1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-05-18 09:54:06

金環日食

テーマ:グローバル化
 21日の7時半ごろ鹿児島から東京の太平洋沿岸で金環日食が見える。太陽に月がすっぽりと収まり、残った縁がドーナツ状に輝く。太陽と月と地球が一直線に並ぶことで起きる天体ショウ。これほど国内の広範囲で観測できるのは1080年以来の932年ぶり。私は中学生のとき(1963年)に部分日食を下敷きで見た思い出がある。次は2035年9月2日に日本各地で部分日食が見ることができる。
 日本人も他の人種もともに地球人として心を一つに整列して、平和な地球に思いを馳せる良い機会かも。

(推薦書籍)
観測的宇宙論への招待-宇宙はいかに解明されてきたか
天体観測入門 天文・宇宙の科学
最新・月の科学-残された謎を解く NHKブックス 1115
新しい太陽系-新書で入門 新潮新書 238
ブラックホールで死んでみる-タイソン博士の説き語り宇宙論
宇宙で地球はたった一つの存在か ウェッジ選書 21 地球学シリーズ
宇宙飛行士の育て方
戦略原論-軍事と平和のグランド・ストラテジー
地球に残された時間-80億人を希望に導く最終処方箋


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-05-17 09:44:11

天皇英国訪問

テーマ:グローバル化
 エリザベス女王(86歳)の即位60周年祝賀行事に出席する天皇(78歳)、皇后(77歳)両陛下は16日、政府専用機で英ヒースロー空港に到着された。英国滞在中、女王主催の昼食会やチャールズ皇太子主催の晩餐会などに出席される。天皇は皇太子時代の1953年6月2日、エリザベス女王の戴冠式に昭和天皇の名代として出席している。
 私事だが英国やロンドンには35年前の初訪問以来、5~10年おきに行く機会がある。早朝の公園散歩や美術館巡りが懐かしい。英国病の当時からは想像できないほど行くたびに活気づいている。英語を習い始めたころはジェントルマンに憧れたものだ。今年のロンドンオリンピックにも行きたいが。友人に英国駐在経験者もいる。王室だけでなく国民の相互交流が期待されている。

(推薦書籍)
イギリス矛盾の力-進化し続ける政治経済システム
オックスフォード古書修行-書物が語るイギリス文化史
グローバル・シティ-ニューヨーク・ロンドン・東京から世界を読む
ブレア回顧録 上
ブレア回顧録 下
イギリスの住まいとガーデン-暮らしを楽しむエッセンス
楽しいロンドンの美術館めぐり
英国式、犬と人生を豊かに暮らす方法
ブランド品を持っていい人、悪い人-英国上流夫人のみた日本人 中公新書ラクレ 186
地方自治体のパブリック・ガバナンス-英国地方政府の内部統制と監査


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-05-03 00:00:00

日米首脳共同声明

テーマ:グローバル化
 米国を公式訪問した野田佳彦(54歳)首相は4月30日午前、ホワイトハウスでオバマ(50歳)米大統領と会談し、共同声明「未来に向けた共通のビジョン」を発表した。アジア太平洋の安定に役割と責任を果たし、同地域の貿易・投資に関する高い水準のルールを構築し、あらゆるレベルでの人的交流を強化するとした。ゴールデンウィーク中に、学生時代の友人と会い、米国内のドライブ旅行の思い出を語り合った。
 1853年のペリー来航や1860年の咸臨丸の太平洋往復からの日米両国民の緊密な絆が最大の財産であり、更なる交流が深まることを期待したい。

(推薦書籍)
変容するアジアと日米関係
さらば日米同盟!-平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策
日米同盟の静かなる危機
在日米軍司令部
米軍再編と在日米軍 文春新書 528
同盟変貌-日米一体化の光と影
日米FTA戦略-自由貿易協定で築く新たな経済連携
オバマの戦争
スマート・パワー-21世紀を支配する新しい力
ハーバードの「世界を動かす授業」-ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-03-06 09:47:07

中国7.5%成長

テーマ:グローバル化
 中国の温家宝首相は5日開幕した全国人民代表会議(国会に相当)で2012年の実質経済成長率の目標を8%から7.5%に引き下げると表明した。なお11年は9.2%成長だった。消費者物価の上昇率目標は4%前後と11年実績の5.4%から引き下げる。労働力人口の減少が間近に迫るなか、インフレを抑制し高成長から持続可能な安定成長に軸足を移す。
 中国が改革開放に舵を切った1978年から34年間、平均10%の高成長で、世界第2位の経済大国(GDP600兆円)となった。日本経済(同470兆円)は1991年の水準のまま低迷しており、失われた20年から30年の可能性が高まりつつある。中国に勝る成長戦略が日本には求められている。

(推薦書籍)
中国の情報通信革命
中国モノマネ工場-世界ブランドを揺さぶる「山寨革命」の衝撃
中国市場戦略-グローバル企業に学ぶ成功の鍵
われ日本海の橋とならん-内から見た中国、外から見た日本-そして世界
中国は、いま 岩波新書 新赤版 1297
岐路に立つ中国-超大国を待つ7つの壁
オレ様国家・中国の常識
中国を知る 第2版-巨大経済の読み解き方 日経文庫 A 58
これから、中国とどう付き合うか


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-25 00:00:00

円高に喘ぐ製造業

テーマ:グローバル化
 歴史的な円高は目下1ドル80円台で推移している。リーマンショックの傷も癒えたのも束の間、ユーロ危機、円高、災害により輸出企業は呻吟している。国内生産比率が70%のマツダは円高で業績が悪化。エコカー開発や新興国での生産強化のため増資、劣後ローンによる2,327億円の財務強化を発表した。為替変動だけで企業収益が影響を受け製造拠点を転々させるのは由々しき事態である。消費地に近い場所での生産などそのバランス見直しは大切である。だが進出国の経済力が上がり通貨高になれば、再度移転を余儀なくされる。
 一方、ファナックはスマートフォン製造向け工作機械の国内増産の計画を発表した。ロボット活用により稼働率を高め価格競争力を実現するという。日本ヒューレットパッカードもパソコンのメードイン東京を発表した。付加価値が高い多品種少量生産の耐久消費財などは円高であっても国内生産に優位性がある。まずはマーケットを見直し、製品のコスト構造を分析することであろう。困難はあるが市場に合う製品の選択、工程の合理化によるコスト低減、高スキル人材による加工、納期短縮などまだ道はある。この苦境を克服し次の飛躍につなげたい。

(推薦書籍)
日本産業と中小企業-海外生産と国内生産の行方
国内生産でも世界で勝てる-メード・イン・ジャパンの逆襲 小型・精密・実装技術で進化するシチズン時計のDNA
図解これから伸びる企業が面白いほどわかる本 2012年版-原発事故・大震災と超円高を勝ち残る!
ザ・ベロシティ-製造業・起死回生のシナリオ
グローバル製造業の未来 ビジネスの未来 2
なぜ日本の製造業は儲からないのか-日本衰退論のウソ
ものづくり経営学-製造業を超える生産思想 光文社新書 293
日本のものづくり競争力基盤の変遷
技術力で稼ぐ!日本のすごい町工場-ものづくりの現場から 日経ビジネス人文庫 ブルー に 5-2
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-16 10:30:57

馬総統再選

テーマ:グローバル化
 台湾総統選は14日投開票され、国民党の現職、馬英九(マーインチウ)総統(61歳)が野党民進党の蔡英文(ツァイインウェン)主席(55歳)を破り再選された。中央選挙委員会によると投票率は馬氏が51.6%、蔡氏が45.6%。馬氏は2008年の前回総統選で圧勝し、中台の定期直行便の運航、中国からの観光客受入れ、自由貿易協定にあたる経済協力枠組み協定の提携などの成果を上げ、今回の選挙戦でも中国(面積960万平方km、人口13.5億人、GDP500兆円、以下同)と台湾(3.6万平方km、0.2億人、40兆円)の安定を訴えて支持を広げた。
 馬氏のリーダーシップによる中台だけでなく日台の経済社会交流の進展を願う。

「行く人の咳こぼしつつ遠ざかる」高浜虚子

(推薦書籍)
私のなかのよき日本-台湾駐日代表夫人の回想五十年
反中vs.親中の台湾 光文社新書 351
本当に「中国は一つ」なのか-アメリカの中国・台湾政策の転換
大丈夫か、日台関係-「台湾大使」の本音録
台湾ナショナリズム-東アジア近代のアポリア 講談社選書メチエ 472
台湾人生
現代東アジア-朝鮮半島・中国・台湾・モンゴル
街道をゆく 40 台湾紀行 朝日文芸文庫 し 1-43
オレ様国家・中国の常識
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-10 10:17:59

貿易赤字

テーマ:グローバル化
 2011年は1980年以来の貿易赤字になったもようだ。貿易統計によると輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は昨年1~11月で2.3兆円の赤字。背景には、円高と工場の海外進出による輸出減と輸入増、さらに原発事故による火力発電用の液化天然ガス(LNG)の輸入急増がある。
 2012年以降も円高基調による輸出減と輸入増は続き、原発の稼働率低下によるLNG輸入で貿易赤字は拡大する可能性が高い。節電と太陽光発電の普及、国内工場の高付加価値化、法人税減税、円高対策を急ぐ必要がある。

「冬うらら空より下りて鴎どり」三好達治

(推薦書籍)
華麗なる交易-貿易は世界をどう変えたか
G20先進国・新興国のパワーゲーム
入門・貿易実務 第3版 日経文庫 A 45
貿易実務ハンドブック
よくわかる貿易実務入門 改訂版 図解実務入門
超円高社会日本が変わる
ユーロ危機と超円高恐慌 日経プレミアシリーズ 149
欧州危機の真実-混迷する経済・財政の行方
弱い日本の強い円 日経プレミアシリーズ 138
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-12-16 10:04:42

イラク戦争終結

テーマ:グローバル化
 オバマ米大統領が14日にイラク戦争の終結を宣言した。演説で「Welcome Home」と4回言い、「民主的なイラクを生んだ」と強調した。背景にはエネルギー安全保障の面での中東産原油依存度の9%への低下があり、戦費(アフガニスタンと合わせ1兆ドル超)が米財政の重荷となっていることがある。2003年3月から8年10か月に及ぶイラク戦争は約4.5千人の米兵の命を奪い、3万人が負傷した。テロや暴力で11.5万人の市民が死亡した。月内に米軍は完全撤退するが、イラクの宗派・民族間の対立激化の火種がくすぶる。
 「民主主義を世界に広げる」と訴えたブッシュ前政権を批判し大統領に勝利したオバマ氏の外交は不干渉が原則。中東の和平には時間がかかるが自国で解決するのが本筋のようだ。
http://www.whitehouse.gov/blog/2011/12/14/president-obama-fort-bragg-welcome-home

(推薦書籍)
オバマの戦争
オバマのアメリカ-次なる世界経済の行方
オバマの真実
オバマ大統領就任演説 永久保存版-対訳
アメリカ自由と変革の軌跡-建国からオバマ大統領誕生まで
正しい戦争と不正な戦争
世界を不幸にするアメリカの戦争経済-イラク戦費3兆ドルの衝撃
戦争の経済学
イラク戦争のアメリカ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-12-07 09:55:17

中国出店攻勢

テーマ:グローバル化
 イオンは2014年以降、中国でショッピングセンター(SC)を年10~20のペースで出店し2020年には200店体制を目指す方針を決めた。現在、中国でSCを含む大型店を30店、食品スーパーを10店、コンビニエンスストアを22店展開する。10年の中国売上高は約1千億円。20年の利益構成を日本とアジアを1対1とする。背景には、中国の消費を引っ張る中間層(年収76万~126万円)が20年には6,900万世帯と10年で倍増するとの予測など、購買力アップがある。
 伊勢丹、高島屋、イトーヨーカ堂、セブンイレブン、ファミリーマート、米ウォルマート、仏カールフールなども中国出店に攻勢をかけている。中国のGDPは日本を抜き世界2位となり世界の生産拠点から消費地に変身し、日米欧の小売サービス業の進出が加速化する。

(推薦書籍)
われ日本海の橋とならん-内から見た中国、外から見た日本-そして世界
中国は、いま 岩波新書 新赤版 1297
岐路に立つ中国-超大国を待つ7つの壁
オレ様国家・中国の常識
中国を知る 第2版-巨大経済の読み解き方 日経文庫 A 58
これから、中国とどう付き合うか
自由市場の終焉-国家資本主義とどう闘うか
巨龍に挑む-中国の流通を変えたイトーヨーカ堂のサムライたち
2015年の中国-胡錦濤政権は何を目指すのか
中国産業地図
中国の金融システム 貨幣政策、資本市場、金融セクター
中国の情報通信革命
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-15 10:16:20

TPP世界経済4割

テーマ:グローバル化
 日本、カナダ、メキシコがTPP(Trans-Pacific Partnership 環太平洋経済連携協定)への参加を、アジア太平洋経済協力会議(APEC Asia-Pacific Economic Cooperation)首脳会議で13日表明し、世界経済の39%(GDP25兆ドル、人口8億人、以下同)占める経済連携が実現する可能性が高まった。欧州連合の26%(17兆ドル、5億人)に比べて存在感も成長力も大きい。TPP9か国は、包括的な市場開放、規制の統一、特定サービスの例外など大枠合意を結んだ。日本は9か国と年内にも事前協議に入る。
 世界の成長センターの大きな風に乗り、日本の貿易立国への再出発を期待したい。

(推薦書籍)
BoPビジネス戦略-新興国・途上国市場で何が起こっているか
アジア力-成長する国と発展の軸が変わる
新興国からの挑戦 揺らぐ世界経済システム
アジア太平洋巨大市場戦略-日本はAPECをどう生かせるか
メイド・イン・ジャパンは終わるのか-「奇跡」と「終焉」の先にあるもの
日米FTA戦略-自由貿易協定で築く新たな経済連携
日本の新通商戦略-WTOとFTAへの対応
G20先進国・新興国のパワーゲーム
自由貿易は、民主主義を滅ぼす
空間経済学-都市・地域・国際貿易の新しい分析
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。