1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-08-31 09:25:32

東京2016五輪候補

テーマ:グローバル化
 2016年夏季五輪の国内候補地は、福岡市を抑え東京都に決まった。昭和39年(1964年)以来52年ぶりの2度目の開催を目指す。2009年10月2日コペンハーゲンで開かれるIOC総会で、サンフランシスコ、シカゴ、ロサンゼルスなどのアメリカの都市、あるいはリオデジャネイロ(ブラジル)やブエノスアイレス(アルゼンチン)などの南米の都市との競争となる可能性が高い。2008年北京、2012年ロンドンの次であり、アメリカや南米の方が地域的には有利かも知れない。昭和39年当時、私は高校生で駒沢にサッカーを見に行き、世界レベルの試合に興奮した記憶があり、10年後が今から楽しみである。
 2007年に3選を目指す石原慎太郎都知事のリーダーシップのもと、招致活動の成功を祈念する。

(推薦書籍)
ザ・プロジェクト成功の軌跡
東京エコシティ-新たなる水の都市へ
東京プロジェクト-“風景”を変えた都市再生12大事業の全貌
最新東京・首都圏未来地図 超拡大版
〈図解〉東京直下大震災
大江戸東京の歩き方-東京シティガイド検定公式テキスト 地球の歩き方
陰翳礼讃,東京をおもう 中公クラシックス J 5
日本よ、再び
日本の力
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-30 09:34:32

実質公債費比率

テーマ:制度
 総務省は自治体の財政健全度を示す「実質公債費比率(自治体収入に占める実質的な借金返済の割合)」の市区町村別の算定結果を発表した。実質公債費比率が18%以上で、地方債の発行に国と都道府県の許可が必要な自治体は406と22%に達する。とりわけ青森県、石川県、島根県では5割以上の市町村が18%以上である。ほとんどの市町村で人口が減少するなか、無駄な公共投資や人件費で借金経営を続けて問題先送りすることは許されない。
 地方自治体経営の情報開示を進め、地方自治体トップのリーダーシップのもと、職員さらには市民参加による「もったいない運動」と「市場化テスト」で赤字削減、借金返済を進める必要があろう。

(推薦書籍)
行政改革 新版
自治体会計の新しい経営報告書
もったいない-対訳英文付
「もったいない」の復活 続 B&Tブックス
私の、もったいない
詳解公共サービス改革法-Q&A「市場化テスト」
よくわかる!公共サービス改革法(市場化テスト法)入門
人口減少パニック-日本の未来とあなたの暮らしはどう変わるのか
日本国破産への最終警告
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-29 10:55:03

トップ外交

テーマ:グローバル化
 小泉純一郎首相はカザフスタンのナザルバエフ大統領と会談し、ウラン開発や留学生受入れなどの協力強化の共同声明を発表した。カザフスタンは面積272万平方km(日本の7倍)、人口1500万人、GNI3.9兆円で、石油や天然ガスなどのエネルギー資源や、ウランやクロムなどの鉱物資源が豊富である。地球温暖化問題から原子力ルネッサンスといわれ、ウランの争奪戦が始まりつつある。
 小泉首相のトップ外交は今日のウズベキスタン(面積45万平方km、人口2700万人、GNI1.4兆円、天然ガスと綿花が主要産品)で終わると聞いている。貿易立国の日本の繁栄のために、ポスト小泉による積極的なトップ外交を期待したい。

(推薦書籍)
中東・中央アジア諸国における権力構造
マハッラの実像-中央アジア社会の伝統と変容
国際関係がわかる世界地図
塗り変わる世界地図の読み方-21世紀の大再編が始まる!
今がわかる時代がわかる世界地図 2006年版
最新世界地図 6訂版
一冊でわかる日本地図・世界地図
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-28 10:25:13

税収増

テーマ:制度
 2005年度の国税収入は当初予測より5兆円(国民一人当たり4万円)上回り49兆円となった。背景には景気回復による法人税などの増収がある。この夏休みに1日かけて税・社会保険料の過去払ってきた分と、今後85歳まで生きるとしての将来分を試算した。ともに収入の3分の1に達した。悲しいほど高い割合である。
 社会主義の大きな政府の大失敗が明確になってからほぼ20年、こんな時に消費税増税などもってのほかである。無駄な歳出の削減により減税し、収入に占める税・社会保険料の割合をせめて4分の1にしてもらいたい。

(推薦書籍)
税財政の本道-国のかたちを見すえて
図説日本の税制 平成18年度版
人口減少時代の社会保障改革-現役層が無理なく支えられる仕組みづくり
年金大改革-先送りはもう許されない
税の負担はどうなるか 中公新書 1739
税金返せ!
日本経済の構造変動-日本型システムはどこに行くのか
途上国ニッポンの歩み-江戸から平成までの経済発展
日本型資本主義-どうなるどうする戦略と組織と人材
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-27 19:30:09

大使館

テーマ:制度
 麻生太郎外相が大使館の増設と外交官などの増員を提案している。米国や中国などと比較して、大使館がアフリカや旧ソ連邦などに少ないのがその理由とのこと。財政大赤字かつ人口減少のこの時機に、何を言いだすのかと思う。外務省職員による無駄遣いに腹立たしい思いをしたこともつい最近のことである。
 大使館を置くよりトップ外交のほうがコストも掛からず効果も高いと思う。官僚は相変わらずの組織拡大を常とするが、外交官の少数精鋭化を目指し、政治家の適切な判断をお願いしたい。

(推薦書籍)
外交敗北-日朝首脳会談と日米同盟の真実
日本の外交は国民に何を隠しているのか 集英社新書 338A
外交を喧嘩にした男-小泉外交二〇〇〇日の真実
国家と外交
田原総一朗激論!日本の外交と経済-早稲田大学「大隈塾」講義録上
フランスの外交力-自主独立の伝統と戦略 集英社新書 310A
アメリカ外交-苦悩と希望 講談社現代新書 1774
国際政治の見方-9・11後の日本外交 ちくま新書 573
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-26 00:00:00

検索ポータル三国志

テーマ:IT
 インターネットの検索ポータル市場ではGoogleが覇権を築き、躍進の勢いは止まるところを知らない。Yahoo!はeBayとの提携戦略で巻き返しを狙い、マイクロソフトのMSNも劣勢挽回に向けた投資を増大させており、陣取り合戦はますます熾烈に向かう。
 検索から連なる種々様々な消費行動の新領域を商機に活かす革新が競われ、MyspaceやYouTubeなど異彩を放つ新興プレイヤーの勃興も進歩を加速させる。ネット環境のダイナミズムには刺激が溢れ興味をそそられるばかりだ。
 検索経験知が積もり検索要求が高まってくると、さしものGoogleも不満をかわせない。β版当時からお気に入りのメタ検索&自動分類エンジンのvivisimoが愈々日本市場にも登場してどう納得させてくれるかここでも楽しみが尽きない。

(推薦書籍)
ザ・サーチ-グーグルが世界を変えた
検索エンジン戦争-インターネットの覇権をめぐる興亡と争奪戦の物語
グーグル大冒険!!
シリコンバレー精神-グーグルを生むビジネス風土 ちくま文庫 う 27-1
グーグル&ヤフー・ジャパン最強活用技-両方使える人が勝つ! 宝島社文庫 523
ヤフー・ジャパンはなぜトップを走り続けるのか
Google Maps Hacks-地図検索サービス徹底活用テクニック
YouTube動画共有サイト完全攻略ガイド-Broadcast Yourself アスキームック
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-25 09:48:46

惑星8個

テーマ:科学技術
 チェコのプラハで開催中の国際天文学連合総会で、太陽系の惑星を「水金地火木土天海」の8個とし、冥王星を惑星から外し矮(わい)惑星とした。背景には冥王星は月より小さく、同程度の大きさの天体が冥王星の周辺に多数見つかっていることがある。太陽系の惑星の定義は「太陽の周りを回り、十分重いため球状で、軌道近くに他の天体(衛星を除く)がない天体」。小学校時代に覚えた9個目を言わないでおくのは意外と難しいかも。山と丘、水と湯、冷泉と温泉、青年と壮年と老年など、事実は一つでも言葉の定義は意外と難しい。
 科学的な定義も多数決で決まるところが、民主的な世の中の特徴かも知れない。

(推薦書籍)
宇宙飛行士は早く老ける? 重力と老化の意外な関係
ビッグバン宇宙論 上
宇宙授業
国家としての宇宙戦略論
アメリカの宇宙戦略 岩波新書 新赤版 1023
オンリーワン-ずっと宇宙に行きたかった
宇宙旅行ガイド-140億光年の旅
論争する宇宙-「アインシュタイン最大の失敗」が甦る 集英社新書 327G
宇宙で地球はたった一つの存在か ウェッジ選書 21 地球学シリーズ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-24 09:57:06

銀行サービス満足度

テーマ:金融
 日本経済新聞社の第3回日経金融機関ランキング調査によると、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3メガバンクについて、イメージは高いが顧客満足度はそれほど高くないことが分かった。とりわけ利用者は預金金利の低さや事務処理の遅さ、手数料の高さに不満がある。私も40年来3メガバンク(統合前の銀行を含めて)を利用してきたが、ずっと同じ不満を持ち続けている。新生銀行やネットバンク、地方銀行などは高金利商品の提供や窓口業務の改善を進めているのに対してメガバンクの歩みは遅い。
 3メガバンクはこの調査結果を真摯に受け止め、さらなる銀行サービスの改善を期待したい。

(推薦書籍)
日本の金融制度 第2版
市場型間接金融の経済分析
リテール・ユニバーサルバンキング時代の到来
地域金融と地域づくり-二層の広域連携時代における地域金融の課題と役割
銀行窓口の法務対策3300講 追補
金融のワンストップ・ショッピング-銀行、証券、保険の垣根がなくなる
金融業における競争と効率性-歴史的視点による分析
金融サービス 日本の産業システム 9
図解銀行業界ハンドブック
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-23 09:47:38

雇用保険料率改定

テーマ:制度
 厚生労働省は雇用保険料率を景気変動に合わせて毎年柔軟に改定できように法改正を行い、2008年度からの実施を目指す。私は雇用保険料を過去30数年間で数百万円払ってきたが、結局一度も失業手当をもらわないで終わりそうである。昨日1971年に野村総合研究所に入社した同期12人が集まったが、もらった人はほぼいないと思う。運が良いのか悪いのか。
 自助自立社会の小さな政府を目指すのに、本当に雇用保険と失業手当(1975年開始の制度)が必要なのかとの疑問はあるが、雇用保険料がまず安くなるのは大賛成で、さらなる柔軟化と事務コスト削減をお願いしたい。

(推薦書籍)
経済政策を担う人々-官の構造改革
日本経済の構造変動-日本型システムはどこに行くのか
2005年体制の誕生-新しい日本が始まる
2010年の日本-雇用社会から起業社会へ
図説日本の財政 平成18年度版
経済財政白書 平成18年版
労働経済白書 平成18年版
青少年白書 平成18年度版 「暮らしと社会」シリーズ
スティグリッツ公共経済学 上 第2版
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-22 12:00:50

出生率増加

テーマ:制度

 厚生労働省は今年1-6月の半期ベースで、出生数が6年ぶりに前年同期を1.2万人上回り54.9万人になったと発表した。背景には、団塊ジュニア(1971-1974年生まれ)の女性(380万人)の主導、少子化対策の浸透、経済回復、皇室の慶事などがあろう。我々団塊世代としては団塊ジュニア世代への子育て支援を惜しまないでしたいとの思いがある。なお同半期の死亡数は56.4万人(前年同期56.9万人、以下同)で自然減は1.5万人(3.1万人)である。
 久し振りの明るいニュースがさらに続くように、子ども減税などの少子化対策の一層の実施がまたれる。

 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2006/06.html


(推薦書籍)
人口減少パニック-日本の未来とあなたの暮らしはどう変わるのか
人口減少デフレは始まっている-21世紀に横たわる第五の景気循環
少子化と日本の経済社会-2つの神話と1つの真実
少子化社会白書 平成17年版
「人口減少経済」の新しい公式-「縮む世界」の発想とシステム剛腕維新
少子に挑む-「脱・人口減少」への最後の選択
人口減少日本はこう変わる
多子青春化-日本の生きる道

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。