ようやく、我が家のウッドデッキにパーゴラDIYを始めました。

 

高所作業中。

本当は、このように脚立の一番高いところに立ってはいけません。

過去のウッドデッキDIYのなかで、いちばん高いパーゴラを作ることにしたため、こんな危険行為をしてしまいました。ごめんなさい。

 

天高(梁の位置)が2800mmもあるので気持ちの良い広がり感があります。

 

今度は、隣地とのプライベートを守るようにフェンスを施します。

材料は、デッキと同じ「イタウバ」。ですが、この材はかなりのクセがあります。

歪んだ材料が多くあって矯正する手立てが必要ですが、イタウバ材は20~30年腐らないと言われるほどのとても硬い丈夫な木材です。

カンタンには曲りの修正をすることは出来ません。

 

ステンレス製の Lアングル金物を用意しました。

これで、イタウバ材の曲りを矯正します。

Lアングルにビス穴を2か所ずつ開けて、しっかりビスを打ち込みます。インパクトドライバーが軽快にタンタンタンと音を立て、ビスがイタウバ材にきしみながら打ち込まれて歪みが矯正されていきます。

インパクトドライバーがなければこの作業はできない芸当です。

 

約1200㎜間隔でLアングルを付けました。

イタウバの曲りは、かなり矯正されましたが完全に直ってはいません。

ゆがみは許容範囲にまで修正された感じです。ので、このまま取り付けることにしました。

全部で63本。長さは2400㎜です。

ほどよい感じで、隣地との境界が出来ました。

 

防犯の上では、完全には目隠しをしない方が良いです。

ようやくDIYウッドデッキ作業の山場を過ぎた感じです。

 

 

 

 

AD

天気の良い日。

ウッドデッキ作りの最終段階、塗装です。

P1080070

ハードウッド材であるイタウバに仕上塗装前のサンダーポリッシャによる磨きも終了して、あとは塗料を塗るだけです。

さて、どんな塗料が良いのでしょう?

屋外の木材に使う塗料と言えば、防虫・防腐や防水保護成分を配合した浸透性塗料、「キシラデコール」などの油性塗料が一般的です。

ただそれらは、杉・レッドシダー・SPF材などの柔らかい木材に使用すると良いと思います。

本来、ハードウッド材には防虫・防腐効果を求めた塗料は不要。

そもそもその材料自体が防虫・防腐性能に優れており、ノーメンテナンスで20年以上の耐久性があるからです。

P1080062

したがって、イタウバ、ウリン、イペなどのハードウッドには表面の風合いを永く維持すための紫外線防止性能のある塗料が望ましいでしょう。

紫外線対策といえば、やはりオーストラリア製がオススメ。

日本の約4倍もの紫外線量があるというオーストラリア。だから、オーストラリア製塗料の紫外線防止性能にハズレは少ないです。

選んだのはこれ、「ジャラオイル」。通販でリーベさんから購入しました。P1080076

ジャラオイルという名前なのに水性塗料です。

なので、油性と比べて臭いが少なくノリが良いのが特徴です。

P1080080

刷毛にたっぷりと湿らせて塗っても刷毛ムラが出にくいので初心者にもオススメ。

P1080096

1~2回塗りでとても高級感のある風合いになります。

P1080099

施工前のウッドデッキ。

P1080116

施工後のウッドデッキ(1回塗り)。意外に乾燥は6~8時間ほど掛ります。

2回塗りは完全に乾いてから施します。

ここで、ちょっとトラブル。

新品の刷毛が1回でダメになってしまいました。

P1080130

水性用の刷毛がこんな状態になってしまいました。塗料と刷毛との相性が悪いとこうなります。

水性塗料と聞いていましたが、油性用刷毛の使用の方が良さそうです。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


手作り・DIYランキングへ



AD