2012年02月16日(木)

武蔵野美術大学の卒業制作レポ 2011

テーマ:武蔵野美術大学

東武東上線 鷹の台駅より 徒歩 15分

毎年如く、ここの卒業制作を見物に行ってる
他の美大と比べて特殊なものが多い

例えば

展示品に喫茶店があったり

二件目あった


あと

写真が見づらいですが、おでん屋台があった


んで


+LINEって企画

ムサビ校内を線路が一周していて


乗せてもらって、校内を電車から見物できる

乗せてもらうときに切符きるっていぶり

と、これだけではなく真面目な卒制もあるのだけれど、そういう展示が目立つ卒制展示はムサビ

っていうのが僕のイメージ


今年一番引っ掛かったのが

「川の流れ」という180ページの漫画
http://vcd.musabi.ac.jp/sotsuten/2011/ourworks/nakagawaasako.html

作者さんの三歳の時にソ連で亡くなった父の人生を母に聞いて、それを漫画にしたもの

主人公は亡くなった父親と聞き手の作者と話しての母親
その3人の視点から亡くなった父親を追うもので

チラッと見る予定で凄く引き込まれた

父親と母親がロシア料理店で食事してるシーンのそつない会話グッとくるし
最後らへんのロシアの空気とか書いてる行とかもうね

漫画の章の間にあるソ連や学生運動の解説ページ(テルマエ・ロマエの単行本の間にたまに入ってるやつ)が凄く丁寧書かれているし
プロではないか!

http://morningmanga.com/chibasho/60/pieces01.html
って調べたら、そういう人でした

この漫画の惜しいのは卒論ということ

卒論の場合だと学外での展示とか、同人誌で売るとかも、学校によりけりなんだけど厳しい感じがする

と思ってたら

この「川の流れ」、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科 2011年度卒業制作選抜展に展示されていて

今日2月16日~20日まで読むことが出来ると
場所は六本木のAXIS GALLERYってトコ
http://www.axisinc.co.jp/gallery/

時間がある人は見ることをお勧めします



ということで

見物終わった後は学食行って

食べて帰ると(写真はカレー南蛮そば)

ソバと相性の良さそうなカレールーだった


と、今年はそんな感じでした

 |  リブログ(0)

だれさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。