リビングにLED電球を使おう!の第二弾。


前回 は、お金が少なかったので6個の電球から半分をLED(パナソニック)に変更して、

従来のミニクリプトン球との比較をしました。


今回は、同じ器具で東芝とパナソニックのLED電球の比較をしてみます。


新たに東芝のLED電球を3個、ヤマダ電機より購入しました。
DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!

2530円(税込)光が広がるタイプ。東芝 LDA5L-WE17

2010年5月から使用している、パナソニックのLED電球 LDA6L-E17とこれを比較してみます。
DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!

外観:

どちらも直径35×長さ67mm

ミニクリプトンと同サイズですが、プロポーションに若干の違いがあります。


ミニクリプトンにより近いのは、東芝製ですね。


DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!

グローブ部分にあたる樹脂カバーを見ると。Panasonicはほのかに黄色いLED素子が。

東芝製は、昔のシリカ電球のようにグローブトップにTOSHIBAロゴが記されています。


東芝製は可愛らしく、パナソニックは洗練された印象がありますね。

好みの問題ですが、私はどちらを選ぶかと聞かれれば、パナソニックの近未来的なお洒落感を挙げるかな!?



外観を比較して感じたことは、大きな差はないと言うことです。


DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!




点灯して、比較。

リビングのシーリングに、2年5ヶ月前から使用していたパナソニックLED電球と今回購入した東芝LED電球を交互に3個ずつ取り付けて、色と光の広がり具合を視てみます。





DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!
共に電球色。色温度はパナが2800K(ケルビン)、東芝はなぜかどこにも表記されていません。ですが、ほぼ同等と感じました。


違いが出たのは、光の広がり方です。

右の東芝製のほうが、光の広がり角度が大きく、シーリングのガラスグローブへの照らし方にムラが少なくなっています。

これでよりクリプトンランプに近い感覚で使用することが出来ると思います。



DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!


ちなみに、パナのLEDと従来ミニクリプトンとの光の広がり方比較はこのような感じでした。







DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!
今回の東芝LED電球は、光が広がるタイプを選んだので、このような結果はある程度予測済でした。

同社には、光が広がらない「明るさ重視タイプ」もラインナップされています。

本来は、こちらとの比較をするべきだったかも知れませんね。








その他の性能は?

仕様 E-CORE LDA5L-WE17 [電球色] EVERLEDS LDA6LE17
仕様 タイプ LED電球 LED電球
口金 E17 E17
定格寿命 40000 時間 40000 時間
光色 電球色相当 電球色相当
全光束 380 lm 390 lm
配光角    
発光効率 70 lm/W 65 lm/W
密閉器具対応
調光器対応 × ×
外径×長さ 35×67 mm 35×67 mm
消費電力 5.4 W 6 W


ほとんど同じですね。

パナソニックはインドネシア製

東芝は中国製です。


注意するポイントは、

密閉型器具対応ではありますが、断熱材施工されたダウンライトなどの器具には両方共使用不可です。
DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!


理由は、LEDは熱に大変弱い性質があり、私の知る限りでは80度を超えると著しく寿命が縮まってしまうのです。

通常の器具での使用であれば、自然放熱によってこの温度を超えることはないといいます。

ですが、断熱材を天井裏に施している天井へのダウンライト(天井埋め込み器具)の場合、器具にはランプの熱を逃がすための穴が天井裏へ向けて空いていますが、断熱材によってその穴の効果を塞いでしまうので熱が逃げずに器具内でこもってしまい、LED電球に影響を与えてしまう温度になりやすくなってしまうのです。


断熱材施工された器具にでも対応できるLED電球も他に出てきています。





価格は?


2012年10月7日時点でのネット価格は、

パナソニック 1100円

東芝   2300円  


パナが断然お安いですね。


総評:どちらを選ぶ?

大変迷いましたが、パナソニックです。


東芝の光が広がるタイプは、今回使用した器具の様なガラスカバーをムラなく照らせるという、ミニクリプトンとあまり遜色のない表現力に魅力を感じます。が、値段の差がありすぎです。

東芝LED電球1個を買う価格で、パナソニックが2個買えます。


このコストパフォーマンスに、軍配が上がった感じです。


あとは、寿命が本当に40000時間もあるのかを、じっくりと10~15年かけて検証していきたいと思います。



今のところ、

両方共、満足しています。

by クラフトマン石橋でした。


関連記事:

LED電球をリビングに使おう!

まさに電球。というLED電球誕生。



我が家のウッドデッキが雑誌に掲載された。


↓このランキングに参加しております。
クリックを頂けると励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ


AD

コメント(14)