「細雪」博多座公演

テーマ:

2017/4/26(水) 11:00

2017/4/27(木) 16:00

2017/4/28(金) 11:00 千秋楽

 

明治座は2回とも30分だった幕間休憩時間が2回目は10分になってましたが、それとは関係なく回を重ねる毎に短く感じる公演時間でした。

演者が慣れてテンポが良くなっていたからでしょうか。

 

今回に限らず過去に何度も観ているのに、その都度心に響く台詞に気づきます。ほんとに素晴らしい脚本だと思います。

 

千秋楽のご挨拶で長女鶴子役の賀来さんが「これからも上演され続ける演目だと思います」と言ってましたが納得です。

 

壮さんは「雪子、幸子、鶴子も演じてみたい。叶わなければ客席で1ファンを続けたい」でした。

 

私はいつか鶴子を演じる壮さんを観てみたいと思います。

原作の枠を大きく飛躍して生きているのが菊田脚本の鶴子だと思うからです。

 

博多座の幟

AD