札幌国税局は23日、09年に道内の自営業男性1人に業務を依頼し報酬約340万円を支払う際、所得税約34万円の源泉徴収を怠るミスがあったと発表した。会計課職員が契約相手を「個人」ではなく、源泉徴収の義務がない「法人」と誤認したのが原因という。

 国税局によると、2月の臨時監査で徴収漏れが判明。男性に謝罪し税額分の返納を求め、札幌中税務署に納付した。契約内容や男性の業種は「個人の特定につながるので公表できない」(国税広報広聴室)としている。

 国税局は「チェック体制の強化を図り、再発防止に努める」とのコメントを出した。【大谷津統一】

来年度予算案 31府県がプラス編成 大阪、増加率トップ(産経新聞)
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解(医療介護CBニュース)
【いきいき】NPO法人フード・サイエンス・ファクトリー代表 佐々木ゆりさん(産経新聞)
団地で火災、女性死亡=男性重体、高齢夫婦か-福岡・芦屋町(時事通信)
<中3自殺>「兆候に対応せず」両親が千葉の私立中を提訴(毎日新聞)
AD