春シーズンに向けて、玄関周りに花を植えたい。という要望から、花壇をレンガ積みでDIYすることにしました。運動不足のカラダを春に向けてストレッチするには、ちょうど良い作業です。

「レンガ積」の花壇は、質感が良く、お手入れいらずなのでDIYにはうってつけの素材だと思います。

以前、川越の家で、花壇を「枕木」で作りました。が、

数か月後にシロアリが大量繁殖して腐ってしまった経験があります。

枕木と言えども、木材を土に直接置くような施工は絶対にNGなんですね。

 

材料は、アンティークレンガ、インスタントモルタル、砕石。

事前に数量を計算しますが、予備も1~2個あると安心です。

カインズで購入。535円は安い!

手軽に半日でDIYするには、これがあると大変便利です。

 

主な道具は、

レンガコテ

水平器

スコップ

水糸(みずいと)

バケツ大(15~20リットル)と小(8リットル位)

ハケ

ハンマーとレンガタガネ

ゴムハンマー(なくてもOK)

 

 

レンガはすべて水に浸けておきます。本当は、もっと大きい樽やフネなどが良いのですが、もったいないので小まめにこれで代用します。

 

インスタントモルタルを使用します。

セメントと砂がすでに混ざっている便利モノ。

これに水を入れて練るだけで「モルタル」が出来ます。

大がかりな作業であれば、砂とセメントをそれぞれ購入して、混ぜるためのフネやクワを使用してモルタルを作るべきですが、それってかなりの重労働です。

後始末も楽なので、インスタントモルタルは大変便利です。

砕石(さいせき)を地ならし用に軽く敷き、モルタルを載せていきます。

一段目を水平器で調整しながら並べていきます。

ゴムハンマーやレンガこての柄を使って、高さを調整します。

2段目からのモルタルは、バケツのフチを利用してコテのへりで少しずつすくって行きます。

すくったモルタルを2列に並ぶように載せていきます。モルタルは、少し柔らかめの方が扱いやすいでしょう。

レンガを押し付けるように並べます。

モルタルがはみ出てくる位が良いです。

レンガは、レンガ半個ずつずらして積みます。

そのためには、

レンガを半分に割る必要があります。

ディスクグラインダーでダイヤモンドカッターを使用して切断する方法もありますが、

ホコリと手間が掛るので、タガネを使用する事にします。

 

レンガタガネを割りたいところに当てがって、ハンマーで勢い良く叩きつけて割ります。

キレイに割れる時もあれば、たまに少しナナメになってしまうことも。

ハンマーを力強く打ちこむのですから、安全には充分に配慮しましょう。

指に打ち込んでしまうと大変です。

タテ目地にもモルタルをはみ出るように詰めます。

 

最後にはみ出たモルタルを濡らしたハケで洗い落とします。

しっかりと詰まったモルタルまで洗い流さないように、何度も濡らしながらゆっくりと丁寧に余分な部分だけを拭い落とす感じで。

上から順に洗い落して行きます。

完成!。 花を植えるのが楽しみだと、家内が言います。

作業時間 約4時間。

歓びは、作った人にしか判りません。

 

後日、鶴ヶ島カインズへ行って花を購入。楽しく植えました。

 

 

アメクリップからの記事ご紹介

 気を出せる人と、出せない人の違いは?


アメクリップ 書き方が変わっただけで・・・

神戸北野で昼から交流会

アメブロ以外からも、あなたのブログに読者さんを引き寄せる方法


●アメクリップであなたのブログを紹介しませんか?

 

AD




世界一の家具メーカー、IKEA(イケア)。


洋服収納のワードローブだけでも367種類の組み合わせセットが用意されており、好みのスタイルや設置スペース、収納アイテムにぴったりのワードローブがきっと見つかると言います。


わが家でも、


組み合わせが自由にできるPAXワードローブを愛用、使い勝手にとても満足していますなので今度は、和室用にワードローブを購入しました。



ワードローブ 扉3枚付, ブラウン

¥ 27,990(税込)

ミラー扉付き。壁や床に別にミラーを設置する必要がなく、スペースを有効に活用できます 可動棚付き。収納するものに合わせて棚の位置を調節できます。

サイズ 131×190 cm

とても大きな家具です。パイプハンガーに多くのハンガーを掛けることが出来て、3万円以下で購入できるコスパの高いワードローブです。




扉にミラーが付いているので、狭いところでも扉の向きを調整すれば、ミラーを問題なく使用する事が出来るので大変に便利でした。

奥行きも60センチ近くあり、収納力があります。




ところが、



半年ほど経って、おかしなことになってきました。

扉の建付けが、極端に狂っているんです。3-brusali-IKEA ワードローブ

スライド丁番と呼ぶこの家具の扉に使用されている丁番によって、扉の吊り込み調整は可能ではありますが、今回の症状はそれでは直しけれないほど酷い狂いでした。

周辺を良く見てみると、




家具の天板が微妙に反っているではありませんか!?

扉を外して、洋服も取り出してみました。




なんと、家具の真ん中が反り下がっているんです。


原因不明。

洋服もそれほど大量に掛けていたわけではありません。

バックの背板もよじれています。




かなりひどいヨジレです。手で押し込んでも元には戻らず、クセが付いてしまっています。元の状態に直すことは出来ません






















改めてこのワードローブの詳細資料を見ると、





この本体の重量は90キロを超えていて、想像以上に重たい。
たしかに組み立てるときにあまりの重さに驚きました。一人で組み立てたのですが、やっとの思いで出来ました。
一人の組み立て作業は危険ですのでオススメしません。

これほどの自重に対して、使われている材料は強度に少々不安を感じるような構造材を用いていると思います。

例えば、強度を取るためであれば構造材としては木の無垢や集成が望ましいのですが、そこにはパーチクル・MDFなどの粉々にした木材を接着剤など配合して固めた成型材が使用されています。
水分に弱く、一度曲がったら元に戻らない材料であり、更にとても重たいです。



今回、設置した場所は洗面所などの湿気が強い場所ではありません。
しかし、半年ほどでこのように曲がってしまったのです。


海が見下ろせる立地にあるこのマンションの17階。
まさか、暖かい海風のわずかな湿気が原因なのでしょうか?!
安価であることだけを優先して、重量などに気付かなかった自分の判断ミス。
分解して廃棄処分することにしました。
無念・・・。

IKEAのBRUSALIシリーズは、充分の注意が必要です。

オススメ記事のご紹介

くまはちのfacebook活用術さん
アメブロカスタマイズしてるってお気づきですか?



パパ掃除(家事)・子育て(育児)をマイホームで楽しみ中in沖縄@ゆいちゃんの父
水回りのゴミはどのように処分していますか?


●アメクリップであなたのブログを紹介しませんか?


AD

去年の11月に受験した試験の合否が2/5にアップされた。

けっこう、ドキドキしながら番号をさがして、思わず「あっ!」と声を出してしまった。


二級建築施工管理技士の検定試験、無事に合格。いやーひと安心、面目躍如です。
合格率は32%という、例年並み。53歳のおじさんには集中力が散漫なのでちょっとしんどかったな-。
調子に乗って、次回は一級に挑戦しちゃおうかな~(^_^)/~

AD