合唱祭

テーマ:

今日は、合唱祭があわぎんホールでありました。


懐かしい人たちに会えました。


高校は、7人程度で頑張っているところが多いです。


名西高校はさすがでした。


徳島北高校は、女声の人数が増えていました。


徳島市立高校は、そろって練習する時間を増やす必要があります。

AD

合唱祭前日

テーマ:

今日は合唱祭の前日なので、市高を訪れてみました。


合唱はしていませんでした。


管分と弦分を見学してきました。


バッカナールが、曲がりなりにも通っていました。



昔と比べ物にならない広ーーーーーーい楽器庫に感動しました。

AD

「風になりたい」

テーマ:

私の現在の勤務先に隣接する、精神科デイケアから依頼がありました。


「ラテン打楽器を使って何か音楽を楽しみたいので、力を貸してほしい。」と。



私は、教師在勤中にためた膨大な資料を全部捨ててしまいました。


昨日一日かかって、使える資料を探しましたが、少ししかありませんでした。


やはり、ラテンで楽しむとなると、THE BOOMの「風になりたい」でしょう。


今、ネットを使ったりして、指導案を考えています。



私はやはり、音楽をしている時が一番楽しいようです。

AD

山田一樹と日本一の合唱団

テーマ:

今朝の「題名のない音楽会」は、「山田一樹と日本一の合唱団の音楽会」でした。


日本一の合唱団が、指揮者山田一樹のレッスンを受けます。



まず最初は、全日本合唱コンクール金賞のコンビーニ・ディ・コリスタが、「黒人霊歌」を。


次に、全日本お母さんコーラス全国大会ひまわり賞の、東京フラウエン・カンマーコールが、中田喜直の「ねむの花」。


そして、全日本合唱コンクール金賞の、豊島岡女子学園高校が、木下牧子作曲「おんがく」で受講しました。



いずれも、山田さんの的確な指導で、音楽が変わりました。


中でも、豊島岡女子学園は毎日練習しているだけあって、反応がよいと思いました。



小澤征爾のことばです。


「音楽はまず声から出発するんだ。


全部の楽器は


全部人間の声の代理なんだ。」




ペンデレツキ、ライヒ

テーマ:

5日放送の「題名のない音楽会」は、「久石譲が語るクラシック音楽の歴史 後編」でした。


後編では、20世紀の音楽に焦点を当てていました。


ペンデレツキの「ヒロシマの犠牲者に捧げる哀歌」は、弦楽器の最高音域の不協和音が、実に気持ち悪かったです。


スティーヴ・ライヒの「クラッピング・ミュージック」は、オケの二人の打楽器奏者で実演してくれました。


これらは教科書にも載っているので、教材としてとても良い番組だと思います。



スティーヴ・ライヒの言葉です。


「新しい音楽がいいわけではないし、


古い音楽がいいわけでもない。


いいものはいい。それだけだ。」