皆さんこんにちはニコニコ


今や世界中から観光客が訪れる、人気のグルメスポット東京「築地市場」のご紹介です。


年末恒例となっている、正月用食材の築地市場買出しなのですが、

長年ここに来るたびに少しづつ覚えてきた私のこだわりの築地攻略法を、今回一挙にお教えいたします!!



築地市場にまだ行ったことのない方

まずは、築地市場のイロハから


築地市場は、銀座からもほどなく近いところに「場内(じょうない)」「場外(じょうがい)」と呼ばれるエリアに全部で1000店以上の専門店が集結している、「食と魚のテーマパーク」です。観覧車



場外とは、

アメ横と年末の雰囲気が似ています。初心者の方でしたら、一度はこちらに足を運んで年の瀬の気分を味わうと良いです。

テリー伊藤さんの実家、玉子焼き店「丸武」もこのエリアにあります。


ただ、私はめったにはこのエリアに行きません。

なぜなら、本当の築地市場の醍醐味は、「場内」にあると思うからです。



ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
場内(じょうない)とは、


魚と野菜の市場とその周辺雑貨やプロのグルメ食堂などがあり、飲食店や小売店・スーパーなどのプロ達が買付けに来る場所です。


初めて行かれる方は、かなり戸惑うかも知れませんが、ちゃんとルールを守ればシロウトの私たちでも何の問題なく利用できるのです。

なかには入ってはいけないと勘違いしてる方もいますが、全く問題なくカイテキにお買い物が出来ますので、ぜひ、チャレンジしてみてください!


朝7時、

私は大体ここから場内に入ります。海幸橋口です。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

正門(入った後クルマが多くて危険)や市場橋門(判りにくい)などいくつか入口はありますが、ここは右側に鰹節屋(松村)さんがあって、とっても良い香りが充満しているので好きです。


それに、買い物前にちょっと腹ごしらえするには、ここからの方がなにかと近いと思います。


さて、ここで要注意です。

ここから先はプロの為の世界だという事を、少しだけでも良いですから認識しておいてください。

特にコレ、
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
ターレ」って言います、この乗り物(本名:ターレット)。仲卸が荷物を運ぶ電動リヤカーですね。


ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
このターレが場内を縦横無尽にガンガン走っています。


クラクションなんか鳴らしません。邪魔な歩行者は手で押されます!無言で。

昔はエンジンが唸りを上げて、排気ガスも目にしみるほど臭かったのですが、

電動式が増えていて後方から来ると気が付きません。

事故のないように充分ご注意ください。場内は歩行者よりもターレが優先と考えることです。ガーン




市場に行く前に、私はその周りの建物(1~10号館)に行ってお目当てのモノを買ったり、腹ごしらえをまずします。割り箸


まずは家族が大好物のお団子、「茂助だんご(もすけ)」です。お団子1号館にあります。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活! 日持ちしない本物のだんごです。紀伊国屋やサカガミなど高級スーパーで売っていることがある団子の老舗なんです。

つぶあんの串団子が我が家の定番です。あんこは家内が驚くほど甘くありません。

「だんご3兄弟♪」のモデルとなったのが、実はこの茂助のだんごです。

実物を見れば、「なるほどぉ!」って思うはずですよ。

ちなみに、あの牛丼の吉野家1号店はこの店の2軒先に今も元気に営業しています。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
牛丼元祖、「吉野家(よしのや)」!

アメリカの狂牛病騒動で全国の吉野家に牛丼が無かった時期も、ここだけはしっかりと牛丼(国産牛)を出していましたね。


吉野家を右手に見ながら左方面に向かうと、2階建ての古い団地のような佇まい(4~9号館)が並んでいます。


こんなお店も、築地のお土産には良いですね。外国人観光客も良く利用している光景を見ます。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

8号館で一際目を引くのが、この2軒。海鮮丼の「大江戸」「仲家」です。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
一度は食べるべきだと思いますよ。ここの海鮮丼。


2軒ともすごい行列です。


さあ、あなたならどちらのお店を選んでみますかはてなマーク


両軒とも美味しいですよ。

でも、あえて言うなら私は「仲家」さんが好きです。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
私は、ここのうにが大好きです!!アップうにの味がこ~んなに濃厚だったんだと、私はこの店で知りました。

今回は「うに・まぐろ・なかおち丼」をチョイス。

サイドメニューの特大生ガキも口から牡蠣があふれマス。

ニコニコ


厚焼き玉子は、同じ8号館の「山勇(やまゆう)」さんが私のオススメです。
DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!

山勇さんはNHK「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」から日テレ「NEWS ZERO」に移ったあの美脚アナウンサー、山岸舞彩キャスターのご実家です。

「大定」よりも「丸武」さんよりも「大孫」さんよりも!私はここの味が一番美味しいと思います。

八重洲にある老舗寿司店の大将も、多忙の時はこちらの卵焼きを使っているそうです。


さあ、それでは魚市場の中に入ってみましょう!ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

仲卸のお店のタイプは取り扱う魚の種類で分かれています。

サケ・魚卵専門、練り物専門、しらす・小魚専門、近海魚、遠海魚、エビ、くじら、干物、そしてマグロ専門などです。


だから、

欲しい魚の種類によって、お店を選択していくんですね。



私の場合は、

決まった目当てのモノがありますので、そこに行く道中に掘り出し物があれば適当に買っていくという感じで市場を歩きます。ニコニコ


ここで注意しなければいけないのが、狭い通路で立ち止まらないこと。です。

通行の妨げとなって、絶対に迷惑となります。

それと、足元は常に地面が濡れていますので滑らないような靴を履いていきましょう。


ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
海軍拠点の名残なんでしょうか。

ピンコロの床は、意外とツルツルで滑ります。




私の定番、

練り物といえば、築地の代名詞「佃權(つくごん)」(5015番)です。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活! 江戸将軍に魚を献上していた佃島の権三郎という漁師が、明治元年「佃権」を創業。

以来、昔ながらの製法を守り、新鮮な素材を添加物全くなしで今に伝えています。


つくごんは、場外にもお店があります。


ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
ですが、値段が安いのは場内です。

おでん種はキロ単位で買わなければいけませんが、冷凍すれば問題ありません。

佃權の練り物をいれると、おでんの出汁がものすごく良くなると我が子談。

例年、紅白のかまぼこや伊達巻をここでゲットします。


今年はマグロが例年より、高値だそうです。特に本マグロの生は去年の2倍近いらしいです。小売りでは。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
我々、庶民は冷凍マグロで充分ですね。本マグロなんて贅沢は言いませんよ。メバチがサイコ~合格
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
魚オーブンで塩コショウだけで焼いて食べるとおいしいです。このカマ。



ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

カニやウニはこの時期の食材ですね。

ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
これ、何かワカリますか?

↑ く・じ・らです。

東京食糧(略:東食さん)[5041]は、小売りもOKなので安心。


ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

マグロ専門仲卸は、築地の中では一番多い専門業態。



ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

やはり、鮪は花形なんですね。魚の。
マグロは生と冷凍でお店業態が分かれます。生専門店は今年は特別大変だったでしょうね。



ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
冷凍の柵を、消費者向けにこんな形で売っているお店もありました。



ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
しらす専門店。手で抓まんで自由に試食。値札は1キロあたりですが、500グラムから購入可能です。

チリメンジャコは冷凍すれば日持ちOK。

しらす専門 丸禎(まるてい)[ロ105] 第七大通路沿いにあります。


続いてこれ、

私の好物の一つです。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
マグロの頭肉。ノーテンです。

一頭から棒状の身がわずかに2本しか取れません。たぶんスーパーや普通の魚屋さんでは売っていないと思います。


刺身にして食べます。


脂が大トロのようにノッテいて、それでいてサラッとしてくどくありません。口の中でトロケます

ノーテンを食べた人は多分その魅力にハマってしまうでしょう!



さあ!

築地のメイン食材、マグロ
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
「柳又(やなまた)」4149)さんです。


実はココ、私の幼馴染のお店。

彼のお店は築地で代々、冷凍マグロを専門で営んでいます。

決して大きなお店とは言えませんが、馴染みの和食店や寿司店がたくさん付いている、大変真面目なお店です。




冷凍マグロの場合、凍っていると脂のノリがわかり辛いので、このように身の端を解凍して店頭に置いてあります。













注文の部位と目方を聞いて、手際よくのこぎりで切っていきます。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!


私と世間話をしながら、あれよあれよとマグロを柵に切断。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

たっぷり3キロも切り分けてくれました。


そして、おまけにノーテンをたっぷりといただきました。ドキドキ


冷凍マグロの解凍方法さえ覚えれば、脂のノッタ色鮮やかな鮪が頂けます。

日持ちもするし、ご近所におすそ分けしても大変喜ばれます。

近所のスーパーの赤身とはこんなに違うのかと、つくづく実感しますよ!



はい、今回の戦利品はこの通り!

ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
広島産カキと厚焼き玉子もゲットしました。にひひ

築地を離れたのは、8時30分でした。



※お店名の横に載せてある4ケタの数字は、築地市場内の住所番号です。


つきじmap

http://www.tokyo-fish-market.jp/


をご覧になって、場所を確認してみてください。


ちなみに最近は、

幼馴染の「柳又」へこのブログを見て来店された方が増えてきたと言います。

「クラフトマンのブログみた!」っていえば、サービスしてくれるかも?!


ポイントは、あまり早い時間に行かずに8時過ぎから8時45分ころ、

仕事が一段落した風なタイミングで声をかけることです。チョキ

9時にはもう閉店支度をしています。


DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!
こんな色鮮やかな味が濃く脂ののったマグロを、市価の半値以下で食べてみませんか♪

↓このランキングに参加しております。
クリックを頂けるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

関連記事:

築地市場のまぐろを正しく解凍して満喫した結果報告!

マグロは家族みんなの大好物。今回仕入れた3キロの刺身と解凍の方法を大公開!!


築地市場はマグロだけじゃない!

スーパーマーケットでは決して見る事のない品揃えと品質と価格をご紹介!


築地場内でお得なお買い物

こだわりの海産物あれこれ。


マグロを送ってもらったワケ。


うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座うお座

オススメ記事:

伝説の高校野球[早稲田×早稲田]神宮に響く「紺碧の空」

新聞に紹介された身内のチェンジメーカー

高校生外交官って何?

雑誌に載った我が家のウッドデッキ

AD

コメント(3)