こんにちは、クラフトマン石橋です。今日は塗装についてのお話。

ウッドデッキなど、屋外に設置する木工物は、

雨や紫外線・害虫・カビなどにより腐敗・老朽化が早いと言われています。

これらを防ぐ一番の方法が、塗装によるメンテナンスです。

 

塗料は、

屋外の場合、「油性塗料」を使用するのが基本。

キシラデコール、ウッドガード、シールステインなどが代表的ですが、ホームセンターに行けば色々な油性塗料があって何を選んだらよいか迷うかもしれません。

選ぶポイントは、

まずは”価格”。その次に”好きな色・欲しい色”だと思います。

防水・防腐・防虫・防カビ性能などは、油性塗料であれば当たり前に優れているはずなので選択基準には含めません。

まあ、値段が高ければそれなりに性能は良いのでしょうが、過度な差はないところでしょう。

「水性塗料」にもなかには面白いモノもあります。

 

あえて、こだわるとしたら木材にもよりますが”紫外線”でしょうか。

紫外線予防は、人の肌と同様に木材の表面ケアには大切なこと。

日本の数倍も紫外線量が多い国(赤道付近やオーストラリア)の屋外用塗料であれば、紫外線対策は安心だと思います。

 

さて、次は刷毛(ハケ)です。

刷毛は、塗料の種類・塗る場所・それを使う人に要って、使い分ける必要があります。ある程度の技術も必要ですが、それを大きく補うことができる刷毛の選び方があります。

上手に刷毛を使い分けて、きれいな塗装を目指したいものです。

 

では、屋外の木部に塗る場合はどんな刷毛が良いのか?

「万能刷毛」(ばんのうはけ)。という刷毛があります。

通常、塗料の種類は油性、水性に分類されますが、万能刷毛はその名の通り、油性でも水性でも両方使えるタイプ。なので、いろいろな用途に使うことが比較的可能なので便利で、且つ安価なものが多く出ています。毛の材質は、山羊、豚、化繊の混毛が一般的で、山羊毛🐐が多い方が毛が軟らかくて刷毛ムラが出にくいので作業しやすいです。

 

 

今回は、メンテナンス用にジャラオイルを3本の刷毛で塗り比べてみました。

 

「万能刷毛」と「特選万能刷毛」は、特選という名の違いがあるものなのか?

IKEAのハケは、細かい個所、スミの部分の隅切り用に用意してみました。

ジャラオイルは、紫外線予防に優れた塗料です。防虫・防カビ・防腐効果は期待できません。

詳しくはこちら

 

以前、これに水性用ハケを使ったら、こんなめにあいました。

P1080130

新品を使用したのに、1時間後には毛がバサついてボロボロです。水溶性塗料とのことでしたが、相性が合わないのは明らかでした。ですので、今回は万能刷毛を使います。

 

天気の良い、暖かい陽気の日に塗装メンテ作業は気持ちがいいです。

万能刷毛も、毛がボロボロになることもなく最後まで滑らかに塗ることができました。

「万能刷毛」と「特選万能刷毛」の違いはどうか?

毛先のしなり具合と毛質の差なのでしょうか、塗りの伸びも1.5倍くらい良く感じます。

使用した感想ですが、スミの方まで思い通りに塗料が届くのでとても作業が捗りました。

高所での作業となるとこの差はとても大きいもので、初級者の人であれば躊躇なく「特選」を選ぶべきでしょう。

イケアの刷毛はというと、スミきり用に試しましたが、毛先に塗料が残っていないのでスミに塗ることがとても難しいです。サイズ違いが5本セットで249円という激安なハケですが、塗装にはお勧めできません。塗装前のホコリ掃除に使用する程度でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

木材を切るとき、手ノコを使って真っ直ぐに切断するというのはかなり難しく、経験と時間が必要です。

特にウッドデッキや物置などの大型DIYでは、手ノコだけで作ることはまず無理と思うべきでしょう。


丸のこは、別売りの専用定規などを使うことにより素早くキレイに材木を切ることが出来ます。

安全な正しい使い方を守って使用すれば、とても快適なDIYが可能です。


丸のこは、用途に合わせて選ぶことが大切。





私が、以前から使用していた鉄板ベースの電気丸のこ。

10年以上使っていますがまだ現役です。


最大切り込み深さが58ミリあるので、50ミリの厚さの材料を切るときなどに一発で切断できるので欠かせない道具です。値段も安く5,000~12,000円程度で購入できます。

ただし、古い工具なので鉄板ベースは滑りにくく重たいため、扱いにくいです。

最近の主流は、アルミベースですね。歪みにくく滑り易くて軽いんです。


最近の私の愛用機はこちら、

充電式 電子丸のこです。


一回の充電で2×10材(厚さ38×幅235mm)が約90本切ることが出来ると言います。

高容量のバッテリー(5.0Ah)であれば約150本も切る能力があるそうです。

が、私は3.0Ahのバッテリーで充分満足しています。


コードレスなので取り回しがとても便利。

最大切り込み深さ47ミリなので、90ミリ×90ミリの角材だって両面から切れば大丈夫です。


1.丸のこを選ぶには、まずは最大切り込み深さを意識します。

自分がどのくらいの厚みの材料を切るのかを考えて、チップソー(丸のこの刃)の大きさを決めるのです。

それによっては、わざわざ大きな丸のこを選択しなくても良いという事です。

チップソーが大きくなれば本体も大きくなり、重量が重たくなります。


2.最近は電子式という丸のこが出ています。回転数とトルクを切断する材料に合わせて自動制御してくれる優れものです。昔は電気式しかありませんでしたのでどちらかを自分の好みで選ぶことになります。


3.安全機能を重視しましょう。

 LEDライト付き(切断面を明るく照らします)

 ブレーキ機能

 ソフトスタート機能

 ブロワ機能(切子を吹き飛ばして、切断面を見やすくします)


4.重さは意外と大切。

 サッと手に取って、スパッと切断できる手軽さは結構大事です。


5.騒音も選択肢のひとつ。

 バッテリー式や電子丸のこが電気式よりも音が静かなのでオススメです。


以上の理由で私はこの充電式を選びました。

価格は少し高いのですが、充電インパクトドライバとバッテリーが共有できるのでとても重宝しています。



関連記事:

丸のこの必須アイテム「丸のこ定規」でらくらく垂直カット!


おすすめ記事:

伝説の高校野球「早稲田×早稲田」

わが家のウッドデッキが記事に載る。

AD
DIYするときに木材をカットする道具と言えば、のこぎりや電動丸のこですよね。

ウッドデッキなど大がかりなモノを作るのであれば、電動の丸のこを使いこなしたいところです。

昔のそれと比べて、軽くて使いやすものが増えて、安全機能も充実してきており、プロだけのモノではない、初級DIYユーザーでも充分に活用できるアイテムになったと思います。

木材を快適に切ることを実感してしまうと、
もう、これなしではいられない存在になるのが「丸のこ」なんですね。

ただ、

意外と難しいのが、垂直にまっすぐとカットすることです。
寸法通りの位置を誤差なく切るというのも、コツが必要だったりします。

何度も練習して、失敗を繰り返して上手になっていく。
丸のこを使いこなすうえでの高いハードルがこの課題でした。


その問題を難なく解決できるのがこの道具です。
「丸のこ定規」

いろいろな型のモノがありますが、私はこの軽くて45°の角度も対応できるタイプを使用しています。
このアイテムのすごいところは、真っ直ぐにカット出来るだけではなく寸法通りの位置を迷うことなく簡単に切るガイドができる点です。

どうやって失敗なくきれいにカットするのか?!
この動画で一目瞭然です。


使い方の説明をしている、私の肉声も収録されています。

DIYって、いろいろな道具を使いこなしていくという楽しみもありますね!


タジマ(Tajima) 丸鋸ガイド モバイル90-45 マグネシウム MRG-M9045M
TJMデザイン (2014-01-06)
売り上げランキング: 2,272

AD