社民党は16日の幹部会で、民主党が5月中の成立を目指している政治主導確立法案や国会改革関連法案について「内閣支持率が下落するなか、強行採決はすべきでない」として、慎重な審議を求めていくことを申し合わせた。同党の重野安正幹事長は同日、国会内で記者団に対し「国会は言論の府だから徹底的に審議を尽くすというのが基本だ。(強行採決は)いかがなものか」と指摘した。

【関連ニュース】
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
普天間移設:連立内から「5月末は無理」
民主党:参院選「与党過半数割れ」危機感
ネット選挙:参院選から解禁検討 民主が改正案提出へ
鳩山首相:秘書官が米副長官と会談 普天間は話題にならず

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」-米貨物機炎上・安全委(時事通信)
今度は『コリラックマ』のノートパソコン! ビックカメラとソフマップ店頭で販売
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転-厚労省独自仕分け(時事通信)
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
医療分野の素案明らかに-民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)
AD