イスラミック採用指数

テーマ:
昨夜の「いい旅夢気分」。鈴木ヒロミツ+三津谷葉子+堀越のり
の組み合わせで修善寺その他。へんちくりんな組み合わせだ。

日本株
朝から強い。SQ前日は思えないボリュームの取引がなされる。
コア30では8000番台が強い一方で、それ以外はまちまちな
のには米国株安の影響がうかがえる。

ダウにイスラミック採用指数というのがあると知る。
イスラームの教義に反する銘柄(酒・たばこ・豚肉・女性関連・
利息収入)を除いたもので、わが邦では武田薬品・アステラス・
第一三共・キヤノン・信越化学・富士フイルム・シャープ・ファナ
ック・ドコモ・ブリヂストンが採用。これらがそろって買われると
オイルマネー流入の証拠。と株式新聞。

武田薬品は信用取組良好で自社株買い(9/6まで)、高インス
タントカバレッジレシオということで金利上昇局面で材料視され
やすく、おまけにオイルマネーの投資先とあって、さらに分割
期待(いまどきあるのか?)もあり、高配当でもある。
9月末までは安泰もいいところ。

為替
豪ドルが強く、たんまり儲けることが出来た。塩漬けのポジショ
ンもだいぶ減り、調子に乗ってポンドを買って死滅する。

「毎年8月は、外債の利払いに絡んだ円買いが出てくる時期」
(FXwave)とのこと。
AD