日本と世界の情報ブログ

誕生日占いと
姓名分析の事例研究を中心に
最新の世の中の情報を提供します。

NEW !
テーマ:

(8)カジノ王トランプの栄光と転落

 1982年に、トランプはアトランティックシティに巨大ホテルと併設するカジノビルを持つ「トランプ・プラザ」を造った。これを成功させて、カジノ王とも呼ばれた。この後「トランプ・キャッスル」を建て、さらに「タージ・マハール」を建てた。トランプがカジノ経営に乗り出したきっかけは1975年である。この年、カジノの都ラスベガスの2つのヒルトンホテルで従業員のストライキが起きた。それでヒルトンの株価が大きく下がった。トランプは、ヒルトンが2つのホテルのストライキで、株価に大きな影響したことを不思議に思った。調べてみると、ラスベガスの2つのカジノ付きのホテルだけで、ヒルトングループ全体の純益の40%近く上げていることが分かった。この収益性の高さに目を付けたトランプはカジノへの進出を決意した。この翌年1976年からアトランティックシティでカジノが合法化された。カジノができる前のアトランティックシティは、江の島や浜名湖の競艇や浜松オートのあるような町だった。

 カジノ経営のノウハウの無いトランプは、ステイーブ・ウィンのラスベガスのカジノ「ゴールデンナゲット」から幹部社員たちを引き抜いた。それでウィンの怒りを買った。ウィンは、ミスター・ラスベガスとまで言われる有能な賭博場経営者である。ウィンは大富豪ハワード・ヒューズのラスベガス買収計画に乗って大きな利益を上げて、のし上がった男である。ヒューズは1966年に所有する航空会社TWAを売却して作った当時の500億ドル(今の60兆円)で、ラスベガスのホテルとカジノを次々と買収した。このヒューズの買収によって、ウィンが持っていたホテルの株が4か月で10倍になった。ウィンはヒューズの事業を先読みしてビジネスを拡大した。この手腕を見込まれて「ゴールデンナゲット」の社長に就任する。経営不振に陥っていたカジノを再建し、名実ともにカジノ王になった。

 アメリカのカジノホテルの歴史は1931年に遡る。この年に大恐慌で失業者対策で「フーバーダム」の建設が始まった。砂漠の街ラスベガスに多くの労働者が集まり、同時に飲酒、ギャンブル、売春が解禁となった。

 1944年に、イタリア系マフィアの大親分のラッキー・ルチアーノの子分で、ユダヤ系のベンジャミン・シーゲルと言う男が、ラスベガスに一大歓楽街を作ろうと計画した。バグジー(虫けら)と言うあだ名で呼ばれていたシーゲルは、ハリウッド芸能人たちと派手な交際を持ち、ラスベガスをハリウッドのような街にしようと考えた。彼は、マイヤー・ランスキーやラッキー・ルチアーノなどの大物マフィアたちから資金を集め、「フラミンゴ・ホテル」を完成させた。(1946年) ユダヤ系マフィアの創始者であるマイヤー・ランスキーの跡継ぎが、今のマイケル・ブルームバーグである。ニューヨーク市長のジュリアーニはラッキー・ルチアーノの後継者であり、今も副大統領候補に名前があがる。

 バグジーのフラミンゴ・ホテルはカジノ以外の複合娯楽施設の先駆けである。その後のカジノホテルの原型になった。バグジーはホテル建設資金の流用をニューヨークのボスに疑われて殺されてしまう。このバグジーを主題にした映画が「バグジー」である。

 マフィアがその後もラスベガスを支配したが、1966年にハワード・ヒューズが乗り込んできた。ヒューズは自分の政治力でカジノ・ライセンス法を改正させ、表向きはカジノからマフィアが消え、バロン・ヒルトンの大手ホテルも参入し、ラスベガスは一大歓楽街となった。しかし、1990年代にトランプはカジノから足を洗うのである。儲からなくなったからである。

 カジノの世界を描いた映画が「カジノ」である。この中にトランプらしき人物も描かれている。この映画にはイチカワとい日本人が出てくる。イチカワはカジノで大金を賭けて、全てを巻き上げられた。このイチカワも実在した人物である。柏木昭男と言う不動産屋である。1992年に自宅でプロの殺し屋に日本刀で惨殺された。

 1990年に、この柏木昭男をトランプがアトランティックシティに招き寄せてトランプ・プラザでバカラ賭博の大勝負をさせた。ギャンブラー対カジノホテルの真剣勝負である。柏木はバカラで1回に20万ドルと言う高額の掛け金を張り続けて最終的に 柏木が勝った。トランプ・プラザ側は、柏木に600万ドルの負けを喫した。この3か月後に、再び柏木がトランプ・プラザに来て2回目の勝負が行われた。この時は柏木は1000万ドル負けた。その2年後に柏木は、河口湖の自宅で殺し屋に20か所以上を刃物で切られた死体で発見された。(1992年1月3日) 犯人は捕まらず2007年1月に時効が成立した。柏木昭男は総額900万ドルの未払いの負け金がアトランティックシティやラスベガスのカジノにあった。そのうちの約400万ドルがトランプ・プラザに対するものである。だから、トランプが殺させたのではないかと今でも噂されている。

 トランプは1994年に、横井英樹を騙して4000万ドルでエンパイア・ステイトビルの権利を共同購入して、自分だけ投げ売りして大儲けしている。横井英樹は1円も取り戻せなかった。1990年にロックフェラー財団が苦境に立って、ロックフェラー・センターを三菱地所に20億ドルで株式を買い支えさせた。その後破綻した。デビッド・ロックフェラーはそれを10分の一の値段で買い戻した。三菱地所はすべての権利を失って撤退した。この後ロックフェラー・センターとトランプ・プラザもなぜか経営が回復した。不動産業は博打の世界である。カタギの人間が近寄れる世界ではない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(7)不動産王トランプの誕生

 トランプの父親の不動産会社に25歳で入社した。この後自分だけでマンハッタンに移り住み、ニューヨークの都市再開発事業に食い込んだ。自力でホテルの再建築をやり、ホテル業を中心に幅広くサービス産業、流通業を営んだ。そして38歳でニューヨークの不動産王になった。5番街にトランプタワーを完成させたからである。この後、トランプは経営者として成功と失敗を繰り返してきた。

 トランプの年収は副島氏の評価で7億ドル(800億円)ある。個人資産は、100億ドル(1兆円)ある。法人を含めた資産は540億ドル(6兆円)ぐらいだという。富豪達の資産、資金量の評価は難しくて誰にもわからないという。なぜなら、持ち株が半値になることがあるからである。副島氏は世界中の大企業や大富豪の総資産や資金量を、自分の評価能力で冷静に測定してきたという。本当のお金の計算が出来なければ、世の中の大きな真実を測定し、理解することはできない。本物の知識人であるか否かは、この評価能力にかかっていると言う。

 次のアメリカ大統領になるトランプと言う男が自力で這い上がって、いったいどのくらいの資金を持っているのか、評価・測定しておくことは大事なことである。トランプが支配している企業群の保有する不動産全体を合わせると、540億ドル(6兆円)である。これは副島氏が決めつけた金額である。

 トランプはドイツからの移民の3代目である。本当は、東欧系の下層白人の移民の子供なのである。彼は中学時代不良だった。それでミニタリー・スクールに転向している。この後フォーダム大学と言う短大を卒業し、ペンシルベニア大学ビジネススクールに入った。ここでトランプは、ドクター中松の授業を受けている。ドクター中松義郎は発明家で偉い技術者であるが、日本国内では奇人変人扱いである。

 トランプは大学院を卒業して、25歳で父親の仕事を手伝い始めた。父親の会社で鍛えられたトランプは、数年後にはマンハッタンの不動産開発をやりたいという野心を持ち始めた。そこでマンハッタンのアッパーイーストサイドで一番安いアパートに住んだ。トランプは持ち前の強引さでこの地域の社交クラブに潜り込んだ。そして富裕層との人脈を築いていった。

 1976年にグランド・ハイアット・ホテルを開業した。これがトランプの人生最初の大きな成功だった。(30歳) 1983年には5番街(フィフス・アベニュー)の56丁目と57丁目の間にキンキラキンの超高層ビル「トランプタワー」を完成させた。トランプタワーは今もマンハッタンでは値段が最も高いアパートである。トランプ自身もここの最上階に住み、事務所もここだった。ビル・ゲイツもこのビルに住んでいる。

 トランプは不動産事業や、カジノの経営、外食産業、アパレル業、航空業、海運旅行業、さらにはインチキ大学経営まで手を広げた。そしてそれらの事業にすべて「トランプ」の名を冠してブランド化していった。ブランド戦略こそは、現在の重要な世界戦略である。

 2008年にニューヨークとフロリダで「バーナード・マドフ事件」が発覚した。これはユダヤ人が引き起こした巨額投資詐欺事件である。マドフの手法は、無限に資金の提供者が増え続けることを前提に出資者を募る。つまり、増え続ける新たな出資者からの資金を配当の原資に回す典型的な「ねずみ講」である。マドフのねずみ講は20年以上も発覚しなかった。ところがリーマン・ブラザーズの破綻の直後、投資家たちが一斉に資金を引き揚げた。マドフは返却に応じる資金がショートし、ついに事件が発覚した。マドフは逮捕されて、刑事裁判にかけられ、懲役150年の有罪判決を受けて今も服役中である。

 本当は金融監督庁であるSEC(米証券取引委員会)が一番汚れた役所である。SECの金融監督官たちが共犯者だったのである。SECそのものが腐敗していることをアメリカ金融業界の人々はみな知っている。なぜなら、SECの職員からゴールドマン・サックスに転職する者がたくさんいるからである。危険を覚悟で大金を稼ぐならどんなことでもするというのが、アメリカ資本主義の行き着いたところである。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(6)ヒラリーはロックフェラー家の嫁である!

 メラニー・ヴァヴィーアと言う恐ろしい女がいる。彼女はビル・クリントン政権で大統領補佐官をやり、ヒラリー大統領夫人の首席補佐官でもあった。この女が「女性の力を成長の源泉に」と言い出して、「女性学」と言うキャンペーンまでやっている。つまり、女と言うのは、黒人や有色人種と同じく差別民の一種だと考えるのである。だから、被差別民である黒人の次は、同じく差別民の女が大統領になるのだと考えるのである。

 メラニー・ヴァヴィーアは首都ワシントンDCのジョージタウン大学の「女性・平和・安全保障研究所」の所長であり、ネオコン派の牙城である。彼女の忠実な教え子にキャシー・マツイと言う女性がいる。ゴールドマン・サックスに長年勤めていたキャリア・ウーマンである。このメラニーとキャシーの助言に従って、安倍内閣は、5人の女性閣僚の登用をやった。安倍内閣は、このネオコン派の女の首領たちの意思で動かされている。

 ヒラリーの選対副部長が、フーマ・アベディンと言う女性である。選対本部長はクリントン政権で首席補佐官を務めたジョン・ポデスタである。このアベディンはヒラリーがファーストレディであった時から補佐官を務めていた。アベディンは「女の時代」を演出している。それで夫のビル・クリントンは出て来なくなった。2人はもともと仮面夫婦であり、ヒラリーは演説が下手だが、ビルは演説の名手であるから今でも人気がある。ところがビルが意識的に奇妙な発言をするものだから、ヒラリーが「もう出てこないで」と言い渡したようである。

 ビル・クリントンはウィンスロップ・ロックフェラーの隠し子である。ウインスロップ・ロックフェラーはジョン・D・ロックフェラー1世の孫であり、ロックフェラー2世の4男坊である。(1973年死亡)アーカンソー州の知事をしていた。だから隠し子のビル・クリントンがアーカンソー州知事になったのである。ヒラリーはその奥様であるので、ロックフェラー家の嫁なのである。

 このウインスロップの弟で5男坊のデビッド・ロックフェラーが50年間の実質的世界皇帝である。ロックフェラー家の直系で嫡男のジョン・D ・ロックフェラー4世(ジェイ・ロックフェラー)はウエストバージニア州の上院議員を引退した。(2015年) 次の世界皇帝をやる気がない。デビッド・ロックフェラーの息子は何の力も無い。そうなると、ロックフェラー家に後継ぎがいない。だから、後継ぎにビル・クリントンがなるという説がある。しかしクリントン夫婦は「クリントン財団」を作って金集めに夢中である。慈善団体を装うCGIは100億ドルぐらい集めたようである。このことがデビッド・ロックフェラーは気に入らないようである。だから、「もうヒラリーは要らない」となったのである。

*クリントン財団→外国人からの選挙資金の提供は米国の法律に違反している。中国人実業家が200万ドルも寄付していたことも判明している。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(5)なぜ、サンダース現象が起きたのか?

 民主党でヒラリーとしぶとく競争していたバーニー・サンダースはバーモント州上院議員で社会主義者とまで名乗っている男である。サンダースには若者達(民主党のリベラル派の学生)を中心にした強固な支持が集まっている。ヒラリーが嫌いな人たちが、サンダースを大いに盛り上げてきた。サンダースは10数州で勝っている。何故、サンダースがこんなに強いのか?

 それは、どうしてもヒラリーには勝たせたくないという動きがあるからである。本当のことを言うと、アメリカの下層中流は白人の女たちに、「自分の子供が戦争に徴兵されていくのが嫌だ」と言う戦争反対の切実な心理が強くあるからである。「ヒラリーが大統領になったら、アメリカは戦争をする」と母親たちは強く予感している。この気持が子供たちに伝わって、それがヒラリーを忌避してサンダースに強い支持が表れている。

 ヒラリーは「軸足をアジアに移す」と言う論文を外交専門誌(フォーリン・アフェアーズ)に発表した。これは「日本や韓国や台湾、フィリピン、ベトナムを嗾けて、その後ろからアメリカが指揮して物質の補給をやるから、お前たちが中国と戦え」と言うことである。

 それでも民主党はヒラリーが勝つ。なぜなら、民主党には一般代議員のほかに特別代議員と言う制度になっていて、これが712人もいる。彼らは投票で選ばれない。初めから決まっている特権的な人々である。このうち469人がヒラリー支持を明らかにしている。特別代議員は、自分の好きな候補に投票できる。だから、ヒラリーには最初から469人分の票が上積みされていた。サンダースを支持表明しているのは29人だった。だから、サンダースは初めからヒラリーには勝てない。6月になって、サンダースが急にトランプ陣営と話し合う動きが出ている。トランプは「不動産屋の中小企業の親父」である。だから「私は借金王だから金利は低い方がいい。大銀行のやっている巨額の金融バクチ(クレディット・デリバテイブ)は、アメリカ国民のためにならない」とはっきり言った。この点で今後のニューヨークの大銀行の動きを抑える法律を作るとサンダースと合意したのである。

 2015年10月22日に「ベンガジ事件」を究明する特別調査委員会が開かれた。この召喚、喚問をヒラリーは押し切った。「ベンガジ事件」とは、リビアの第2都市ベンガジで、クリス・スティーブンス米リビア大使が殺害された事件である。(2011年10月20日) このクリス・スティーブンス大使は国防長官だったヒラリーの直属の外交官であり、CIAの人殺し部隊と言う特殊部隊の責任者でもあった。スティーブンス大使はその前年に、自分が直接指揮してカダフィ大佐を惨殺した。リビアの独裁者カダフィ大佐殺しの最高責任者はヒラリーである。この暗殺部隊はリビア人ではなく、アフガニスタン人である。彼らは自国の首都カブールに英雄として凱旋しようとしたが、カブール空港に着陸しようとして「タリバーンの攻撃があって」輸送機ごと爆殺された。つまり、口封じで殺されたのである。ヒラリーはこのような恐ろしいことをやってきた女なのである。このクリス・スティーブンス大使に、今のISと同様な人間たちが襲いかかった。実態はISである。狂気の集団がスティーブンスを火事の炎で窒息させた後、路上で死体を引きずり回した。その映像がネットに流れて、それを自宅で見たヒラリーがゲロを吐いて倒れた。そして3か月後の2012年末には、国務長官を辞めた。年末には軽い脳出血を起こしてワシントンで病院に入院した。

 あの時、何が起こっていたのか? アメリカ政府は、カダフィ政権を崩壊させた後、奪い取ったリビア軍の大量の兵器をイスラム勢力(ただしアメリカの言うことを聞く武装勢力)に引き渡す秘密協定を結んだ。この軍事密約の武器取引を、殺害されたスティーブンス大使が国務長官のヒラリーに逐一判断を仰ぎながら実行していたのである。この時の2人の通信内容が「ヒラリー・メール」なのである。スティーブンスは自分を殺しに来た者達を、自分が十分に手名付けていたと勘違いしたのである。飼い犬に手をかまれたのである。

 スティーブンスとヒラリーとの交信記録の流出が今騒がれている「ヒラリーの公文書メール問題」である。この謀略政治の実行の証拠が公然と表に出たら、ヒラリーにとって命とりである。国家行為として相当の犯罪行為の証拠が流出したのである。カダフィを惨殺して(2011年10月20日)リビアの国家資金をすべて、アメリカの特殊部隊が奪い取った。この資金は200億ドルぐらいであるが、今のISの凶暴な7万人の傭兵部隊の軍事資金になったのである。同時期にエドワード・スノーデン事件が起きている。(2013年5月20日) CIA職員だったスノーデンがNSA(国家安全保障局)の国家秘密情報を何十万件もダウンロードして香港に逃げた。この中にヒラリー・メールも含まれていた。このヒラリーの通信文書の中に「カダフィを殺してしまいなさい」とか「集めた金の処理をしなさい」と言う恐ろしい文書が沢山あった。これらが世界中の大手新聞社に送られて大騒ぎになった。FBI長官も「ヒラリー公文書メール」の事で犯罪捜査として追及している。しかし、下院のベンガジ委員会はヒラリーを呼びつけたが、この時に隠されたクーデターが米政界で実行されたようである。(政治学用語で宮廷革命と言う) 国民には知らせないで夜の軍隊が動く。政府が乗っ取られる。ヒラリーを喚問、召喚していたトレイ・ガウディ委員長が突然、発言停止状態になったのである。「それ以上、政治の裏側の真実を暴いたら、議員たちと言えども許さない」と言う恐ろしい力が、アメリカ政治に襲いかかった。それでヒラリーは逃げ延びたのである。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(4)トランプ氏の移民差別発言は、なぜ支持されたのか?

 トランプ氏の支持層は高卒で白人、それに差別に不満を抱いている人々たちである。「トランぺッター」と呼ばれるトランプ氏の支持者たちは、主流の保守派への迎合を拒否し、反トランプ派を困惑させている。最大の支持層を形成しているのは高卒者である。とはいえ、大卒者がトランプ氏に背を向けているわけではない。大卒者の中でも支持率トップであることが多い。トランプ氏支持には、可動式のトレーラーハウスで暮らす人が多い。農業や建設業、貿易業、製造業などの古い産業の雇用が多い地域ほどトランプ氏の支持率が高い。全米選挙調査が1月に行った試験調査では、白人が差別されていると信じていたりする人ほど、トランプ氏に投票する確率が高かった。

 このようにトランプ氏はアメリカの下層白人から大変な人気がある。定職がない貧乏白人もトランプ氏を支持している。この貧乏白人層がメキシコから潜り込んでくる違法移民(イリーガル・アライブ)に仕事を奪われていると怒っている。そこでトランプが「国境線にウオール(高い壁)を造れ、その費用はメキシコ政府に出させる」と言った。これは明らかに人種差別主義である。でもトランプはアメリカ国民の本音を言ったのである。

 アメリカの白人比率が下がっている。1980年代には80%が白人だった。2016年には68%まで下がっている。白人比率は2020年以降には60%を切るとしている。アメリカの人口3億人のうち、2億人は白人である。黒人が4000万人(13%)でもう増えない。ヒスパニックが4500万人いる。さらにイリーガル・アライブ(違法移民)が3500万人ぐらいいる。そのまま違法就労している。彼らの多くは南米系である。アジア系は1000万人(4%)で、この数はもう増えない。

 2014年にオバマ大統領が、ヒスパニックの移民受け入れを断行した。違法滞在者(イリーガル・アライブ)や、ビザ延長しないでそのまま居座って労働している人(オーヴァーステイヤー)に滞在を認めたのである。とりあえず3段階に分けて永住権、市民権も与えた。このオバマ移民緩和政策で500万人ぐらいが恩恵を受けた。しかし、違法入国移民の子供たちに対して、これらの市民権付与が行われたのであって、違法入国した親たちに対してはこれまでどおりである。本当は裏があって、南米系のイリーガル・アライブたちを市民権と引き換えに傭兵にする計画があるようである。もうアメリカの正規軍は外国の戦場にはいきたがらないからである。

 ヒスパニックとは中南米人全部を表す。これにはカリブ海諸国の人間も含む。メキシコ経由で南米諸国の貧しい人々が出稼ぎのつもりでアメリカに流れ込んでくる。プロリダの海の方からも船で流れ込んでくる。だが、こちらはアメリカのコースト・ガード(沿岸警備隊)がほとんど捕まえてしまうから厳しい。だから、メキシコ国境から来るのである。国境地帯に長い10キロメートルぐらいの洞穴、地下トンネルが沢山あって、そこを通ってくる人たちが今もいる。だから、「国境線に本格的な高い壁を造れ」という話なのである。

 これまでに流入してきたヒスパニックまではアメリカ国民とする。しかし、もうこれ以上は受け入れられないと言うのがアメリカ国民の意見である。それをトランプ発言が体現しているのである。

 「アメリカは白人の国なんだ。これ以上は入ってくるのはやめてくれ」と言うのは白人たちの本音である。ヒスパニック系にも「先に来た私たちまではいい。だがもう新しく入って来ないでくれ」と言う人たちが沢山いる。

 マルコ・ルビオと言うヒスパニック系の政治家がいる。共和党内で大事にされて大統領候補を目指した。だが、ルビオは、ワシントンのネオコン派が初めから育てた南米ネオコンと呼ぶべき操られた人間だった。ルビオは共和党候補者の中では最もタカ派である。ルビオはブッシュ=チェイニー路線の継承者として期待されていた。ところが各州の予備選で全くダメだった。

 3月にルビオが撤退して、共和党内の争いは、トランプ、クルーズ、ケーシックに絞られた。トランプとクルーズの激しい舌戦になった。4月5日のウィスコンシン州ではクルーズが勝ったが、4月19日のニューヨーク州でトランプが60%の票を取って圧勝した。4月26日の東部5州でも全て6割前後の得票率で大勝した。そして5月3日のインディアナ州予備選挙でも勝利した。この日クルーズは撤退を表明した。クルーズ撤退の翌日、ケーシックも撤退してトランプの指名獲得が確定した。しかし、共和党全国委員会(RNC)のプリーバス委員長は「まだトランプ氏は暫定的な党候補者だ」と言う態度だった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。