1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-10-31 09:42:25

子育て応援特別手当

テーマ:制度
 政府は30日、追加経済対策を決定し、子育て支援では第2子から月額3,000円を「子育て応援特別手当」として支給する。現在の児童手当は小学生以下の児童1人につき月額5,000円または10,000円(3歳未満または第3子以降)が支給される。ただし所得制限があり500-600万円以上の場合は支給されない。なお民主党は支給対象児童を中学校終了までとし、児童の食費・被服費をまかなえる水準へと支給額を引き上げて月額26,000円とする「子ども手当」を創設するよう主張している。
 私の経験でも子育て時に家計が一番苦しい。そのことが少子化の最大の原因である。「子ども手当」よりも「子ども減税」の方が国民も政府も事務手続きコストがかからず有効と思う。扶養控除は子ども一人当たり所得税38万円、住民税33万円であるが、所得税と住民税を同じ250万円とすれば、子育て費用(年間50万円)の大部分は減税で賄われる。子ども減税の推進による多子化時代の到来を期待したい。

(推薦書籍)
少子化社会白書 平成20年版
これでいいのか少子化対策-政策過程からみる今後の課題
少子化と日本の経済社会-2つの神話と1つの真実
アメリカ型不安社会でいいのか-格差・年金・失業・少子化問題への処方せん
だれが未来を奪うのか-少子化と闘う
人口減・少子化社会の未来-雇用と生活の質を高める
少子に挑む-「脱・人口減少」への最後の選択
ベビーブーマー・リタイアメント-少子高齢化社会の政策対応
多子青春化-日本の生きる道
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-30 10:02:16

給付金2兆円

テーマ:制度
 政府・与党は30日、総額2兆円規模の給付金支給などを盛り込んだ追加経済対策を発表する。景気対策の柱として定額減税が議論されてきたが、クーポンや現金を1世帯当たり平均3.8万円、一人当たり1.5万円程度を5千万世帯へ配ることになりそうである。
 インスタントラーメンの値段を400円と答えた庶民感覚のない麻生太郎首相のもと、給付金支給の政府の業務負担や国民の事務負担を考えない愚かな施策と思う。年末調整や確定申告時に減税するのが公務員や国民の負担なしにできる最善策と考える。

(推薦書籍)
改革の哲学と戦略-構造改革のマネジメント
創造的破壊とは何か日本産業の再挑戦
イギリス経済再生の真実-なにが15年景気を生み出したのか
アメリカの経済政策-強さは持続できるのか 中公新書 1932
格差はつくられた-保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略
スティグリッツ公共経済学 上 第2版
スティグリッツ公共経済学 下 第2版
ゼミナール公共経済学入門
現代税制改革史-終戦からバブル崩壊まで
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-29 09:47:24

住宅ローン減税

テーマ:金融
 政府・与党は2009年度の税制改正で、住宅を取得した人が住宅ローン減税で所得税額の控除を受けられる上限をいまの160万円から、過去最高の600万円に引き上げる方針だ。また省エネ住宅に改修したり、高齢者や障害者が住みやすく改修したりする人を対象に、費用の一定額を所得税から税額控除するリフォーム減税も創出する方向だ。住宅購入時やリフォーム時の負担を軽減し、住宅着工を促進して景気をテコ入れするのが狙いだ。団塊世代は定年時に住宅の立替やリフォームする人が多いと聞く。私自身も計画中であり減税を望む。
 新設住宅着工件数は2007年には耐震偽装の再発を防止するため建築確認を厳しくした改正建築基準法の施行の影響で104万戸と前年比19%減となったが、今年は前年比ほぼ横這いである。減税効果により住宅着工が増え、景気回復の契機となることを期待したい。

(推薦書籍)
その住宅ローンちょっと待った!-ローンを組まずに家を買う方法も大公開!
なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?
タダで自宅を手に入れるスゴイ方法-収益マイホーム
住宅ローンが危ない 平凡社新書 330
住宅ローン証券化のすべて-ローン市場と資本市場の融合
住宅ローン控除による還付申告のしかた-平成20年3月申告用
住宅ローンはこうして借りなさい 新版-あなたに合うローンはこれだ!
アルバムの家
頭のよい子が育つ家
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-28 09:23:06

日経平均26年ぶり安値

テーマ:金融
 27日の東京株式市場では日経平均株価が終値で7,162円90銭と2003年4月に付けたバブル経済崩壊後の最安値を下回り1982年10月以来26年ぶりの安値となった。日経平均株価の最高値は1989年12月29日の38,915円であり2割以下となった。背景には世界的な景気減速と急激な円高(1ドル92円、1ユーロ115円)による企業業績の悪化懸念がある。政府は株価急落と円高を受け、空売りを機動的に禁止できる制度導入や証券優遇税制の延長、円売りドル買い介入、銀行への公的資金注入など緊急市場安定化策の検討に入った。
 株式市場はパニック的悲観一色であり、根拠なき楽観によるバブルは崩壊し、「山高ければ谷深かし」の様相である。市場の失敗を政府の失敗で上塗り、さらに景気が悪化しないことを願う。

(推薦書籍)
波乱の時代 特別版-サブプライム問題を語る
熱狂、恐慌、崩壊-金融恐慌の歴史
なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか-信用バブルという怪物
日本経済を襲う二つの波-サブプライム危機とグローバリゼーションの行方
マネー動乱-市場を破壊する激流
大暴落1929 NIKKEI BP CLASSICS
ゆたかな社会 決定版 岩波現代文庫 社会 137
悪意なき欺瞞-誰も語らなかった経済の真相
資本主義と自由 NIKKEI BP CLASSICS
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-27 10:10:15

高速道路無料化

テーマ:制度
 景気対策として高速道路料金値下げの議論がある。そもそも欧米の高速道路は無料なのに、なぜ日本では有料なのかが素朴な疑問である。経済学の教科書通りだと、高速道路は公共財であり税金で建設し無料なのが自然であろう。20代に北米大陸を西海岸(サンフランシスコ)から東海岸(ニューヨーク)まで2週間ほどで往復したが、道路はすべて無料で快適だった。米国の地方都市が元気な理由の一つは高速道路料金が只のことがある。
 高速道路民営化で官僚の天下り先と道路族議員の利権が増えたとの話もあり国民を愚弄するように思う。高速道路を地方自治体の管轄とし税源を移譲し無料化することで地域に最適な道路網が整備でき、地方経済再生の早道となろう。
http://www.yamazaki-online.jp/kaisoron/q_a/index.html

 「山見ても海見ても秋の夕かな」一茶

(推薦書籍)
道路問題を解く-ガソリン税、道路財源、高速道路の答え
道路の決着
道路投資の便益評価 理論と実践
道路行政 行政学叢書 10
改革の虚像-裏切りの道路公団民営化 新潮文庫 さ 41-6
日本道路公団-借金30兆円の真相 NHKスペシャル・セレクション
ボランティア・サポート・プログラムハンドブック 改訂版-道路管理への住民参加
よくわかる特殊法人改革-道路公団、住宅金融公庫から郵政3事業まで
国土交通白書 2008-平成19年度年次報告
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-26 16:24:51

振り込め詐欺

テーマ:トップ
 10月15日(水)に近くの神田錦町郵便局に現金を引き出しに出かけたところ警察官が2人ATMの横にいた。警察は金融機関とともに10月を「振り込め詐欺対策強化月間」と設定して、年金振込日の15日に全国のATM10万台の8割に5.6万人の警察官(26万人の2割)を配し警戒にあたった。振り込め詐欺には「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金(貸します)詐欺」「還付金等詐欺」などがあり、今年は認知件数2.4万件(2千世帯に1件)、被害総額333億円に達する可能性があるとのこと。私の先輩にも振り込め詐欺の電話がかかってきたことがあり、危うく騙されそうになったと聞く。
 不審な銀行口座の監視強化、ATM周辺で携帯電話を利用できなくするなどの金融機関の対策、匿名携帯電話の撲滅と通話履歴の長期保存などの携帯会社の対策のとともに、スピード違反対応などの交通関係の警官を異動し、あるいは自衛官(24万人)を警察に協力させ振り込め詐欺グループ逮捕のための警察力を強化し検挙率(2007年は17%)アップをお願いしたい。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/koreisagi/koreisagi.htm

(推薦書籍)
世界No.1詐欺師が教える華麗なる騙しのテクニック
詐欺師入門-騙しの天才たち:その華麗なる手口
サブプライムの実相-詐欺と略奪のメカニズム
証券詐欺師-ウォール街を震撼させた男
マネーロンダリング入門-国際金融詐欺からテロ資金まで
投資詐欺-身近にある罠から資産を守る法 講談社+アルファ文庫
警察白書 平成20年版
警察改革-治安再生に向けて
警察vs.警察官
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-25 00:00:00

ルークとブッチを偲ぶ

テーマ:プロ
 9月26日(金)にポール・ニューマン(1925-2008)が亡くなった。俳優で映画を見たくなる一人だった。団塊世代が高校生の頃映画館で『動く標的』(1966年ジャック・スマイト監督)見て主人公の私立探偵リュー・ハーパー(ロス・マクドナルドの原作ではリュー・アーチャー)にすっかり魅せられた。蓋棺録で言及される出演作品には個人的な感傷も過ぎる。お気に入りは役名と共演者で深く印象に刻まれている。
 『傷だらけの栄光』(1956年ロバート・ワイズ監督)のロッキー・グラジアーノ(実在のモデルはロッキー・マルシアーノ)と不良仲間フィデル(無名時代のスティーブ・マックィーン)、『ハスラー』(1961年ロバート・ロッセン監督)のエディ・フェルソンと撞球の強敵ミネソタ・ファッツ(ジャッキー・グリースン)、『暴力脱獄』(1967年スチュアート・ローゼンバーグ監督)の“クール・ハンド”ルークと獄友ドラグライン(ジョージ・ケネディがこの役でアカデミー助演男優賞受賞)、『明日に向かって撃て』(1969年ジョージ・ロイ・ヒル監督)のブッチ・キャシディと強盗コンビのサンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)など忘れ難い。『暴力脱獄』で退屈凌ぎにゆで卵50個を制限時間内に食べられるか賭けをするシーンでは胃袋が膨れてメタボのごとき腹になるがCGのない時代にどうやって撮ったのかずっと気になっている。刹那的に生きざるを得ず服役中に母の死を知らされて独りバンジョーを弾きながら「プラスティック・ジーザス」を歌う場面が今でもセンチメンタルだ。自慢の自家製サラダドレッシングを事業化して成功し多額の寄付も行なった。
http://63.131.143.186/

(推薦書籍)
ポール・ニューマン 少年の心を持った反逆児
ハスラー 扶桑社ミステリー テ 10-1
映画が目にしみる
談志映画噺
アメリカ映画風雲録
アメリカ映画100年帝国-なぜアメリカ映画が世界を席巻したのか?
その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか? 上-アメリカ映画界の光と影
その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか? 下-アメリカ映画界の光と影
入門・現代ハリウッド映画講義
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-24 09:43:51

社会保障国民会議試算

テーマ:制度
 政府の社会保障国民会議(座長・吉川洋東大教授)は23日の医療・介護・福祉分科会で、2025年度までの医療・介護費用の財政試算を公表した。医療・介護費用は2007年度の41兆円(国民一人当たり32万円)が2025年には現在の体制のままで85兆円、医療介護従事者の増員など体制強化と医療機関の機能分化を最も進める場合は92-94兆円と増える。
 医療介護サービスの充実は必要だが、後発医薬品の利用促進、過剰検査の無駄、カルテとレセプトの未電子化など制度の課題も多い。なにより我々団塊世代が健康管理を徹底しピンピンコロリとなることが最大の医療介護費用抑制に繋がるとも思う。制度の無駄削減と健康管理効果の試算もお願いしたい。

(推薦書籍)
2015年の社会保障制度入門-社会的連帯の強化と自己決定の尊重
人口減少時代の社会保障改革-現役層が無理なく支えられる仕組みづくり
社会保障年鑑 2008年版
自立支援と社会保障-主体性を尊重する福祉、医療、所得保障を求めて
社会保障と日本経済-「社会市場」の理論と実証
政府の大きさと社会保障制度-国民の受益・負担からみた分析と提言
社会保障の明日-日本と世界の潮流と課題
希望の構想-分権・社会保障・財政改革のトータルプラン
社会保障制度改革-日本と諸外国の選択 社会保障研究シリーズ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-23 10:01:01

日印首脳会談

テーマ:グローバル化
 来日中のインドのシン首相と麻生太郎首相は22日の首脳会談で、経済連携協定(EPA Economic Partnership Agreement)の早期妥結を含む貿易・投資の自由化や地球温暖化対策、地域開発など幅広い経済分野の協力と、安全保障分野での包括的な枠組みの構築で合意した。
 インド(面積329万平方Km、人口11億人、GDP120兆円)経済は高成長(2007年9%)が続いており、21世紀中には米国、EU、中国を抜いて経済規模1位となる可能性が高い。人材育成にも力を入れており、米英の主要な大学院の学生数はインド人が日本人より多いと聞く。日本企業のインド進出も急増しておりEPAの早期締結が望まれる。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/2/20081022_205230.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/2/20081022_204813.html

(推薦書籍)
アジア三国志-中国・インド・日本の大戦略
インドの投資・会計・税務ガイドブック 第2版 あずさ海外ネットワーク
議論好きなインド人-対話と異端の歴史が紡ぐ多文化世界
アジア地域と日系企業-インド・中国進出を考える企業への提言
図解インドの投資・会計・税務の基本 2008年版
タタ財閥-躍進インドを牽引する巨大企業グループ
早わかりインドビジネス B&Tブックス
驚異の超大国インドの真実-インド人だからわかる!ビジネスの将来性と日本人の大誤解
インドの衝撃
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-22 10:37:12

「預け」と「はり付け」

テーマ:制度
 会計検査院が12道府県を調査したところ5億円を超す国の補助金が不正使用されていたことが分かった。不正経理は大きく2つあり、一つは年度末に補助金の余りを事務用品などの購入を架空に発注し裏金を捻出し飲食などに利用する「預け」、もう一つは自治体予算から出すべき旅費やアルバイト賃金を国の補助金から出す「はり付け」である。自治体の裏金問題や不正経理の解決には会計検査院などの監査を強化することも必要だが、根本原因は国の補助金制度と予算制度の不備にある。
 国の補助金制度を廃止し税源を地方自治体に移譲するとともに、予算を余らすことを評価する人事制度に変更すれば、無駄な補助金行政コストと監査コストはかからず住民満足度の高い行政サービスが可能となろう。

(推薦書籍)
日本警察と裏金-底なしの腐敗 講談社文庫 ほ 26-4
追及・北海道警「裏金」疑惑 講談社文庫 ほ 26-3
地方自治自立へのシナリオ-国と地方を救う「役割分担明確化」の視点
地方自治ポケット六法 平成20年版
日本における国家と地方自治の形成史
地方分権の経済理論-第1世代から第2世代へ
分権改革の動態 政治空間の変容と政策革新 3
日本の地方公務員の人件費研究
公務員クビ!論 朝日新書 96
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。