1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-09-30 00:00:00

混迷サハリン2の行方

テーマ:グローバル化
 ロシア極東部、サハリン沖で進められている石油・天然ガス開発プロジェクトにロシア政府の外資主導を排する圧力が押し寄せている。英蘭の石油メジャー、ロイヤルダッチ・シェル(55%)と共に日本の三井物産(25%)と三菱商事(20%)が出資するロシア初の液化天然ガス(LNG)事業「サハリン2」も環境保全対策の不備を理由に9月18日(月)、工事承認の取り消しが決定された。
 利益配分をめぐる生産分与協定(PSA)に不満を抱える以上に、エネルギー資源を戦略物資化する覇権主義が擡げているように観測される。2008年に任期を終えるプーチン大統領が国営天然ガス独占企業、ガスプロム(GAZP)の社長に就任するとの見方も、大国ロシアの復活に賭ける指導層の野望を嗅ぎ取っているのかもしれない。

(推薦書籍)
ロシア経済の真実
石油をめぐる世界紛争地図
クレムリンのエネルギー資源戦略
石油大国ロシアの復活 アジアを見る眼 108
ピーク・オイル・パニック-迫る石油危機と代替エネルギーの可能性
KGB帝国-ロシア・プーチン政権の闇
石油の終焉-生活が変わる、社会が変わる、国際関係が変わる
サハリン大陸棚石油・ガス開発と環境保全
北方ルートサハリンの旅 新グレートジャーニー日本人の来た道 2
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-29 09:19:20

首相給与30%カット

テーマ:トップ
 安倍晋三(52歳)首相は歳出改革を「まず隗より始めよ」と、首相の給与を30%カット(月額270万円から189万円)、閣僚の給与を10%カット(月額151万円から136万円)した。タックスイーター(議員や公務員)400万人の人件費約40兆円(一人当たり年1千万円)を10%カットすれば、赤字国債の発行を削減できるし消費税を5%から3%に下げることも可能となる。
 官高民低の給与是正のためにも、首相および地方自治体首長の率先垂範と英断によるタックスイーターの給与カットをお願いしたい。

(推薦書籍)
公務員人事の研究-非効率部門脱却の処方箋
霞ヶ関構造改革・プロジェクトK
霞ヶ関の正体-国を亡ぼす行政の病理
政治の数字-日本一腹が立つデータブック 新潮新書 117
官僚社会主義日本を食い物にする自己増殖システム 朝日選書 716
お笑いニッポン公務員-アホ役人「殲滅計画」
図説日本の財政 平成18年度版
図説日本の税制 平成18年度版
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-28 10:24:43

福島県知事辞職

テーマ:ブログ
 福島県の佐藤栄佐久知事(67歳)は、下水道工事を巡る談合事件で実弟の祐二容疑者(63歳)や県の元土木部長が逮捕されたため引責辞職した。佐藤知事は1988年の初当選以来5期目で18年間の長期政権だった。知事の権限は大きく長期政権知事の不祥事は後をたたない。
 「転がる石に苔むさず」とか「流れる水は腐らず」などの諺がある。なぜ米国大統領の任期のように法律で2期8年としないのか不思議である。法律改正を至急お願いしたい。

(推薦書籍)
談合業務課-現場から見た官民癒着
独占禁止法概説 第3版
知らなかったでは済まない改正独禁法
平成17年改正独占禁止法
入札改革-談合社会を変える 岩波新書 新赤版 868
国家再生-日本復活への4つの鍵
建設業再生のシナリオ-住民支援型コミュニティ・ビジネスの展開
自民党を壊した男-小泉政権一五〇〇日の真実
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-27 09:39:36

美しい国創り内閣

テーマ:トップ
 安倍晋三(52歳)首相は今回の内閣を「美しい国創り内閣」と命名した。美しい国は美しい地域からなり、結局は「美しい心」をもった一人ひとりから創られる。美しい心とは自尊自助の切磋琢磨と仁徳と思う。20世紀後半は高福祉高負担、バラマキ行政によってハンドルを自助から公助にきったが、21世紀の小泉首相は公助から自助に逆にきった。
 安倍首相による、人材育成、イノベーション、オープンの3つの重点政策に基づく改革の加速化が「美しい心創り」に繋がり、安心自助社会が実現することを願う。

(推薦書籍)
経済財政諮問会議の戦い
大前研一新・経済原論-世界経済は新しい舞台へ
改革の経済学-回復をもたらす経済政策の条件
2005年体制の誕生-新しい日本が始まる
内なる敵に克つ-経済復活のメカニズムをつくる
精いっぱいの「自立」、さりげない「支援」-人口減社会を生き抜く知恵
兼業・兼居のすすめ
多子青春化-日本の生きる道
自助論-スマイルズの世界的名著 人生の師・人生の友・人生の書
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-26 10:22:14

安倍流人事

テーマ:トップ
 安倍晋三(52歳)自民党新総裁は昨日、中川秀直(62歳)幹事長、丹羽雄哉(62歳)総務会長、中川昭一(53歳)政調会長の党三役人事を決め、本日、閣僚人事を発表する。
 適材適所、老壮青の人事を目指すとのこと。老壮青の定義は難しいが、政治家の場合は年齢では60代、50代、40代か、そして知情意のバランスかも知れない。老年の経験知、壮年の情熱と人情、青年の意志と意地で構造改革を進め、美しい日本を創ることを期待したい。

(推薦書籍)
人事改革の法則-変化への抵抗をどう乗り越えるか
日本型人事管理-進化型の発生プロセスと機能性
人事経済学と成果主義
公務員人事の研究-非効率部門脱却の処方箋
職務・役割主義の人事 日経文庫 B 91
これしかないよ日本の人事
HRMマスターコース-人事スペシャリスト養成講座
日本の人事部・アメリカの人事部-日米企業のコーポレート・ガバナンスと雇用関係
10年後の人事
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-25 09:29:12

政治任用

テーマ:制度
 安倍晋三新総裁は首相官邸主導の政策実現を目指し、中央省庁および民間人を内閣官房の幹部として登用する方針を固めた。縦割り先送り行政を打破するには、横断的な期限付きのプロジェクトが有効である。いっそのこと省庁別の国家公務員の採用・異動を内閣官房に集中し、省庁再編すれば一気呵成に行財政改革が進むと思う。
 企業の業務改革と同様、行財政改革にも人事改革と組織改革が必須である。

「鎌倉をぬけて海ある初秋かな」飯田蛇笏

(推薦書籍)
公務員人事の研究-非効率部門脱却の処方箋
不滅の「役人天国」-劇撮素晴らしき公務員生活
お笑いニッポン公務員-アホ役人「殲滅計画」
霞ヶ関構造改革・プロジェクトK
霞ヶ関の正体-国を亡ぼす行政の病理
行政改革 新版
官僚社会主義日本を食い物にする自己増殖システム 朝日選書 716
特殊法人解体白書-ヒト・カネ・利権の全データ 中公新書ラクレ 34
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-24 15:22:10

エコライフ

テーマ:科学技術
 昔より台風や暴風雨や雷雨が増えたと思う。原因としては地球温暖化があり、もったいない精神によるエコライフが求められている。私も早寝早起きやクーラーから扇風機による電気の節約、コンパクトカーへの乗り換えによるガソリンの節約、水道水の節減などの実践している。電気代、ガソリン代、上下水道代などは、数年前より2-3割安くなった。
 一人ひとりが無駄の少ない生活をし、地球温暖化を食い止め災害が減ることを期待したい。
 
(推薦書籍)
もったいない-対訳英文付
私の、もったいない
「もったいない」の復活 続 B&Tブックス
エコビレッジ・レシピ
エコライフのすすめ-どちらの生活を選びますか?
エコライフ&スローライフのための愉しい非電化
異常気象-地球温暖化と暴風雨のメカニズム
気候変動+2℃
環境白書 平成18年版
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-23 00:00:00

文学賞のききめ

テーマ:プロ
 残暑も名残りの候となり、秋の夜長をテレビの喧騒から離れて読書に耽りたい気持ちに傾くものの、近頃流行りの小説にはそそられる作品が見当たらない。芥川賞や直木賞の受賞作にも、瞠目するほどの出会いから久しく遠ざかっている。
 気の利いた書評から入るか、新興勢力も含めた文学賞の目利き具合を試すか、読書の醍醐味に浸る前段のメタ読書も一興か。
 醍醐味の記憶を甦らせる再読も悪くないと考え、子供の頃に背伸びして読んだ最初のノンフィクション、エドワード・ウィンパーの「アルプス登攀記」を探したが、岩波文庫版は上巻が品切れ重版未定で入手できずにいるのも歯痒い。
 人に話したくなるほど面白い本はどこに行った?

(推薦書籍)
紙つぶて 自作自注最終版
文学賞メッタ斬り!リターンズ
大いなる助走 新装版 文春文庫 つ 1-13
それぞれの芥川賞直木賞 文春新書 365
消えた受賞作 直木賞編 ダ・ヴィンチ特別編集 7
消えた直木賞 男たちの足音編
芥川賞90人のレトリック
文学全集を立ち上げる
アルプス登攀記 下 岩波文庫 赤 239-2
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-22 09:45:53

新司法試験

テーマ:制度
 法務省は法科大学院の修了者を対象とした新司法試験の合格者1,009人を発表した。合格率は48%、合格者平均年齢は29歳、最高齢は58歳だった。今年は旧試験の合格者を加え約1,600人の合格が予定され、2010年の合格者は3千人へと法曹人口の増加が計画されている。
 元オウム真理教代表、松本智津夫被告(麻原彰晃51歳)の死刑判決が確定するのに、事件発生から11年かかったように裁判は遅過ぎる。法曹人口増による司法サービスの迅速化をお願いしたい。

(推薦書籍)
法科大学院パーフェクトガイド 2006/2007年版-栄冠めざして
ビジネス弁護士ロースクール講義-法律が変わる、社会が変わる
市民の司法は実現したか-司法改革の全体像
インハウスローヤーの時代
憲法学説に聞く-ロースクール・憲法講義
刑事訴訟法 法科大学院ケースブック
ビジネス法入門-商法から消費者法・知財法まで
ビジネス弁護士大全 2006
Q&A弁護士報酬ハンドブック-これからの弁護士報酬のノウハウ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-21 09:26:08

タイクーデター

テーマ:グローバル化
 タイ(人口6千万人、面積51万平方メートル、CDP20兆円、立憲君主制)で19日に軍のクーデターがあり、国連総会に出席するためにニューヨークにいたタクシン首相はロンドンへ亡命した。背景には、軍内部の内部抗争、早急な制度改革への不安、親族の株取引疑惑と脱税、支持率の低下などがある。
 タイでは1946年のプミポン国王即位後、71年、91年にも軍のクーデターがあった。政権への民衆の不満が増大した時、軍のクーデターによる政権交代が起きるのはなんとも悲しい現実である。

(推薦書籍)
政・財腐蝕の100年
財閥解体GHQエコノミストの回想
世界財閥マップ-グローバル経済を動かすパワー総覧 平凡社新書 166
日本政治変動の30年-政治家・官僚・団体調査に見る構造変容
アジア経済の真実-奇蹟、危機、制度の進化
アジア自動車産業の実力-世界を制する「アジア・ビッグ4」をめぐる戦い
2015年アジアの未来-混迷か、持続的発展か
日本政治変動の30年-政治家・官僚・団体調査に見る構造変容
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。