1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年12月31日(土) 23時43分58秒

2005年を中二病でしめる

テーマ:雑談

この年もあと10分程度で終ってしまうわけですが・・・、正直もうこの歳になるとそういう形式的な印象について何の感銘も無い。

去年はToHeart2をやりながら年を越した記憶があるし、その前はメルブラをやりながらだったと思います。

年が代わるからと言って、実質的に身近に起こる変化なんて何も無いんだし、ただでさえ現実に愛着の無い定あきには別に大イベントでも何でも無いですよ。

さて、こんな時はどんな記事を書くか。

日記を書けば、起きて、年賀状を書いて、寝て、お終い。

いくら関心が無いとは言え、世間的にはいろいろな物が一新されると思われるようなタイミング。

では、こんな日はちょっと暴走してみると言うのはどうだろう。

と、言う事で、今年最後の記事はちょっとイタタな文章にしようかと思うんですよ。

オチは無いですよ?



2005年と言う年振り返ると、身近で長いと言う言葉が一番当てはまるだろう時間だと言うのに、特記すべき事はあまり無い。

精々4つ程度。

・宗教家をケガさせて警察と家裁に呼ばれる。

・空想さん達と知り合う

・現役のMTBを盗まれる

・昔のMTBを盗まれる

精々こんなモンです。

1年生きてみたってこんなもんですよ。

受験生気取ってみたところで、何があった訳でもないし。

そもそも予備校生である事すら意識の外にあった。


来年は何があるのか?

勉強なんてしてないんだし、一応そろそろやろうと言う考えはあるが、そんなものは常にあった訳で、実践するかもあやしいものだ。

恐らく志望の大学へは辿り着けないだろうし、少しランクを下げて考えたところで、結果は同じ事のように思える。

何故勉強をしないのかと問い詰められれば、どう答えるだろうか。

大部分の理由は、面倒臭いから。

そんな理由だけで、自分は自信の未来を棒に振っているようなバカで・・・。

そもそも自分は努力と言う行動と極端に反発するような人間らしく、どんな人間だって目標があればそこへ到達する為に努力する。

そんな事をするように思えない人間だって、どこかで努力をしている。

が、正直生まれて20年程。

何かの為に必死に努力した記憶はほとんど無い。

高校入試の時も、確か部屋で携帯ゲームで遊んでばかりいた。

いつか、こう言われた


「そんな向上心の無いようだからダメなんだよ」


と。

その通りだ。

中学の頃に始めた空手も、未だ半人前と言われても仕方ないような所で止まっている。

同じ時期に始めた人は、黒帯、段持ちになっている。

戦略ゲームをやれば、基本的には難易度はイージーだ。

強くすると勝つのが面倒になるので延々弱い敵を蹴散らしてばかりだ。

でも、別にそんな自分が嫌いだなんてチンケな恋愛小説的な事を言うつもりは無い。

こうも言われた。


「目標が無いからダメなんだよ」


と。

確かにそうだ。

自分には生まれてこの方、自分の為に目標を課した事は無い。

いつか、サッカーのリフティングを頑張った。

そうすればお小遣いをくれると言われた。

いつか、通知表の評価を上げるようマメな所を丁寧にし、成績を上げた。

成績が上がれば小遣いをくれると言われた。

そんなものだ。

高校の教師がこんな事を言っていた。


「絶対に目の前に人参をぶら下げて走る馬にはならないで下さい」


と。

それの何が悪いのか分からない。

自分はいつだって、目の前に人参がぶら下がって無いと走らない。

今頑張って努力し、良い大学へ行けば、きっと後々やって良かったと思う。

周りの人間は皆こう言う。

心外だと思うことがある・・・。

そんな事はとっくに分かっていると言う事。

別に自分の環境が恵まれてる事に甘えているとは思っていない。

来年に落ちて、もし親に今すぐ働けと言われれば、別にそうしても構わない。

努力の先には、100%の成功だろうがそうでなかろうが、それなりに実のある結果があるくらいは知っている。

今努力しなければ、大学へ行けないか、もしくは前と同じような低レベルな大学へ行って同じような後悔をするか・・・。

確かに、やりたい仕事について、良い仕事について、人より良い給料をもらって、人より良い食べ物を食べて、人より良い生活をする。

そんなのは当たり前の感情だろう。

つまるところ、向上なんていうのも他者との競争のような物から始まる。

そうでなくとも、自身の快楽の為に人は努力をする事ができるだろう。

しかし、これが自分には全くと言って良いほどあてはまらない。

自分が自分を絶望的だと思うのは、精々これくらいだろう。

自分には、絶対的なまでに競争心と言う物が無い。

自分は自分、他人は他人。

この考えが頭の隅っこから隅っこまで行き渡っているのだ。

が、だからと言って努力の先に待ち受けるだろう幸せを手放す理由にしては少々物足りないかもしれない。

些細な事だ。

人より良い職について、人より良い給料もらって、人より良い異性と結婚して、人より良い生活をする。

当たり前の幸せだと思う。

が、ここにいるのはそんな当たり前を持たない人間。

知っている人間はこう思うかもしれない。


「それはお前が恵まれた環境にいるからだ」


と。

そうかもしれないし、それもあるだろう。

かと言って多少人より家が裕福でも、そこまで桁違いに人より良い生活をしてる訳でもない。

金持ちの子は鼻持ちなら無い我儘やろうだと、そんなのはシナリオの世界だ。

父親と夕飯を食べに行くと、良くこう言われる。

「そんなもので良いのか?」


と。

実際にあまり高い物に手を出さないのもあるし、そもそも高い食事をするのは嫌いだ。

いつか家族旅行で、ホテルの一人4000円のディナーコースで、味はともかく実質的な量で言えばマックのセット一個分程度だった事がある。

これ以上無いまでに馬鹿馬鹿しいと思った。

食う事に関する欲求は食欲だ。

美味なる物を食うより、まずは空腹を埋めるだけの量が必要だ。

高い物は必要ない、安くても量があった方が良い。

そういう人間なのだ、自分は。

しかし、ただ安い物にしか手を出さないのが以外と言う事もあるが、子には良い思いをして欲しいと言う親としての感情もあるのだろう。

子には安らかでいて欲しい、子では幸せであって欲しい。

うちの父親は、そういった面では実に良い親だろう。

しかし可哀想だと思う。

そうではないからだ。

高い服を着るのも、美味しい料理を食べるのも、自分には意味がない。

そんな事を幸せと感じた事は今まで一度もない。

自分の幸せは、アニメ、ゲーム、小説で、心震えるシーンを見ている時だけだ。

それだけが目下人生の楽しみだ。

そんなものが幸せだと、本気で思っている。

彼女ができた。

一週間後、一度目のデートの夜に分かれた。

周りは自分をおかしいと言った。

でも自分はおかしくないと思っている。

彼女と過ごしていても、ささやかな安寧は得られるかもしれないが、心躍る衝動は得られない。

それだけが人生の楽しみだ。

今は違うが、なんにせよ何かの組織に組すると、時間と言うのは無所属の頃と代わり飛躍的に暇な時間と言うのが無くなる。

では、その貴重な時間を何に使うのか?

一緒にいても退屈感だけしかないのに、異性と共に過ごすのか?

正直、そんなにバカらしいことは無いと思う。

彼女にその旨のメールをやり取りした時も、確かゲームをやっていた。

なんと言うか、対人的には常に笑顔に近いので、何故か近所の知り合いの主婦たちには可愛がられているが、世間的に視たら異常としか思われないような思考回路なのだ。

この前こういわれた。

「一度恋愛をした方が言いと」

恋愛ってなんだろうと思う。

ただ異性と一緒になって、遊んで、楽しい時を過ごして、セックスするのが恋愛なのだろうか?

ならば自分には恋愛は不可能じゃ無いのか。

心休まる時間は、パソコンの前に座っている時。

楽しいと感じる時間は、心躍るシナリオを知る時。

恋愛をすれば人生観が変わるのか。

ならどのくらいの恋愛をすれば人生観が変わってくれるのか。

彼女を持つだけでは恋愛にはならないのか。

本当に心から好きな人と一緒になれたとき、それが人生観変えるほどの恋愛と言えるのだろうか。

しかし良く考えると、恋愛と言うのは人生観を変えるかもしれない。

と言うよりは、既に恋愛と言うものに人生観を粉微塵に粉砕された気もする。

と言うと勘違いされるかもしれないが・・・。

別に相手が二次元だから、届かない想い故に人生が壊れたんじゃないのかとか・・・そういうのじゃありません。

現時点では実際に、現実よりシナリオのキャラクターとしての女性が好きですよ。

いわゆる二次コンですが、九割方本気でそう考えています。

だからなんでしょうね。

彼が自分に、現実の恋愛をした方が良いと進言してくれたのは。

こんな事を笑い話のように面白おかしくひけらかすから、自分は本当の恋愛を知らずに二次元に錯綜している憐れな人間に写ったのでしょう。

彼は高校で数少ない親友で、だから多少なり本気で恋愛をした方が良いと、現実は良い物だと言ったのでしょう。

でもね、そんなものはもう遅いんですよ。

人生観を変える恋愛なんてものは小学生低学年の頃にとっくに終わってるんですよ。

こんなLikeとLoveの違いすら分からないようなガキんちょの頃に、人生で最初で最後の身も焦がれるようなな恋愛が終ってしまいました。

馬鹿馬鹿しい事を真面目に言うなら、その時の自分は人生の内で最も本気で彼女を愛していたと断言します。

ただ、小学生と言うのは早すぎたのでしょう。

物語上の幼馴染でもあるまいし、大きくなったら結婚しようと交わした仲でもあるまいし。

中学年になってクラスが代わって、人間の他者への好奇心が育まれれば、人の色恋沙汰を哂う人間も増えるわけで、そんな時期から今ほど壊れた価値観してた訳でもなく、自然と彼女との接触ができなくなるうちに、人生における最初で最後の恋愛は自然消滅しましたとさ・・・。

それ以降、本気で異性を好きになるなんて事はありませんよ。

別に今でも彼女の事を引きずってるって訳でもないし。

いつか街中で彼女を見かけたとき、久しぶりだと言う感情はあっても、また好き合いたいという衝動はありませんでしたから。

そんなんで、もう自分には現実の恋愛に傾けるだけの情熱は残ってないんですよ・・・。

今の自分には、モニター越しの女性に恋をする程度の情熱しか残ってませんな。

まぁしかし、モニターの中はモニターの中で、流石にどんなに頑張っても越えられない壁と一線があったり。

二次コンとは言え、これでも一応日本社会に存在する人間なので、それなりに社会の歯車になって周ってないと二次元に没頭することすらそのうち不可能になってしまいそうですしね・・・。

そろそろ自分の将来、と言うか人生設計を真面目に考えなければならないと自他共に思ったりするんですけど、何をしたら良い物か・・・。

職業に向き不向きとかを考えようとは思いませんけどね・・・、職業に向き不向きなんじゃなくて、社会に属するのに向いてない気がするんですよ。

大学を目指そうにもその先に求める物が無いからなぁ。

こりゃ年が明けても勉強なんてしそうにないなぁ・・・。




( ´ー`)フゥー...

一度で良いからこういう中二病全快で文章を書いてみたかった・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年12月31日(土) 07時46分27秒

コミケ69レポート

テーマ:雑談

行ってきました有明へ。

買ってきました同人を。

いろいろと問題があるので、内容は開場の辺りから。


東館の123、456を隔てる通路に押し込められたのが9:15。

それから45分間、一緒にいたランサー4さんと暇つぶしのおしゃべりをして時間を潰すが・・・。

正直コミケに参加する事そろそろ6年程。

もっと長く参加してる人間も多々いる事とはいると思うものの、なんだかんだでいくつかのサークル以外は、毎年エロ同人を買い漁る恒例行事。

個人的には、島中の非エロのパロディ本を漁りたいはずなのに、何故か終ってみるとバッグの中は9割5部エロ同人が詰まっていると言う、悲しい男の性。

それを6年も繰り返している訳ですから、もう正直疲れちゃったりしてるわけです。

他の参加者達は、開場時間が近づけば


「ぉ~、ようやく始まるぜ~」

みたいな感じだと思うんですが、定あきの場合は


「はぁ、とうとう始まっちまうのか・・・」

と、周りと正反対の感動。

じゃあなんで毎年参加してるのかと、当たり前のツッコミを抱かれそうなもんですが、やっぱりほしい本はありますからねぇ。

ただ、身内では引退者?も続出してる感はありますが。


10:00

開場のアナウンスと共に、123,456ホールを外まで突き抜ける道へと有象無象のヲタク達が駆け抜ける。

まず定あきの第一目標は、少し前からエースかどっかで連載を始めたくろがねぎんの猫娘亭

初手にするほど有名超大手でもないものの、油断すると長蛇の列ができてしまう、大手で欲しいと言えば、こことFukuFukuくらいだし。

猫娘亭を10分程度で買うと、次はみかんさんに頼まれていたぺたぺただん。

シャッター横のサークルで、間違えてこの時点で建物内側に入ってしまったんですが、列そのものは思いっきり外に伸びおり、内と外の出入りは場所が決まっている為、往復の遠回りでいきなりかなりのタイムロス。

ぺたぺただん の新刊その他、仏さんじょの新刊等々を買ってもういちど内側へ。

場所が近い事もあり、イニGの絵日記リサイクルを購入。

島側の壁に面した位置だと言うのに、まだ開場から20分程度と言うのに、ここでも結構な列。

ここを買い、次ぎに行った所は、委員長を書かせれば(*´д`*)ハァハァ本間違いなしTearDrop

面白い事に、1限1冊500円でじゃんじゃんバリバリ売りまくってたので、1分くらいで買えました。

新刊は委員長ではなくて痕本でしたが・・・。


10:40

さて、ここがこの日の第一関門だったんだと思います。

天然石

モエかんのキャラデザの一人、基4%さんのサークル。

ただそれだけの理由だったんです。

外周の列ができていて、大体距離は150メートルくらいでしょうか・・・。

まぁ、コミケで列に並びたくないと言う程甘ったれではないので、とりあえず並んでれば進む訳だし基4%さんの本欲しいし、並びましたよ。

しかしねぇ~、なんか裁くのが微妙に遅いと言うか・・・、長い。

長いなぁ~。

正直、天然石の情報を全く持ってないんだけども、思ってた以上に大きいんだな・・・、よくよく考えたらシャッターサークルだし。


天然石並んでいる間、日差しと乾燥で生命活動がヤバ目に・・・。

とりあえず次の移動まで近くの販売機でアセロラドリンクを買って一飲み。

水分って大事だなぁ・・・。

なんだかんだでこのサークルが終わる事には11時半頃になってましたよ・・・。

ようやく時間を食うサークルが終って、大手群では最後となる福永ユミさんのFukuFuku!

あの家族計画のキャラデザ担当の方です。

前回の夏から行き始めたんですが、まぁさして並ぶ訳でないし家計好きだし。

ここは10分程度しか並ばなかったかな・・・、買うものとしては嬉しいような、ファンとしては寂しいような。


さて、東123の大手群を周り終わる頃には12時前。

片ホールの壁際巡るだけで午前が終ってしまいましたよ・・・。

東456で周るところは、いつもの感覚で言えば列ができる所はあまり無いけど、片ホール2時間半かかるとは・・・。


456では、とりあえず入り口から直進して壁際まで辿り着く。

いきなり目の前には目標の一つ、げんしけん内くじびきアンバランスでお馴染み八雲剣豪のサークル高速回転

ここは並んでも4,5人だから買うのが楽わはー・・・・。

が、お願いだから他の本より大きいサイズのチラシとかを用意されるのは辛いなぁ。


少し数字を下ってURC

サクラ大戦のマリア本で有名なエロ同人サークルですねぇ・・・。

本日最初の決定的にエロ重視なサークル。

ここもさして並ばなかったかな。


と言うかこの辺りからほとんどエロなんだよなぁ・・・。


次ぎに一気に数字を下って、ででぽっぽと言うサークル。

ここはねりわさびさんのぢゃっからんたん との合体なので行ったのですが・・・。

売り切れorz

本日最初の売り切れorz

悲しいなぁ・・・。


さて、お次は真ん中辺りに欲しいところが集中。

まずは入り口に近いところ。


黒田和也のしまほっけに行ってみたんですが・・・、ヴァンドレッド好きの定あきはこの人の絵好きなんですよ。

んでもって、まぁ中心通路の間だから多少並ぶかもしれんけど、買えるなら買おうとしてみた訳ですが・・・。

落としてましたorz


少し進んで二次裏ではコスモスで定評のあるMANITOU

しかし新刊はリオ本。

コスモス本では他の追随を許さないMANITOUなんですが、他の話となると違和感があるな・・・。


んでお次も二次裏でさらに定評のあるアーカイブ・・・と思ったら居NEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!

なにやら場所が悪くてフリースペースの外周に位置変えされたようです。

つーか前回も同じ事があったよな・・・。

通路の端に配置したせいで、へちファンが密集し通路を塞いだ事が・・・。

なんで最初から外周もしくは壁にしないんだろうか。

まぁ、捌くのが遅いっつーサークル側にも問題あるけど、アーカイブレベルなら取り替えられる壁は一杯あるだろうに。


仕方ないので次ぎに。

次は456のメイン。

ホンノキモチヤ

先日の話題「お・り・が・み」やゲーム「モエかん」のキャラクターデザイナー2Cがろあ~さんのサークル

456と言うか、コミケの目的の一つですねぇ。

ここも、何故か人が並ばず買うものとしては嬉しいものの、ファンとしては寂しいような・・・。

うーん、スケブ描いて欲しかったなぁ・・・。

さて二次裏ではROと幼姦?で定評のあるあのサークルへ行って見たんですが・・・。

本が完売してたので諦めましたorz

んでもって、移動先のアーカイブへ行くと、100メートル程の列。

ここも並びましたね・・・。

時間で言えば、天然石くらい並びましたよ。

もう買いに買った同人誌の重さで肩と足がやられていたので、かなり苦痛でした。

捌くのむちゃくちゃ遅いし・・・。


んで、ここを買って456は完了。

後は123に戻って島中のチェックサークルを周れば万事終了・・・。

あと、Precous Heart も買っておきました。

外周中にすこし暇つぶしで読んでみましたが・・・吹きました。


123に戻ると、最初に行ったのはセングラ本で定評のあるポロリン軒。

完売でしたorz


あとは、もうガンガン18禁。

しかし・・・、18禁サークルは大分削ったはずなのに何故かやっぱり周ってるサークルは18禁なんて・・・。

とりあえず全部周った後、最後に毎回のコミケに参加する理由の大部分を占める、参加当初からのお気に入り、迷い猫 さんの所へ。

ここは最初、悠久本で知ったんですが、成長期の定あきの心をガッチリ掴まれてしまいましたとさ。

ムチムチ好きの空想さんラジオリスナーの皆さんには是非勧めておきたい一品ですねぇ。

ここで作家さんとおしゃべりすると言う迷惑極まりない厨房になって時間潰してました。

全て周ると、もうへとへとで外まで戻りました。

今年の冬はこれでおしまい。

サンクス前で荷物をまとめると、荷物が重い重い・・・。

リュックに完全に詰めると、もう片腕で持つのは不可能。

背負ってみるとこれまた厄介で、重みでベルトが肩に食い込むらしく、どんどん腕が痺れてくると・・・。

しかし疲れた・・・。


さて、そろそろ年賀状に手をつけなければいけないのに・・・去年までの受け取った葉書がない。

少し前にメールで聞いた人以外、誰に送れば良いのかわからないorz

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月30日(金) 20時24分21秒

ね~むい~

テーマ:日記

コミケから帰り、風呂に入って2時間程睡眠。

明日の昼と夜、2回更新かな・・・。

今日はもう脳が死に掛けてます。

ギルド戦まで粘って死にます。


>一撃さん

言い方が悪かったかな?

ここではかしこまる必要なんてないんだぜ?

ただ「お初」って書いてるのに、自分の説明が無かったからね。

まぁとりあえず

敬語なんていらねぇぜ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月30日(金) 20時24分21秒

ね~むい~

テーマ:日記

コミケから帰り、風呂に入って2時間程睡眠。

明日の昼と夜、2回更新かな・・・。

今日はもう脳が死に掛けてます。

ギルド戦まで粘って死にます。


>一撃さん

言い方が悪かったかな?

ここではかしこまる必要なんてないんだぜ?

ただ「お初」って書いてるのに、自分の説明が無かったからね。

まぁとりあえず

敬語なんていらねぇぜ!!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年12月28日(水) 21時06分07秒

エロゲシナリオ脳、今日はいつもより長いよ!

テーマ:日記

二次元脳、エロゲ脳、ゲーム脳、ギャルゲ脳等々、世間に悪しきとされてるほとんどの脳構成をもっている定あきです。


「お・り・が・み」の最新刊は1月発売と通販サイトに書いてあったんですが、何故か本屋にあったので、「外の姫」と一緒に「正の闇」を購入。

外の姫は、コミケの徹夜番号準備帰りに読みました。

正の闇は今読み終わりました。

これはダメです

はい。

この小説、話は面白いのですが・・・個人的にダメです。

定あきの好きとは徐々に離れてきました。


序盤は、世界に裏切られた的な女主人公・鈴蘭が実は世界のキーパーソンな話。

それを自覚させるのが、男主人公・伊織貴瀬。

鈴蘭がメインの主人公らしく、常に話の中核。

ただ伊織がだんだんと脇役のような立場に追いやられてるんですよねぇ。

定あきがゲームや小説のシナリオとして好きな要素は二つあるんです。


一つは、実は主人公が、本気を出すor覚醒すると最強。と言う厨設定。

これ大好きです。

良いよね、主人公がマジになったとたん、迫り来る悪党どもをバッタバッタですよ。


もう一つは、恋愛要素ですね。

どんな物語でも、ヒーローとヒロインがくっつくと言うのがベストですよ。

別に悲劇でも良いんです、一度くっつくなら。

定あきは、2次コンで恋に恋してるような人間なので、話が面白くてもそこに恋愛要素が加わらないと盛り上がりに欠けるんですよ。


なので、この2つの設定がまじってるゲームとか大好きです。

Fateのシロウとセイバーしかり、デモベの九郎とアルしかり、モエかんの貴広とリニアしかり、大好き~。

死線を越えて芽生える恋。

これが大好きですよ。

しかしですね、このおりがみ。

なんか恋愛的展開が全く無いんですよ。

ガッカリですよ・・・。

それどころか、なんか伊織がどんどん脇役のような位置に押しやられて蚊帳の外になったりしてるし。

萎えるわぁ。



ヲタクってキモイわぁ。


コミケの徹夜番号準備の為に、ちょっくら有明まで行って、帰りにセイゼリアで一晩越してきました。

いや~同属嫌悪と言うか、うざいのばっかでしたね・・・。

醜い争いでおしくらまんじゅうをする訳ですが、周りがうるさいうるさい。

おしくらまんじゅうの中心部の人間たちは、並々ならぬ圧力を受けるんですよ。

でねぇ~こんな罵声が飛び交うんです。


「押すな~」

「焦ってもかわらないよ~」


と、まぁ軽い抑止てきなものから、だんだんと


「おい!押すなよ!!」

「押すなつってんだろ!!」

「押すんじゃねぇよ!!」


と、酷い罵声になっていくんですよ・・・。

あ~ウゼ。

こいつらなんでここにいるんだろう。

ここに来てる時点で

そんな事は承知のはずだろ?

それとも、こうなる事も分からずに甘い考えでやってきて、押すなだの焦るなだの、なに甘い事ぬかしてんのかね?

この場に集まった時点で、とっくに社会モラルから外れた屑の道を歩いてるって言うのに、てめぇの身可愛さでごちゃごちゃわめくんじゃねぇよ。

しかも一人厨房まじってて空気読まないでつまんない事叫んでるしさー。

我が身可愛さで叫ぶような輩は参加禁止ですよほんと。


帰りのサイゼリアで、また怖いヲタクもいたし・・・。

入って数十分、急に押し寄せた客をさばくのが精一杯で、ドリンクバーが機能してなかったんですよ。

で補充等終らせて、まともに機能するようになってからドリンクを注ぎに行くと、コーラの泡の量がすごかったんです。

なんかコップにコーラの黒い液が2cm溜まると、その上に泡が10cmくらい膨れあがると言う新鮮具合。

仕方ないから少し足しては、泡が液に収まるのを待って、それを繰り返していたんですが・・・。

なんか新しく入って来た同種の客がドリンクを取りに来て、なんか言うんですよ。


「おやぁ?微妙な配置だねぇ~?」


と、素で嫌悪感覚えるような下手糞な芝居がかかった口調で言ってる訳です。

それは一緒にいた連れに言ってるのではなく、コーラを足しては泡が収まるのを待っている定あきに向けらられたらしい。


(微妙?配置?なに言ってんだこのブタ、マジで)


知らない人に話しかけられても相手にしてはいけませんと子供の頃に教わっていたので、それに習って完全無視。

しかしマジきもいわぁ・・・。

と、そこで終ればよかったものの


「ははは、とりあえずまずはアップルティからだろぅ?」


早く消えて下さいorz

定あきも同種の人間には違いないけど、深夜のファミレスで疲れてる人間に意味の通らない事を嬉々として語りかける様な人間ではないと思いたい・・・。

そりゃ飲み屋の店員にはネタとして絡むけどさ。


>一撃さん

お初とは書かれている訳だけども、書き込みの内容がお初っぽくないのはいただけないなぁ~。

その名前じゃなかったら誰だかわからないところだったぜ。


>藍原さん

俺、ジャイアン嫌いなんだ。

現実にいたら闇討ちでもしてボコると思うんだ。


>報告さん

報告vs藍原の構図が完成ですね!

これは激しい展開わはー

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年12月27日(火) 18時24分59秒

高級品は良いわはー

テーマ:日記

さて、自転車盗まれて適度に気が立ってる定あきです。


7年乗って3年隠居後、再び眠りから覚まして一月程で盗まれた、BLUE RIDE

BLUE RIDE隠居の際に用意し、役3年で盗まれたクロスファイアーDX


これがここ10年程の間に定あきの足となってくれた安物MTBな訳です。

まぁ、ギアが付いてるだけでMTBとしては安物でも、定あきにしてみれば十分役に立っていました。


して、我が家には基本的に好んでMTBに乗る人間は定あきだけ。

と言うか自転車で遠乗りするような物好きも定あきだけ。

MTBはカゴが無いというバカバカしい理由だけで避けられているものでもありますしね。

カゴが無いなら大きいリュックを背負えば良いのに。


しかし、我が家の車庫にはもう一台MTBがあるんですよ。

それもシティサイクルではなく、きちんと長距離として考えられた、スタンドの無い本格的なやつが。

多分結構高いやつだと思うんですけどね。

うちの長男あきが高校のイベントで、富士山までサイクリングすると言う企画に参加する時に購入したものです。

が、そのイベント以来一度も乗らず、買われてすぐに放置され、5年近く車庫で眠り続けていたと言う可愛そうなMTB。

今日、以前高校に依頼した調査書を取りに行かなきゃいかんかったんですよ。

しかし足が無い。

兄あき達が常用するママチャリはあるけど、あんなん使いたくねぇー。

つーことで、高校の職員玄関前で自転車が盗まれるはずもなく、今日だけ乗ろうと思い拝借。

けどこれが結構厄介な物でした。

空気を入れる為のバルブがですね、通常のモノの違うんですよ。

どうやら、シュレーダーと呼ばれる米式のバルブらしく、家の空気入れでは対応できず。

仏式と英式用ならあったんですが、運が悪いと言うかなんと言うか。


仕方ないので、行き着けの自転車屋まで引いて行き、空気入れを拝借。

そして二次裏で勧められた、チェーンではなくパイプの鍵を購入。

店員さんと軽い世間話をしてから、高校に向け出発。

本格的にタイヤが細く、乗り慣れてない事もあり、始めはやや不安定。

が、慣れてくるとやはり高級品。

ペダルは軽いのに速度は良い感じで、モノの違いを思い知りました。

ただ小回りをする為に作られてないのか、カーブで簡単にペダルが地面に接触したり。

やはりMTBは良い。


だけどやっぱり人の物。

いくら乗られずに放置されてるとはいえ、自分の物でも無いのを好き勝手使うのは気分が悪い。

と言うかあまりスッキリするものでは無い。

可愛そうだけども、あのMTBには再び車庫の中でおねんねしてもらう事にしました。

大学受かるにせよ受からないにせよ、新調するのは来年度以降だなぁ。


>藍原さん

俺に対して2なんて選択肢を用意する時点で酷く嫌な話だ。


>報告さん

4・車より自転車

5・多分無職のこの歳の人間にしては鍛えられてる方

6・選ばなくとも時間が解決

orz

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年12月26日(月) 21時16分33秒

嫌な世の中・・・

テーマ:日記

また自転車盗まれました。


高校の生徒会仲間で集まって忘年会をし、店を出て自転車を取りに行くと、無い。

あ~、またやられたんだなぁ。

と、もう怒りもありませんでした。

人の足を平気で盗んで行くような人間は、いつか本当に酷い目にあって死んでもらいたいものです。


かくして、再び定あきの足はもぎとられ、家から出る気がなくなってしまいました。

モノとして言えば、今回盗まれたのもMTBですが、購入したのは10年前。

7年間乗り、各部がガタガタで、事故でケガをした時に買い替え、家の車庫に隠居させていたものです。

思い入れとしては、前回盗まれたものより全然大事と言えば大事だったんですが、もうモノはモノでそういう感情も薄れてしまっているのでした。

モノとして盗まれたって事より、人のモノを平気で盗んで楽してる奴がいるって言う怒りが強い。


クリスマスの夜に、プレゼントどころが足をもぎ取られると言う、神様も信仰もあったもんじゃないですよ。

今なら、世界を憎むようなキャラの気持ちが分かる気がします。

自転車どうしようかなぁ・・・(´・ω・`)


>藍原さん

読んで

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年12月25日(日) 21時37分40秒

聖なる雪が降る夜に

テーマ:日記

確か2年前のこの日、私は都内の肛門科にいた記憶があります。

この後、高校の生徒会仲間と忘年会に行ってくるですよ。


起きたら夕方5時。

生きる事に絶望するような状況。

聖なる雪が降る夜に、なかなかバカバカしいネタが・・・。


夕方、PCの前に座っていると、番号表示機能付きの家電が、登録者である人間を示す音楽と共に着信音を鳴らす。

母親がそれを取ると、どうやら相手は定あきの兄、兄あき。

会話の内容はわからない物の、兄あきに対する母親の言葉から、98%程会話の主旨が理解できました。


「・・・貸しませんよ」

「なに言ってるの、貸すわけないでしょ」

「お父さんに正直に言いなさいよ」

「とにかく無理です、貸せません」


( ´ー`)フゥー・・・。

こんな年末の差し迫った時期に、胸くそを悪くさせる名人ですね、兄あき。

上の4行の台詞で内容は明白だと思いますし、定あきでなくても会話の主旨は汲み取れると思われます。

お金の催促ですよ

本当にバカだなぁ・・・うちの兄あきは。

少なくとも父親から毎月の仕送りとして、バイトしなくてもそれなりの生活ができるだけの金額をもらっているはず。

それなのに、母親の方に金を貸してくれとせびるのはこれで2度目ですよ。

と言うか、貸してくれとかって返す気も無いだろうし。

返すとしたら、それは自分で働いた金じゃなくて仕送りから引くだけな・・・。

まぁ、うちの兄あきはうちの兄弟の中で最も世俗的な人間で、良い言い方をすれば世間的であって、毎日引き篭もってPCで遊んでいる定あきよりはよっぽど人間らしい訳です。

が、それにしても一介の学生には余る仕送りもらっておいて金せびってんじゃねぇよカスが。


うつり代わって夜。

向こうで妹、妹、母親が見ているテレビからは、漫才やら音楽番組の歌が流れてきています。

漫才のネタにギャーギャー騒いでうるさい事この上ない・・・。

とくにうちの長女がまたうるさい・・・、頼むから黙って動いてくれ。

娘とある毎に放送内容にツッコミをいれたり、こいつは面白い、こいつは面白くないをごちゃごちゃぬかすわけです。

そして、出かけていた次女もそろい、なにやら音楽番組を3人で見ているらしい。

すると、なにをトチ狂ったのか、3人でSMAPの「夜空ノムコウ」を合唱し始めるではありませんか・・・。

うざ

と言うか、うるさ・・・。

幼児や小学生低学年の子供が歌うなら分かるものの、中2、高2、50歳の3人がテレビの前で合唱してるんですよ。

アホかと。

聖なる夜くらい静かにしろよ!

本当に我が家はバカばかりわはー。


>「」

頭では分かっているのに、体が動かない。

まさにこんな感じです。

ヤバイなぁ・・・ヤバイよ。


>藍原さん

面白いかどうかは微妙かな。

個人的には嫌いじゃないタイプの話だけど。


>報告さん

本の厚さが薄いですねぇ・・・、分かりやすく言うとページが少ないっす。

一冊読むのに2時間かからないですから。

4コマですか・・・、定あきの中で4コマはあずまんがで終っていますよ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年12月24日(土) 18時41分39秒

ヽ(`Д´)ノウワァァァン

テーマ:日記

クリスマスイヴとかどうでも良く、全く勉強もせず。

候補生どころかNEET確定になろうかという、よくよく考えたら先日のDQNより遥かに人間のゴミであるところの定あきです。


イヴに1人、小説「お・り・が・み」を読んでいました。

げんしけんと一緒に買ったんですが、みかんさんの家で発見し、イラストレーターが2Cがろあ~ さんで、モエかんのキャラクターデザイナーさん。

定あきはこのイラストレーターが大好きなんでございます。

なので内容とか全く知らずに買ったのでございます。


内容は面白いんですが、スニーカー文庫の本はいかんせん薄い・・・。

え?もう終わり?ってな感じの長さ。

エロゲーム脳な定あきとしては、ラブコメ的な展開が入っていれば尚良しだったんですが、なんか主役二人の間にこれと言った恋愛感情は無いのが少々がっかりでした。

愛だよ!愛!!

アニメ版初代ガンパレを好きだった理由は、幻獣問題そっちのけで速水と舞の恋愛話に展開したあたりなんだ。

しかしがろあさんの絵はカワユイなぁ・・・。

わかりやすい所で、2次元コンプレックスな定あきは可愛いおにゃの子の絵を見ると

(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ

(*` Д´)//ア//ア!!

と、完全に萌え狂ってしまう訳です。

まさに社会不適合者!!


しかしですね、本日は少々悲しい出来事がございました・・・。

おりがみ3冊目であるところの「天の獄」を読んでいた定あき。

うっほ!3冊目で完結!?

と思い、裏表紙の折込を見る。


・天の門

・龍の弓

・外の姫

・天の獄


・・・お?

「外の姫」?

これは・・・何?

ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!

俺は3冊目を飛ばしていきいなり4冊目を読んでしまったと言うのか・・・。

しかもそれとは全く気付かせない、途中に一冊分の内容がわったとは思わせない序章だったのに。

へこむなぁ・・・。

まぁでも、2と4の間に一本あるとは思わせないような内容だったのが救いだったかな。

特に前巻に関するネタバレと言うか、内容がわかってしまうと言うのが無かったし。

しかし、アニメイトの品揃えの中途半端さには正直呆れ帰るわはー。


>XJAP

はい、もう出ているのでありますよ


>藍原さん

本当は定光を買うつもりだったんだけど、げんしけんにしたんだ。

時期が時期だけにあまりお金は使いたくないからねぇ。


>報告さん

ヲタクやネット中毒者には2種類の人間がいるんですかね。

学生時代、除け者組みと、集い合った組の。

同じく定あきも高校時代が黄金時代でありましたよ。

ああ、あの頃は良かったなぁ。


まさに、懐古主義!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年12月22日(木) 21時36分30秒

おまえらはクズ

テーマ:日記

DQNは死ねば消えたらいいのに・・・


友人とあいがしら、代ゼミまで言って自習机で寝て勉強しました。

そこで、分かりやすいDQNが一杯いましてね。


以前、格闘技で極真が最弱説を唱えたバカがいた日にも実はいて、その時の方が酷かったんですが・・・

自習室のほかに、フリーデスクと言う廊下で勉強するスペースがあるんですよ。

廊下と言うか、各階のロビーと言うんですかね。

それっぽいデブや、全体的にジャージっぽい眉毛を細くしたやせっぽち。

講義中で、周りのフリーデスクでは勉強している人間ばかりなのに、わざと大声をだして故意に迷惑をかけるようなカスどもです。

5,6人で集まって雑談。

事務員に注意されれば、挑発し神経を逆撫で。

時々散り散りになり、そこに2人しかいなくなって、1人が席を立って歩き出すと、残りの1人も意味も無く立ってそれを追従。

本当に1人では何もできないというクズども。

何かできないどころか1人でいることすらもできない寂しがりやの社会のゴミ。

お前らはなんの為にここにいるのかと・・・。

と、まぁ耳障りの悪い愚痴は終わりにして。


げんしけん7巻を買いました。

最近はめっきり情報を探さなくなって、時折本屋に行っては購読しているシリーズの新刊が出ていて驚きます。


もちろん予備校で読むわけにもいかず、帰りの電車の中で堂々と読んでたのではありますが・・・。

やっぱりげんしけんは面白いと言うか、笑えますね。

電車のなか、高坂くんと咲ちゃんのとある1シーンがツボにはまり、さして電車が混んでなかったというのもあり
正にこんな感じで


( ´,_ゝ`)プッ

軽く吹きました。

それに止まらず、笑うとすぐに顔に出てしまう定あきは、常に電車の中でニヤニヤ。


「(なにあれ、キモーイ)」

と言われんばかりのニヤニヤ具合だっと思います。

仕方ないよね。

だってげんしけん面白いもん!!


>「」

ええ、本当に良い友達を持って・・・私幸せです!!


>藍原さん

もうあの絵はうけつけないんだなぁ・・・。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。