日本と世界の情報ブログ

誕生日占いと
姓名分析の事例研究を中心に
最新の世の中の情報を提供します。

NEW !
テーマ:

(21)「石油王」は怪物「医療王」に変身!

 ベンジャミン・フルフォード氏は「人殺し医療」で国際医療マフィアの陰謀も暴露している。

1910年、アメリカである医学リポートが発表された。タイトルは、「アメリカとカナダの医学教育」(著者はA・フレクスナー)である。一見普通の医学論文に見えるが、この論文こそ、現代まで続く医療を蝕む癌を発症させることになる。その内容を、フルフォード氏は、「コールタール医療の提唱」と断罪する。

 なぜなら、このリポートをフレクスナーに依頼したのがジョン・D・ロックフェラーだからである。石油産業の独占で巨万の富を築いた初代ロックフェラーは、その持てる財力と、政治力を使って医療分野への進出を図り、20世紀を迎えた1901年「ロックフェラー医学研究所」を設立する。ロックフェラーは、石油と医療をどう結び付ければいいのか? どうすれば医療を独占支配できるのか? その調査をフレクスナーに命じた。それが、このリポートの目的であった。今日、コールタールは発癌性があることが知られている。発癌物質で医療をしようと言うのだから、医療システムそのものが癌になるのは当然である。(フルフォード氏)

 コールタールは石油の一種である。その発癌性を、世界で最初に発見したのは日本の医学者・山極勝三郎である。兎の耳に長期間にわたってコールタールを塗り続けると、確実に癌を発症することを立証した。それは「コールタール医療」を提唱したフレクスナー報告から、遅れること5年の1915年の事である。これは、石油を医薬にして莫大な富を得ようと企んでいたロックフェラーにとって、実に目障りな発見であった。

 この山極の研究所は、ロックフェラーの政治力で徹底的に握りつぶされることになる。実際、癌発生のメカニズムでノーベル賞を取るのは、「寄生虫説」を唱えたヨハネス・フィビゲルである。(1929年受賞) 誰でも再現できた山極のコールタール人口癌研究は、完全に黙殺され、現在まで「医学界最大の汚点」と言われている。(フルフォード氏)

 ちなみに、ロックフェラー医学研究所からは、数多くの研究者がノーベル賞生理・医学賞を受賞している。これも、ノーベル賞財団の正体が、ロックフェラー賞であることを示す。ロックフェラーはノーベル賞財団に大量の寄付をすることで背後から完全に支配しているのである。この事実からも、ノーベル賞の本来の役割は人類の洗脳装置なのである。

 面白いことに、当時、ロックフェラーが医学界のスーパースターとして発掘し、ロックフェラー研究所の看板学者となった日本人がいる。それが野口英世である。日本の偉人伝に登場する彼の偉業も、国際医療マフィアが捏造したものだった。

「アフリカのガーナで客死するまで、医学界のスタートしてロックフェラー財団の地位向上、ロックフェラー一派の医療支配に貢献することになる。現在、野口英世の功績の大半は、捏造だったと分かっている。野口を批判しているのではなく、ロックフェラーが医学界で実権を握るために、徹底的に野口を利用したのである。(フルフォード氏)

 フルフォード氏は、ロックフェラーに支配された現代医療をナチス医療と呼ぶ。真の目的は、大衆への詐欺と殺戮だからである。

 欧米でも20世紀初頭まではホメオパシーが盛んだった。ナチス医療マフィアと結びついた西洋医学がそうした別の医療体系までも敵と決め付け、排除してしまった。西洋医学は、医療ギルドと言う軍隊組織がもとになっている。他の組織への攻撃力も高い、その性質をナチスに悪用されてきたのである。今の医療体制は、軍事独裁体制となんら変わらない。戦争中のナチス・ドイツの状況と全く同じということを理解する必要がある。(フルフォード氏)

 このようにして石油王が怪物の医療王に変身した。しかし、本人たちは怪物とは自覚していない。ジョン・D・ロックフェラーは自伝でこう述べている。

「私たちは大いに恵まれた一族なのだから社会の報いる義務がある」「私たちは、資金を気前よく提供し、地域共同体や国の問題に積極的に関わることを求められる。これこそ、父自身が若い時分に身に着け、私たちに、事細かく教え込んだ受託責任の教義だ」

 こうしてD・ロックフェラーは慈善事業に積極的に取り組んでいく。それはシカゴ大学、ロックフェラー医学研究所、近代美術館、外交問題評議会(CFR)、カーネギー国際平和基金などである。

 D・ロックフェラーは「中央集権化を強め、協力関係を育む」と述べている。つまりは、莫大な資金提供をしてきたロックフェラー一族への忠誠を求めているのである。ロックフェラー研究所の目的は、あからさまに現代医学の支配確立だった。はやくいえば、全世界の医学支配のための牙城であった。1965年、名称をロックフェラー大学の改名し、第2のスタートを切った。D・ロックフェラーは1975年まで同大学理事長として絶対権力を掌握し続けたのである。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(20)海外で急速に加速する代替医療への波 

 海外では、急速に現代医療離れが進んでいる。そして、代替医療への関心が急速に高まっている。医療費は爆発的に伸びているのに、病人が減らない。それどころか、病人も爆発的に増えている。これは、医療が間違っているからである。

 ようやく、世界の人々は長い洗脳から解け始めている。大きく遅れているのが日本である。医者の言うこと、薬屋の言うこと、マスコミ、CM、何でも信じて、疑うことを知らないのが日本である。その先に待つのは検査漬け、薬漬け、医原病、医療過誤による無残な死である。日本人も目覚める時である。

(フランス)

 薬局では、医師の処方箋なしでは風邪薬すら買えない。しかし、ホメオパシー治療薬レメディは、気楽に購入できる。そのため、家庭の応急処置用「常備薬」として、日常的に利用する家庭が多い。フランス医療全体の30%は、ホメオパシー医療だという。さらに、その他の代替医療、鍼灸、オステオパシー(整体療法)、カイロプラクティックも医師によって患者に施術されている。

(アメリカ)

 代替医療に関心が高まる。医学校125校のうち、75校(60%)が、代替医療に関する講義を設定している。

(イギリス)

 英国王室の主治医には、代々ホメオパシー医師がいる。チャールズ皇太子も国家レベルの「代替医療研究・5か年計画」を発案している。

(ドイツ)

 すでに2003年時点で、主要先進国中、最も代替医療を活用している。さらに、医学生にとって、自然療法の知識は必須とされている。

 代替医療を激しく攻撃しながら、裏ではホメオパシー医療を受けていたロックフェラー一族の厚顔無恥、二枚舌ぶりにはあきれる。また、これらの代替医療の真実を伝えない政府、マスコミも堕落している。

 ネットには市民の怒りの声が満ちている。

「最近、医療について、いろいろ調べているのですが、命を奪い、金を奪う、とんでもない業種になり下がっており衝撃を受けています」

「昔は、「医は仁術」と言われ尊敬される業種でしたが、なぜ現代医療は「算術」と呼ばれるようなことになって知ったのでしょうか?」

「これは、いつから医療が変化していたのか? 紐解いていけば見えてきます」

 いつから医療は堕落したのか?

 まさにロスチャイルド、ロックフェラー両者こそが、国際医療マフィアと言う称号にふさわしい。マフィアとは原意は「アメリカ最大の犯罪組織」の事である。それから転じて、「一定の分野・事業での利害を共にする有力者の集団・闇の意味」となった。つまり、法を犯して、多数の生命と財産を奪って巨万の富を築きながら法の裁きを受けない犯罪組織の事である。

 彼らがばら撒く特効薬と称する化学薬品も詐欺と殺人の道具に過ぎない。

「これらの化学薬品には、多くの副作用があり、肝臓や心臓、腎臓その他の臓器を痛める可能性があった」「危険な医薬品を常に製造し、販売し続けていれば宿主(人類)から降り払われることはないと彼等(寄生体)は確信している」

 彼らは既に世界の医療利権を掌握している。圧倒的な資金力、情報力、さらに軍事力によって大半の国家はその支配下にある。アメリカと言う国家ですら支配されている。アメリカの属国の日本も完璧な支配下にあるのは当然である。

 彼らは政府も、医学教育もマスメディアまでも圧倒的に制圧している。そしてテレビや大新聞を通じて巧みな情報操作で日本国民の洗脳を行っているのである。

 アメリカ最大の死因は、医者なのである。しかし、死因にカウントされない。死因1位78万人ですら、かなり甘い見積もりである。医原病の恐ろしさを説明しても、大半の人々は、真剣に聞いてくれない。そして、医療マフィアたちは、医原病の原因を隠して、棺桶の中に永遠に封印する。アメリカでは、病院で亡くなった患者の大半を「心不全」で処理してしまう。この病名が医原病隠蔽に使われている。

「心不全とは心臓が止まりましたということである。なぜ心臓が止まったのかには言及しないための魔法の言葉なのだ」(マリンズ氏)

 医原病をごまかす便利な病名は他にもある。それが「肺炎」である。厚労省発表では「肺炎」を一くくりにして死亡原因の第4位としている。これ自体が、意図的で、医原病隠しと考えてよい。つまり、超猛毒の抗癌剤などで衰弱させられた患者が亡くなるときに、肺炎で死んでいるの過ぎない。肺炎も重大医療ミスの結果なのである。

「肺炎死因に繋がっているのが、「院内肺炎」である。医療行為によって、体力が落ちているときに、何らかのウイルスや菌類に感染、肺まで炎症を起こすと、窒息で死亡する」(マリンズ氏)

 こうして肺炎も医療殺戮を隠す便利な病名として活用されている。

日本の公式統計資料に「医原病」は出てこない。死因を精査するだけで相当数の死因を医原病と認定できるケースは山ほどある。

自殺にせよ、肺炎にせよ、心不全にせよ、死因自体は結果に過ぎない。結果しか出さないのは、原因を知られたくないからである。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(19)英国王室も100年来ホメオパシー正式採用

 「イギリスでは、エリザベス女王をはじめ、英国王室の主治医が、ホメオパスであることが有名である。英国王室のホメオパシーによる健康管理は、100年以上の歴史があり、ロンドンには「王立ホメオパシー総合病院」があるほどである。貴族がホメオパシーを好む理由として、梅毒が蔓延した時代に、ホメオパシーによって治癒できたという背景があると言われている」

「ガンジーがホメオパシーを最良の医療としたこと、そして、マザーテレサも多くの国民を救う療法として支持していた」

 薬を飲まない。医者を近付けない。それはロックフェラーだけではなかった。英国王室も、現代医学を全く信用していない。だから、エリザベス女王以下、英国王室一族は、代替医療ホメオパシーの医師しか近付けない。

 英国王室は、100年前からホメオパシーを正式に採用している。言うまでもなくロックフェラーも英国王族も、国際秘密結社フリーメイソンの中核一族である。つまり、人類を支配してきた氏族にとって、危険な科学毒の薬を飲まないのは当然である。病気を治せず、患者を殺すだけの現代医学の医者たちも、近付けないのは当たり前である。支配ファミリーはロックフェラー、英国王室同様、薬を飲まず、医者は近づけず、ホメオパスのみを受け入れている。

 

「代替医療について、見えてくるのは、どうも一般大衆には、根本治療ではなく、対処療法を勧め自然薬ではなく、石油から作った薬を勧めた人たちは、自分たちだけは、自然療法をメインにしてきたようである」

「エリザベス女王をはじめ、イギリス王室では、主治医は100年来、ホメオパスであることは有名である」

「J・D・ロックフェラーも、自然食主義者で、諸悪の根源となるロックフェラー医学研究所を設立しておきながら、自分は薬を飲まないというのを誇りにしていたようである」

 つまり、一般大衆は詐欺に騙され、薬漬けで、支配層は安全な自然療法を受けている。

「ホメオパシーの有効性を示す典型的な事件は、英国で1854年にコレラが大流行した時に起った。記録によると、この大流行の期間中、ホメオパシーの病院では死亡率が16・4%だったのに対し、正統派医学の病院では50%であった。しかし、この記録はロンドン市の衛生局によって、故意に隠蔽された」(マリンズ氏)

 つまり、ホメオパシー医療は、感染症死を三分の一に激減させることが立証されたのである。そして、ホメオパシーには副作用が一切ないという長所もあった。そのため、19世紀の間に、ホメオパシー医療は欧米に急速に広がっていった。多くの開業医がハーネマン博士が著した教科書を熱心に読み、その治療法を取り入れていった。こうして、1847年、米国医師会が発足した当時、ホメオパシー医者の数は、薬物療法の医師たちの2倍以上もいたのである。

「しかし、ホメオパシーの医者たちは、各自が独立しており、実際に、開業医が多かったため、薬物療法医学からの一斉攻撃に対して十分な準備が出来なかった」

「米国医師会は、初めから薬物療法学派と言う、単なる同業者の集まった圧力団体であり、競争相手のホメオパシー派の医師たちを妨害し、廃業に追い込むという目的のため結成されたことは明らかであった」(マリンズ氏)

 そうして、彼らは患者を救うホメオパシー医療を、1900年までに叩き潰すことに成功したのである。

 現代医学を避けて、ホメオパシーを利用しているのは、富裕層やセレブ達にとって当然のことである。

(政治家)

エイブラハム・リンカーン ビル・クリントン マハトマ・ガンジー トニー・ブレア

(スポーツ)

ウサイン・ボルト デビッド・ベッカム マルチナ・ナブラチロワ ボリス・ベッカー

(ハリウッド・スター)

オーランド・ブルーム マイケル・ケイン トビー・マグワイア マイケル・ヨーク

マレーネ・デートリッヒ キャサリン・ゼタジョーンズ エリザベス・テイラー ナオミ・ワッツ

ジェニファー・アニストン パメラ・アンダーソン

(音楽)

ポール・マッカートニー ジョージ・ハリソン ヴァネッサ・ウイリアムズ ティナ・ターナー

ポール・ロジャーズ アクセル・ローズ

(番外)

ジョン・ロックフェラー カール・ラガーフェルド モネ ルノワール ヴェートーベン ショパン

ワーグナー コナン・ドイル ドストエフスキー ヨーロッパ諸国の王族

 デビッド・ベッカムもホメオパス医師にかかっていることは有名である。ウサイン・ボルトも薬は飲まない。医者にもかからない。かかるのはホメオパシーのみである。そして、ホメオパシーは薬物ではないので、ドーピングにならない。これも一流選手に好まれている理由である。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(18)これは、もはや壮大な喜劇である!

 「97歳まで生きたJ・D・ロックフェラーは、ホメオパシーを積極的で進歩的な医療手段と絶賛していた。しかし、弾圧し、アメリカの一般大衆には、一切使わせなかった」(ブログ、山崎淑子「生き抜くジャーナル」要約 2012年2月17日)

 J・D・ロックフェラーは、2017年3月20日に101歳でなくなった。しかし、驚くほど長寿だった。その源泉がホメオパシー医療なのである。

 自分たちは、ホメオパシーで健康で、長寿を謳歌しながら、一方で「ホメオパシーはインチキである」と米国医師会などを通じて徹底的に弾圧し、アメリカ大衆には、「騙されてはいけない!」とやった。まるで喜劇のコントのようである。

 具体的には、米国医師会は1860年から20世紀初めまで、その「倫理規定」にこう定めていた。

「医師会員は、ホメオパシー医療を行う医師に相談してはならない。ホメオパシーを受診している患者を治療することも許されない」

 つまり、「ホメオパスを受信する」と言うことは起訴に値する「罪」だった。1881年、ニューヨーク州医療機関が、ホメオパシーを行う医師にも医師会会員資格を認めた。これだけで、ニューヨーク州医師会は、米国医師会から追放されてしまった。復帰が認められたのは、25年も経ってからだった。

 オハイオ州立大学は1914年、ホメオパス医学を教える学部を設立した。1920年、ホメオパス医学部に資産家ケタリングは100万ドルを寄付した。すると、米国医師会が同学部閉鎖を通告した。「ホメオパス医学を教えれば医学認定剥奪もありうる」と警告した。この圧力に屈し、同大学はケタリングに寄付金を全額返却し、ホメオパシー医学部閉鎖に追い込まれた。これら弾圧を陰から差配したのがロックフェラー財閥であることは言うまでもない。

 ロックフェラーやロスチャイルドなどは、自らには健康で有効なホメオパシーを使って、一方で、集金企業であるビッグファーマ(グローバル製薬大手)や医療産業コングロマリットにマイナスになるからと、米国民がホメオパシーを利用することに対して、徹底弾圧した。

 「THRIVE」の日本語版を視聴したが徹底的に彼らの手口を暴いていた。日本でもこの映画を100万人が見れば、世の中が変わるだろう。「THRIVE」の中では、代替医療の弾圧も、ワクチンや遺伝子組み換え食品による断種、人口削減計画まで触れられていた。「THRIVE」は全世界の闇に鋭い光を投射しており、未来を拓く希望の光と言える。

 「ロックフェラーは薬を飲まない」 この衝撃事実は、マスコミには一切載らない。流れない。メディアが闇の勢力に完璧支配されているのだから当たり前である。だけど、ネットでは批判、驚きが飛び交っている。

①ロックフェラーやロスチャイルドは、医薬品を一切使わない。

②庶民だけが、薬を飲み、薬中毒になり、お金持ちに貢ぐという悲劇

③薬を作るお金持ちが、薬を避けて稼いでいる…おかしな世の中に仕組み

④目の病気も、体の病気も、治すのはあなたの免疫力!

 闇の支配者とホメオパシーの奇妙な関係に、ネットは疑問符だらけである。

 ロックフェラー父子は、現代医学の発展のために、多額の資金を提供し続ける一方で、現代医学に対して基本的な不信感を持っており、ホメオパシー医師H・F・ビガー博士を主治医とし続けた。つまり、医療マフィアがホメオパシーを医療利権にしようにも、不可能なのである。なぜなら、安い物に利益をのせるのは難しいからである。つまり、商売にならないからである。無知で愚かな大衆は、政府、教育、メディアで洗脳して、薬漬け医療に囲い込んでおけと言う作戦なのである。

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

(17)ロックフェラーは弾圧した代替医療ホメオパシーを受けていた!

 これまで、医療マフィア、ロックフェラー財閥の悪行を明らかにしてきた。しかし、そのロックフェラー一族は、薬を飲まない、医者にかからないのである。さらに菜食主義者で食べる物は無農薬野菜のみであり、水道水も飲まない。あれほど薬と医療で巨万の富を築いた当人が、薬も医者も、全く身近に寄せ付けない。あれほど農薬と遺伝子組み換えで暴利を貪った一族が、オーガニックのベジタリアンとはビックリするばかりである。

 これら事実を裏付ける証拠・証言は多い。例えば、内科医・内海医師は呆れながら告発する。

「ロックフェラー一族の暮らしぶりが明らかになっているが、彼らは医薬品を一切信用せず、薬は絶対飲まない。近代医学の医師たちも、一切近付けない」(内海医師)

「彼らの主治医は、ホメオパシーの専門医たちなのだ。人類に投与した暴利をあげた医薬品を、一切拒絶、そして医者も信用しない。そして、弾圧してきた代替医療を一族は受けている。家畜に施す治療法(薬物療法)を飼い主が受けているわけにはいかないというわけだ」(内海医師)

 ここで家畜とは、彼らが飼っている人類の事である。つまり、国際医療マフィアにとって、彼らが暴利をあげている医薬品と言う科学毒は、家畜の最後の屠殺用と言うわけである。医者も家畜の屠殺人だから、一族の身近に近付けないのも当然である。

 ホメオパシーは超微量の自然薬(レメディ)を与え、自然治癒力を高めて病気を治すのが特徴であり、副作用は一切ない。

「S・ハーネマン医師(1755年~1843年)が提唱し、病気を起こしたものと同種の毒性のない物質(レメディ)を処方することで体の免疫機能を活性化させ治療する方法である。今日でも、英国エリザベス女王をバッキンガム宮殿で治療しているのはホメオパシー医学の医師である。しかし、米国では医学団体がホメオパシー医学の信用を傷つけ、撲滅する運動を猛烈に展開し続けている」

 そのホメオパシー攻撃を指揮し、先頭に立ったのがロックフェラー財閥である。そうして、ロックフェラー一族は、裏では密かにホメオパシー医療のみを受けていたのである。つまり、彼らは「ホメオパシーは効果がない」と表では猛烈に攻撃しながら、裏では「素晴らしい効果を認めて」コッソリ受けていたのである。

 ロックフェラー父子は、現代医学の発展のため多額の資金を提供し続ける一方で、現代医学に対して、基本的に不信感を持っており、ホメオパシー医師、H・F・ビガー博士を主治医とし続けた。その言行のギャップに戸惑わされた人が少なからずいた。ロックフェラー長生きの秘訣は薬を飲まないことであった。現代医学はロックフェラーの支配下にあり、その大ボスが自分たちの売っている商品を信じていない。

 日本政府は、血税を使ってワクチン接種を無料化したり、マスコミにワクチン接種を煽らせたり、自自体にワクチン接種を推奨したりしている。そういうことに血税を使うことだけは、積極的である。つまり、ワクチン接種を推奨している政治家・官僚はみな、多国籍企業の手先と考えてよい。その無駄な金を国民に直接配ったら、どれだけ日本経済が復活することだろう。残念ながら、今の日本政府は、売国政治家・売国官僚に乗っ取られており、彼らは有色人種の人口削減を企むビルダーバーガーに命令されるまま、日本人の人口削減を忠実に実行しているのだ。このことに気付かぬ国民に明るい未来はない。

いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。