Amazonから荷物が届いた。

えっ!こんな大きな荷物、なに頼んだっけ?

予想外の大きさに何が来たのか判らない。

まさか、2日前に注文したバーベキューグリルってこんなにデカかったの?

 

内心、ビクビクして開けてみると、

やっぱりグリルだぁ!

ああ、でも段ボールよりぜんぜん小さくて、思った通りのサイズだったです。

良かった。

 

Amazonの大きすぎる段ボール箱って、ちょっと驚く。

毎回のことだけど。

 

今回は、ご近所迷惑にならないようにドイツ生まれの煙の出ない炭火バーベキューコンロ「ロータスグリル」っていうのを買ってみました。

ついでにそれ専用の木炭(チップ状のブナ木炭)も試しに購入。

 

このグリル、煙が出ないと言うので。

なぜ煙が出ない?

煙の原因となる食材の油が炭に付着しない構造なのだということ。

 

中身は、いたってシンプル。

なるほど、これなら軽いはずだし持ち運びも簡単そう。

 

付属の電池を本体の裏に入れて、

コンテナに炭を入れます。

着火プレートに着火剤をくるっと一周塗り、

送風のコントロールスイッチを最大に回して、

着火剤に火をつけてコンテナを乗せたらOK。もう準備完了。

 

ほんの数分で、炭がみごとに燃え上がった。

クズ炭なので火が回り易いのは当然ではあるけど、それしてもとても簡単で安全な印象。

楽だね~。

インナーボールという、ステンレスのボールの表面に反射して燃えた炭が映し出され、

なんか火力も問題ないかも?!と、期待しちゃいます。

このボールの曲線によって遠赤外線が反射するしくみなのでしょうか。

 

うちの愛犬も興味津々。さっきからずっと臭いを嗅ぎまわってる。

焼き鳥を6本、串に刺してタレを塗りながら焼いてみた。

串を4本置いてみる。ジュッという音もなく、火力が弱い印象あり、風量コントローラーを全開にします。

すると少し焼ける音がし出した。強火を常に求めている人に向いていないと感じます。

ゆっくりとおしゃべりを楽しみながら焼く人向きかと。

 

しばらく焼いていくが、たしかに煙が全然でない。

迫力に欠けるかも知れないが、これなら近所迷惑にはならないし、手軽に使えるグリルだと感じた。

 

焼けた焼き鳥たち。

焼き方にムラがあって、少し焦がし気味になっちゃった。

けどふっくらとした軟らかい身の美味しい焼き鳥が出来ましたよ。

 

初めてこのグリルを使ったので、せっかくだからとビールを奮発。

ドイツ ヴァイツェンビール、「アルピルスバッハー」。

この濁った色ときめ細かな泡が気分を盛り上げてくれます。

フルーティーな香りとのどごしの爽快感と軽快なコク。

焼き鳥との相性は、大変宜しかったでした。

 

さて、

ドイツ生まれの煙の出ない炭火バーベキューコンロ「ロータスグリル」の使って判ったこと。

  • 網の真ん中の鉄板、焼きには不向き。アルミホイルの包みボイルなどの温めに最適。
  • あわてずにゆっくりと焼けば、とてもジューシーなお肉や野菜に仕上げられる。
  • 大量に素早く焼く、というのは苦手。
  • 専用のチップ状の炭は、扱いやすいが短時間で火力が弱くなる。(今回、風量コントロールを最大にして使用したら15分程度で火力が弱くなってしまった。)

燃焼時間を改善するためには、推奨のクズ炭は向いていないと思う。

塊の大きい備長炭などを使えばかなり快適に使用できるでしょう。

使い方をちゃんと工夫すれば、十分に満足できるグリルだと思います。

 

これからも、いっぱい使っていこう。

 

 

AD

屋外に使用する木材も、以前と比べていろいろなルートから多種多様な材料を選べるようになったと感じます。

 

特に輸入材。

ウエスタンレッドシダーなどは、高級輸入材とされていましたが、大量に輸入されて少しずつ値段が下がってくるようになり、ウッドデッキ材としてはとても一般的な材料として定着したと思います。

軟らかい木なのでアイアンウッドと呼ばれる堅木と比べると寿命は短いですが、加工がしやすくて軽いので、とても気軽な材料として重宝しています。

 

そのウエスタンレッドシダー材を、

山梨県にある在庫量1位というかなり大きな材木店の通販サイトから、パーゴラの梁(はり)用に購入しました。

 

材料が届き、いざDIYを始めようと梱包を解くと、

その中に明らかに表面がおかしい材料を発見。

色がくすみ、手で触るとボロボロと崩れるほどに軟らかくグズグズになっています。

腐っています。

 

材料が反っているとか、節がたくさんあるとかの品質の劣悪な材料はホームセンターなどにも多くありますが、それらは用途によって使い分ければ良いのですが、この「腐食」は使い道がなく困ります。

通販ですから、材をお店の方にお任せして送っていただくしかないのに。

 

 

これらとは別のウエスタンレッドシダー材を加工し始めたら、こんなものも出てきました。

こんどは中身が腐っています。

 

表面からはわかりにくい感じ。

でも切っても切っても腐っている箇所がなくなりません。

 

素手で曲げたら、厚み38ミリの木材があっけなく割れました。

この山梨県の材木店へ苦情のメールをしたところ、新しい材料を送るのでこの腐食材料は送り返さずに使用可能なところを使ってくれとのことでした。

が、中途半端な寸法で使うところなどありません。ゴミとなって捨てるだけです。

 

週末予定のDIYが出来なくなり、次回の週末に間に合うように依頼しましたが、無理だと簡単にメールで断られ、新しい材料の到着はその2週間後でした。

 

以前、利用した他の通販サイトではこのような粗悪品をいただいたことがありませんでしたので、油断していたのかもしれません。

自分で材料を選ぶことが出来ないのだから、このような当たりはずれは覚悟して利用するべきなのでしょうね。

 

AD

ようやく、我が家のウッドデッキにパーゴラDIYを始めました。

 

高所作業中。

本当は、このように脚立の一番高いところに立ってはいけません。

過去のウッドデッキDIYのなかで、いちばん高いパーゴラを作ることにしたため、こんな危険行為をしてしまいました。ごめんなさい。

 

天高(梁の位置)が2800mmもあるので気持ちの良い広がり感があります。

 

今度は、隣地とのプライベートを守るようにフェンスを施します。

材料は、デッキと同じ「イタウバ」。ですが、この材はかなりのクセがあります。

歪んだ材料が多くあって矯正する手立てが必要ですが、イタウバ材は20~30年腐らないと言われるほどのとても硬い丈夫な木材です。

カンタンには曲りの修正をすることは出来ません。

 

ステンレス製の Lアングル金物を用意しました。

これで、イタウバ材の曲りを矯正します。

Lアングルにビス穴を2か所ずつ開けて、しっかりビスを打ち込みます。インパクトドライバーが軽快にタンタンタンと音を立て、ビスがイタウバ材にきしみながら打ち込まれて歪みが矯正されていきます。

インパクトドライバーがなければこの作業はできない芸当です。

 

約1200㎜間隔でLアングルを付けました。

イタウバの曲りは、かなり矯正されましたが完全に直ってはいません。

ゆがみは許容範囲にまで修正された感じです。ので、このまま取り付けることにしました。

全部で63本。長さは2400㎜です。

ほどよい感じで、隣地との境界が出来ました。

 

防犯の上では、完全には目隠しをしない方が良いです。

ようやくDIYウッドデッキ作業の山場を過ぎた感じです。

 

 

 

 

AD