徳島空港(徳島県松茂町)の新ターミナルビルと、従来の2000メートルから2500メートルに延伸された新滑走路が8日、供用開始された。空港の名称も「徳島阿波おどり空港」に改められた。
 同空港では今後、従来の東京、名古屋、福岡各線の定期便などのほか、今月17日には沖縄へ、5月には上海万博の開幕に合わせた上海へ、それぞれチャーター便の就航も予定されている。 

【関連ニュース】
【Off Time】上海・杭州の旅
「日本狙った犯行」否定=上海万博前に懸案解決
夢の「六つ星」料亭アピール=万博限定、京都の料理長集結
「世界一のトイレ」=高級料亭も
中国現地法人が上海に初の支社=阪急交通社

<海中転落>八丈島行きフェリーから男性が行方不明(毎日新聞)
囲碁 アジア大会へプロ棋士派遣(毎日新聞)
<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)
小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
AD