2009年12月17日(木)

Zaurus SL-C860 に1G越えのウィペディアを入れてみた 追記(SDHC対応)

テーマ:Zaurus/kindle
ZaurusにWikipediaを導入
という記事に触発され

うちのザウルス(SL-C860)に入れてみる

まず、いままで使って便利だったフリーソフト から

日本語ウィキペディア2009年12月11日版(EPWING 互換) を落とす
654MB(展開後2.4GB)

で、この通り展開すると容量2.4Gと……SDカードに収まらないので(SL-C860の限界SDカード容量は1G)


EBWin - Windows用EPWING/電子ブックビューア
から EBWIN ってソフトを落とし、インストールして 
一緒に入ってる EBShrink を使って 拡張子ebz に圧縮(レベル5)

で、容量が1.04GBまで落ちましたが

やっぱりSDカードに入りません、ので

 ----------------------------------------------------
ぷちのいずさんのSDHCドライバーをインストール
SL-C860の場合は zaurus-sd-driver-update_2.1-for-Cxx0_arm.ipk
をインストールします

  SDカードにスワップもOKでした
----------------------------------------------------

辞書ファイルをSDカードに用意する 内の「STEP-1 辞書ファイルをSDカードにコピーする」
を参考にSDカード内に圧縮した辞書を入れます


※辞書の設定については
辞書は電子手帳の常識編
http://www.ikushimo.com/edic/epkojienconvert.html
を参考に

また、辞書ファイル作るのが面倒な方は1年以上前のウィキペディアデータですが
http://www.ceena.net/torrents-details.php?id=231
こちらのトレント(ZaurusにWikipediaを導入 のコメントより引用)からダウンロード出来ます
こちらは圧縮済み700MBで、SDカードを拡張しなくても使えます


その後、辞書リーダー
zten改
( M.Ito version / Zaurus SL-C3100 用 - 他の SL-C* シリーズでも動くかも)
にて
ztenv_1.9.24.MITO.20091127_arm.ipk
をダウンロードし、インストール

あと
http://ebsnap.lkj.jp/zaurus/
からC860なので、Ztenに必要なzlib、ebだけではなく
からkakasi_2.3.4_arm.ipkも入れておきました

SL-C860でもZten改が動きました



で起動



「はるひ」で検索する
【バカレ】学食のカレーとバカ日記-Zaurus SL-C860 にウィペディアを
莫大な数のデータが


縦型だと
【バカレ】学食のカレーとバカ日記-Zaurus SL-C860 にウィペディアを
こんな感じで見られる



【バカレ】学食のカレーとバカ日記-Zaurus SL-C860 にウィペディアを 【バカレ】学食のカレーとバカ日記-Zaurus SL-C860 にウィペディアを
ちゃんとリンクをクリックするとリンク項目に飛びます……優秀すぎる






ちなみに広辞苑5版の圧縮データも入れているのですが、容量およそ100MB
でウィキペディアは1GBとおよそ10倍容量の差がありました
引用、参考文献などが詰まってるからかもしれませんが、それにしても

広辞苑10冊分とは恐れ入ります


関連記事
Wikipediaを持ち歩ける手のひらサイズの小型端末「WikiReader(ウィキリーダー)」の日本語版が発売へ

 |  リブログ(0)

だれさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。