アムルト ジャパンの事務局長 原田さまとお会いしてきました。

ミーティング内容は以下の通りです。

1:団体の説明。

2:今後、広報に力を注ぎ、
多くの人に団体を認知して貰う事。
その為に
日本語のオリジナルパンフ作成したい。

といった内容でした。

団体パンフのデザイン依頼という事でお受けさせて頂き、
アムルト ジャパンの
今後に繋がるお手伝いが出来ればと考えています。

今回は、
私の方からも提案を一つ出しました。

「実際お会いし、ミーティングを行いながら
プロジェクトを進めて行く事。」


今まで、NGO、NPO団体とのやり取りは
Mailによる受注が中心でしたが、
一つ一つしっかりと進む事を考え、
ラフデザイン、印刷所の選択、使用する紙、色、予算。
全ての段階で、話し合いをしながら
「一番の理想」を導き出せればと思います。
AD
本日、NPO法人・かものはしプロジェクトの方と会ってきました。

内容は、「団体とクリエーターの関わり方について」です。

クリエーターの特性と、一般的な価値観は相容れないものがあり、
両者を上手く噛み合わせるのは大変な事だと
私自身NPOやNGOと関わるようになって、
不安や、噛み合ない部分の多さが実感としてあるため、
何故うまく進まないのか、なども話させて頂きました。

確かに、「伝えること」のプロがNPOやNGOに加われば
更に「意味ある宣伝」として幅広い形で意味ある広報が可能になるでしょう。

しかし、やはりクリエーターの専門的な時間の使い方。
多忙さは、言葉ではうまく表現出来ませんし、
団体の思いをすぐには理解出来ないのが現実です。

だからこそ
時間をかけて話し合い、両者の疑問点を無くして行ければと考えています。

今後も、NPO、NGOを支援して行きたいので、
かものはしプロジェクトと共に
「クリエーターと団体との関わり方」の答え(未来)が見出せればと思っています。
AD
http://blog.livedoor.jp/cnyf/ちばNPOユースフォーラムへ「クリエイティブ・ボランティア』として参加させて頂きました。

会場ロビーでは、
クリエーターから「デザインの寄付」で寄贈して頂いた
ポストカードやTシャツなどのオリジナル商品の販売を行わせて頂き、
商品の売り上げは、「北の星東札幌保育園内ホール 」
(札幌市白石区東札幌2条6丁目10ー22 地下鉄白石駅より徒歩5分)で
開催されるスマトラ島沖地震津波チャリティコンサート「春<haru>の民族音楽会」http://plaza.rakuten.co.jp/charityconcert/ とのタイアップで、全額、日本ユニセフ協会スマトラ沖地震・津波緊急募金へと寄付させて頂きます。


上記ロビーでの販売ともう一つ
今回参加させて頂いた中で最も重要な
「社会貢献するアート」というテーマのゲストとして参加し、
アートに出来る事・可能性に興味ある方々とディスカッションする事でした。

形としては「ラウンドテーブル」という
10コのテーマを10コのテーブルに分け、
NEETの問題や、地域の事や、エコであったり、食であったりと
幅広い題材が用意され、会場に来られた方は
「気になる題材のテーブル」へ自由に参加し、質問や論議を行う事が出来る形でした。
私は「社会貢献するアート」という題材のテーブルで
「クリエイティブ・ボランティア」の活動内容や、考え、今後の展開、
クリエイティブな貢献(ボランティア)に興味ある方への回答などをさせて頂きました。

このテーブルには他にゲストとして
「助手アートプロジェクト」の福田さん、
「Wi-CANプロジェクト」http://www.e.chiba-u.jp/wi-can/ の山田さん、
なども同席し、前半で、各々の活動履歴を説明、後半で『貢献するアートとは何か?』を紐解いて行きました。

これは、かなりアバウトな議題でもあり、
「どう進めようか?」と
最初に行ったゲスト3名による打ち合わせではとまどっていましたが、
子どもの社会参画をすすめるNPO
「こぱてぃ」http://www.copatee.net/board.html?seemore=yから参加してくださった方が、「ボランティアとして、子どもたちと一緒に、工作や絵などを作っていく時間と場所を築いていきたい、「一緒にモノを作る」=「楽しさや、心を伝えられる」のでは?」という考えを持っていたり、Wi-CANのみなさまは、「アートを暮らしの身近にする事で、街の活性化や、繋がりを強化できるのでは?」という想いなど、
クリエイティブな視点でのボランティアの可能性を色々と聞くことができ、
私自身、勉強になりました。

クリエイティブ・ボランティアは
まだまだ、固まっていない部分も多いのですが、
可能性としては高く、意義ある活動だと確信しております。

今回お会いしたみなさま、
参加、賛同くださったクリエーターさま、
そして、このような機会を下さった下山さま、
ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いいたします。

クリエイティブ・ボランティア sirou

AD
<3月20日(土)>
千葉県・船橋市で「ちばNPOユースフォーラム」というイベントが行われます。
http://blog.livedoor.jp/cnyf/
「クリエイティブ・ボランティア」として
クリエーターの作品展示、および商品販売を行わせて頂く事になりました。

●1:募集要項●
<個人のオリジナル作品>
(ポストカード・印刷物、雑貨などオリジナルに限ります)
作品と同時に、作者が分かる「名刺」もしくはPR紙も添えてください。
※スペースの関係上(長机4つほど)、あまり大きな商品は置く事が出来ません。

<3月20日の「ちばNPOユースフォーラム」スタッフ>
当日イベントスタッフを募集します。

■2:注意事項■
<販売商品について>
販売もしくは、展示のみ(DMなどでの広報なども含まれます)を選べます。

<販売の場合>
NPO、もしくはNGO団体への寄付金にいたします。
※寄付金に関しては現在「特定の団体」は決まっていません。

<参加希望の締め切り>
3月10日までとさせて頂きます。

<作品到着日>
3月15日までとさせて頂きます。

▲3:商品管理・発送先▲
全ての「作品・商品の発送」に掛かる費用はご負担願います。

以前同様、作品管理をsirouこと管理人石丸で管理させて頂ければと思います。


※価格・点数等をホールに提出するため、
参加希望の方は、作品内容、作品金額等をsirouまでご連絡ください。
http://www.ekokoro.jp/
「イーココロ!」
の代表をされている関根さんとお合いしてきました。

クリエイティブ・ボランティアとしも、
ネットショッピングは将来的に重視しており、
すでに、売り上げなどを寄付金にしている部分を学べればと思っています。

関根さん自身、多方面の方とお合いし、
イベント開催などを行いたいとの事で、
近々共催出来ればと考えています。

そこで、
「では、どの団体を支援するか?」
「広報するメディアは何にするか?」
「場所の問題」
等上がりました。

毎回、出発する際の問題点ですが、
一番大切な事です。
上記点を踏まえながら
「団体への広報支援」を確実に行えるチーム編成を
行っていければと考えています。
先月、JANICの方とのミーティングにより
クリエーターと団体の意見交換、情報の共有を計るための
ワークショップ開催を行えないかという話をさせて頂きました。

現在のままでは、クリエーターからも、団体からも分からない事、見えない事が多く
「本当に意味あるクリエイティブの仕事」へとつなげるには、両方のコミュニケーションが大切であり、「信頼」の面でもWSのような場が必要という見解に至りました。

今月初旬から、コミュニティでの会議開催を予定していて、
会議で問題点を論議した後、
4月中旬を目処にWS開催が出来ればと考えています。

上記に伴い、WSに携わって頂ける方も募集いたします。
経験のある方、興味のある方は、ご連絡頂けると幸いです。
http://veryroll.com/

「何か作っていくことを楽しんで、
さらに何かの役に立てたらいいというスタンスです。」
と答えてくださった管理人さまが運営されている
BLOG・VERYROLL.COMで掲載して頂きました。
幅広く取り上げられているクリエイティブ情報が魅力なBLOGです。


BLOGでつながる効果を
今後も重視していければと考えています。
トラックバックは勿論のこと、
クリエーター、NGO、NPO、ボランティア情報の提供など
お気軽にお寄せ頂ければと思います。

sirou

ECO-PR PROJECT

1月16日
ECO-PR PROJECTの宮城さま、中島さま、國井さまとお会いしてきました。
今年から、本格的な活動をされるとの事で、
クリエイティブ・ボランティアとしても共催、情報交換等出来ればと思っています。

「環境問題への関心が高くない人たちにも興味を持ってもらえるデザインと、認知してもらえるプッシュ型のメディア(送り手から情報を押し出して、受け手が受動的に得るタイプのメディア)によって本質的な情報を広め、環境問題をみんなの問題にするべく活動してゆきます。(サイトより抜粋)」

環境問題は、全ての生命の問題で、特に消費し、破壊している私たちは深くこの問題に取り組まなければなりません。



各問題に合ったクリエイトの構築。

デザインから始まるメッセージ。

ECO-PR PROJECTと一緒に模索し
新しい「商品」が生み出せればと考えています。
参加されているクリエーター紹介

クリエイティブ・ボランティアのsirouこと石丸です。

http://blog.livedoor.jp/creative_volunteer/「クリエイティブ・ボランティアBLOG・本館」にて、

●現在、クリエイティブ・ボランティアに参加希望されている
クリエーターの方々を掲載させて頂いています。

●まだ、全ての方の掲載が完了していません(随時掲載していきます)。

●随時、クリエーターの方々を募集してます。

以上、よろしくお願いいたします。

先日、
国際協力NGOセンター
JANICの広報担当NAKAGAWAさんとお会いしてきました。

http://www.janic.org/

JANICは72団体のNGOが登録されている、広報、情報公開、
団体への架け橋等でNGOを支援している団体です。

NAKAGAWAさんは、Web開発、広報が主で
クリエイティブ・ボランティアの構想に興味を持って頂きました。
今回は、一度お会いするという形で
お互いの状況と「何ができるか」「何をしたいか」を確認し、
出来そうな「案」を話させて頂き、まとめてきました。



人に知られる事もなく、
ニュースになる事もなく、
世界の最前線で活動されている方々を
クリエーターの力で「伝えていく」事。


まさに「これから」です。

「ここから」確実に形にして行かなければなりません。

やる事は山ほどあります。

同時に

出来ることも...。