こんにちは!


札幌市北区新琴似の美容室CREDOの


とっちこと福井利幸です。


読者登録やブックマーク大歓迎です^_^



とっちって誰と言う方は→こちら


今日は、美容師との意識相通に欠かせない


画像を見せる時の一言です。


スタイル写真見せたのに


変なヘアスタイルにされた・・・。


なんて話を聞いた事ありませんか?


変なヘアスタイルにしてやろうと


思っている美容師は居ないと思います!


なんの恨みもありませんからね(笑)


喜んで帰って欲しいと思っています^_^


話のわかる美容師にあたれば良いのですが


運による部分もありますよね〜。


なので美容師にかける言葉が


大切になってきます!


(お客さんに気を使わせてしまい


すみません。


本来は美容師のカウンセリング力を


上げるべきですよね>_<)


まず、画像の選び方ですが


ボケている写真やヘアスタイル全体


が見えない写真はやめましょう!


あとは、1枚ではなく三枚は


用意しましょう。


・渾身の一枚だけだと『ならないですよ』


からの絶望感がハンパないですから✋


・複数枚あると、共通点から好きな


雰囲気を掴みやすいので助かります^_^


本題の写真を見せる時の一言は


『完全にこれにしたい訳じゃなくて


こんな雰囲気が好きなんです』


美容師に言えない方もいるとは


思いますが、もうひと押し


『この横の毛とか、前髪が好きなんです』


ここまで、言えればもう一息✋


『どちらかと言えば、長いより短い方が良いです』

とか


『暗いより明るい方が良いです』


まで、方向性を示せれば


かなり失敗を防げると思います‼️



と、言うのも経験の浅い美容師は


『写真あるんですけど』と


言われた時点で『キタキタ〜』となり


見せられたヘアスタイルに


絶対しなければと意気込んでしまいます。


しかしながら


いままでやった事のないスタイル=条件的にならない事ヘアスタイルや


絶対に再現できないヘアスタイルを


選択しているパターンも多いです・・・。


なんとかしようとハサミを


入れ始めてしまうと、バランスがとれず


不幸な結果になってしまう。


・こんな雰囲気が好きを伝える。


・このサイドの毛が好き、前髪の軽さが好き等、お気に入りポイントを伝える。


・長さや明るさのどちからと言えばこっち的な方向性を伝える。


ある程度


融通の効くオーダーにする事によって


担当美容師の頭を柔らかくして


失敗を減らし


しっくりくるヘアスタイルになれると思います^_^


(お客さんに気を使わせてしまいすみません>_<)



ただし『絶対に寸分違わず


このヘアスタイルにしたい!』


そんな方向きの話では無かったですね〜。


素敵なヘアスタイルに出会えるとこを


お祈りしていま〜す^_^


AD