木材を切るとき、手ノコを使って真っ直ぐに切断するというのはかなり難しく、経験と時間が必要です。

特にウッドデッキや物置などの大型DIYでは、手ノコだけで作ることはまず無理と思うべきでしょう。


丸のこは、別売りの専用定規などを使うことにより素早くキレイに材木を切ることが出来ます。

安全な正しい使い方を守って使用すれば、とても快適なDIYが可能です。


丸のこは、用途に合わせて選ぶことが大切。





私が、以前から使用していた鉄板ベースの電気丸のこ。

10年以上使っていますがまだ現役です。


最大切り込み深さが58ミリあるので、50ミリの厚さの材料を切るときなどに一発で切断できるので欠かせない道具です。値段も安く5,000~12,000円程度で購入できます。

ただし、古い工具なので鉄板ベースは滑りにくく重たいため、扱いにくいです。

最近の主流は、アルミベースですね。歪みにくく滑り易くて軽いんです。


最近の私の愛用機はこちら、

充電式 電子丸のこです。


一回の充電で2×10材(厚さ38×幅235mm)が約90本切ることが出来ると言います。

高容量のバッテリー(5.0Ah)であれば約150本も切る能力があるそうです。

が、私は3.0Ahのバッテリーで充分満足しています。


コードレスなので取り回しがとても便利。

最大切り込み深さ47ミリなので、90ミリ×90ミリの角材だって両面から切れば大丈夫です。


1.丸のこを選ぶには、まずは最大切り込み深さを意識します。

自分がどのくらいの厚みの材料を切るのかを考えて、チップソー(丸のこの刃)の大きさを決めるのです。

それによっては、わざわざ大きな丸のこを選択しなくても良いという事です。

チップソーが大きくなれば本体も大きくなり、重量が重たくなります。


2.最近は電子式という丸のこが出ています。回転数とトルクを切断する材料に合わせて自動制御してくれる優れものです。昔は電気式しかありませんでしたのでどちらかを自分の好みで選ぶことになります。


3.安全機能を重視しましょう。

LEDライト付き(切断面を明るく照らします)

ブレーキ機能

ソフトスタート機能

ブロワ機能(切子を吹き飛ばして、切断面を見やすくします)


4.重さは意外と大切。

サッと手に取って、スパッと切断できる手軽さは結構大事です。


5.騒音も選択肢のひとつ。

バッテリー式や電子丸のこが電気式よりも音が静かなのでオススメです。


以上の理由で私はこの充電式を選びました。

価格は少し高いのですが、充電インパクトドライバとバッテリーが共有できるのでとても重宝しています。



関連記事:

丸のこの必須アイテム「丸のこ定規」でらくらく垂直カット!


おすすめ記事:

伝説の高校野球「早稲田×早稲田」

わが家のウッドデッキが記事に載る。

AD
DIYするときに木材をカットする道具と言えば、のこぎりや電動丸のこですよね。

ウッドデッキなど大がかりなモノを作るのであれば、電動の丸のこを使いこなしたいところです。

昔のそれと比べて、軽くて使いやすものが増えて、安全機能も充実してきており、プロだけのモノではない、初級DIYユーザーでも充分に活用できるアイテムになったと思います。

木材を快適に切ることを実感してしまうと、
もう、これなしではいられない存在になるのが「丸のこ」なんですね。

ただ、

意外と難しいのが、垂直にまっすぐとカットすることです。
寸法通りの位置を誤差なく切るというのも、コツが必要だったりします。

何度も練習して、失敗を繰り返して上手になっていく。
丸のこを使いこなすうえでの高いハードルがこの課題でした。


その問題を難なく解決できるのがこの道具です。
「丸のこ定規」

いろいろな型のモノがありますが、私はこの軽くて45°の角度も対応できるタイプを使用しています。
このアイテムのすごいところは、真っ直ぐにカット出来るだけではなく寸法通りの位置を迷うことなく簡単に切るガイドができる点です。

どうやって失敗なくきれいにカットするのか?!
この動画で一目瞭然です。


使い方の説明をしている、私の肉声も収録されています。

DIYって、いろいろな道具を使いこなしていくという楽しみもありますね!


タジマ(Tajima) 丸鋸ガイド モバイル90-45 マグネシウム MRG-M9045M
TJMデザイン (2014-01-06)
売り上げランキング: 2,272

AD

壁のクロス(ビニールクロス)に穴を開けてしまう事があります。


額縁を吊ったり、壁掛け時計を取り付けたりする為にはどうしてもビスを打たなければいけませんよね。

でも、賃貸アパートやマンションでは穴あけはご法度。

もし違反をしてしまったら引越し時にクロス張替え費用を請求されてしまう可能性があります。


どうしても、ビスを打ちたいときはこのようにします。

三方をカッターでクロスを切って捲り上げてからビスを打つ。

これで壁掛け時計などが安全に取り付けることが出来ます。


さて、


このキズをDIYでキレイに直してみましょう。


使うものはコレ、



「コークボンド」とあると便利な「クロスローラー」です。

コークボンドは、ホームセンターで400~600円位で売っています。

色が多数ありますので壁紙に合わせて選ぶようにします。


ちなみに今回のモノは、ペールホワイト色を使用。


クロスローラーは、ジョイント部などのクロスの圧着に最適ですがマストアイテムではありません。

800~2000円位で売っています。


最初に、

千枚通しやカッターなどで凸凹部があれば馴らします。

そして、コークボンドを塗りつけます。

ジョイントがめくれない様に、少しだけ多めに塗るのがコツなんです。


指でクロスを押し付けます。


少しはみ出たコークボンドを濡らしたペーパータオルなどで拭き取ります。

クロスローラーでさらに圧着。


ローラーがなければ、指で念入りに押せばOKです。




補修完了。ドアップで撮りましたがキズがほとんど見当たりません。

これなら、クロスを張り替えずに済みますね。


指を放して壁全体を見ると、

どこにキズがあったのかもう判りません。


補修って、キレイになるので

意外と楽しいです。


ヤヨイ-ジョイントコーク・A-500g チューブ式・アクリル系【コークボンド】 230-120...
¥520
楽天

関連記事:

賃貸の我が家でもIKEA BESTA(ベストー)。



おすすめ記事:

組み立て失敗!IKEA RIANは油断大敵。

作る予定は不明のイケアチェアにご用心。

・横向きシェルフBILLYを組立。IKEAにシミは当たり前?!

・30分で完成!IKEA本棚BILLYを子供と組み立てる。

・わずか5畳の部屋にワ-ドローブを組み立てよう!IKEAのPAX組立ポイント!

・IKEAハンガーパイプラックを上手に使う。

・IKEA製棚板のプラスターボード壁への取付け方




AD