2005年02月17日(木)

激しく愛したアイツとの決別

テーマ:結婚式場探し2
 

 前回から引き続き、去年ゲストハウスで結婚式をした
 ユキ先輩との会話。
 ユキ先輩はおしゃれなヤツなんで、ドレスについても
 質問してみた。

 「素材はシルクが良かったし、シルエットも希望があって、
 青山に良いショップがあるって聞いたからそこで借りて
 持込んだよ。最近は、ドレスショップが式場への持込み料を
 負担してくれること多いよ」

  へー。持込み料ってそうなんだ?
  しかも素材やらシルエットやら言われて、今まで甘く見ていた
 ドレスについても気になってきた。
  
  衣装は絶対に持込み禁止なセントメアリー教会。
  持込み料は10万円とか、ハンパなく高いと聞いている。
 つまり結局「絶対にウチで選んでください」ってこと。
 教会の中に衣装部屋があり、そこに50点ぐらい置いてあった。

  そういえば、あの小さな空間に置かれていた
 ドレスたちはイマドキのイケてるドレスなのだろうか・・・。
   不安だ・・・。

  やはりいくつかのショップを渡り歩いた末、最新のドレス
 から、最高峰を選びたいものだ。

  今までセントメアリー教会の挙式会場のみに
 心奪われてたが、教会の衣装部屋を思い出してみた・・・。

  まず入口にカラードレスが10点ぐらいかかっていた。

  お勧め商品とばかりに一番前に出てたドレスが、
 赤やら茶色やらのチェック柄ドレス。
 

  往年のチェッカーズ衣装にしか
  見えませんが・・・?


  確かに今の結婚適齢期はチェッカーズ世代かもしれんが・・・。
  でもね・・・。


  衣装部屋に入って、いの一番にそのチェッカーズドレスが
 目に入ってきたとき、ギザギザハートだった(うまい?)
 ことを思い出してしまった。

  100歩譲って、ああいうドレスが好みなんです、と
 涙のリクエストしてくる花嫁がいるとしても(うまい?)、
 極々少数であることは間違いないわけで、あのドレスを
 最も目立つ位置に飾っているそのセンスはどうかと・・・。


  普段の洋服を買うときだって、ショップのウインドーに
 ディスプレイしてある服を見て、そのショップに入るか否か
 決めるし・・・。

  現在、あんな泥沼に仲違いしちゃってるチェッカーズ
 なんて、これから結婚するってときに縁起悪いし・・・
 注)恐らくセンメリ教会とチェッカーズは何の関係も
   ありません


  見て見ぬフリしてたチェッカーズ衣装だが、現実に目を
 向けたことで、センメリ教会への不安が押し寄せてきた。
  ちなみにもうひとつ、見て見ぬフリしてたことがある。
 センメリ教会は実は、

   新郎の衣装は3種類しかない

  3着、ということでなく、3デザインということだろうけど?

  新郎の今後の人生は、平凡なサラリーマン生活は明白。
  そんな彼が主役になれる一度きりの舞台の衣装。
  3着から選べ、というのは、ちとかわいそうかも・・・。

  

  私は麻布セントメアリー教会との別れを決意した。
  
  なぜなら

  

  チェッカーズは昭和のアイドル!
  もう古いのだ!

  そしてチェッカーズは今は仲が悪いから
  縁起が悪いのだ?

          ↑無関係


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年02月16日(水)

経験者は語る

テーマ:結婚式場探し2

 私は婚約のことを、まだほとんど友人に話していない。
ゆえに、結婚準備のことを、誰にも相談しないでここまできた。
 が、かなり切羽詰ってきたせいで、ユキ先輩に
婚約についてキレ気味に激白。
 ユキ先輩は、昨年結婚したばかりの新婚さん。
 私は彼女の結婚式には参列してないので、いろいろ質問。

 ユキ先輩は

 ・地元の田舎で結婚式をする
 ・結構な大人数
 ・ホテル等のありがちな結婚式は嫌だ

 という条件で探すと、田舎は選択肢が少なく、
唯一のイマドキなゲストハウスに即決となったらしい。
 
 「私はレストランウエディングになるかも。
  でもレストランの式はほとんど出席したことないから不安」
 と言うと、ユキ先輩は
 「私はレストランウエディングに呼ばれたこと何度か
あるけど、好印象だよ。料理はおいしいし、アットホーム
だし、いつも感激するよー」
 とのこと。


    へー。レストランでやっちゃおうかな。
 

     ↑超単純



 
 「でもねー、私、披露宴より挙式にこだわってるのよ。
 やっぱ長いバージンロードをゆっくり歩くあの厳粛な
 雰囲気がさぁ・・・」
 と、興奮気味に話すと、ユキ先輩は
 「私のときも、挙式の入場については、後でみんなから
 いろいろ言ってもらったよ~」
 と言う。

 そりゃそーだ。一番感動するシーンだもんね。


 

「お父さんもユキも、二人そろってロボットダンス
 みたいで笑えたよー、って言われた」







  

   厳粛さゼロだね♪

  
 父親も私も芸人気質なだけに、うちもあり得るな、それ・・・。


  結婚式なんて、指輪の交換から誓いのキス、とにかく
 緊張の中で慣れない行為のオンパレードなわけで。

  指輪の交換で、あまりの緊張のため、
 自分の指に指輪をはめちゃった新郎を
 見たことあります。
 
  今から緊張しますね~。
 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月15日(火)

アイツなんてアイツなんて・・

テーマ:結婚式場探し2
 

 とにもかくにも「麻布セントメアリー教会」に固執していた私。
 しかし、センメリ教会信者に与えられる
「持込禁止」「移動大変」「高額料金」「近くに良い会場ナシ」
という厳しい条件が、披露宴会場決定の行方を阻みます。
 江戸時代の隠れキリシタンばりに教会に悩まされます。

 センメリ教会での挙式を諦めれば、
コトは進むんだよねぇ・・・、多分だけど・・・。

 麻布、六本木での披露宴会場探しに疲れた
私(ダメ花嫁)は、 現実逃避して 原点に立ち戻る
ことにしました!  

本当に「麻布セントメアリー教会」は
良いのか?

 いや、いいんですよすごく。

 だけどセンメリ教会を諦めるためには、自分が納得
できるセントメアリー教会の弱点を見出さなければ、と思い。
 
こっぴどくフラれたけど、嫌いになれない男を、何とか
嫌いになろうと努力してるときみたいになってます。
 アイツ(セントメアリー教会さま)のことを思い出す・・・。

欠点1 挙式の際、新婦のお辞儀が「小公女セーラ」ふうである!

    礼じゃないんですよ。頭の飾りやベールが崩れないため
    だと思いますが、小首をかしげて膝を少し折るんです。
    自分のキャラ的にちょっと・・・。笑っちゃうよ!

欠点2 挙式の新郎入場の際、新郎の歩きがやたら遅い!

    花嫁と父親が半歩ずつ進む歩き方をしますが、ここは
    最初に牧師さんと新郎もこの歩き方で入ってきます。
    長時間じーっと凝視されるこの入場、模擬挙式で見た
    新郎は「絶対に無理無理!」と叫んでいた。

 アイツ(セントメアリー教会さま)なんてこんな悪いヤツだ!



  ・・・って細かっ!小せえー。


  

  ダメなの、私、あなたのこと嫌いになれない・・・

   

   
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年02月14日(月)

混迷する式場探し

テーマ:結婚式場探し2


 麻布、六本木の界隈のレストランを何軒か
見学しましたが、私のハートをつかむ会場は
見つかりません。

 そもそも私はレストランウエディングの
  「カジュアルさ」
  「アットホーム感」
  「自分たちらしさ」

 
 という売り文句にはもともと魅力を感じてないので、
レストランで探すのは厳しいのかも。

 むしろ

 

 カジュアル⇒  厳格に
 アットホーム⇒ ゴージャスに
 自分たちらしく⇒会場側が良きにはからえ
            (姫様気分)


 ぐらいに思ってて、それならホテルや大型式場でやった方が
いいのではないか、とも思い始めた。

 ただ新郎の方は

 「ホテルだけは嫌だ。
  それが俺の第一条件だ」


と、ホテルマンらしいのか、らしくないのか、そう主張する。


 このあたりから ちぐはぐになってきた私達の結婚式計画。
 
 見学に行った会場で、プランナーさんに

 「どんな雰囲気の結婚式を
  お考えですか?」


 と聞かれると、

 「カジュアルすぎる雰囲気は嫌だ」

  という私の意見を反映させたつもりだろうが、

  彼は



 「新郎新婦に近寄りがたい
 雰囲気で、招待客が
 誰も話しかけて来ないような、
 というのが、
彼女の希望です」 

 


 と、答えてた・・・。

 

  ・・・皇族の結婚式ですか?



 確かに
 相当アットホーム
 じゃないな、
 その結婚式は。

  でも何かが違うぞ、新郎!



 だいたい彼は言葉の選び方がどうもおかしい。

 テニスの試合のときも

 「真剣にやれ!」



 というニュアンスのことが言いたいようなのだが、
 

 「鬼の形相でやれ!」


 というアドバイスをしてくる。


 何か違わないかい?

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年02月14日(月)

麻布六本木のレストランウエディング

テーマ:結婚式場探し2
 麻布セントメアリー教会に心奪われてから、
教会式の後の披露宴会場を探しておりました。
 できるだけ移動時間を短く、ってことで六本木や
麻布のレストランを見学。
 一応、センメリ教会を諦めて式と披露宴を同じ会場で
やることも検討しつつ、招待客50名ぐらいで見積を
もらいました。

 ・タトゥー東京
   人前式とキリスト教式を合わせたような個性的な式が
   できる。会場が広い。見積180万ぐらいで安い。
  「見積から10万円以上上がることは絶対しません」
   とスタッフが親切。いろいろやりたいことができそう。
    好みだとは思いますが、部屋の仕切りが赤黒のごつい
   カーテンだったり、木の板の舞台だったりってとこが、
   学校の体育館・講堂みたいで気に入らず。


 ・ラ カスカータ  
   アークヒルズ1F。おしゃれなお店だけど、披露宴と
   いうより二次会向け、と思い気に入らず。店内に柱があって
   招待客が多いと区切られてしまうのでは?
   壁に水が流れててそこに映像を写して上映することも可。


 ・THE TOKYO RESUTAURANT
   3F建のレストラン。3Fに式場を作り人前・キリスト式。
   2Fでパーティー。どちらも窓が大きくて明るい。
   天井や壁の古さや配管が剥き出しなところ(わざと残してる
   のだと思うが)、式は部屋にイスを置くだけの仮設な雰囲気、
   ってのが私は気に入らず。見積180万ぐらい。
 
   
 ・ステラート(白金)
    天井がガラスで明るい。式場スペースはないかも。
   とにかくスタッフは親切で丁寧。調理の人までみんなで挨拶
   してくれた会場はここだけ。
    プランナーさんもしっかりしてるし、スタッフの教育◎。
   見積は180万ぐらい。
    ここも二次会、ってイメージで、狭いと感じました。


  このあたりから、新しく私の口癖が増えました。

 

  「ねえ、披露宴やめない・・・?」


  何だかすんごく面倒になってきちゃってねぇ・・・。

  
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月11日(金)

担当プランナーさんとの相性

テーマ:結婚式場探し2


 麻布セントメアリー教会からほど近い

レストランで、プロデュース会社のプランナーさんと

待ち合わせた。


 そこにいたのは木の実ナナ系のはっきりした顔の

女性で、話の仕方も実にはっきりしている。


 悪く言えばちょっと空回り。


 勢いで押してくるトークだ。
 
 結局、私はこのときのレストランが気に入らなかったのだが、

彼のほうは、レストランよりこのプランナーさんが

気に入らなかったらしい。



 プランナーつまり担当者は、成約した場合、基本的には

結婚式までずっと同じ人のようだ。



 それってかなり重要。


 その人のプランニングや営業の能力はもちろん、新郎新婦

との相性も重要ではないでしょうか。
 


 やっぱり担当さんも

 細木数子に見てもらって

 からのほうが・・・  (信者か?)



 私はさほど担当者のことは気にならないのですが、彼は

かなり気にしている。




 彼曰く

 「俺はサービス業だから、

  客を相手にした態度には

  厳しいんだ」




  ナルホド・・!



  その後にまわった他の会場の担当者のことも、

 彼は批評する。



 「早口でまくしたてる女は

  好きじゃないなー」
 


 「おしゃれしてたね」
 


 「かわいかったよねー」
 


 「若い子だったよねー」











 

  アンタ、


  付き合う女として


  評価してない?

 







  サービス業の厳しい目というより、






 オスのいやらしい目で

 みてるだろ。 





 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月10日(木)

レストランウエディングへ移行

テーマ:結婚式場探し2
 

 世間では、式は教会となると、披露宴はレストランという
パターンが多いみたいだ。
 カレは友人のレストランウエディングに招待され、
「アットホーム感」が好印象だったらしい。
 
 私は、椿山荘・雅叙園といった大型式場系から
ホテルの結婚式に招待されるのが多く、レストランはない。

 なので、
レストラン=デニーズ
みたいな印象があってどうもねぇ・・・(庶民)。
 ゼクシィなど見てると「カジュアル」「アットホーム」
って売り文句が並んでますが、私はどうも魅力を感じない・・。
むしろ多少のゴージャス感がないと、と思うんすよ。
ああ、そうさ、古い人間さ。

 でも麻布セントメアリー教会での挙式を実現するためには、
レストランウエディングというスタイルが最も良いのかも。
料金も安いみたいだし!
 あとレストランは持込み料が無料、ってとこも多い。
センメリ教会でやるとなるとこれは重要ポイント。
 
 ここで初めて経験した結婚準備キーワードが
「プロデュース会社」。
 特にレストランは、プロデュース会社を通してください、
ってとこが多い。
 プロデュース会社ってのは、いくつかの会場やレストランと
提携してて、ウエディング関係を引き受けているようだ。
 新郎新婦と会場の間に、プロデュース会社の担当者が挟まることになる。

 ふーん、よくわからんが、とりあえず某プロデュース会社の
人と麻布のレストランで会う約束をした。





 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。