我が家も引越ししてからはや2ヶ月を経過。

賃貸マンションでの制限はありますが、少しずつカイテキ空間を作り出していこうとIKEA家具を買い込んできました。


まずは手馴しにウォールシェルフ(壁収納)シリーズのBILLY(ビリー)を組み立てようと思います。

BILLY サイズ 120×35cm 色 バーチ材突き板 5,990円

パーティクルボードにバーチ材の突き板を貼って透明ラッカーで仕上げて、自然な風合いを生かした書棚です。




使用する道具は、

ゲンノウ

カッター(梱包を解く)

マイナスドライバー

充電ドライバー(プラスドライバーでもOK)

と、鉛筆です。







まずは、カッターで丁寧にダンボール梱包やビニール梱包を解いて、中身をチェックしましょう。


すると、あれ?!

なにやら黒っぽいシミらしきものがあるではないですか?!


よーく観てみると、

天然突き板の表面に何かの汚れが付いて、染み込んでいました。

残念ですが、乾いたタオルで拭いても取れません!


せっかく購入して、やる気まんまんで組立ようとしていたところなので、

この程度の汚れは仕方ないと諦めました。

この他にも多少気になる汚れがありましたが、今回はお正月なので大目に見ることにしました。(笑)



充電ドライバーで接続用金具を取り付けていきます。


接続用金具を差し込む穴とは別に、ダボを打ち込みます。

ポイントはココ。

ダボを打ち込む穴位置が、仕切り板によって違います。横にある大きめの穴を目印にして、それがない穴にダボを打ち込むのです。

例えば、この仕切り板にはダボを両端に入れています。




壁固定用のブラケットを取付。






それぞれの板を結合していきます。








背板パネルにクギを4本打って、

(^-^)/完成。

約40分の作業でした。


この書棚は、このあとに組み立てるシェルフと接合しようと考えています。


多少の汚れは、

我慢します。



関連記事:

30分で完成!IKEA本棚 BILLYを子供と組み立てる!


AD