クリィミーブログR

クリィミーマミネタとか、好きなものを好きなように語るブログです。

わりと話題かたよりがちです。


テーマ:
クリィミーブログR
池野恋先生サイン会整理券配布終了しました。ゴーーン
「ときめきトゥナイト」の作者、池野恋先生(以下、りぼんっ子のピノピノとしては『恋ちゃま』と呼ばせていただく。←りぼん本誌で漫画家はいろんな愛称で呼ばれていた。池野恋は「恋ちゃま」、吉住渉は「渉クン」、水沢めぐみは「めぐタン」など。いまでもあるのかな・・・・)のサイン会が池袋の東武の中の本屋で開催された。トゥナイトのセルフカバー的な「ときめきミッドナイト」の完結記念らしい。池野恋!!池野恋!!

250万乙女世代としてはたまらんですよ。(当時のりぼんは発行部数250万部・・・ってなんだそれ。そのため、内職の必要なふろくから、大量生産が可能な紙媒体のふろくになったそうだ)
ピノピノは第2部の「なるみ編」の中盤以降からのりぼん読者だったのだけど、ときめきトゥナイトの神髄は第一部の蘭世編にあり!!!ちょっと上の30~40代のリアルタイムでランゼを読んでいた人たちがうらやましいぃいとチッチとギリギリしていた。13~17巻くらいの絵が凄く好きだ。ランゼがかわいすぎる。

サイン会は整理券のもらい方を当日だと勘違いしていたせいで参加できず・・・一時間で配布終了して、ヤフオクで1万越の値段ついてたりした。サインはもらえなくともせめて一目でもとチッチとノコノコ行ってきました。


クリィミーブログR
クリィミーブログR


うおおお、この人が恋ちゃま。この人があの神漫画を・・・・!!ランゼ編は小学校の頃、コミックをあつめるしかなくって、でもいっぺんには買ってもらえず本屋にいくたびに一冊ずつこつこつあつめて1年以上かかってそれを大事に読んだ。一番最初に読んだ所は骨折したとき通った接骨院だった。わたしの小学校時代はときめきトゥナイトとともにあった・・・・。

恋ちゃまは女子大の教授やってそうなイメージですごく上品そうな方だった。今のこの状況をタイムマシンに乗って昔の自分に教えてあげたい。

客層はやはり、30~40代女性でたまに20代ってかんじだ。単行本にサインをしてくださり、さらには記念写真まで撮れるというサービスっぷり。チッチとトランペットを欲しがる黒人少年のような瞳で、サインをもらっている方々を見つめる。

せめて手紙を・・・と池袋のサブウェイでチッチと書いてきた手紙をスタッフの人にお渡ししたら、「ありがとうございます。必ず渡します」とのことで、こちらこそありがとうございます。

一目見られただけでも良かった良かった。

ときめきトゥナイトはアニメ化もされてたが、そのEDがけっこうエロいのだ。当時、どきどきしながら見ていた子供たちが多かったらしい。ほんとにこれ普通に地上波で流れてたとかいい時代だなあ。この歌大好き。

それが手書きアニメがけっこう盛んなニコ動においてパロディ動画が色々上がっていて面白かった。
・・・色々上がっていたんだけど久々に見たら色々なくなっていた・・・

比較付き


これはOPパロ。ギャグ漫画日和はよくわからんのだが、うまい。


世界樹の迷宮というゲームらしい


って、まさかのボーカロイド、まさかの関西弁P!wwこのリンのmp3ほしいなあ。かわいいなあ。


久々にときめきの漫画がよみたくなってきた1日だった。
一人くらいランゼコスで来ている人はいないかとおもったが、いなかった。

ああランゼかわいいよランゼ。またぜひこういう企画やってほしい。次こそは・・・・次こそは・・・!
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード