2007年10月31日(水)

悪霊に憑かれてますか・・・?

テーマ:新婚生活



 今月上旬、オットを襲った



 帯状疱疹



 という悪魔。




 「私もなった」「家族がなった」というコメントを

寄せてくださった




 株式会社 帯状疱疹


     ※ 勝手に法人化


 

 の社員の皆様のお話を聞く感じ、オットはかなり

 ひどい方だったのかもしれません。


 入院、自宅療養を経て、もうすぐ発病から1ヶ月近くに

 なるものの、昨今は痛みに加えて、かゆみも激しいらしく




私 「かゆみは多分、




                   サムライ

帯状疱疹のラスト侍




  だから。もうすぐ治るよっ」




 と、相変わらず





 医師免許の無い妻





 による適当な診断に励まされる日々である。



 また、帯状疱疹の特徴である
 
 お腹から背中に出た発疹の痕は、

 未だ不気味な存在感を放っている次第。



 まるで


 「帯を巻いているようにらせん状に出る」


 ということで、 「帯」 状疱疹という名前が付いたらしいが、

 実際は、帯というよりは、まあベルト?

 しかもおねえさん方が巻いているような





 チェーンベルト




ベルト





 が近いんだけどね。



 というわけで、一生巻くことはなかったはずの





 チェーンベルト



 を1ヶ月も身にまとっている(でも洋服の下・・・)

 オットである。



 
 さらに。


 
 オットは帯状疱疹になる直前、私と出たミックスダブルスの

 試合で転び、手首を捻挫していた。

 帯状疱疹でおとなしくしている内に手首も治ってしまうと

 思っていたのだが、今オットが最も苦しんでいるのは

 いっこうに治らない手首の捻挫である。



 手首をまっすぐにしていることはできるらしいのだが、









ゴロニャ~ンはできない










  こういうポーズ  ↓






まねき猫


 

















やる必要なくね?














 それに加えて。




夫 「さっき・・、またぎっくり腰やっちゃった・・」



私 「えっ!!!なんでっ!」














夫 「ウン○してただけ・・・」



 
 


 どれだけ










激しい腰使いの





排便











 をしているのかは、謎である。
 



 そんな感じで体中を壊してるオット。


 


 そう言えば、

 オットが入院した日の前日





                バイブ     

 細木数子の本




 で、自分の翌日の運勢を見ていた私。




 大殺界の年+その中でも最も悪い日+本厄
 
 という



アンタのここ3年の中で最も悪い日が明日だよ



 という恐ろしいお告げが細木本によってわかってしまった。

 翌日はシングルスの試合だった私。

 試合どころか、命さえ危ないんじゃないかと不安になったのだが、

 実際は





 オットが入院。



  ※ 私はその日の試合は初優勝で幸せ絶頂。





なんだかオットが身代わりになってくれてるような気がして・・・。

すまないねぇ~。








AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年10月29日(月)

忘年会シーズンに向けての新ネタ

テーマ:新婚生活



 前回の記事を書いた日から、前にも増して





 石破防衛庁長官



   石破





 のメディア登場が激しく、

 笑いをこらえる週末でありました(失礼な)。


 ※前回書いた通り、私の父親に似ているためです






  この







 エセ石破



    注)  実父






 の遺伝子を継承するもうひとりの人物、


 わたしの妹


 も、最近のニュースを見て、どれだけ笑ってる

 だろうと思い、その感動を分かち合おうかと

 連絡してみた。







 妹 


「え?石破さん?似てるかなぁ、微妙。」






 驚きの反応である。


 妹と私は、




 確か、父親は同じ人物のはずだが・・・。




 私たち姉妹は2歳差で、つまりは父親との付き合いに

 2年の差がある。

 その2年間でこんなにも見方が違うというのか。




 それとも。



 妹は、自分が


 真鍋かをりに似ていると何度か言われたことを




 鵜呑み


 にしているあたり、

 顔の判定は苦手なのかもしれない。






 そう思って、今度はオットに確認することに。



 ただ。


 昨日、友人(女の子)との飲みの席で





夫 「ねえ、仲間の男の中で、


   誰が一番かっこいい?









   オレだよね?」





 と言って、まわりに失笑されていた人なので、

 顔の判定力はゼロに等しいのではあるが。




 

  夫 
 

「石破さん・・?そっくりではないよ・・」





 興奮してテレビ画面を指している私とは

 激しく違うこの温度差。



 この





 エセ石破ファミリー




 注) 実父


 

 たちの意外な反応に、私の興奮もトーンダウン。



 もしや。


 国会中継を見る私の
 

 


  コンタクトレンズに



 父親の顔が描いてある



 
のかと思ってしまう。







 最後の砦として、30年以上連れ添っている




 わたしの母親




 に聞いてみた。






 母 「あ、石破さんでしょ?似てるよね」




 ほら!やっぱり!!




 母 「会社でも皆さんに指摘されてるらしいよ」



 ほら!やっぱり!



 でも・・・。

 
 この展開プラス父の性格からいくと、

 少々イヤな予感が・・・。






母 「お父さんは既に










  飲み会のここ一番の




 ネタとして披露




 済みですから」









 嫌な予感的中。






 さすが芸人・・・。







 


 というわけで、しつこいようですが、

 うちの父と石破長官は似ています。




 きっと近い将来、
 
 
 父親の関係者の間で、







 
オヤジ界のマナカナ


 
と呼ばれるぐらい・・・。





 
 


 


 
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年10月26日(金)

「赤福」ではない偽装問題

テーマ:新婚生活




 しつこいようですが、


 どんどん増えてます増えてます






 帯状疱疹er


 (帯状疱疹ラー)




 ショコラさんまでもが。



 これまでもメンバーが増えるたびに
 
 バンドを組んだり、野球チームを作ったりしてきた

 (活動はしていません)

 帯状疱疹erですが、ここまで人数が増えるとなると






株式会社 帯状疱疹




 法人化できますね。





 さて。前回、

 オットが即効で入院を言い渡された、と書いたが、

 実際はその日は、2時間の点滴を受けて

 いったん自宅に戻った。

 

 なぜなら、



 車を自宅に戻さなくてはいけない

 
 ・入院前になんとしても酒を飲みたい




 という諸般の理由だったのだが。


 2番目のオットの言い分はどうでもいいとして、

 病院の有料駐車場から、車を自宅に戻すことは必須。



 ただ、

 わたしの運転技術が





ジャッキーチェンが




悪人に追われてる






 ときと同様のハンドルさばきなので、

 帯状疱疹だろうが性病(違う)だろうが、運転はオットに

 頼むしかない。



 その後の入院中も、私がペーパードライバーで

 運転できない、ということは非常に不便だった。

 
 今回の入院を機にますます





ジャッキーからの卒業♪




   尾崎豊ふうに。 例) 「支配」





 を考えてるのだが、いまいち勇気が・・・。

 さあ運転の練習をしよう、と決意すると、なぜか

 会社の食堂に置いてあった




あがな

贖いの日々~交通刑務所受刑者の反省文~



 とかいう冊子が目に入るし・・・。




 さて。


 車の運転の他で、今回苦労したことに


 帯状疱疹という病気の説明


 ってのもあった。


 
 やはり目に見える症状のインパクトから



 「ブツブツがカユい病気?」


 という見解が多かったのだが、実際は

 ブツブツがどうこうよりも、その下の神経が破壊されつつ

 ある病気なので動けないほど痛みが激しい。

 世間の見方よりも、深刻な病気だと思うのだが、

 かく言う私も



 制汗スプレー間近噴射



 だの


 
 ムカデに刺された



 だの言ってし、


 現在治療中のまんぼーさん(発生箇所はお尻)も



 不衛生バスの座席が原因



 と、勘違いして (生尻でバスに・・・?)、


 


 ムヒ


 (夏の風物詩。一般的には蚊に刺されたとき使用)



 を塗ってしまわれたらしいので、なかなかわかりにくい

 病気ってことなんですが。





 なお、広島の私の実家で、母が父に



母 「オット君が帯状疱疹で入院した」



 と伝えたところ、父は、がっくりとうなだれて






父 「もう治らないのか・・・?」



 と、





 縁起でもない




 マイナス思考




 を爆発させていたらしい。


 思い込みが激しすぎますけど。






 そう言えば。


 以前も、が手術することになり、父と母ふたりで

 医者から説明を聞いてるときも、



 関係ない父親が顔面蒼白


 
になり、手術を受ける本人である母親が




母 「大丈夫!頑張って!」




 と、父親を励ましてしまったという逸話がある。

 

 そんな世話が焼ける父のことを、

 ここ数日やたらと思い出さずにはいられない。



 なぜなら。

 今、ニュースで話題の





 石破防衛庁長官。





石破さん

     





 うちの父にソックリなんですがぁ!





 内輪ネタですんませんが、いや、マジで同じ顔すぎて・・・。

 見るたびに笑えます。




 もし、石破長官が、実家の最寄駅ロータリーなどにいたら、





彼の車に笑顔で乗り込んでしまう



確率は100%



 「お父さん、お迎えありがと~」





 ただ悲しいかな多分、車種が違う。

 あっちはきっとロールスロイスとか。





 また、

 同じ日にたくさん結婚式が行われる大型結婚式場で

 わたしが花嫁としてめちゃめちゃ緊張していたら、






 
 石破長官とバージンロードを




 歩いてしまう確率も100%







 ただ、

 

 石破さんは






娘の披露宴で歌い踊り狂わない






 という大きな違いはある。

 
 

 顔だけはかなり似ています。








AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年10月25日(木)

整形美男子、再び病院へ

テーマ:新婚生活



 いや~、どんどん増えますね。







 帯状疱疹er



 (帯状疱疹ラー)


 

 のお仲間が。




 kamoさんファミリー

 スジャータさんお父様

 ロッシュさん奥様

 どんぐりさんお母様・おばあ様

 ひなさんお母様





バンドどころか、





 帯状疱疹ファイターズ。




 野球チーム作れますけど。

 しかも補欠ベンチ要員までぎっしり。


 ただし、痛みのため、




 成績不振は確実。




 試合に負けたときは、甲子園の砂のかわりに、


 粉薬 を集めて帰ろう。

 


 さて。

 前回の続き。


 ある日、突然にオットを襲った右半身の痛みと発疹。

 帯状の赤い発疹は、とどまることなく広がりつつあった。
 



 ただ、従順な患者であるオットは、無免許医師である妻の





制汗スプレー間近噴射説




 を信じ、その週末は妻の試合の運転手として外出。


 試合が終わった夕方、いっこうに引かない痛みと発疹に

 不安になるオット。

 「救急センター」に電話して、日曜でも急患で診てもらえる

 病院を問い合わせたところ、その試合会場の近くにある

 総合病院を紹介してくれた。



 まさかこの後に入院になるとは思わなかったので、この



自宅からは遠いが、コートから近い病院



 に、軽い気持ちで行ってしまったのだが。



 
 病院に着いて受付をすると



 「過去のデータに同じ名前で、同じ生年月日の

人がいますが、同一人物ですか」



 と、やたら何度も聞かれた。

 オットはこの病院に来たのは初めてだと思っていたようで。




夫 「過去っていつ頃の話ですか?」




看護婦 「昭和60年です」




 古っ!オットが10歳のときである。

 小学校4年あたりか。






 


「二重まぶたにした手術のときかなあ・・」














 小学生で整形。






 話すと長くなるが、簡単に言うと、オットは

 生まれつきで目がうまく開かない病気?

 だったため、目を二重にしてまぶたを

 吊り上げる手術をしたらしい。

 なかなか衝撃的な過去である。





 いまや珍しくもないが





 プチ整形のはしり




 はオットだったのではないだろうか。



 
 しかし、現在でもオットは、アジア人の中でも

 かなり目が小さいほうで、


 手術アフターがこうであるなら







 ビフォーはどうだったのか





 と驚愕せずにはいられない。

 もしや手術は失敗か・・・?
 
 


 確かにオットの小さい頃の写真は

 全て目をつぶってるように見える。

 

 当たり前だが、
 



夫 「見えてたんだぜ、この時も」



 らしい。

 (オットの視力は現在でも1.5。見え方には問題なし) 

 
 

 多分、石原裕次郎(もしくは、ゆうたろう)が








  ブラインドの隙間から



 外を見る






 ぐらいの視野だったに違いない。

 
 

 
 猛烈に話がそれているが、こんな感じでオットは

 救急病院に来て、昭和60年の患者と同一人物か

 どうかを追求する看護士さんに病室に呼ばれ、

 即効で



 帯状疱疹で入院


 を言い渡された。



 私の試合に付き合ってカンカン照りの空の下で

 疲労させたせいで帯状疱疹は悪化、

 熱まで出ていたのでちょっと反省・・・。




 こんな感じで、数時間前までテニスコートでヘラヘラ

 してた男は、隔離病棟に何日も入ることになったのです。



 人生ってわからないですねえ・・?







 
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年10月22日(月)

集え、同士よ!

テーマ:新婚生活



 長い療養期間を経て、今日から仕事復帰のオット。

 ニート生活だったのに、今日は5時起床で出勤。

 ちゃんと社会復帰できてるかしら。



 さて。

 オットが帯状疱疹になってから、いただいたコメントにより、

 他にも





 帯状疱疹er


  
(帯状疱疹ラー)




 がいらっしゃることが判明。





 choikoさんお母様

 satomiさん旦那様

 kamoさん

 まんぼーさん






 
 

バンドでも組めそうです。



 
 疱疹ファイブ疱疹オールスターズか。






 他にも、


 「うちの家族がなった」

 「会社の社長がなった」


 など、まわりにも

 帯状疱疹を経験し、闘病したという


 まさに







 ブレイブ・ストーリー




   
訳) 勇敢な物語





 が次々と舞い込んできた。


 

 「帯状疱疹」とひとことで言っても、いろんな症状や

 治療があるようで。 

 勉強になりました。



 帯状疱疹は右脳か左脳のどちらかからの警告?なので、

 それにより右半身か左半身にしか出ません。

 まあそれも右だった人や左だった人もいて、

 オットはお腹から背中にかけて出るスタンダード型ですが、

 顔に出たり、まんぼーさんのようにお尻に出る方も

 いらっしゃいます。


 昔は年配の方の発症が多かったらしいですが、今は

 オットのような30代前後の若者が多く(ストレス社会?)、

 一度なると再発はない、というはずが現代では

 何度も再発する人がいるとか。しかも再発するときは

 前回よりも危険な症状になるという噂も。





 「帯状疱疹 被害者の会」



 の皆さん、気をつけてくだされ!!





 なお、この「帯状疱疹」という病気の認知度を激しく

 高めてくださった功績をたたえ、




 皇太子妃 雅子さま



 を



 名誉会長



 として迎えたいところですが、多分受けてくれない。
 


 仕方がないので、オットが会長代理として、

 闘病生活のブレイブ・ストーリーを語りたいと思う。

 ストレスと過労にまみれた生活をしている方は、

 よくよく聞いて注意してもらいたい。


(帯状疱疹の原因は、「疲れ」や「ストレス」による

 免疫力の低下です!)







エピソード1  ~前ぶれ~



 皮膚上には何の症状もないのに、突然チクチクした

 激痛で日常生活が困難になる。

 ただ最初は、目に見える傷や発疹が全くないため、




 「制汗スプレーを

 
 間近から噴射させたことが原因」




 という








 妻の診断


  注意) 医師免許なし。

      面倒くさがりという性格により
 
      チラ見での診断。





 を信用してしまう。









エピソード2  ~発症~



 1日、2日経った頃、チクチクしていた箇所が

 赤いミミズ腫れになる。小さな水泡のようなものも

 出て痛みが増す。






 無免許医師



ブラック・ジャック(妻)






 の診断を信じていたため、


 「制汗スプレー間近噴射説」


 をまわりに話す。





 尚、このときのことが原因で、後に入院した際、


 オットの会社では



 「制汗スプレー間近噴射にて入院」



 というマヌケな理由が広まっていたらしい。







 長くなったのでこのへんで・・・

 
 タイムリーなことに、まんぼーさんはまさに今、

 帯状疱疹真っ最中とか・・。

 お大事になさってくださいね。

 オットはまだ痛み止めを飲んでます。

 この病気は痛みが引くまで約1ヶ月もかかるのが厄介。

 薬を飲んでても痛がるんで、ちょっとかわいそうです。







いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007年10月18日(木)

釈放~シャバに出たアイツ~

テーマ:新婚生活



 感染病棟に隔離されていた


 我が家の野獣が、


 このたび、






 世に放たれました。




 退院です。




 実はそんなに良くもなってないので

 この後は自宅療養なのですが、とりあえずは

 うちに帰りました。



 退院は急遽決まったので、仕事だった私は夜まで

 病院に行くことが出来ず、オットがひとりで退院しても

 よかったのですが、なにしろオットは





 金が払えず。




 お金のないオットは、妻が仕事が終わって駆けつけるまで

 病室で待つしかなかった。



 いつまでたっても病室にいるオットに、看護婦さんたちは



看「あれ?オットさん、もう帰ってもいいんですよ」


 と、入れ替わり立ち代わり声をかけたそうな。



 日もとっぷり暮れて、病院の晩ご飯も終わった頃には

 (退院してるはずのオットには晩ご飯は出ない)





看 「オットさん、


  ちゃんと入院費を払ってから帰ってね」




 と、事情を理解した言葉がかけられるようになったらしい。 




 時間外受付で支払った入院と薬にかかったお金は、


 10万円弱




 野菜嫌いのオットが、ほとんどの食事を残したことを考えると

 もったいねー!!!


 話によると、帯状疱疹の薬は、他の病気にくらべて高額らしい。

 絶対に再発させないでください・・・。



 
 結婚して2年ちょっと。

 結婚式や新婚旅行を除くと、我が家にとって初めてのビッグニュース

 となったオットの入院騒ぎ。

 ローンも子供もなく、結婚前と今でほとんど生活が変わっていない、

 夫婦としての自覚がない私たちだったので、こんなことで



 あ、うちら夫婦なんだよね・・・



 と、今さら思い知らされた気がする・・・。



 例えば、病院の先生やナースさんたちにも


 「奥さん」 「ご主人」


 と、呼ばれるとか、そんな小さなことですけど~。

(夫婦で共通の友人ばかりなのでまず呼ばれない)





 入院の手続時にも



『病状について医師から説明を聞く人』

『入院中の緊急時の連絡先』




 なんて書類にかくところがあって、




夫 「ここは、やっぱキミの名前と『妻』って


  書くわけよね?なんだか感慨深いなあ・・・」




 と、しみじみ言いながらオットの野郎、











父親の名前書いてるけど


  (オットの実父)






 
夫 「間違えた、なぜか親父の名前書いちゃった・・・」




 まったく感慨深くない。


 まあ実際に大変なことが起きたとき、

 冷静に対処できる自信はないのでいいけどさ・・・。





 その後、私も



「患者に何かあったときの責任者」


 
という書類類に署名させられて、ちょっと緊張した。








私 「ヤクルトの古田監督、



  って書きたかったよ・・・」




 

 まったく面識とかないですが、



 責任感あって、今のとこヒマな人

 
ってことで・・・。




 結局、「患者に何かあったときの連絡先」は

 使用されることなく、退院することができました。



 
 体の疱疹と、腕の点滴の跡が痛々しいですが、

 とりあえずは元気で、病人には見えません。


 看護士さんたちにも




看護士 

 「オットさんって体育の先生ですか?」




 と、言われたし。

 そんなふうに見えるらしい。



 ナースセンターで







 隔離病棟の



 ヒロミチお兄さん








 とでも言われてたのだろうか。



 あんなに爽やかじゃないけど・・・。









 
 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007年10月16日(火)

それぞれの週末

テーマ:新婚生活




  オットが入院してるのにテニスの試合はやばいな・・・

 と、週末の試合は棄権を決めていました。



 が、オットがどうしても出ろって言うし~、

 もしかして、妊娠、引越、加齢などの理由から

 最後の試合になるかもしれないし~、

 一番大きい大会だし~、

 えへへへへ~、




 ということで、出場してきました。



 


   
    表彰式



  
 画像は表彰式。

 賞状は3位。

 この大会には、毎度どう~しても勝てないライバルがいて。

 ダブルスも含め、過去4戦のうち、1勝しかしてない相手。

 今回はかなり惜しかったんですが、またもや

 準決勝で負けてしまいました。

 でも結構レベルの高い試合だからまあ満足です。



 

 一方、オットは・・・









 
感染病棟2







  相変わらず、











 感染病室 の 住人。





 「うつることはないですけど」と、お医者さんも言うんだけどね。

 じゃあなぜこの隔離病棟に入れられてるのか、それは私も

 よくわからない。


 実際、見た目は元気です。





 


夫 「今夜の看護婦の夜勤シフトには、


 かわいい新人が入ってるかなぁヽ(。´▽`。)ノ」










  隔離されている理由が


 わかった気がします。



 

 


 明日こそは若いかわいいナースが注射してくれる、

 という希望だけがオットの命をつないでいるんでしょうか。





夫 「俺の調べによるとね、ナースの制服の色によって、

   彼女達の位が分かれてるみたいなんだよ。

   あの人が一番偉くて、でも怖いんだよ。

   あの青い制服の人は朝起こしにくる時間が早いし・・」




 


 外界と断絶されてるため、限られた世界での分析が

 細かくて困ります。








いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年10月13日(土)

かんたんウフフ不幸せ

テーマ:新婚生活


 オットの入院生活は続いています。





入院2




 入院生活にあたり、オットの主張を聞いてみたいと思う。





 不満 :  病院食が野菜だらけなこと



 オットは野菜を食べません。

 多分、前世がライオンだからです。

 
 食器を下げに来た看護士さんが


看 「全く食べてないけどどうしたの?」


 と、びっくりするぐらい手をつけてないようで・・(ほんと最低!)





夫 「だって・・・、あの黒い海草みたいな


   やつが入っててさぁ・・、アレ何だっけ・・、


   あ、オクラだっけ?オカラか?」






 
 えっと、その黒い海草みたいなのは、







 ひじき ですけどね。





 あー、贅沢。ワガママ。

 絶対に自分の子供は好き嫌いない子にしたいわ。



 現状でオットの栄養源は、毎日の大量の点滴と





 カールのチーズ味




 らしい。




 オットの命の恩人は、




 医者









カールおじさん







 ってところでしょうか。


 
 まあ病院の食事はおいしくない、っていうけど、

 私だったら、他人が作ってくれて、しかも定食みたいに

 きちんとおかずやらご飯やらが並べられてるだけで

 小躍りしたいぐらい嬉しくなっちゃうんですけどねえ。



 オットは病室から出るのが禁止なので、基本的に昼間は

 ずっとテレビを見ているらしい。

 そんなオットから今朝来たメール。






夫 「イカとジャガ芋の甘辛煮うまそう」






 料理番組見てるね?



 特に返事しないでいると、






夫 「ごめん、甘辛炒めだった」






 謝られても。




 さらに無視していると、更にメールが。






夫 「『かんたんウフフ幸せレシピ』で


   検索してみよう!」





 ウフフ。検索しないわ。

 



 10分後。




夫 「レシピ見てみたかな?」








 嗚呼。

 外界の食に想いをはせる病人。

 確かに好きなものが食べられないってつらいよね。

 早くカール以外のものが食べられるシャバに出てこれたら

 いいね・・・。





 でも私、実はイカを料理したことがないんですが・・・。

 情けない話、足を引き抜くとか怖くて、さばけないんで・・・。

 
 

 
 
 

 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年10月11日(木)

スーパー介護士への道

テーマ:新婚生活



  

 たまに更新したと思ったら、テニス試合の自慢カヨ!


 しかも


 画像が全部横だっつーの!




 という批判と共に、虫の声も聞こえる秋、

 みなさまいかがお過ごしでしょうか。



 私の今年の秋といえば、毎度のことですが、

 試合頑張ってました。

 スポーツの秋です。




 で。



 オットは










入院











 病気の秋。






 
入院の秋。


 




 妻がテニスにいそしむ間、オットは入院してました、

 というか、今も入院中です。


 
  シングルスの優勝記事のとき、チラッと書きましたが、



 帯状疱疹



 という病気で、しばらく入院しています。

 皇太子妃雅子さまも同じ病気で入院されたことがありましたね。



 オット~、




 さすが皇室顔。





 こんなこと書いて、黒い車で大音量音楽

 鳴らしてる方々に叱られないだろうか・・。


 
画像でも右手に針が刺さったままですが、

 一日に何度も点滴で薬を入れられています。

 点滴や注射に来る看護婦さんに毎回、




「筋肉がすごくて針が刺さりません」



 と言われるらしい。

 病院で浮いた存在の筋肉隆々な男。




 帯状疱疹は、赤い湿疹が特徴なので、ただの皮膚病に

 見られがちですが、実は神経細胞が壊れるという病気で、

 悪くなると障害や麻痺が残るという怖さ・・・。

 実際、




隔離病棟の個室&面会も禁止




 という、驚くような重病人扱いを受けてます。



 怖いですね・・・。






 夫 



 「今夜、病院抜け出して


 酒飲みに行きたい ヽ(。´▽`。)ノ





 オットは、







死にたいんでしょうか。



 

 毎日のようにこんなこと言ってますが


 しかも本気で。






夫 「1杯しか飲まないつもりなのにな・・・」






 というわけで、バタバタと忙しい日々であります。

 といっても、救急で担ぎ込まれた病院なので、自宅からも

 ちょっと遠く、実は私もほとんどお見舞いに行けてませんが。

 週末は試合出ちゃったしね・・・








 
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年10月07日(日)

優勝

テーマ:新婚生活
Image037.jpg
シングルスは優勝できました。優勝は久しぶり。うれしい~。

オットは捻挫と帯状ホウシンでダウン…
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。