群馬、福島、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園が21日、山開きした。3カ所の登山道に通じる群馬県片品村戸倉の広場では、尾瀬山小屋組合(組合員数17人)主催のセレモニーが開かれ、シーズン中の安全を祈願した。

【シリーズ 尾瀬の現状】 雪減りシカ急増、食害すすむ尾瀬

 尾瀬はこの日、好天に恵まれ、山開きを待ちわびていたハイカーが続々と入山した。白石光孝組合長(67)によると、今年は4月に降雪があった影響で、雪解けが例年より約1週間遅く、木道(もくどう)にはまだ雪が残っている場所があるという。ミズバショウは残雪の合間から顔をのぞかせており、見ごろは6月中旬の見込み。【喜屋武真之介】

【関連ニュース】
【尾瀬のミズバショウの写真も】毎日植物園・春
【秋の尾瀬も風情がある】毎日植物園・秋
【写真特集】日本の美しい風土を空から 空撮100景
尾瀬国立公園ニホンジカ問題:ワナ17基を設置--大江、浅湖両湿原

<CoCo壱番屋>シカ肉カレーを2店舗で提供 滋賀県内で駆除、地産地消(毎日新聞)
「生産者の無念、尋常でない」口蹄疫で東国原知事(読売新聞)
ブラジルに「平和資料館」…長崎の被爆者ら(読売新聞)
<B肝学生訴訟>弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援(毎日新聞)
移植法改正の認知3割止まり=関心は6割、周知に課題―プロジェクト委調査(時事通信)
AD