う。歯ごたえがあるのが好きな定あきですが、なんか違和感しか感じなかった。
 もうあのラーメン屋には二度と行かないと思う。

 そこからアパートまで20分程度。疲れてテンションも上がっていたので、真夜中に歌を歌いながら帰る。ラーメン屋から少しして「超妻賢母計画」を普通に声に出して歌いながら千葉の街を歩いた。あと、「星間飛行」も「キラッ☆」ってふりつけ付で歌いながら千葉の街を歩いた。

 こうして定あきの2泊3日、チェリさんと空想さんに会おう九州の旅は幕を閉じた。

 次は総括編!

>農業さん
 確かに、冬の北海道へ行くのは、何かにつけて物事を甘く判断する定あきには厳しいかもしれない。
 って言うか命に関わるかもしれない。
 次回の冬込みは28~30日だそうですよ。
 もし来るなら宿は提供できますよ。狭いですけど。

>中継さん
 巣作りドラゴンは面白いですねぇ。完全にストーリーより巣作りを極める事が優先になり、手段が目的になる典型ですね。
 まぁ守備兵はハラミ以外使えませんけどね。
>老け顔
 …じゃぁ、リスナーズが集合したら中継さんが年長に見えちゃうかもね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月10日(水) 10時25分01秒

Second Day

テーマ:日記

この日の出来事については、若干チェリさん空想さん両名に膝をついて謝りたい

定あきです


 さて、二日目。チェリさん空想さん定あきが揃ったスペシャルデイです。


 朝6時半、ネットカフェのリクライニングシートの上で目を覚ます。

 とりあえず顔を洗いにトイレへ。そして適当な飲み物で喉を潤す。

 定あきの店に入った時間が前日23時だったので、10時間のパックの為退出は9時の予定。とりあえず、シャワーがあるので、カウンターでご予約の上ご利用下さいとあるのでカウンターへ行き


定「すみません、シャワー使いたいんですけど」


店「はい、ええと…今からですと10時からのご利用になりますがよろしいですか?」


定「よろしい訳あるか」


 と、シャワーが浴びれなくなったので、ウェットタオルで身体を徹底的に拭き、ズボン、シャツを全て取り替える。下着も取り替えようと思ったけど、シャワー浴びれなかったし、今晩もここを使うつもりなので、その時にシャワーを浴びてから取り替える事にした。

 シャワーが浴びれないので時間が余ってしまい2時間程時間ができたので、飲み物を飲みながら「岳」を読むことにする。

 おもすれー、岳おもすれー。

 そんな感じで9時まで時間をつぶし、荷物を整えてネットカフェチェックアウト。10時間いて2000円とか、ちょろいもんよ。

 で時間は9時、カラオケにでも行って時間を潰そうかと思ったら、どこもパック時間が適応されるのが午後10時から。仕方ないのでリュックが重いので荷物をコインロッカーに預けて、この時間からゲーセンが開いているという不思議な土地であるのが幸いし、ゲーセンを周りました。


 10時になって小腹がすき、遅めの朝食に。

 特に地元特産系ではなく、小さな食堂の入り口が開いていて、「準備中」の札がかかっているものの、開店時間は10時と書いてあるので、挨拶してみたら通してくれた。そして朝からカツどんを食べる。カツどんを頼んだら、お味噌汁とお漬物もついてきた。これで600円は安い…。良い土地だなぁ。

 カツどんが来る間に、近くの棚にゴルゴ13があったので読んだ。そして何故か定あきは九州は小倉に来て涙する事になる。コンビニなんかで売ってる安いタイプの本で、最初の依頼が走っている列車の乗客を列車の外から狙撃するという内容。これは昔違うところで読んだ事がある話で、むしろ定あきはゴルゴ13と言えばこの話ってくらいこの話しか知らない。

 その話の中で、あるキャラが「といぷーち」と言う中国語を話します。この「といぷーち」とは、向こうの言葉で謝罪を意味する言葉。つまり「ごめんなさい」とか「すみません」とかそういう意味。この台詞を見て


「といぷーち」(ゴルゴ13)→「トイプチー」(家族計画の春花)→「春花」→「謝謝」→「準との心の邂逅シーン」


 を脳が想起し、何故か朝っぱらから小倉の食堂で「グスッ」と半泣きになっている定あき。あのシーン好きなんだよ!!


司「ようやく。あるいはやっと。準は春花の信頼を得る事ができたのだ」


 あのシーン、たった3フレーズだけのこのシーンを想起するだけで、定あきの涙腺は一次防波堤が崩壊するのである。


 で、それからチェリさん空想さんとの合流まで何かと時間がありそうなのでカラオケに。4時間のパック料金で750円とか、安いね。 

 店に入ったのが11時過ぎで、12時前には空想さんが到着するというメールが入る。とりあえずマクロス系をちょろちょろっと歌って退出。


 駅に向かって移動、既にチェリさんと空想さんは合流しているようで、駅のどこかにいるのは分かるものの、細かい場所は分からないので、チェリさんに電話をする、が、出ない。とりあえず新幹線の出入り口改札に向かうと、そこにはチェリさんと空想さんの影。

 空想さんとのファーストインパクト

また、若いなぁ…

 チェリさんのギャップの方が驚いたので、そこまでの驚愕は無かったんですが、空想さんも定あきと同い年には見えるくらいに若々しい。と言っても空想さんとはそこまで歳が離れてないから当然かもしれませんが。

 とりあえず挨拶を済ませ、定あきの千葉土産と、KUSO袋を九州で選んだお土産品として贈呈。見えないレスできないジグソーパズルは大きすぎるからチェリさんに贈呈。

 そして駅から少し離れて空想さんが一言。

空「よし、じゃカラオケ行こうか」

チ「君は一体何を言っているんだ?」


 カラオケについては空想さんとチェリさん2人の熊谷オフでいろいろとあったらしく、チェリさんが一瞬で反応。却下の流れに。とりあえず、定あきが一日目でいきなり突撃したまんだらけへ行く事に。

 まんだらけへ行くとまずは2階のフィギュアコーナーに。そこでデュエリストと遭遇し緊張感が高まる3人。何事も無くやりすごすものの、空想さんはこの手のお店がお好みでは無いらしく、どんどんHPが削られているらしい。

 一旦1階のコミック・ゲームコーナーへ行くと、若干空想さんがプレッシャーから解放された様子。そして地下の同人・アダルトゲームコーナーへ突撃するとまたしても空想さんのHPが削れ始める。定あきが素で同人誌を物色している間に、空想さんとチェリさんがゲームコーナーで「巣作りドラゴン」の買取値段を見て興味を持ったらしく、定あきに、「定あき、このエロゲはいったいなんなのかね?」と問われる。


 説明しよう!巣作りドラゴン とは、ソフトハウスキャラより発売されたシミュレーションゲームで、主人公は人々を恐怖に陥れるドラゴンとして村、街、城から略奪の限りを尽くし、自分の住処であるドラゴンの巣を守らなければならないのだ!!

 諸所で略奪した資源によって巣であるダンジョンを複雑化!またダンジョン内を徘徊する魔物を購入!このように、巣の運営と土地の襲撃等を行うシミュレーションゲームだが、土地の襲撃をやり過ぎると結果として街が半壊して資源が取れなくなったり、強い討伐隊が編成されて自分が殺されてしまうので注意しよう!!

 このように、巣作りドラゴンとは遊戯性の高いアダルトゲームで、シミュレーション好きの人間にとって非常に人気があり、datでスレを立てれば「」たちが寄ってくるぞ!


 と、こういう理由から、巣作りドラゴンの買取値が15000円近くするわけです。アダルトコーナーから脱出し、次にチェリさんが案内した場所はメロンブックス。

 この段階で空想さんの様態が悪化。メロンブックスも早々に退出。

 そしてとうとう空想さんお待ちかねのスーパーカラオケタイム。


 昼前に定あきが歌っていた店は満室。「カラオケ」の看板につられて見に行った場所はカラオケ飲み屋とか書いてある。とりあえず定あきが今朝歩きに歩いて発見したもう一箇所を見に行くと、とりあえず部屋は開いているらしいので、ここで歌う事にした。

 受付を済ませると、10人近く入れそうな大部屋に通される。どうやらこの部屋しか空いて無いらしい。そして機種は初期DAM。

 ええ、この初期DAMというのが定あきが空想さんとチェリさんに泣いて謝りたい理由でして…、基本的に今日の3人の行動範囲は駅前の商店街の中なんですが、その商店街の中にもう一件、ビッグエコーのお店があったんですよ。そこに行けば良かったのに、このお店を選んで通された部屋の機種が初期DAM。これがね、全然無いんですよ、新しい曲が。

 「星間飛行」が無い「射手座午後九時☆」が無い「インフィニティ」が無い、アレも無い、コレも無い…酷すぎる!!空想さんが本当にカラオケを楽しみたがって、カラオケ好きとしてその気持ちが分かるだけに本当に申し訳ない…定あきが、ビッグエコー、ビッグエコーに行っておけばこんな事には…。


 カラオケそのものは、空想さんがYAMAGUCHIへ帰る新幹線の時間があるので2時間だけになりました。その2時間の間、空想さんがYAMAGUCHIでどれだけ鬱憤が溜まっているのかが見て分かるくらいテンションが高かったです。そのテンションの高さは、空想さんがおもむろに「ハッピー☆マテリアル」を入れるという行為から良く伺えました。

 そして終了5分前になり、チェリさんが「鳥の詩」を選曲したことによりエンドトークが始まり、チェリさんと空想さんが交互にトークをし始めると言う不思議空間を垣間見ました。


 カラオケが終わると、丁度小腹のすく時間で、まだ空想さんの新幹線の時間までちょいと余裕があるので、昨日行った所と同じ回転寿司を食べに行きました。

 カウンターの席に通され、まずは飲み物。


空「飲み物何にしようか」


チ「エビスビールがあるぜ?」


空「よし、じゃぁビールにしよう」


チ「定あきは何にするんだ?」


定「そうですね、じゃぁ今日はアルコールに付き合いますよ!」


店「お飲み物は何にいたしますか?」

空「とりあえず生を2つ」

定「あれ…」

定「コカコーラで!」

チ「定あき、貴様いったい何を言っているんだ?」


 アルコールに付き合おうと思ったものの、定あき、やっぱりアルコールの味が分からないお子様だし、ビール飲んでも苦々しい顔をするだけだし、逆にビールに失礼なので空気を読まずにコーラにしました。

 そしてちょっとチェリさんに説教されました。

 空想さんとチェリさんが、160円、120円の皿をちょろちょろっと食べてるのに対して、180円の水色の皿を食べまくる定あき。まともな昼食を食べてない為にちょっとした間食のようなものだったので、空想さんとチェリさんが2人合わせて5皿程度しか食べてないのに、何故か1人で6,7枚食べてしまう。しかも会計でチェリさんがご馳走してくれたのが本当に申し訳なかった…。


 空想さんがYAMAGUCHIに帰る前に駅のお土産屋に。

 チェリさんは明太子ポッチーを、定あきは雪娘を、空想さんにプレゼント。定あきのはどう考えてもどこでも食べれるおやつです。

 空想さんを新幹線乗り場へ見送ると、チェリさんと改めて夕飯を食べに。

 空想さんがいなくなって、今日のネタも特に終わりかと思われたこの瞬間から、むしろ事態は想定していなかったおかしな方向へと流れていきました。

 

 とりあえず、九州といえばラーメンな気がするので、一度くらいはラーメンを食べておきたかったので、チェリさんにラーメン屋さんに連れて行ってもらいました。とは言ったものの、それまで「土地ならではのものが良い」だの、「地域密着型のお店が良い」だの、散々わがままの垂れ流しまして、チェリさんをだいぶイラっとさせて追いました。ラーメン屋の直前でも、まずうどん屋の前まで行きましたからね。
 ラーメン屋へ行くと、普通のラーメンを頼んだんですが、前々から言っている通り、定あき、細かい味というものを気にしない人間なので、そのラーメン屋はTHE☆ラーメン屋という感じで、雑誌で取り上げられているようなオサレさとかは全く無く、まさにラーメンを食わせてくれるお店でした。
 が、肝心のラーメンについては「美味い」としか言いようがありません。定あき、各地のラーメンを食べ比べたり、雑誌で取り上げられるような店を周ったりはしていないので、何と比べてどう美味いかというのはよくわからんのですよ。少なくとも定あきが作る生麺タイプの袋ラーメンよりは確実に美味いのではないかとね。それでいて値段が550円と、かなり満足しました。
 そして完食した後に、通常メニューには載っていない「冷やし中華」の張り紙を見つける定あき。定あきについて、1つ確実に言える事は、定あきはラーメンより冷やし中華の方が好きという事実。
 散々ラーメンが食べたいと言っていた定あきが、チェリさんに一言。

定「あ、冷やし中華がある。冷やし中華にすれば良かったかも」

チ「君はいったい何を言っているんだ?」

 ラーメン屋では長々と腰を落ち着けて会話する訳にはいかないので、早々と退出して近くのロッテリアでドリンクだけ買って腰を落ち着けることに。
 とりあえずこの二日間なりでいろいろあった事を会話する2人。が、連日のいろいろで疲労がピークの定あき。疲れてくたくた。と言う訳ではないんですが、腰を下ろしてリラックスすると即、睡魔が襲ってくる。歩き回っていればどうという事はないんですが、いかんせん座っているとまぶたが重くて重くて…。

 ここから、予想もしていなかった事態に突入しました。

 その定あきの様子を見ていたチェリさんが、このまま定あきをネットカフェに放置するのは危険だと判断。定あきは立って移動する限りは大丈夫だったんですが、座っていて眠くなるという一番疲弊しているのが分かりやすい状態を見られてしまっていて、かなり心配されてしまいました。

 そしてチェリさんはご実家に連絡を入れ、チェリさんの家に強制連行されました。

 電車を乗ってチェリさんの地元に。そこから数分歩いてチェリさんのご実家に。
 チェリング邸に上げさせてもらうと、チェリング母君が定あきが使わせていただく布団の用意をしてくれていました。なんだかいろいろと申し訳ない状態。その上今朝は使えなかったシャワーまで使わせていただけることに。
 しかし元々二日分の衣類だけ用意して、長いする事になったらコインランドリーでも使えば良いやと思っていたので、唐突にチェリング邸に招待されて下着の無い定あき。するとチェリさんとチェリング母君が、「チェリング、あなたあの使ってない下着あったでしょ。あれを使わせて上げなさい」と言う感じの話になり、チェリさんのトランクスを一枚分けてもらうことに。
 が、シャワーを浴びる直前に荷物を整頓していて、今朝は下着を代えていなかったので、一枚綺麗なままの下着が残っている事が発覚。

定「チェリさん、下着ありましたよ」

チ「あったの?そうか。まぁこの下着まだ未使用だし、あげるよ定さん」

 定あき は チェリング あき の みしよう の したぎ を 手に いれた 。

 何故か九州は福岡へやってきて、チェリング邸に招待されてトランクスをいただく定あき。申し訳ないやら気恥ずかしいやら…。
 更に、チェリさんのパソコンを借りてトラビアンを操作。
 ネカフェで付けっぱなし操作をする予定だったのですが、チェリング邸に招待された事により不可に、あつかましいとは思ったんですが、とりあえず操作せにゃ気が気でなくなるので、泣く泣くパソコンを使わせてもらいました。

 この時点で既に0時くらいだったんですが、定あきとチェリさんの夜は終わらず、そのままようつべ的サイトで2人で銀魂を見ると言うアニメ鑑賞会。
 タバコの話、カブトムシ狩りの話、マダオの裁判の話前後編の計4話を見ました。
 それが見終わった頃には既に翌2時ごろになっていたので、流石に定あきは、チェリさんの妹お部屋のベッドを借りてお休みする事になりました。
 他所の家庭の妹さんのお部屋のベッドを借りるなんて初めてだったので、定あきドキドキしちゃいましたよ!

 こんな感じで二日目を終わりました。

>農業さん
 定あきが大学卒業する前に、北海道まで足を運べばいいんでしょ!!
 九州に行くよりは多分運賃は安いと思うし…。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年09月09日(火) 21時30分30秒

First Day

テーマ:日記

たぶん全部同じ日記にすると、すさまじい長さになりそうなので、日記を4つに分けます。前の3つで1日ずつの日記を、最後に総括を。


 朝5時20分、40分の最寄駅の電車に乗るべき出発。しようと思ったら鍵が物影に隠れて見当たらなくなり、出発が30分に、走って駅まで行くもホームに上がる頃に電車が出てしまう。

 くそ!だれがこんなことを!!

 仕方ないので切符を払い戻してもらい、タクシーを使って千葉駅へ。そこから快速に乗って東京駅に。既にかなり汗だくな定あき。リュックのショルダーがあたる肩の辺りの服が汗でぬれている…。

 くそ!だれがこんなことを!!

 東京駅に到着、7時10分の新幹線の出発まで15分程度。

 定あきが最後に新幹線に乗ったのは、中学の頃の京都への修学旅行。一人では乗ったことがありません。いまいち乗り方が分からないけど、駅構内をぐんぐん進んで奥まで行くと新幹線用の改札があったので、とりあえずその辺りをどうこうしたら新幹線に乗れました。

 発車してから小1時間、久々に乗る新幹線に興奮してずーっと窓の外の風景を眺めてました。で、その後は4時間くらいずーっと寝てました。


 5時間程の旅の果て、とうとう九州は小倉駅に到着。ここらガンパレードマーチ撤退戦で舞台になった小倉…そして門司港の近く。んむ!

 チェリさんからの連絡を待ってる間、駅の目の前に商店街があるのを発見し、ちょいと探索する事にしました。


 アーケードを少し歩くと、なんとまんだらけを発見。店内を見て回っているとチェリさんからのコール。


チ「定さーん、駅につきましたよー」

定「ご苦労さまですチェリさん」

チ「定さんは今どこですか?」

定「まんだらけを発見したので、まんだらけにいますー」

チ「君はいったい何をしているんだ?」


 と、ファーストコンタクトからチェリさんにガチオタっぷりを認識される。とりあず服装を教えて「緑のシャツに黒のズボンと、あとリュックね」と既に呆れ声のチェリさんであった。

 そして数分後、チェリさんとのファーストインパクト…チェリさんの第一印象。

若けえええええええ!?

 チェリさんのイメージは、いつも自分の事を「おっさん」と言っている事や、空想さん曰く「レンさんに似ている」という事、そしてラジあき関係では年長組みということで、正直結構老け顔を想像してたんですがね…。

 ええ、若いんですよ。定あきより10歳以上も離れてるのに、ともすれば定あきより若く見えるんじゃないかと思う程に若いんですよ。なにこれ?ドッキリ?ドッキリなの?本物のチェリさんはそこら辺で「ドッキリ成功」の棒看板持ってるんでしょ?と、ファーストインパクトから数分は若干そわそわしっぱなしでした。


 チェリさんと合流して、最初の行動。


チ「定さん、どこか行きたいところある?」

定「じゃぁゲームセンターに」

チ「君はいったい何を言っているんだ?」


 いきなりの提案でしたが、ゲーセンに案内してくれました。

 最初のお店で、ピュアグミ4袋入り、赤いクマが踊りそうな人形、ネコっぽいぬいぐるみキーホルダー3つを次々に獲得し、そして普段から言っている通り、景品を取った端から興味を失ってチェリさんに譲る事で、定あきが壊れゲーセンゲーマーである事を再認識するチェリさん。 赤いクマ人形はゲーセンに来ていた女の子にあげました。


 次のお店へ行く途中で、チェリさんも足を運んだ事の無いキャッチャーがすごい数並んでいる地下のゲームセンターを発見。そこの入り口近くの古い筺体で面白いブツを発見したので早速トライ。しかし獲得ならず。とりあえずは店内をいろいろ見て回る事にしました。

 エアガンからバッグに包丁と、あらゆる日用品が景品になっているゲームセンターで、「こ、これがロストグラウンド…」と尿を漏らしそうになっていました。

 さらに奥で、入り口の筺体と同じ景品、「ブロンド美人セクシーグラビアトランプ」を発見したので、挑戦すると一発ゲット。とりあえず3つ程取りました。するとまた景品に興味を失った定あき。するとチェリさんが


チ「空想さんにあげたらいいんじゃね?」


 と、ナイスな提案。そこでゲームセンターの袋をゲットし、その袋を空想さんにプレゼントする九州土産袋、略称「KUSO袋」とし、2人が適当にゲットした景品と適当にその袋に詰めていく事にしました。

 ちなみに、セクシーグラビアトランプは定あきもチェリさんも画像保存していないので、見たかったら空想さんに画像をうpってもらって下さい。だって3つとも全部あげちゃったからね!!


 で次のお店は、パチスロ、プライズ、ビデオゲームが程よく配置されている小奇麗なお店。ただ、この小倉という土地のゲーセンの傾向として、オタク向けの景品があまり無いので、興味を引くものは少なかったです。

 そこで目をつけたのは、クジが入っているカプセルを取る筺体。クジを取ってカウンターで、賞に合わせて景品と交換してもらうというシステム。とりあえずイタズラにカプセルを3つ取ると、2,3,4賞をそれぞれゲット。4賞うさぎのキーホルダー、3賞ドラゴンボールZマグカップ、2賞レスできない見えないジグソーパズル1000ピース。


 次に行ったゲームセンターは、メダルとビデオゲームのお店で、プライズは適当に数体あるだけで、その店の様子を見た定あきを見たチェリさんが「わかりやすい反応だな」とコメント。

 とりあえずそのお店で100円拾ったので、そのお金でチェリさんが飲み物を買いました。こうばんにとどけました。


 次のお店は、その商店街から大分離れた所にあるドンキホーテの中のゲームセンターでした。

 まず最初に目を付けたのは「プリキュア5プラカップ4つセット」で、どう見てもゲットしても使い道に困る代物だったんですが、颯爽とゲットしていらないのでチェリさんに贈呈しようとしたら


チ「君はいったい何を言っているんだ?」


 と怒られました。そこに丁度いい幼女がいたので、あの幼女にプレゼントしようと言う事にしましたが、いきなり幼女に接触を取るとポリスを呼ばれかねないので、その幼女の母親と接触。


定「あの、これそこで取ったんですけど、僕が持っていても使いようが無いので良かったらどうぞ」


 と、プリキュアコップをプレゼントすると、不思議そうな顔をして受け取ってくれました。「よかったねソウル」と言う感じで安心したのも束の間、トラブル発生。

 なんと、その幼女と母親の他に弟が登場。大きな箱に入ったプリキュアコップセットをもらう姉を見た弟が、ものすっごい不満そうな顔をしている。


定「まずい!まずいよチェリさん!!」

チ「定あき!なんでも良いから何かあげるんだ!」


 と、自分のバッグの中を確認する定あき。最初に目についたのはウサギのキーホルダー。とりあえず「じゃぁこれをどうぞ」と渡すと、にわかに表情が和んだかのように見えたが、明らかにプリキュアプラコップセットとは釣合ってないと眉を寄せる弟。


定「だめだチェリさん!あれじゃダメだ!」

チ「何かあるはずだ定あき!」


 さらにバッグを漁ると、そのウサギと一緒に取ったドラゴンボールZマグカップが…。これだ!!という事でそのマグカップも弟に進呈。数ではプラコップセットには適わないものの、ちょっとした衝撃で簡単に砕け散りそうなプラチックのコップに対し、カッコイイドラゴンボールのキャラがデザインされた陶器製のマグカップなら悪くない釣合いだろいうという事で、何とか弟さんに納得していただきました。

 定あきとチェリさんの2人からすれば、ただいらない物をばら撒いてるだけなんですが、 次から次に物をくれる怪しい2人組みに終始困惑のお母さん。しかし喜ぶ2人の子どものおかげでなんとか警察だけは呼ばれませんでした。

 とりあえず他にゲームセンターは無いとの事だったので、そのゲームセンターで一休み。

 チェリさんが縦スクシューティングをやっていたので、定あきも式神の城2を初挑戦してみました。難しかった…。弾幕ゲーとかバカじゃないの!!

 シューティングに疲れた2人、次に目をつけたのは昔ながらに単純だけど難しい落ちパズルゲー・テトリス。まず定あきがプレイし、1コイン2プレイだったので、定あきがゲームオーバーの後にチェリさんがトライ。2人ともかなり最初の方でゲームオーバー。あれ絶対おかしいよ!!秋葉でやった時はLv100をクリアできたのに、俺もチェリさんもLv20くらいしか行ってなかったよ!!設定おかしいよ!なにやってるの!!


 と、ゲーセンも終わったし、何か食べようかと思ったものの、近くにはファミリーレストラン等しかなく、せっかく九州に来てファミレスはどうなんだという事で、食事はやめて近くのゲオに入りました。

 ゲオの中古ゲームコーナーで、プレステソフトを漁る定あきとチェリさん。まず定あきがセガサターンのソフト売り場で「爆れつハンター」を280円でゲット。

 その後にプレステコーナーに行き、定あきはさらにチェリさんのお勧めでプリンセスメーカーをゲット。そしてチェリさんが、アインハンダー、ウィザーズハーモニー外、合わせて5本程ゲットしてました。

 中古ゲーム屋は良い…思い出が洗われる…。


 その後、小倉駅近辺に戻り、この時点で午後6時頃。昼12時に2人が会ってからほぼ6時間、ゲームセンターでシューティングとテトリスをやった時以外ずーっと立ちっぱなし。

 ほぼ前日金曜の夜10時くらいからまともに休んでない定あきも、見た目は青年!中身は原人!!のチェリさんも流石にそろそろ生命活動の限界を向かえたらしく、大人しく食事をとることにしました。


 チェリさんが定あきの、できるならこの九州は小倉ならではの物を食べたい。と言う意を汲んでくれて、チェリさんがあるお店に案内してくれたのですが、潰れていたようです。なので、その同じ建物の中の回転寿司に連れて行ってもらいました。港の近くだから寿司がうめーのだわ!

 最初に店員が飲み物の注文をとりに


チ「じゃぁビールを」

定「コカコーラで」

 礼儀としてアルコールを飲むべきかなとは思ったんですが、定あきビールの味はぜんぜん分からない上、寿司屋という純和風の店にサワーとかそういうのが全くなさげだったので、選ぶべくしてコーラとなりました。

 とりあえず皿の種類とそれに対応した値段を確認。そんなに高い物を食べる気は無かったので「桜模様の皿と赤紫にラインの入った皿はアウト」と決定して、最初にとった皿が茶色にラインが一本入った皿。


定「チェリさん、これいくらの皿ですかね?」


チ「これは茶色だから…あれ、こんな柄の皿ねーな」


定「チェリさん、これ400円の赤紫じゃないですかね?」


チ「ええーそんなはずは。いや、それしかないね」


 即ベルトに戻しました。実物の皿と見本の皿の色が違ってるよ!なにやってんの!!

 とりあえず2人で180円の皿を12皿、120円の皿を8皿、その他500円を1、400円を2、それにコーラにビールと全体的にこんくらいでした。

 そして会計。


店員「合計で3100円になります(ニッコリ」

定「なんかおかしくね!?」

定「え?」


定「え?」

定「なんかおかしくね?」

 定あきの脳が本当に壊れているのでなければ、3100円なんて値段になりようが無いんですよ。

 しかし、定あきが何を言っても店員がにっこりしてるんですよ。

 疑問符を浮かべながらも会計を済まし、レシートを眺める。そもそもからして、180円と120円の皿だけで3000円程いってるのに、その他の皿や飲み物台で普通に5000円くらい行ってるはずなんですが、完全に店員が間違えた様子。どうやら180円の皿12枚を、1枚と間違えてレジ打ちしたらしい。もう店はおろか建物から出てしまった後なので流れに身をゆだねてしまいました…。


 食事を終えて夜の9時前。とりあえずもう時間も遅いし、なんだかんだで疲れているし、特にやれる事も無し。

 適当にぶらぶら歩いてたら、まだ足を踏み入れていないゲームセンターを2店発見。最初のお店は若者の多いプライズの少ないお店だったのですぐ退出。

 次のお店は、多分今日足を運んだ中で1、2番目に広いゲームセンターで、いろいろあったものの、何より目を引いたのは、ToHeart2のプチマスコット達。前回の記事の写真ですな。

 結論から言うと、委員長を取る為に2人して3000円以上使いました。いいですか?定あきがじゃありませんよ?定あきとチェリさん、2人とも3000円ちょい使ったんです。そしてゲットできたのが、定あきが委員長、るーこ、このみ、双子の片方の4人、チェリさんが委員長、双子の3人。

 あまりのきわどい設定に定あき20代前半と、チェリングあき30代中盤の2人が奇声を発しながら一台のプライズマシンに張り付いていましたよ。

 このゲームセンターを出たのが夜の10時ごろ。かなり長い事プチマスコットに挑戦していたようです。


 この日の行動内容はこんな感じ。

 ええ、全く九州は小倉という土地ならではは完全に無視です。

 でもとりあえず、チェリさんに案内してもらって「小倉城」と言うお城は見たんですよ!お城ですよお城!きちんと写真も取ってきました!!

 これが小倉城です!!


小倉城

 ね?簡単でしょ?


 とりあえずその後は駅で別れ、チェリさんは御実家に、定あきはネットカフェで夜露を凌ぎに…。2000円で10hのパックのあるお店に入ったんですが、シャワー有、ドリンクの外にフローズンやアイスまで置いてあるお店で、なかなかのサービスでした。


 とりあえず最初の初日はこんな感じで終わりました。

 空想さんが登場する二日目はまたこんど!!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。