二人展 はぐくむ

テーマ:

本日

陶芸:水島圭子&ペン画:伊藤晴美による

二人展 はぐくむ 始まりました。

会場は富士宮市万野原新田3020-11

RYU GALLERY です。

10月9日日曜日まで ㏂11:00~㏘5:30

※10月3日月曜日は旧廊

私は

「繭子とふしぎな奥座敷」 作:かがいみえこさんの

挿絵を中心に

子供たちをペンで描いた作品を展示しております。

ギャラリーオーナーより二人の共通項を探して

タイトルをつけてと言われ

「子どもを慈しみ育てるように

内から生るものを育んでいく道を

私たちは選びました」

ということで サブタイトルを「はぐくむ」としました。



水島圭子さんは私の10年来の陶芸の先生です。

私よりもずっとお若いのですけれど・・・・

端正な作品が150点余り並んでいます。

こっそりと

私の陶芸作品も並べちゃって。

AD

二人展

テーマ:

9月28日より始まる二人展のお知らせです。

個展と何人かによるグループ展はたびたび行っておりますが

二人展というのは久しぶり。

二十代半ばに高校の後輩と静岡で行ったのが最初で最後だったような気がします。

 

今回は陶芸の師匠でもある水島圭子さんとのコラボです。

しかもいつもの作品とはちょっと違います。

会場となりますRYU GALLERY オーナーが

わたしの挿絵の処女作「繭子とふしぎな奥座敷」を気に入ってくださり

この原画を中心に展示いたします。

そして挿絵風のペン画を新たに書き足しました。

色のない世界をお楽しみください。

お出かけの際にはご連絡ください。

会場に駆けつけます!!(できる限り)

AD

ティータイム

テーマ:

お庭でお茶するのが夢でした。
憧れはモネの庭。

あんな広さも睡蓮の池もないけれど

ゆったりとしたベンチがあったらいいな。
庭に煉瓦を敷き詰めて改造したときから
ベンチがほしいなぁと思って探していたのですが
思うようなものがなくて (お値段も…)

特注しました。
着付けのお仲間川口先生の旦那様が木工作品を作っていらっしゃるとのこと。
しかも細部にまでこだわった素晴らしい仕上がりだとのこと。

うわさに聞いてわがままな発注。
そして

本日大安吉日日曜日、納品とあいなりました。

お花の少ない今の庭は淋しいけれど
新しいベンチに座ってみると
なかなか良い感じ
たっぷりとしたサイズの桧の作品!

細やかな細工。
感動です。

だんだんと暮れて行く空。

お茶ではなく
誰かビールを持ってきて!

AD