殺人罪などで起訴された男性被告に対する裁判員裁判の判決で、水戸地裁(根本渉裁判長)は28日、殺人罪の成立を認めず、傷害致死罪を適用し、被告に懲役8年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 最高検のまとめでは、裁判員裁判で起訴罪名より軽い罪が適用されたケースは過去3件あるが、殺人罪の成立が認められなかったのは初とみられる。 

社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官(時事通信)
山田宏杉並区長辞任へ 参院選出馬の見通し(産経新聞)
メンバー・日程、非公表 朝鮮学校無償化検討会議、異例の対応に(産経新聞)
劇場効果もそろそろ限界? 来場者も低調に 事業仕分け第2弾(産経新聞)
AD