1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-08-31 09:31:11

日中防衛交流

テーマ:リスク
 日本を訪れている中国の曹剛川国防相は30日、安倍晋三首相、町村信孝外相、高村正彦防衛相と会談した。安倍首相は「防衛外交と安保対話による相互信頼の増進は戦略的互恵関係構築の一環として重視している」と歓迎した。
 国民の安全のための主要課題は、20世紀は国と国との戦争であったが、21世紀はテロや自然災害との戦いである。テロ対策や災害時の中国との相互支援体制についての議論をもっと進めてもらいたい。

(推薦書籍)
日本の防衛 平成19年版-防衛白書
日本の防衛戦略-自衛隊の新たな任務と装備
自衛隊-変容のゆくえ 岩波新書 新赤版 1082
日本はこのままでは生き残れない-あまりに脆弱な国防の実態
国防の論点-日本人が知らない本当の国家危機
ミサイル防衛-日本は脅威にどう立ち向かうのか 新潮新書 202
これでわかる防衛白書Q&A 平成18年版
国防
戦後60年軍拡史-1945~2006
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-30 09:57:56

ダム建設費膨張

テーマ:制度
 国土交通省が全国で建設中のダム149基の建設費が9.1兆円(1基当たり610億円)と当初見積もりの1.4倍に脹らんでいるとのこと。なおダムは全国に既に2,654基(2006年3月末)ある。ダムは治水、灌漑、発電などに役立つと小学校で習った。しかし田中康夫前長野県知事の脱ダム宣言にみるように、治水と利水にはダム以外の河川改修などの方がメリットがあるとの意見もある。
 公共事業は投資対効果のあるものを行うことが原則のはずであったが、いつの間にか失業対策や補助金のバラマキ行政、公務員の仕事づくりなど税金の無駄使いになってしまったものもある。地方は人口減少化でダムの投資対効果は年々変化している。事業計画の透明性を高め、市民による事業監視のなかで本当に必要なダムのみ建設するようにしてもらいたい。
 http://www.pref.nagano.jp/doboku/tisui/sengen.htm

(推薦書籍)
水の世界地図
緑のダム-森林・河川・水循環・防災
開発の時間開発の空間-佐久間ダムと地域社会の半世紀
だめダムが水害をつくる!? 講談社+α新書 165-2C
脱ダムから緑の国へ
ダム撤去-科学・経済・環境のためのハインツセンター
日本を
ニッポン解散-続・憂国呆談
市民がつくる公共事業 岩波ブックレット NO. 589
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-29 10:34:54

医療保険制度一元化

テーマ:制度
 厚生労働省は28日、医療保険制度一元化の重要なステップとして、中小企業などの従業員と家族が加入する政府管掌健康保険への国家負担を削減し、大企業の建保組合と公務員の共済組合に一部肩代わりをしてもらう方針を自民党厚生労働部会で表明した。私自身、健保組合、共済組合、政管健保の3つに属してきたが、変更時に手続きの事務コストが行政側にも国民側にもかかるし、保険料や給付の差があるのも変だと思ってきた。また若い時に健保組合と共済組合に払った保険料に対して、現在の政管健保や将来の国民健康保険の給付で十分かとの不満もある。単なる縦割り行政の弊害のようにも、大企業や公務員と中小企業との間に医療保険格差があるようにも見える。
 読書家でもあり医療介護保険について経験豊富な舛添要一厚生労働相(58歳)の英断によって、医療保険および年金の一元化が一気に進むことを期待したい。

(推薦書籍)
医療政策は選挙で変える-再分配政策の政治経済学4
これからの年金・医療・福祉-格差があってはならない社会保障
医療立国論-崩壊する医療制度に歯止めをかける!
格差なき医療-日本中で世界最高水準の治療が受けられるようになる日
「改革」にダマされるな!-私たちの医療、安全、教育はこうなる
医療制度改革の国際比較 講座医療経済・政策学 第 6巻
医療原価計算-先駆的な英米医療界からの示唆
ヘルスケア・マネジメント-医療福祉経営の基本的視座
ファイザーCEOが語る未来との約束
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-28 10:10:10

安倍改造内閣

テーマ:制度
 安倍改造内閣が27日夜発足し「お友達内閣」から経験豊富なベテランを配置した「重鎮内閣」となった。自民党の参院選惨敗の真因は、都市と地方の格差拡大の不満不安による1人区での大敗にあった。地方活性化には、地方への税源移譲と補助金廃止、国家公務員から地方公務員への転換などにより中央集権から地方主権に改革し、地方独自のアイデアと自助努力が決め手となろう。
 増田寛也総務相(55歳、前岩手県知事)の懐の深い政策により、地方の少子化にストップをかけ、教育再生、地域再生することを期待し、地方政府首長が首相になる日を待ちたい。

(推薦書籍)
地方分権改革 行政学叢書 5
日本における国家と地方自治の形成史
どうすれば役所は変われるのか-スコラ式風土改革
分権社会の地方財政
地方崩壊再生の道はあるか
逐条解説地方分権改革推進法
地方行政を変えるプロジェクトマネジメント・ツールキット
マニフェスト革命-自立した地方政府をつくるために
日本の財政改革-「国のかたち」をどう変えるか
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-27 09:48:47

所得格差指数最高

テーマ:制度
 厚生労働省が24日に発表した「所得再分配調査」によると、世帯の所得格差を示すジニ係数(当初所得、所得再分配前)は2005年に0.5263と過去最高(02年は0.4983)となったが、税や年金・医療などの社会保障による所得再分配後のジニ係数は0.3873(02年は0.3812)とほぼ横這いであった。
 世帯平均では当初所得466万円(100%)、所得再分配後550万円(118%)と税45万円(10%)や保険料52万円(11%)の負担対して年金・医療給付181万円(39%)である。所得再分配の世代間の格差は大きく、たとえば29歳以下の当初所得275万円(100%)、所得再分配後259万円(94%)と税・保険料負担16万円(6%)があるのに対して、75歳以上の当初所得198万円(100%)、所得再分配後499万円(252%)と税・保険料より年金・医療の給付が301万円(152%)多い。
 所得再分配そのものも大きいし、若年層から高齢者への所得再分配も少し大き過ぎるようにも思う。公助に依存し過ぎており、もっと自助の日本社会の方が健全ではないだろうか。安倍新内閣による税・社会保障制度の抜本的改革のオープンな議論を期待したい。
http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/indexkk_6_9.html

「世にも暑にも寡黙をもつて抗しけり」安住敦

(推薦書籍)
格差社会ニッポンで働くということ-雇用と労働のゆくえをみつめて
これからの年金・医療・福祉-格差があってはならない社会保障
検証日本の貧困と格差拡大-大丈夫?ニッポンのセーフティネット
現代アメリカの経済政策と格差-経済的自由主義政策批判
現代の貧困-ワーキングプア/ホームレス/生活保護 ちくま新書 659
格差社会の結末-富裕層の傲慢・貧困層の怠慢 ソフトバンク新書 17
消費社会から格差社会へ-中流団塊と下流ジュニアの未来
格差社会スパイラル-コミュニケーションで二極化する仕事、家族
論争格差社会 文春新書 522
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-26 19:12:00

大学進学率54%

テーマ:制度
文部科学省の学校基本調査によると2007年3月の大学(短期大学含む)進学率は53.7%(前年度比1.4ポイント上昇)と過去最高となった。大学進学率は1950年代の10%、70年代20%、80年代40%と2005年52%と上昇してきた。しかし、韓国89%、フィンランド87%、アメリカ82%などと比較してまだ低い。
所得格差の真因は教育格差にある。人材が最大の資源である日本においては、世界最高の教育水準を目指し80%以上の大学進学率となるよう、大学の質量の充実や奨学金などの支援制度改革を図ることが最重要課題ではないか。
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/07073002/001.htm

(推薦書籍)
格差をなくせば子どもの学力は伸びる-驚きのフィンランド教育
競争やめたら学力世界一-フィンランド教育の成功 朝日選書 797
教師格差-ダメ教師はなぜ増えるのか 角川oneテーマ21 A 67
格差社会で日本は勝つ-「社会主義の呪縛」を解く
脱「格差社会」への戦略
日本の所得分配-格差拡大と政策の役割
受験エリートがビジネスエリートになる-格差社会を勝ち抜く「超」勉強法
平成「経済格差社会」
労働ダンピング-雇用の多様化の果てに 岩波新書 新赤版 1038
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-25 00:00:00

ポンツィ・ファイナンスが蠢く闇

テーマ:金融
 米国のサブプライムローン(低信用者向け住宅ローン)焦げ付きが世界経済に波乱を巻き起こしている。大前研一氏のコラムによればサブプライムローン残高は170兆~180兆円規模で利払いが6か月以上滞った延滞率(厳重注意カテゴリー)は16% (30兆円)とされているが、欧州中央銀行(ECB)、米連邦準備理事会(FRB)、日銀など各国の金融当局が短期金融市場に流動性確保のため供給した資金は合計40兆円に及んでいて、サブプライムローンを証券化したRMBS(住宅ローン担保証券)、ABS (資産担保証券)、CDO(合成債務担保証券)など複雑な金融商品が蠢く闇の深さを窺わせる。
 低所得者の債務を高所得者が担保資産化する構図のポンツィ・ファイナンスが蔓延したあげくリスク分散の仮面が剥がれてリスク拡散の鎌首が擡げ通貨も株式も信用収縮不安の連鎖に陥った。利益追求の不品行が欲得計算の制御不能を出来し歴史は同じ教訓をまたしても繰り返すばかりか。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/93/

(推薦書籍)
人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか
マネーはこう動く-知識ゼロでわかる実践・経済学
資本開国論-新たなグローバル化時代の経済戦略
21世紀の国富論
世界を壊す金融資本主義
現場のプロが告白 私なら絶対買わない投資信託
企業ALMの理論と実務-金利・為替リスクのヘッジとデリバティブの活用
新しい金融秩序-来るべき巨大リスクに備える
投資ファンドのすべて-投資信託、バイアウト、ヘッジファンドなどの全容
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-24 09:45:44

日マレーシア首脳会談

テーマ:グローバル化
 安倍首相は24日にマレーシア(人口2,700万人、GDP8兆円、面積33万平方km)のプトラジャヤでアブドゥラ首相(67歳)と会談する。アブドゥラ首相は2003年10月、22年間にわたりマレーシアを率いてきたマハティール首相の引退を受け就任した。マハティール前首相が提唱した「ルックイースト政策」を踏襲しており、日本からの経済援助や投資、経済協力、文化・留学生交流が盛んである。
 すでに日マレーシア経済連携協定(EPA、2005年12月署名、2006年7月発効)も締結しており、さらなる両国間の連携強化とともに東アジア共同体への進展が期待される。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fta/j_asean/malaysia/index.html

(推薦書籍)
世界システムの新世紀-グローバル化とマレーシア
東アジア共同体をどうつくるか ちくま新書 636
東アジア経済連携の時代
東アジア通貨バスケットの経済分析
東アジアの通貨・金融協力-欧州の経験を未来に活かす
中国の台頭と東アジアの金融市場
東アジア共同体の構築 2
グローバル経済戦略-東アジア経済統合と日本の選択
徹底検証東アジア
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-23 09:43:44

日印首脳会談

テーマ:グローバル化
 インド訪問中の安倍首相は22日夜、ニューデリーでシン首相と会談し「戦略的グローバル・パートナーシップのロードマップ」(貿易額拡大、インドのインフラ整備協力など)と「環境・エネルギー分野」(地球温暖化対策、石油備蓄など)に関する共同声明に署名した。インドは人口10億人(日本の8倍、以下同)、GDP100兆円(5分の1)、面積329万平方km(9倍)であり、人口では世界2位、アジア2位、経済規模では世界12位、アジア3位である。人口だけでなく経済規模も21世紀中には世界一となる可能性が高く、背景にはインド式計算や英語力などによって教育水準が高まりつつあることがある。
 インドとの経済連携協定(EPA)締結交渉も今年1月から始まっており、経済協力、人材交流に期待したい。

(推薦書籍)
パール判事-東京裁判批判と絶対平和主義
大図解インド経済の実力
躍動するインド経済-光と陰 アジ研選書 No. 2
インドの時代-豊かさと苦悩の幕開け
インドを知らんで明日の日本を語ったらあかんよ
インドのソフトウェア産業-高収益復活をもたらす戦略的ITパートナー
中村屋のボース-インド独立運動と近代日本のアジア主義
インドカレー伝
インド式秒算術-魔法のヴェーダ数学が伝える
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-22 11:04:22

韓国大統領選挙

テーマ:トップ
 韓国(人口5千万人、GDP100兆円、面積10万平方km)では12月19日(水)の次期大統領選挙に向けて大統合民主新党(国会議席数143、一院制299議席中第一党、21日にウリ党との正式統合申請)は21日、統一候補の擁立に向けた候補者登録を開始し、10月14日(日)に党公認候補を選ぶ方針である。盧武鉉(ノ・ムヒョン、61歳)大統領に近い元首相や前首相ら7人ほどが候補者登録する見通しである。一方、ハンナラ党(国会議席数128)は李明博(イ・ミュンバク、65歳)前ソウル市長を20日に党公認候補に選出し、10年ぶりの政権奪還を目指す。
 2大政党による大統領選挙は米国に近く、安倍政権の混迷もあり、日本でもそういう時代が早く来て欲しいと思うのは私だけであろうか。

(推薦書籍)
韓国経済の政治分析-大統領の政策選択
韓国財閥史の研究-分断体制資本主義と韓国財閥
金正日にひれ伏す韓国-このままでは統一国家は北朝鮮になる
韓国・北朝鮮の嘘を見破る-近現代史の争点30 文春新書 520
韓国のデジタル・デモクラシー 集英社新書 301A
韓国経済を創った男-現代グループの祖鄭周永伝
MBAのキャリア研究-日本・韓国・中国の比較分析
韓国のオンラインゲームビジネス研究
東アジア「反日」トライアングル 文春新書 467
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。