12月1日

テーマ:

私は本日50代最後の年を迎えました。

来年は平成30年。

そして私は60歳になる。

ということは昭和を30年間、

平成を30年間生きたことになります。

その翌年に年号は変わり新しい時代を迎えます。

きっぱりと区切りがついてなかなか悪くない。

振り返ってみると昭和の30年間のほうが長かった気がします。

物心ついていなかった時代もあるはずなのに不思議です。

多分 人から守られて生きてきた時代と

家庭を持ち、子供を守り育ててきた心構えの違いなのだと思います。

私の人生があと何年残っているのかわからないけれど

これからの人生は私の総決算。

私が何者であったかを問う時間なのでしょう。

これまで絵を関わって生きて来られたことを幸せに思っています。

今後何枚の作品を手掛けることができるのかわかりませんが

胸を張って私の作品ですと言える物を一枚残したいです。

 

描写力があるわけでもなく

色感に優れているのでもなく

声高に主張する信念もなく・・・・

ただ一つの眼として私なりの「美しいもの」を世に問うことができたらと思います。

 

足元にも及ばないことは十分承知していますが

ポール・セザンヌに

「モネは単なる目に過ぎない

だが何という目なのだろう」

と言わしめたモネのありかたこそが絵描きとしてのすべてなのではないでしょうか。

 

 

 

 

AD

また雨が降る

テーマ:

なんだか思うようにいかない今日この頃です。

 

皆さんに応援していただいていたのに今年の日展は落選。

自分なりの精一杯だっったのですが力及ばず。

 

選挙もやっぱりな結果となりました。

これからの日本どうなることやら。

言いたいことはいっぱいあるけれど

ごまめの歯ぎしり。

ただただほざいているだけで空しい。

 

日本人は

もっと逞しく

もっと潔く

もっと謙虚で

そして平和であってほしい。

と切に願うのでありました。

AD

おつきさま

テーマ:

十五夜だよ。満月だよっていうから

お月様に会えるのを楽しみにしているのに

雲が多くてまだ会えないまま・・・

母の名前の中に月があったから

明るい月が空に浮かぶと

見守られているみたいで心が穏やかになります。

もうこんな年齢なのに 母が亡くなって25年も経つのに

まだ母に守られているんだな。

 

原発は0にしなくちゃいけないけれど

幼児教育費の無償化や待機児童0ってどうなのかな?

働くお母さんは楽になるだろうけど・・・

そもそも子育て中のお母さんが

なぜフルタイムで働かなくっちゃならないんだろう?

子どもが母親を必要としている期間ぐらい

子育てに専念してはいけないのだろうか?

何もできず何も知らない小さな命がそばにいる大人を通して

様々な学びを繰り返し 一人の人間となって行く。

その大切な過程を母親として立ち合い見守ることがこどもにとって母親にとってどんなに貴重な経験なのか。

働いてお金を稼ぐことより尊い営みだと私は思う。

子育てを他人の手に委ねるのではなく

母親が自ら行う。

それを支援することに力を注いてほしい。

 

*関係ない写真でごめんなさい。m(__)m

 

 

AD