2012年02月22日(水)

神(オット)の計画

テーマ:あの日以降



前回の記事で久々に
登場した妹ですが、
彼女が大学卒業後、
某百貨店でガッツリ働いて
いることは過去に何度も
書いてきた。


そう、けっして妹は




なまはげ職


ではない。



百貨店社員として、
それはそれはバリバリに、




チョコモナカ並みに





バリバリだったのだ。




そんな彼女は、
私のオットの事故後、
会社を退職した。

私と娘のそばにいよう、と
思ったそうだ。




また、彼女は



「お姉ちゃんの旦那さん、
ということだけじゃない。
オットくんという人に対する
私としての想いもあるから」

と、言っていた。





妹は、

オット亡き後、



オットに導かれているような



出来事が度々あるのだと言う。


それは、妹が今まで決して食べなかった

いくつかの食べ物が突然大好きになり、

それらはみんなオットの好物である、

というビミョーなことも含めて。



ちなみに私は、

オットに導かれているような、

オットを感じるような、

そんな経験が








一切無い、って



どういうこと?






妻なんですけどね。




むしろ、


先日、






運転中、

警察に捕まりました。




オットー、妻を守れやー!







左折禁止の道を







元気よく左折







このブログで何度も

ペーパードライバーであることを

書いてきました。



そう、数年前まで私の運転は、





ジャッキーチェンが





悪者に追いかけられて





いる時の運転





と酷似していたのですが、

娘が産まれ、運転必須な生活になり、

すっかり優良ドライバーになったのですよ。





話はそれましたが、そんな感じで

妹はオットの存在をなんとなく

感じたりするそうである。



ちなみに、妹が


オットに守られている、

オットがついてくれている、


と思った経験の中で、

最も私が



「それ、オットなの?」



と、思ったエピソードで今日は

締めたいと思います。




妹が、わたしの娘と一緒に、

東京都多摩市にある

多摩動物園に行ったときのことだそうです。







「私がヒョウの檻の前に立ったら、


それまで向こうを向いてたヒョウが、


まるで見えない何かに無理やりこちらに


連れて来られたかのように、


私の目の前まで来て、ガオーと言った」






ねえ、










それ、オットなの?












証拠写真らしい↓





スーパー花嫁への道















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

cozooさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。