ようやく、我が家のウッドデッキにパーゴラDIYを始めました。

 

高所作業中。

本当は、このように脚立の一番高いところに立ってはいけません。

過去のウッドデッキDIYのなかで、いちばん高いパーゴラを作ることにしたため、こんな危険行為をしてしまいました。ごめんなさい。

 

天高(梁の位置)が2800mmもあるので気持ちの良い広がり感があります。

 

今度は、隣地とのプライベートを守るようにフェンスを施します。

材料は、デッキと同じ「イタウバ」。ですが、この材はかなりのクセがあります。

歪んだ材料が多くあって矯正する手立てが必要ですが、イタウバ材は20~30年腐らないと言われるほどのとても硬い丈夫な木材です。

カンタンには曲りの修正をすることは出来ません。

 

ステンレス製の Lアングル金物を用意しました。

これで、イタウバ材の曲りを矯正します。

Lアングルにビス穴を2か所ずつ開けて、しっかりビスを打ち込みます。インパクトドライバーが軽快にタンタンタンと音を立て、ビスがイタウバ材にきしみながら打ち込まれて歪みが矯正されていきます。

インパクトドライバーがなければこの作業はできない芸当です。

 

約1200㎜間隔でLアングルを付けました。

イタウバの曲りは、かなり矯正されましたが完全に直ってはいません。

ゆがみは許容範囲にまで修正された感じです。ので、このまま取り付けることにしました。

全部で63本。長さは2400㎜です。

ほどよい感じで、隣地との境界が出来ました。

 

防犯の上では、完全には目隠しをしない方が良いです。

ようやくDIYウッドデッキ作業の山場を過ぎた感じです。

 

 

 

 

AD



わずか2畳ほどの狭い洗面・脱衣室。

洗面台と洗濯機が置かれ、足元には床下収納が配置されてこれ置き場がないなどとあきらめていませんか?



IKEA(イケア)で良いもの見つけました。


ので、この壁にキャビネットをDIYします。→

 

狭い洗面所でも、大容量の収納家具をおしゃれに安価でDIYできるのがIKEA(イケア)GODMORGON(グモロン)シリーズ。










組立説明書をしっかりと見ながら、

本体を組み立てます。

 

このハイキャビネットの重量は、約35キロ。

重たいIKEAの家具の中では、比較的軽い方かな?!


床から浮いているように、壁に取り付けます。




取り付けスペースを確保するために、照明スイッチを移動させました。(くわしい方法はこちら





タオルがたっぷりと収納できるようになりました。

足元の床下収納もしっかりと使えます。

照明スイッチの入切は、以前よりも使いやすくなったと言います。


壁の下地(間柱)に向かって、しっかりとビス打ちをしてキャビネットを床から15センチほど浮かせて取り付ける必要があります。

最低でも4か所以上は、コーススレッドなどの長いビスで固定したいです。

AD

IKEA(イケア)のカンタン便利な棚板を、しっかりとDIYしよう!


EKBY ÖSTEN

という、899円の一番安価な棚板を購入。

それと、1個100円のブラケットを2個用意します。


大切なポイントは、ブラケットを付けるための壁内の下地を探し当てること。

これさえできれば、しっかりと丈夫な棚が完成できます。


下地とは、この場合は石膏ボード壁の内部にある間柱を指します。


探し方は2種類。

ドライバーやゲンノウなどで壁をコンコンと叩きながら音の鈍い個所を探していく方法。

下地があると思える個所を何度も叩いて音を聞いていくと、わずかな音の違いが出てきます。

間柱がないところは、空洞らしい高い音がするので、そうではない個所を探り出すのです。

不慣れな方には少々難易度が高い方法です。


もう一つは、この道具を使う方法。

「下地センサー」とか「ワンプッシュ」などと言った商品名のボード壁用下地探り器を使用します。


ホームセンターならどこでも購入することが可能。

細い針が仕込まれていて、壁にグッと押し込むとその針が石膏ボードを貫通して下地のありかを探る仕組みです。

だいたい5㎝間隔で針を刺していき、針が奥まで貫通しないところに間柱下地があります。

細い針なので刺した跡が目立ちにくいです。

これを使用すれば、下地を簡単に探ることができます。


下地を見つけたら、ブラケットを止めます。

インパクトドライバーが無くても、普通のプラスドライバーで充分取り付けられます。




今回は、W790ミリの板を600ミリに短くカットして使用しました。

DIY時間 約15分。


簡単なDIY棚ですが、意外とこういうモノがとても家族に喜ばれるアイテムなんです。

ぜひ、お試しあれ!




AD