Amazonから荷物が届いた。

えっ!こんな大きな荷物、なに頼んだっけ?

予想外の大きさに何が来たのか判らない。

まさか、2日前に注文したバーベキューグリルってこんなにデカかったの?

 

内心、ビクビクして開けてみると、

やっぱりグリルだぁ!

ああ、でも段ボールよりぜんぜん小さくて、思った通りのサイズだったです。

良かった。

 

Amazonの大きすぎる段ボール箱って、ちょっと驚く。

毎回のことだけど。

 

今回は、ご近所迷惑にならないようにドイツ生まれの煙の出ない炭火バーベキューコンロ「ロータスグリル」っていうのを買ってみました。

ついでにそれ専用の木炭(チップ状のブナ木炭)も試しに購入。

 

このグリル、煙が出ないと言うので。

なぜ煙が出ない?

煙の原因となる食材の油が炭に付着しない構造なのだということ。

 

中身は、いたってシンプル。

なるほど、これなら軽いはずだし持ち運びも簡単そう。

 

付属の電池を本体の裏に入れて、

コンテナに炭を入れます。

着火プレートに着火剤をくるっと一周塗り、

送風のコントロールスイッチを最大に回して、

着火剤に火をつけてコンテナを乗せたらOK。もう準備完了。

 

ほんの数分で、炭がみごとに燃え上がった。

クズ炭なので火が回り易いのは当然ではあるけど、それしてもとても簡単で安全な印象。

楽だね~。

インナーボールという、ステンレスのボールの表面に反射して燃えた炭が映し出され、

なんか火力も問題ないかも?!と、期待しちゃいます。

このボールの曲線によって遠赤外線が反射するしくみなのでしょうか。

 

うちの愛犬も興味津々。さっきからずっと臭いを嗅ぎまわってる。

焼き鳥を6本、串に刺してタレを塗りながら焼いてみた。

串を4本置いてみる。ジュッという音もなく、火力が弱い印象あり、風量コントローラーを全開にします。

すると少し焼ける音がし出した。強火を常に求めている人に向いていないと感じます。

ゆっくりとおしゃべりを楽しみながら焼く人向きかと。

 

しばらく焼いていくが、たしかに煙が全然でない。

迫力に欠けるかも知れないが、これなら近所迷惑にはならないし、手軽に使えるグリルだと感じた。

 

焼けた焼き鳥たち。

焼き方にムラがあって、少し焦がし気味になっちゃった。

けどふっくらとした軟らかい身の美味しい焼き鳥が出来ましたよ。

 

初めてこのグリルを使ったので、せっかくだからとビールを奮発。

ドイツ ヴァイツェンビール、「アルピルスバッハー」。

この濁った色ときめ細かな泡が気分を盛り上げてくれます。

フルーティーな香りとのどごしの爽快感と軽快なコク。

焼き鳥との相性は、大変宜しかったでした。

 

さて、

ドイツ生まれの煙の出ない炭火バーベキューコンロ「ロータスグリル」の使って判ったこと。

  • 網の真ん中の鉄板、焼きには不向き。アルミホイルの包みボイルなどの温めに最適。
  • あわてずにゆっくりと焼けば、とてもジューシーなお肉や野菜に仕上げられる。
  • 大量に素早く焼く、というのは苦手。
  • 専用のチップ状の炭は、扱いやすいが短時間で火力が弱くなる。(今回、風量コントロールを最大にして使用したら15分程度で火力が弱くなってしまった。)

燃焼時間を改善するためには、推奨のクズ炭は向いていないと思う。

塊の大きい備長炭などを使えばかなり快適に使用できるでしょう。

使い方をちゃんと工夫すれば、十分に満足できるグリルだと思います。

 

これからも、いっぱい使っていこう。

 

 

AD