1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-11 12:01:19

百均で見つけた鉛筆削りがすごい!

テーマ:鉄道玩具・トイ
行くたびに「ザ」の間違った使い方を指摘したくなる
百均ショップのダイソーで、面白いものを見つけました。
 
{8BED7AA0-CD34-45D8-9345-0E2DD2C14E23}
蒸気機関車C11の鉛筆削りです。

 

ペットボトルに取り付けて削り屑をためる

ボトルキャップタイプ。

{85691A35-1A35-4329-BFC9-B0F8FAAE0052}

 

たかが百均と侮るなかれ、これがなかなかデキがいいんです。

 

一見して目につくのは煙室扉の取っ手とヒンジのでかさ。

{94C1EC8C-AF13-457B-9DF8-1335D4019BB3}
そう、この鉛筆削りは本物のように開く煙室扉をあけて
鉛筆を差し込み削るという心憎い演出がされています。
 
そして何より、プロポーションもなかなかのもの。
{1A92DB36-0886-4457-9406-92BD13DE5AF8}
幅はHOゲージサイズなので、お手軽な改造ベースとしても
充分耐えられそうです。
 
 

 

上下は簡単に分割することができます。

{A58E2D74-3BA3-4A27-9E74-DE79CCFD071A}

 

ためしにと、往年のタカラポケトレイン
先頭車のカバーを外し、かぶせてみたら…

 

{1CF3F26F-60E2-434A-A0BC-EB51E854472C}
なんとぴったりかっちり無改造ではまってしまいました。
 

 

ポケトレインの車輪幅は16.5ミリなので、

世界一簡単かつお手軽にHOゲージ蒸気機関車の

オーナーになれてしまいます(笑)

{C704C504-F713-4448-B553-E461F44316A1}

もともとポケトレにはC11はありましたし、車輪の位置的には

カプセルプラレールのC62みたいになっちゃいましたけど(笑)、

これはこれでなかなか味があります。

 

同じくダイソーのおもちゃコーナーで売っている

プラレールもどきの客車などを使えば、もっとかっこよく

なるのではないでしょうか。

 

百均グッズは奥が深い!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-10-08 08:39:17

フジミ1/45 C53プラモデルを作る! その1

テーマ:鉄道プラモデル
フジミ1/45 C53プラモデルを、いよいよ制作します。
以前こちら(←クリック!)で紹介したレビューの続きとなります
 
{AC7B1114-6FDD-4267-889C-E12667C0CB28}

 

大滝のプラモデルがボイラーから組み立てはじめるのに対して

こちらは下回りから組み立て始めます。

{6EE8B679-652E-45D5-8004-6486EE6FFB6B}

先に付属のネジを使ってタッピングの指示が。

 

シャフトは金属、3軸のうちの2軸がギア付きです。

{7074D418-CCC2-44BA-A115-4B1C46F0BBBC}

 

シャフトの切り欠きにより位相を決定します

{83D6F2B3-E69E-4BD1-BABF-72838FFDEDCB}

 

こちらが台車フレーム。

{D5AF0B63-A587-4DAA-97F8-69468F97E502}

経年劣化により多少変形していますが、

構わず作業を進めることにします。

 

こちらはギアボックス。

{9AF5B980-2B8A-4E12-8AEB-699DCBD19D60}

 

1次減速がクラウンギヤで、

小縮尺模型によく見られるウォームギアは無し。

{5CAFC065-93E4-4C05-8761-FB5F1CC8C3AD}

 

 

{2F3C801F-7F7F-4432-A430-5FD77EDF46EF}

ちゃんと減速できてるのかちょっとだけ不安。

 

 

 

いちど組み立てたら分解的には不可逆なのでドキドキします

{6D3470F2-7B9B-43AB-B143-4D3A3EAC60D3}

 

ギヤボックスはネジ止めですが、下部の車輪支えを接着してしまうと

必然的にギヤボックスも固定されてしまうので意味がありません。

 

 

上の組み立て説明書の部分まで完成。

{6098A54D-4CC8-472B-B533-5B6A4EE0B522}

 

大きさ的にさすがに迫力があります。

 

あわよくばOゲージのレールを使った走行モデル化も考えましたが…

{34EAC0FE-9565-488E-A291-B758D163A7F3}

 

フランジが低いのであきらめました

 

ちなみにスポークの形状は今一つ。

ただの角材状態になっています。

{97450652-B474-4F2D-AB18-1EFF6E7DD8FC}

現在のアリイ1/50プラモのレベルで評価すると、

C11、C10よりはマシ、C53よりはかなり劣る、

というところでしょうか。

 

フジミがこのサイズの模型に手なれてなかったということが

よく分かって微笑ましいです(笑)

 

今回はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-14 17:17:32

今回は特別編!

テーマ:その他プログ
あ、今回は模型関係なく、カープファン歴40年以上の呉尾の
ただの浮かれたカラオケ動画です(笑)

炎のストッパー、津田恒実の最終登板から四半世紀。
この瞬間を待ち侘びていました!

ちなみに呉尾は去年のジョイサウンド新機種発表会でも
エクシングさん主催のステージで歌わせていただき、社員の方から
「バッチリ宣伝しといてください」と言われてるので、
一枠ぶん空けておきました。「うたスキ」に登録すれば
ジョイサウンドが入っているお店ならコラボ可能です。

赤き同志よ、共にセリーグ制覇に酔いしれましょう!
(リンク先動画左下の▶︎ボタンを押すと再生されます)

「それ行けカープ[若き鯉たち]/塩見大治郎」【うたスキ動画】「それ行けカープ[若き鯉たち]/塩見大治郎」クレオさんが歌いました!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-29 17:46:30

エーダイD51・HOゲージプラモその5・完成!

テーマ:鉄道プラモデル

エーダイD51プラモも、いよいよ最終回。
今までの流れをざっと振り返ると、
1・パッケージすごい!→
2・組んでみた→
3・走らない!→
4・改造。曲がらない→
5・頑張る!

とまあこんな感じで、本来ならば
3回くらいで終わるボリュームなのに
思わぬ延長戦に。


前回、なんとか動輪は回ったものの、
カーブで頻繁に脱線。
{3DE189EE-AC0D-490E-A62E-66ACE19C2D35}
{8DF09406-B19E-46C0-8AA2-4F03C8FD5FF6}
よく見ると先輪の左右の揺動範囲の狭さが問題と判明。

また、車体の持ち上がりは前方加重の軽さかと思いましたが、

原因は回転する先輪がピストン尻棒を持ち上げていたためと

判明しました。
{855D16E7-161C-4DC2-A09B-8ECEA1EB089F}
とにかく先輪の左右の揺動範囲を確保すれば

全ての問題が解決しそうです。



先輪の揺動範囲を制限しているもの・その1。

ピストン尻棒上に見えるシャシーフレーム。
{5E1C55E5-623C-4FA4-9161-67C40433A265}
{9A41A21B-F47C-4CC2-969D-A20AAE5221EA}

これが結構幅広く、動く範囲をかなり制限しています

 

おおざっぱにカットし、テストしてみます。

多少のの改善はみましたが、まだひっかかりが。

{ED4459C2-8A7A-420B-9DA6-DF2668CF34C7}

先輪の揺動範囲を制限しているもの・その2は、

ピストン尻棒の取り付け位置が内側すぎるということが

根本的な原因でした。

 

しかし、模型的にはこの位置で正しいだけに

多少理不尽な改造を施さなくてはいけません。

 

ご丁寧にも、見えない内側のモールドまで完璧です。
{AE0F14CA-5142-4A9D-AF4F-90682387747D}

名残惜しいですが内側のモールドをカット。
{E03FB502-85E3-4E4A-8816-6706A5769C0A}

さらに根元からカットして外側に接着しなおします。
{869CB023-671C-43AD-8347-880294131E13}



脱線を防ぐため、先輪台にもウェイトを追加。

Bトレ動力に付属していたものです。
{E70ACE8F-DA43-4F0A-A5B5-90BDBE53012E}

これでかなり先輪の揺動範囲を確保できました。
{0B2E314D-90FD-4428-98E5-5F06AA2F78AE}
昨今のピストン尻棒が再現されているNゲージ蒸機も

こういう構造ですよね。

めでたく付属レールの周回に成功。

脱線も皆無です。
{9802E08E-2680-4EBF-8207-9E263C724F51}

ギアノイズはあるものの、それでもナガノの模型よりは

かなり静かな走行音です。

それほどギヤで減速されておらずスピードはやや速め。

テンダーの単三乾電池は並列つなぎなので、1本でも走ります。

 

ちなみにレール幅は16.5ならぬ16mm。

不思議なことにナガノと軌間・半径・分割・長さが

ぴったり同じですが、作りそのものは別物。

全くもってミステリーです。
{E087DAF2-2657-4249-B12C-9F1F31C0FDB3}
2軸駆動なので牽引力はあまりありませんが

走りは安定しています

 

一足先に公開していた、走行動画はこちら。

 

~ここより製作後記~

さて、そもそもこのエーダイD51プラモとは

一体なんだったんでしょうか。

 

{1E08FC8E-CFF4-4FB5-A945-E0C006B25FD3}
 

すばらしい外観・ディテール技術とは裏腹に、

かなり高度な改造を施さなくては走らないという

「ひどい」と言わざるを得ない動力設計。

ずっと疑問を繰り返しながらの制作でした。

{A2C6AB4E-6370-4D91-8A3F-57B6FE2C255E}

 

一時期、当事の模型店にもけっこう置いてあったので、
入手し、組み立てた人は多いと思うのですが、

こんなパッケージでエーダイには

クレームが入らなかったのでしょうか。

{9891330E-CF13-481B-A751-78C1E94E3E10}

この模型が発売されたのが1975年頃。
75年12月がSL消滅でしたから、無理にスケジュールに

間に合わせたのかな、と邪推したくなるほど、

ボイラー周りの出来の良さと動力設計のやっつけ感の

ギャップが大きく、チグハグな印象です。

 

足回りを改良したものが出たという記録もありません。
まあ、小さな改善や仕様変更でなんとかなるレベルでないのは、

製作してみてよくわかりましたが(笑)

{2B55484C-BAEA-4DBB-A973-AEE253B23788}
ひょっとすると、このモデルがあっという間に消えたのは

クレームが頻発したか、担当が責任を負える範囲を超えたか、

エーダイ側が「なかったこと」

したかったのかも知れません。

 

{2CB752E8-B85D-43CF-A2BE-82EEC208CAEC}

実際、D51以外のモデルはその後も販売されていましたし。

 

また、このD51には、他のエーダイモデルとは違う

大きな特徴があります。

{1BE793D1-4867-4A6E-81CF-475135A46C5B}

ギヤボックスやシャシーなどがネジ止め方式で

メンテナンスを考慮されていたこと。

構成はHO鉄道模型そのものです。

 

{A581D62E-6BCB-4EBC-90C6-30EEBF554CA6}

{3A83BB75-D19C-4FB9-BB50-B2F5DAFD352A}

ひょっとするとエーダイは、

Nゲージのエーダイナインではない、

本格的な鉄道模型

進出しようとしてたのかも?

このD51はそのプロトタイプだったのかも?
…なんてことも考えてしまいます。

 

もちろん真相はわかりませんが、この独特なD51プラモは

不思議なオーラを未だに放ち続けています。

オーパーツなのか、単なる不良品なのか。手にする人によって、

その評価はデジタルに分かれることでしょう


返すがえすも、1980年の唐突な倒産が惜しまれます。
{E9084B2E-28CD-4EF4-9DD0-8656F6C5FEA5}
エーダイD51ブラモ編・終了。

 

次回からはまたまた幻の、

フジミ電動C53プラモの製作を予定してます。

お楽しみに。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-10 10:41:32

エーダイD51・HOゲージプラモその4・走行調整

テーマ:津川洋行コッペル
前回完成したエーダイのD51プラモ。しかし、
一見よくできたパッケージに見えて、
素直に組んだだけでは走らないということが発覚。

{A77D3F5A-08AE-4474-877D-5226A7273EC1}

どこから手をつけようかと考えていたら、
フレンドさんからメッセージがあり、
ネコパブリッシング刊「鉄道模型考古学N 」にて、
エーダイD51プラモの作例が載っているとのこと。

呉尾の素組のものと多少形態が違うそうで、
確認してほしいとのメッセージが。
{79E9EEE5-6EBA-49EB-854E-B2569652116E}
 (参考 : ネコパブリッシング刊「鉄道模型考古学N 」)
なるほど、キャプションには「安全弁のみ16番パーツ」とありますが、
この作例の安全弁はノーマルパーツで、先輪を含む車輪と、
ナンバープレートをHOサイズのものに交換しているようです。
コード類も見当たらないことから、ディスプレイモデルとして
保管されているのだと思います。

またよく見ると第二動輪が浮いていますが、
前々回のこの項目の説明書にもあるように第二動輪のみ
上下動の「遊び」が与えられているのがよくわかります。

{B8CF7AE6-F6F5-4055-A2B4-CB34D55C803E}
特に安全弁の記述は、前回紹介したように「浮いてる」とも思える
クオリティなので、ライター氏が勘違いされるのもわかりますね(笑)

さて、ここからが本題。
走らない原因を追求してみましょう。
走らないと言うより、動輪が回りません。
まずはとにかく動輪を回す調整を行います。

ざっと見てその原因は2つありました。

その1・突起したクロスヘッドのネジに
メインロッドが当たる

{9DED34E9-7C30-48E8-B168-85EECCA18433}
もはや可動パーツではなくストッパーです。
危うくメインロッドが折れそうになりました


突起部分をカットし、サーフェイス処理。
{45745484-AD79-4349-9545-9CB657C95773}
瞬間接着剤で固め、ヤスリをかけて平らにしました。


その2・リターンクランクがリターンしない
{CA7BF3AD-5BD5-4FBB-B906-5B1CA6CD44FB}
前回も書きましたが、エキセントリックロッドが
飛び出たネジに当たってしまい、回転しません。
また、スペーサーがないのでこのネジを締めると
全体が一体プレートのようになって回らず、
ネジを緩めるとリターンクランクがフリーになってしまい機能しません。


ネジをギリギリまで薄くヤスリをかけ、
リターンクランクとがっちり接着します。
{C990C05C-14C2-4004-BBEE-3F7F41DF36D0}


バラしたついでに、塗装しました。
{A8FF5AE4-430C-44DB-9B04-6FBF33E55974}
{64E19C7E-4E13-414B-ABD9-9183146E69D8}


いろいろあって見事に動輪が回転。



後ろ2軸が駆動輪ということがよくわかると思います。


早速、レールで走らせてみましょう。


またまた問題発覚。
{3DE189EE-AC0D-490E-A62E-66ACE19C2D35}
カーブで頻繁に脱線します。


よく見ると先輪の内側が浮いてます。
{8DF09406-B19E-46C0-8AA2-4F03C8FD5FF6}

また、前方加重が軽いのか、
車体そのものが乗りあげるような形に。
{855D16E7-161C-4DC2-A09B-8ECEA1EB089F}

いろいろ問題が山積みですが、次回が最終回。
フロント車輪部分の改造を中心に、
きちんとした走行動画をお届け…

…できるのか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。