CRIMSONRECRUITのブログ

一橋大学アメリカンフットボール部が運営する新入生応援ブログです!
勉強の息抜きにでもご覧になってください!


テーマ:
こんにちは。新2年DB中山です。

{812EE37D-4235-4D77-92CC-549BB5318A82}



今回は僭越ながら二次試験について、私の体験とそれを踏まえたアドバイスを書かせていただきます。

センター試験でうまくいった人、そうでなかった人、いると思いますが、一橋はセンターの割合がそこまで大きくないので、うまくいかなかった人はそこまで気にする必要はないと思います。
うまくいった人にとっては0.1点で合否が分かれる受験において大きなアドバンテージを得たことになります。
因みに私はセンターで失敗し、届いたセンターリサーチを即日捨てました。
はい、どうでもいいですね。

次に科目別に少しアドバイス(読み流してください)を書いていきたいと思います。

まず、一橋と言えば数学が難しいことで有名です。
難しいです。私もそう思います。多分みんなそう思ってます。なので大丈夫です。
ただ、試験中は難しいという先入観は捨てるのが得策かもしれません。
一橋の数学は難しいと思われる反面、意外と単純なことに気づけば解けるようになっている(ハズの)良問揃いです。本当に難しい問題はみんなできません。気負わず頑張りましょう。

次に英語についてです。英語は文法の割合が低く、読む力、聞く力、そしてそれらを表現する力が大きく問われています。(わかってますよねそんなこと。。)
試験は時間が少し多めに取られている分、解答の構成に気を遣う必要があると思います。
採点者に自分が言いたいことが十二分に伝わるように心がけるといいかもしれません。
また、去年作文で大きく傾向が変わったように、今年も何か変わる可能性があります。
が、対策できていないのはみんなおなじなので、焦らずに、一回落ち着いて自分の持っているものを全て答案に表現できたら大丈夫だと思います。

次に、こちらも去年少し傾向が変わった国語です。
国語も英語と同じく表現力が大きく問われています。(はい、わかってますよね。。)
ただ、漢字を疎かにしてはいけません。(と思います。。。)
私は合格最低点+3点で合格した人間なのですが、漢字を2つ間違えていたらこの文章も書くことはなかったと思います。
だからといって漢字わざわざ時間を割くのも少しもったいないと思ってしまうのは私だけでしょうか。
私は私立の過去問や一橋の過去問で出てくる漢字を少しずつ覚えていました。漢字にも少し気を遣ってあげるのも大事かもしれません。

最後に、これも一橋は難しいとされている世界史です。普通の世界史の勉強をしていても太刀打ちできないとされる世界史ですが、私は一橋世界史の勉強をしていたにも関わらず、本番では太刀打ちできませんでした。が、一応、過去問演習が一番大切と思っていたので、20年分ほどの過去問をやりました。完璧に解答できる人はなかなかいないので、部分点でどれだけかせげるかが大事だと思います。

以上です。
二次試験まで残り少ないですが、存分に力をはっきできるよう、頑張って下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。