1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-09-30 09:57:45

政治資金縮小

テーマ:制度
 政党・政治団体が集めた政治資金(中央分、都道府県分は除く)は1,381億円と前年比1%減少し、とりわけ献金は264億円と10%減少した。なお、政党交付金(税金分)は317億円である。無駄な公共投資などの利権政治からの脱却のためには、「金のかかる政治」から「無駄な金をかけない政治」への転換が必須であり、「無駄な金をかけない行政」へも繋がる。
 夜の宴会は小泉首相は森前首相より少ないようだがまだある。企業の経営トップは夜型から朝型が増え、宴会は激減していると聞く。朝会か昼会中心の無駄な金をかけない知恵の政治とし、政治資金縮小とりわけ献金全廃が理想だと思う。しがらみの少ない新人衆院議員101人の率先垂範にも期待したい。

(推薦書籍)
戦後政治の崩壊-デモクラシーはどこへゆくか
ポリティカル・サイエンス事始め 新版
逐条解説政治資金規正法 第2次改訂版
実務と研修のためのわかりやすい政治資金規正法 第2次改訂版
政治倫理Q&A
日本を呪縛した八人の政治家-政治改革を阻んだ永田町の妖怪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-29 09:35:53

道路特定財源見直し

テーマ:制度
 道路特定財源の見直しが年内に始まり、2006年度予算案に反映される見通しだ。道路特定財源は国(3.4兆円)と地方(2.2兆円)合わせて5.6兆円あり、10兆円の道路整備に充てられている。道路整備額は1998年度の15兆円から10兆円に減少したが、道路公団の官製談合に見るように無駄が多く、さらに半減も可能とも思う。年度末の無駄としか思えない道路工事が未だに続いている。一般財源化して道路ではなく子育て支援などの人への投資に使って欲しい。田中角栄氏から続く道路族の政治力は今回の総選挙で弱まった。
 既得権益にしがみつき利益誘導政治を行う族議員から、改革議員への変身をお願いしたい。官僚にも省益や局益、課益ではなく国益を考えての政策立案を期待したい。

(推薦書籍)
日本道路公団-借金30兆円の真相
道路公団民営化を嗤う-これは改革ではなく成敗である
道路公団民営化の内幕-なぜ改革は失敗したのか
道路行政失敗の本質-〈官僚不作為〉は何をもたらしたか
国土交通白書 2005-平成16年度年次報告
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-28 09:53:00

大阪市改革

テーマ:制度
 大阪市はヤミ給与問題などを受け、5年間で7000人(職員4.6万人の15%)以上の職員削減、2250億円(予算1.7兆円の13%)の経費削減する改革マニフェスト案を発表した。商人の町、大阪がいつの間にか、市民から「市役所は大阪から出て行け」とまで言われる役人天国の町に変わってしまった。小学生のときに道頓堀で食べたお好み焼きやてっちり、てっさの美味しさは忘れられないし、単身赴任時代にも大阪の町にはお世話になった。
 阪神優勝が大阪再生のひとつのきっかけとなることと、關淳一市長と小泉純一郎首相の改革リーダーシップ競争に期待したい。

(推薦書籍)
鉄腕アトムを救った男-手塚治虫と大阪商人「どついたれ」友情物語
あの大阪は死んだのか
独創性で勝ち残る!町工場・ベンチャー企業は負けない
大阪人のプライド
産学官連携のパイオニア阪大モデル-大阪大学は挑戦する!
大阪人の「うまいこと言う」技術 PHP新書 360
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-27 10:25:36

国家公務員5%削減

テーマ:ブログ
 今日の経済財政諮問会議では国家公務員の今後5年間で5%純減が議論される。26日に小泉首相は「国家公務員の給与体系を見直し、定員の純減目標を設定し、総人件費の削減を実行します」と所信表明した。国家公務員数(平成17年度末定員)は96万人でその内訳は、行政機関33万人、国会・裁判所3万人、自衛官25万人(ここまでの計が62万人、人件費予算は5.4兆円)、日本郵政公社27万人、特定独立行政法人7万人である。
 補助金業務の削減、税金と社会保険料の歳入業務一体化(税務署(5.5万人)と社会保険事務所(1.7万人))、警察と消防と自衛隊の安全省への統合、などの省庁再編による業務改革と少数精鋭化、特定独立行政法人の民営化により、5%と言わず10%削減し、官から民へ、タックスイーターからタックスペイヤーへの変身を期待したい。

(推薦書籍)
不滅の「役人天国」-劇撮素晴らしき公務員生活
お笑いニッポン公務員-アホ役人「殲滅計画」
はめられた公務員-内側から見た「役人天国」の瓦解
日本の財政改革-「国のかたち」をどう変えるか
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-26 09:27:06

愛知万博閉幕

テーマ:経済
 愛・地球博が閉幕した。185日間の会期中に2205万人が入場し、目標の1500万人を47%上回った。背景には、環境、ロボット、ITなどの先端技術が人気を集めリピート客が多かったこと、トヨタなど中京圏の企業が入場者誘引に力を発揮したこと、台風も避けてくれ大きな事故もないしっかりとした運営だったことなどがある。私は1970年の大阪万博のときは3日ほど行ったが、今回は残念ながらテレビで済ませた。
 期間中、中国首脳との対話は実らなかったが、2010年上海博へと旗は引き渡された。5年後が楽しみであり行きたいと思っている。
 「砂の如き雲流れゆく朝の秋」正岡子規

(推薦書籍)
「整流」によるもの造り-トヨタ生産方式を導く八つの原則
ザ・トヨタウェイ 上
トヨタ「力」-カネを生み続けるカネの使い方 解明!7つの謎、49の秘密
ザ・ハウス・オブ・トヨタ-自動車王豊田一族の百五十年
虚飾の愛知万博-土建国家「最後の祭典」アンオフィシャルガイド
名古屋と金シャチ NTT出版ライブラリーレゾナント 7
人と共存するコンピュータ・ロボット学-実世界情報システム
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-25 12:17:38

NHK新生

テーマ:制度
 NHKは公共放送として特化し組織のスリム化を目指す新生プランを発表した。4600万世帯のうち30%がNHK受信料を払っていないことを明らかした。受信料収入6500億円、社員1.2万人と巨大なメディアが公共放送に本当に必要なのか疑問に思う人も多い。私も月数千円払っているが不祥事があるたびに払いたくないと思う。しかし、手続きが面倒なためそのまま払い続けている。通信料金は劇的に下がっているのにNHK受信料を据え置きなのは変だ。
 郵政改革と同様、小さな政府に向けてNHK改革も縮小民営化が大きな流れであろう。まずは報道と教育に特化し業務を半減し、受信料も半減してはいかがか。

(推薦書籍)
変貌するコンテンツ・ビジネス-メディア・ソフト市場のこれか
デジタル放送が変える!視聴スタイルとビジネスモデル
放送業界大再編-デジタル放送が巻き起こす地殻変動
BBCイギリス放送協会 第2版-パブリック・サービス放送の伝統
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-24 00:00:00

ハリケーン

テーマ:科学技術
 台風には馴れっこの日本でも8月末に米国南東部襲ったハリケーン「カトリーナ」の猛威には目を瞠らされた。地球温暖化の影響や海面水温偏差がもたらすエルニーニョ現象、ラニーニャ現象、ダイポールモード現象などとの関連もあるのか世界各地で異常気象に見舞われている。
 被災地の人命や暮らしの基盤が失われるばかりでなく、国民経済から世界経済にまで甚大な打撃を及ぼす事態に懸念が深まり、地球環境のホメオスタシスに人類の叡智を真剣に傾けていかなければならない。
 昔見たハンフリー・ボガードとエドワード・G・ロビンソンの競演映画「キー・ラーゴ」ではフロリダ半島突端の小島を襲うハリケーンを背景にスリル&サスペンスが展開し、嵐の後に素朴な静寂が訪れた。今や「デイ・アフター・トゥモロー」に描かれる全世界が凍結する天変も絵空事には思えない。

(推薦書籍)
古代文明と気候大変動-人類の運命を変えた二万年史
歴史を変えた気候大変動
気候変動の文明史 NTT出版ライブラリーレゾナント 6
文明の環境史観 中公叢書
気象観測マニア!-最新の気象観測機器から異常気象まで、天気・気象のしくみがすべてわかる!
エルニーニョ現象を学ぶ 改訂増補版 気象ブックス 7
エルニーニョと地球温暖化
地球大循環とエルニーニョ パリティブックス
ハリケーン 地球人ライブラリー 13
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-23 00:00:00

ワールド野球

テーマ:グローバル化
 野球のワールドカップ「ワールドベースボールクラッシック」への日本参加が決まった。来年3月には16か国・地域が参加し開催され、その後2009年、13年と開催される予定である。サッカーのワールドカップのような国際大会になることが期待されている。私は小学校では野球、中学校以降はサッカーが大好きであり、いまだに毎日曜にボールを蹴っている。
 野球のテレビ視聴率が下がっており、少年野球のメンバーが減っていると聞くこともある。野球のグローバルルール化やスピードアップ化などのルール変更による再生を期待したい。

(推薦書籍)
野村ノート
日米野球裏面史 美少女投手から大ベーブ・ルースまで
日本プロ野球改造計画
よみがえる熱球-プロ野球70年 集英社新書
星野仙一決断のリーダー論
マネー・ボール-奇跡のチームをつくった男
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-22 12:49:38

政府系金融統廃合

テーマ:金融
 小泉純一郎は第89代首相に選出された。「郵政民営化を改革の本丸」として掲げ選ばれた。公的金融の入り口である郵政改革は進むが、出口の政府系金融機関についてはこれから議論が始まる。日本政策投資銀行(主な所管官庁は財務省、以下同)、国際協力銀行(財務省)、国民生活金融公庫(財務省)、商工組合中央金庫(経済産業省)、中小企業金融公庫(経済産業省)、住宅金融公庫(国土交通省)、農林漁業金融公庫(農林水産省)、公営企業金融公庫(総務省)、沖縄振興開発金融公庫(内閣府)、9機関での貸出シェアは20%に達し、統廃合や民営化が必要である。
 シンプルに考えれば9機関を統合し民営化し縮小していくのが一番わかりやすいと思う。小泉首相のしがらみを超えての政治的英断を期待したい。

(推薦書籍)
日経金融年報 2005年夏季号
よくわかる特殊法人改革-道路公団、住宅金融公庫から郵政3事業まで
経済財政白書 平成17年版
金融情報システム白書 平成17年版
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-21 08:56:43

都心地価底入れ

テーマ:金融
 2005年7月1日の基準地価は東京23区で、住宅地は前年比0.5%、商業地は0.6%と15年ぶりに上昇した。背景には団塊世代の都心回帰、団塊ジュニアの都心志向、都心の容積率緩和、不動産ファンドの急成長などがある。しかし、全国平均では住宅地3.8%、商業地5.0%とバブル崩壊後14年連続で下落し、人口減少が既に始まっている地方の下落幅は大きい。
 人口減少と団塊世代の定年という2007年問題を抱え地価下落は必然となる。また、国内需要に依存する企業の減収は避けられない。抜本的な少子化対策を第3次小泉内閣に期待したい。

(推薦書籍)
価値創造の企業不動産活用戦略
人口減少時代の資産形成
不動産ファンドマネジャーが語る賢者の不動産投資入門
平成バブル先送りの研究 RIETI経済政策分析シリーズ 12
団塊世代の定年と日本経済
不動産市場分析-不透明な不動産市場を読み解く技術
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。