ウッドデッキには、やはりテーブルが欲しいです。

しかも、なるべく大きいサイズがうれしい。

 

以前の家でも、ウッドデッキに合わせてテーブルをDIYしました。

畳一枚分よりも少しだけ大きいものを作ってみましたが、家族が喜んでくれました。

既製品では味わうことができない大きくてウッドデッキにピッタリサイズのテーブルは、DIYに限ります。

 

なので、今回もしっかりと作っちゃいました。前回同様、すべて2×4材です。

まずは脚。イタウバ90×90×3000ミリが1本余っていたので使うことにします。

 

天板は、145×38 ウエスタンレッドシダー材3600mmを3本、鶴ヶ島市のホームセンターで購入。

車に積めるように適当に切ってもらいました。

 

それと、天板のフレーム用に90×38のウエスタンレッドシダー材3000mmを買い足し、余っていた同サイズのイタウバ1800mm×2本を使用しました。

 

まずは、木材を設計したサイズにカットしていきます。(天板を除く)

マキタのコードレス丸のこは軽くて取り回しが楽なので、硬いイタウバ材もストレスなくカットできます。

 

材料のボリュームは、大体こんな感じ。

今回のDIY作業スペース。

 

寸法が間違えていないか確認するため、カットした木材を仮に置いてみます。

並べてみるとイメージが湧きやすくなるので、いろいろと悩むところが解決してくるんで、いい感じ。

 

天板フレームのビス用下穴(したあな)を施すことに変更しました。これも仮に組み立ててみたから判ったやり方でした。

こうすれば、余計な金具を使う必要がありません。

 

天板の表面は、サンダーポリッシャで滑らかに磨きます。

この作業が、塗装のノリをとても良くする秘訣。だから、ゆっくりと丁寧に掛けます。

ウエスタンレッドシダー材は、やわらかく加工しやすいので力を入れる必要はありません。

 

今回の塗料は、ドイツ製の植物性塗料を選びました。

初めて使用するのでどの程度のモノか解りませんが、ようするに「油性塗料」ですので、浸透性が良くて塗りやすい類の塗料です。でもって自然にやさしそうなイメージがあります。

耐久性は日本建築学会の屋外耐久性品質規格に適合していると書いてありますが、どうなんでしょうか?購入した私が言うのもなんですがあまり期待していません。(笑)

だって、紫外線がさほど強くはない国の製品なので。

 

「ファーグリーン」という緑色を採用しました。下塗りと上塗りの2回塗りをします。

一般的な「油性塗料」と比べてあまり臭わない気がします。シンナーっぽいキツイ臭いがしません。いいです。

その分ですが、渇き時間が長いです。4~6時間と書いてはいますが、確かにその位かそれ以上掛かると見てよいです。

塗料の伸びは、一般的な塗料よりも同量で2倍の面積が塗れるそうです。

(ノーコメント)

渇き時間がかかるので、以降の作業は翌日に行うことにします。

 

2日目。

 

加工が完了した木材の寸法確認のため、再度、仮置きをします。

テーブルの高さは740mmとしました。これは我が家のダイニングテーブルと同じです。

椅子はあとで探そうと思うので、とりあえずは高めにしたんです。

 

フレームを金具を使用して組み立てます。

 

 

天板をフレームに取り付けます。

下穴にビスを打ち込んで、緑色の天板材を止めていきます。

 

天板を止め終わってから、不揃いだった長さをそろえるカットを行います。

天板の木材は、わざと長めにしておくことがポイント。

 

最後にいっぺんにカットすることで、それぞれの長さがきれいに揃います。

 

あとは、切った木口を塗装すれば完成です。

 

天板の塗料は少し艶がありました。

イタウバ材の脚は、あえて無塗装にしています。

木の風合いが出ていて、感じの良い質感があります。

 

かかった費用:約16,000円(イタウバ除く)

 

関連記事:

バーベキューテーブルを2×4材でDIY

AD

 

 

 

 

東リの床材、タイルカーペットの関連商品に「ファブリックフロア」という商品があります。

 

 

 

 

タイルカーペットと何が違うのかというと、裏面にすべり止め機能が付いている事くらいが目立つ違いであり、それ以外はあまり違いのないものです。

住宅のニーズに特化した機能をまとめたという事をわかりやすく製品名で統一した感じです。

女性でも子どもでも扱いやすいサイズで並べるだけで簡単に敷きこめます。しかもカーペットなのに汚れたところだけ剥がして中性洗剤で手洗いが出来ちゃう便利モノ。

 

今回、私はその中の「テキスタイルフロア7000」という品番を選びました。

パイル織のようなカーペットというよりも、ゴザのような風合いです。

和室にタイルカーペット3

しかもこれ、和室に敷きこみました。平織仕立てなので違和感が全くありません。

和室にタイルカーペット5

タタミの上にそのまま敷きこむだけで、とてもモダンな和室が完成します。

 

和室にタイルカーペット0

色は6色の中から「やなぎ」を選びました。

部屋の隅への敷きこみには、鉛筆でしるしを付けてカッターで切るだけです。

 

必要な道具は、

定規・カッター・鉛筆・コンベックス(メジャー)だけでOK.

 

これで、タタミも痛むことが無くなりました!

 

 

 

和室にタイルカーペット6

個性的な空間が出来上がります。

本来は、フローリングの上に敷く床材なので、たたみの上ではすべり止め効果があまり期待できません。

ジョイントのバラつき・凸凹も、タタミは縁(へり)との段差があるのでそれに準じて出てしまう恐れがあります。

和室にタイルカーペット9

カーペットのジョイントと畳の縁が重ならないように床材の割り付けを工夫するのが最大のポイント。

それが出来れば、凸凹のタタミの上でも快適に使える床材です。わが家の6畳間の床に、36枚のテキスタイルフロアを使用しました。

 

WordPressにて、新しいブログを立ち上げてみました。

とても自由なデザインに戸惑いながらも、少しずつその可能性と楽しさを感じ取ってきたところです。

ぜひ、一度お越しください。

カイテキ!やっちゃえDIY!!」

http://craftmans.jp/

 

AD

IKEA家具にコンセントをDIY

テーマ:

リビングダイニングに、コーヒー・お茶などのサービス収納を設たので、

電気ポットを利用できるように天板にコンセントを施すことにました。


IKEA BESTA(ベストー)で作ったお茶台に埋め込み型の「家具コンセント」を付けます。

まずは家具コンセントのサイズを測ってから、鉛筆で付ける場所の印を入れます。

あまり端っこに穴を開けるのは避けます。

ポイントは端から30ミリ以上離れたところに穴が開くようにしましょう。

BESTAの中身はハチの巣のようなハニカム構造なので、その部分にドリルを入れるとカンタンに穴が開きます。

木工用ドリルで穴を開けます。30ミリ以上端より避けたところに穴を開ければ、四隅の芯材を傷めることがないので、構造が弱くなる心配がありません。


ドリルで出来る範囲の穴を開けたら、残りはノコゴリで穴を拡張します。

表面の柄を傷つけたり剥がしたりしないよう、ゆっくりと鋸を引きます。


家具コンセントをあてがりながら、穴の大きさを調整します。

「家具コンセント」は、ホームセンターに行けば入手できます。



ちなみにこのコンセントは、不要となった子供の学習机から流用しました。

なので、無料です。


ダイニングテーブルから座りながら手の届くところに便利な湯沸しポットを置くことが出来ました。

白い扉を開くと、中には緑茶やコーヒー・紅茶と器具が収納されています。



関連記事:

IKEA BESTAでリビング収納を作る。

賃貸のリビング収納がおしゃれに!IKEA BESTA(ベストー)





オススメ記事:

2度目のウッドデッキ造り ビフォー&アフター

自宅手作りウッドデッキ製作 その1

自宅手作りウッドデッキ製作 その2

自宅手作りウッドデッキ製作 その3

自宅手作りウッドデッキ製作 その4

バーベキューテーブルを2×4材でDIY

春のウッドデッキバーベキュー

初めての手作りウッドデッキ


にほんブログ村 インテリアブログ IKEAインテリアへ
にほんブログ村
AD