2006年11月30日(木)

下ネタではないヘア事情

テーマ:新婚生活


 無言だった11月。

 ぎっくり腰やら仕事激務の生活だった、と書いた。

 その他に起こった出来事も思い出してみたい。


 テニスのないプライベート時間は、少し前に流行った

 アメリカのドラマ、


 「24」


 を制覇した。

 シーズン1からシーズン4までイッキに。



 ただ、若干ふつうと違うのは、







 小説で読破。



 

 映像は全然見たことがないので、登場人物の顔を勝手に

 想像している。



 



 あとは~、

 すっかりロン毛になっていたオットに付き合って、

 一緒に髪を切った。

 
 何度か書いているが、私は髪を短くし過ぎたオットが

 好きではない。


 なぜなら、短髪オットをいろいろなジャンルで例えるならば、





 食品   


    → ジャガイモ






 職種


    → ヤクザ
 
 




 歌手


    → 長渕 剛






 という感じなのだ。



 まとめると、









 歌いながら





 喧嘩キックを放つ





 極悪ジャガイモ






 ってところか。


 とにかく、私が気に入らないヘアスタイルになる。


 

 別に私が美容院に付き添ったところで、

 「喧嘩キックの極悪ジャガイモ」に

 変わりはないのだが、結婚してからは

 だいたい一緒に美容院に出かけるようになった。



 しつこいようだが、

 「喧嘩キックの極悪ジャガイモ」スタイルは、

 美容師さん的には、



 ソフトモヒカン



 という柔らかいスタイルらしい。

 しかし、私は毎度、










 ハードハゲ





 にしか見えない。




 
 





 で。


 わたしの方。




 私は、美容師さんに対して、だいたい



 「4ヶ月前に戻して下さい」



 という、



 過去を振り返る要望



 を申し付けている。



 そんなにも未来には希望がないのか。

 なんとも暗い要望である。


 

 私は、オットの髪型になにかとケチをつけるが、

 オットは、妻の髪型に対してあまり意見はしない。




 ただ、普段から、私の前髪を


 ナナメにナナメに


 持っていこうとする。


 向かい合って会話していると、突如、私の前髪をつかみ、

 おでこにナナメに貼り付けようとすることがよくある。



 結婚式のときの花嫁(私)の髪型についても



「前髪がナナメだったらそれで良い」



 と言っていたし。




 ここまで書いて、結婚式前にこのブログにアップした、

 とある名作のことを思い出したので、再び

 この世に出してみたいと思う。







 「結婚式のウエディングドレスに合わせて、



 私にどんな髪型をしてほしいか」





 と、オット(当時、新郎)に聞いたところ、

 オットが、自分の好みの花嫁を絵にしてくれた。


 

     こんなアンバイで。


   
         ↓




    さと絵









   おさげ髪。





 ウエディングドレスのときのヘアスタイル、って

 言ってるだろ。
  




 おさげ髪、くちばし、恐怖感を覚える筆のタッチ、

 とにかくいろいろと問いただしたい

 イラストである。

 少なくとも、この女にウエディングドレスは似合わない。




 メガネをかけているようにも見えるが、目の横にある

 線は、オットいわく






 「耳」



 らしい。







 目に接触している耳。



 顔の中にある耳。



 直線の左耳。



  


  オットの耳の概念がわからない。





  ただ、この絵からも、オットがいつも主張している




 ナナメ前髪



 については、かろうじて理解できる。


 このことからも、オットは、私の


  


 



   シチ      サン


  7 ・ 3




 に、相当思い入れがあるようだ。







 私にしてみれば、そんなのは、





 その辺のサラリーマン親父




 に言ってほしいぐらいなんだけどね。


 私の実父(ほぼ毎日7・3)でも可。






 
 オットのソフトモヒカンはこんな感じ。






    髪切りオット



  
 


  実は、今回はあまりハードハゲじゃない。

 いつもより長めで良かった。









AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年11月27日(月)

無言の11月は

テーマ:新婚生活



 前回、ひっさびさに姿を現したところ、

 温かいコメントをたくさんいただき、




 本当にありがとうございます!!



 マジで泣きそうになるぐらい嬉しかったです。

    


 いや、ほんと、休みすぎてどうやって復帰していいか

 わかんなくなってたので・・・。

 のほほんさんご夫妻のおっしゃる通り、

 ある意味、逃亡だね。







 ぎっくり腰の方は、


 自らを






平成のチャップリン






と、命名していたヨタヨタ歩きは脱しました。



 





 前に書いた




    マンキツ

  漫画喫茶代わりに


 通院(読書)している整骨院、






  名付けて、





         マ ン セー


 漫画整骨院
  





 にまた通っています。


 今、私が読破しようとしてるのは、






 デスノート」ですの




  流して・・・。



  




 このマンセーは、夜の11時まで開いてるので、

 残業過多な私でも通えます。

 帰宅は深夜になりますが。


 

 この整骨院、今年だけでも、


 肩→股関節→テニス肘→ぎっくり腰


 
と通い詰め、








四季の移り変わりと




共に訪れる患者





 と、思われてるのではないかと思う。

 
 整骨院のスタッフ内で、変なあだ名をつけられてそう・・・。






 「冬将軍」とか「春一番」


  とかだったら嫌だな・・。





 あと、


 どこも悪くないのに




漫画を読むためだけに



整骨院まで私を迎えに来るオット。




 もしかして、オットにもあだ名がついてるかもね。



 「貴乃花」とか「朝青龍」とか。

  注) 見たまま





 オットは、患者でもないのに、待合室で



待合室のマッサージ器を使用しながら、



置いてある飴を食って漫画を読む、




 というこの上ない至福を、堂々と堪能している。






 漫画喫茶以上のリラックスかよ!







以前、オットが初めて「迎えのためだけに来院」

敢行した際、すでに整骨院の中にいた私に、




夫 「整骨院の受付に何て言えば


   いいんだろ?」




 と、オットからメールが来た。





私 「○○(名字)ですけど、迎えに来ました


  ので中で待たせて下さい、って言えば?」




 と、返信した。





 数分後。




夫 「○○(名字)ですけど、迎えに


  来ましたので中で待たせて下さい」 












 

そのまま棒読み。





  少しぐらいヒネれば?








  それからー、なちおさんからコメントで質問いただいた



 「自転車通勤、続行中?」



 については、少し前までは無理でしたが、今は

 かなり回復してきているので、自宅の最寄駅まで

 乗るようになりました。

 そこから会社までは電車。


 っつーか、電車通勤って楽ね・・。

 文明ってステキ・・・。




 で、自宅駅まで行く途中、近くに小さい神社、というか

 祠があるのだが、先日、オットが





夫  「俺、毎朝、この神社の前を通るとき、


    神様に声をかけてる」




 と、言ってた。






私 「へええー!感心、感心!私いつも素通りだわ。


   オットは神様になんて言ってるの?」












夫 「 『おっはよ~』




    って言ってる ヽ(。´▽`。)ノ」

 




















 
神と対等ですか。





 いいね、そのフランクな関係。






 
 以来、私もこの神社に挨拶をするようにしている。

 「おはようございます」と・・。一応、敬語で・・。




 6駅むこうの会社までチャリ通勤するのは

 今週後半からかなあ~。

 先週までは、腰が曲がったまま伸ばすことが

 できなかったので、本気で自転車を買い換えようかと

 思っていた。










 こういう自転車に。




     ↓








   競輪

 
        

         

   
   

   松山競輪場 より画像をいただきました。





 この画像も、みんな腰を曲げたまま乗ってるしね。

 ぎっくり腰には楽ちんな自転車だと思うんだけど。

 ただ、


 自転車の特性上、





健康なとき以上にハイスピード




 になる可能性が。

 
 それも変だな・・・。




 とりあえずほぼ回復してきたので、今までどおりの

 ママチャリを通したいと思います。



 週末は、社会人テニス大会の準決勝なんですけどね・・。

 テニスできるのか不安。







 
 
 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2006年11月24日(金)

ロングロングバケーション

テーマ:新婚生活


 長期休暇中のCOZOOです。

 あまりに久しぶりすぎて、上の行の「COZOO」という

 自分の名前ですら、最初



 「ZOXOO」



 と、書いてしまいました。


 渋谷ギャルの愛用ブランドか!


   注) イメージです





 で。






 ここから言い訳しまーす。



 すごく仕事が忙しいです。

 もともと冬から春先までが忙しい仕事なのですが、

 更に、今年からひとりで担当している新たな仕事も

 今が、超・繁忙期です。

 全く知らない分野の仕事なので、独学で勉強しながら

 というノロノロの進み具合で非常に厳しいです。

 先月大きなミスをしたこともあり、



 マジ本気マジな


 気合でやらないと・・・。



 例年、夏という季節はわりと暇もあるんですけどねー。

 つまり、私の仕事は、

 


 TUBEの逆バージョン



 
 広瀬香美ってとこか・・・。







 ブログを開くとまず記事を書いてしまい、皆さんのところへも

 遊びに行ってしまうので、もともと開く時間もなかったけど、

 あえて見ないようにしていました。スミマセン・・・。



 知らない内にたくさんの心配メッセージをいただいており、

 本当に本当にありがとうございました!

 「病気か?」

 と、心配していただいたのですが、とても元気です。

 ただ、







 ぎっくり腰で悶絶中。





 腰以外は元気です。

 テニスでやっちまいました。


 オットと組んでミックスダブルスしてたんですがー、

 相手が 全日本選手 だったので、


 マジ本気マジで


 やっていたところ、ギックリいきました。




 腰を痛めるのは初めてなのですが、強烈ですね。



 特に、夜寝てる間に体が固まってしまうので、

 朝は、目が覚めた途端に激痛。




 立つ・座る・寝る、全部無理。




 おい!

 誰か代わりにその目覚まし時計を止めてくれ!

 寝てる状態から上半身を起こす、というのが

 最も痛い。


 多分、


 ふたご芸人の 「ザ・たっち」がやってる




「幽体離脱」の芸に15分かかる



   * もちろん上になってる役。寝てるだけの下もキツイが。






 上半身を起こした後も痛くて動けず、

 どこかに痛みが軽減する姿勢はないものかと、

 あらゆる姿勢を試そうとするのだが、







  タテ・ヨコ・ナナメ、







 垂直・平行・大中小、






 沈下・浮遊








 全部ダメ!!激痛!!

 

 とにかく朝は地獄です。


 数分間、寝室での上記悶絶を繰り広げた後、

 壁やらドアノブやらに捕まりながら、

 なんとかヨタヨタとリビングまで移動するのだが、

 その様子は

 









お前はチャップリンか





 と、ツッコまれるような動きかと。

 相当遅い動きのチャップリンですが。
 
  


 徐々に回復はしてきています。

 

 仕事の忙しさはこれからが本番。

 更新もどうなるかわかんないですが、




 オット&実妹


 「ブログ、更新してよー」



 という身内からの要請もあるので、頑張りたいです。










 義母


 「ネットで何か書いてるんだってね??」











  アナタは見なくて




 良いものですから!





 アブねー!

 義母はパソコンをしない人なので大丈夫だとは思うが・・・。





 ではまた~。


 休暇中の心配&応援メッセージ、

 本当に本当にありがとうございました!






AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。