現在、私は東京都清瀬市に住んでいます。
建売の小さな家ですが、南側に狭い庭があります。


この庭でしたら、公団のような規制はありません。自分の好きなようにウッドデッキが造れます。
いくつかプランを作成して、家族と相談しつつ予算を考えて、↓写真のようなデッキを作成しました。


●施工前
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
芝が植えられたばかりの庭に、仮設の縁側を付けました。
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
ウチのタロウが、隣りのフェンスを飛び越えてしまいそうなのも、ちょっと心配でした。



●施工後
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
夏場の暑い時期は、屋根にヨシズを敷くのが効果的でした。


タロウも良くこのウッドデッキで寝そべっています。



洗濯干し場も手前に充分すぎるほどのスペースを設けました。


ウチの奥様は、干すのが大好きなので。




●施工前    リビングから見た、南側の庭です。


小さな公園があるので、見通しが良い立地です。



ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!
 



●施工後
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!


南側は公園なので、プライバシーを意識した「縦格子」を設けました。


視線を全て遮ってしまうと、防犯上よくありませんので、適度な遮り方が効果的です。


2×4材をそのままタテ格子に使いましたから、ナナメからの視線は遮ることが出来て、正面からは遮りが弱くなります。


防犯効果としては、適当です。


タテ格子のスキマをどの程度開けるのが良いかを考慮して、ピッチを決めています。



リビングからウッドデッキへの床の段差はありませんので、部屋が一つ増えたような感覚です。ニコニコ



バーベキューは、我が家のマストアイテム。


親戚の家族や友人と気軽にバーベキューを楽しんでいます。ニコニコ
ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!


自分で「造る」という事は、とっても楽しくて幸せなことだと思っています。
これを、趣味にできた私は大変ラッキーでした。ひらめき電球


だって、安い価格でオリジナルな「カイテキ空間」を造る事が出来て、そして、家族全員が喜んでくれるんです。
これ以上の喜びはあまりないですよ。晴れ


---------------------------------------------------
メイキングは、次回にご紹介したいと思います。わんわん


関連記事:
自宅手作りウッドデッキ製作 その1
自宅手作りウッドデッキ製作 その2
自宅手作りウッドデッキ製作 その3
>自宅手作りウッドデッキ製作 その4

バーベキューテーブルを2×4材でDIY
春のウッドデッキバーベキュー

初めての手作りウッドデッキ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村
AD

コメント(9)