1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年05月30日(月)

アヴェマリア

テーマ:結婚式内容



   土曜日に、ふたりそろって式場に


  「第一回 打ち合わせ」


   行ってきました。


  
   今回で、式全体の流れが少しずつ明確になってきました。

   挙式は、このときアレをやります、その後、コレをやります、

   みたいな。

   そして、内容だけでなく、




  金額も。






   アルバムについては、3万円~25万円まで。

   挙式と披露宴のビデオ撮影も5万円~7万円代。



    

  

   よくよく考えさせてください・・・。





   


    挙式について説明を受けてるとき、

   

   担当 「挙式の際に使う曲、

      特にご希望がなければ『結婚行進曲』

       など、こちらで決まったものも

      あるんですが、他の曲が

      良ければ言って下さいね」







     ナーイス!

     曲によって、挙式の雰囲気も変わるしね。

  




  私 「なるほどー。


     『アヴェマリア』とかもいいですね」





   担当 「そうですよね。厳粛な雰囲気になりますね」








 新郎 「阿部真理矢・・・・?

      何、ソレ?」








  私 「アヴェマリアだよ。絶対、知ってるよ」



  新郎 「どんな歌?」



  私 「アーヴェマリーアー♪」



  新郎 「えー?わかんないよ・・・」






  

  私 「アーーヴェマリーーアー♪」




   新郎 「えー?わかんない・・・」










  私 「アーーーヴェ

      マリーーアー♪」






   新郎 「えー?わからないな・・・」








   

 私 「アーーベ

    マリーィーアァ」








   担当 「あっ、あのっ、よ、よくCMでも流れてますよっ」






   新郎 「そう?うーん・・わかんないなぁ・・・」





  








 




 







 私「アァァァァー






   ベマリィィィィ






    ィィィイヤァ







    ハァァァァ








   アアアァア








    フゥゥ~ン








    トゥゥールル




    
   

         ルルルルル・・・・・ルゥ・・」











    力いっぱい、歌い上げました。




    なんですか?

    私は花嫁じゃなく聖歌隊ですか?











    新郎 「えー?何だソレー?」






  私&担当


  「 _| ̄|○  ガックリ」













  私 「アヴェマリア


      はナシで!」






    担当 「りょーかいですっ!」








   入場、退場、など挙式で聖歌隊に歌ってもらう歌を、

   考えるのはちょっと楽しみです。
    
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年05月29日(日)

ふたり一緒のサタデーは

テーマ:ブログ


  いやー、夜中ですね。

  今日は結婚式の会場「青山エリュシオンハウス」で



  第一回目の打ち合わせでした。





   式場担当者から、



  「招待状は手作りされるんですよね?


   じゃあ1ヶ月以内に、招待状を


   完成させてください」



    との命令が。


  

 

  あと1ヶ月で?






      早速



  「ちなみにそちらに


   全部お願いすると


   おいくらですか?」



    って聞いちゃいましたよ。





    できるのだろうか・・不安・・・。

    
    まずはソフトを買って、そのソフトが推奨するペーパー類を

    購入するのかしら?


 




    そして打ち合わせの後、夕方からは、

    新郎の高校のお友達の家に。




    酔った新郎は、友達の前で

  ノロける、ノロける。





    友達に


 「キミたち、仲良しだねえ~」




   と、からかわれて非常に恥ずかしかったのですが、その帰り道。



  

     新郎、


   電車を途中で下り








  ぶらり途中下車の旅


  アンド




  ゲロ2回。










    数年ぶりに目の前で人がゲロってるのを見ました。




    そしたら、




    ワタシ、







  もらいゲロまで


  あと数センチ。







     寸止めでした。





     危うく、

     そんなことまで仲良くするところでした。




   


     新郎は、吐きおわった後、




  「アレグリ~ア~、


   アレグリ~ア~♪」







       歌の内容、




     現状とつながりゼロ


       ですが、陽気に歌い上げて就寝。





       私の方も限界がきています。
  
       というわけで、全くキレのない内容で、

       すみません・・・・(酔)



    
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年05月26日(木)

名作完成の日、近し!

テーマ:結婚式内容




   しつこいようですが、締切がせまっている

  ヒストリービデオの原稿が進みません。




  

   この原稿、家族が書くところもあるんですが、

   中高時代のことは、同じ学校のふたつ下の学年にいた

   に書かせてみました。



   いや~、自分で言うのもなんですが、

   中高時代(のみ)は、ワタシ、かなり優秀だったので、

   学校での活躍ぶりはもよく知っているはず。


   だから、あえて、親よりもに書かせてみたのです。





  妹から戻ってきた原稿

          ↓






  ■お姉さんの中学高校時代について






   「髪型が三つ編みの


   アミアミで、


   まゆ毛がゲジゲジでした。


   あとはよくわからんのですが。」













  ルックスについて


  のみ?





 

     しかも、


    「アミアミのゲジゲジでした」



    って、



    ねえ、キミの文章力、小学生レベル?

    お姉ちゃん、ビックリしちゃったよ。




    注) 妹は28歳、割とバリバリのキャリアウーマンです。


   






    さて、新郎新婦本人の原稿。



   新郎、少しずつ書き始めました。

   幼稚園から就職するまでの思い出を、年代別に書き始めてます。




   新郎  「ちょっと書いたから読んでみて」





  

    渡された原稿には以下の文字が。
 






   ■ 幼稚園の思い出



   「実はあんまり覚えてないんだけど・・・。


   でも写真を見ると、いつも仮面ライダー


   のポーズをとってるね!」








    あの~、

    この、砕けた話し言葉は何すか・・・?






  なんか、キモっ!





 


    新郎 「ビデオの製作会社さんにむかって、


        話しかける感じで書いてみたんだけど」









   そんなフレンドリーさ、


   全くもって不必要。



  
   







    新郎のその他の原稿


    ■ あなたの宝物は?




      「 奥さん 」






    ■ あなたが今一番ほしいものは?




       「ハネムーンベビー」








     ちょっとぉ~、これ甘すぎない?


     友達も親も見るのに、恥ずかしいっちゅーの。









   新郎 「いいじゃん!キミもちゃんと


       そういう愛のあふれる原稿を


       書いてよね」









     えーっと、


     ワタシの原稿の方は、


     もうできあがってまして、


     ちなみにその部分は、





   【 新婦 】

    ■ あなたの宝物は?




     「独身時代の貯金。

     この先、何があるか

     わからないので。」







    ■ あなたが今一番ほしいものは?




     「現金。

     結婚にこんなに金が

     かかるとは思わなかった

     ので。」









       だってぇ~、



  愛だけじゃ、


  食ってけないから。




AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005年05月25日(水)

写真ができましたが・・・

テーマ:和装神前式



   5月5日に行った、神前式でカメラマンが

  撮影した写真とビデオができたそうです。

  今は広島の実家にあり、私達はまだ見ていません。



   披露宴の写真は、各自のカメラで撮影したものを

  見てきましたが、神前式そのものの写真は、

  カメラマンしか撮影していないため、未知。


   
   当日、5月5日の広島は快晴で、神殿に差し込む

  光がすごくきれいでした。

   式の後、「長もち唄」の唄い手さんの後を花嫁行列したときも

  5月の新緑がまぶしくて、きっと写真にもそんな風景が

  おさめられているのではないかと期待しています。



   しかし、今気づいたのですが、カメラマンの写真って、

  紙焼きの「写真」ですよね・・・。

   デジカメじゃないから、データとしてパソコンに保存したり、

  それこそブログにアップすることも無理??


   スキャナーがあればできるのかもしれないけど、

  買わなきゃいけないんでしょうか?



    自分で「結婚しましたハガキ」や「年賀状」を作成してる

   方は、プロカメラマンの写真でなく、デジカメの写真を

   使ってるってこと?


    あ、でも、プロのカメラマンの方がデータに変換して、

   CDでもらった、って友達もいたような・・・。


   よーわからん・・・・。






    ところで、

    
    父親に



  「プロが撮影した写真、きれいに写ってる?」



   と、質問してみました。







  父 「見ようによっては、






  若いときの


  佐久間良子ふうに



   かわいく撮れてるよ」


















            


  

 

              すげー、微妙・・・。









   私 「違う表現でお願いします・・・」








  父 「だーかーらー(ほりえもん風)


     若いときの佐久間良子、


      って言ってるじゃない」






  

   

     どっちでもいいや、もう・・・。







     とりあえず


     紙焼きの写真をデータ化する方法を調べてみます。



いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年05月23日(月)

「24」シリーズよりドキドキするドラマ

テーマ:花嫁について



   1ヶ月前、9月に結婚式をする式場である、

   青山エリュシオンハウスの担当者から電話があった。



  「第一回目の打ち合わせをしたいと

  思いますので、ご都合の良い日を

  教えてください」





   私は土日休みなのだが、新郎はホテル勤務なので、

  休みはシフトによって決まる。

   更に、人が辞めたり入ったりで、バタバタしている彼の部署は、

  最近は、そのシフトすら直前にならないとわからない始末。





  打ち合わせ、

  全然行けません・・・。






 
   昨日書いたように、まず「ヒストリービデオ」 の締切も

  迫っています。

   新郎の職業上、ふたりの生活リズムはバラバラで、

  更に、相変わらずふたりともテニスプレイヤーであるため、

  式までの3ヵ月半、そろって準備を進める日などそうそう

  ないのではないだろうか・・・。

   だって、式だけじゃなく、新婚旅行やら、結婚の手続やら

  細かいこともあるじゃない・・・?







  何か・・・、




 すっげー焦ってきた!!









    そんな精神状態の私なので、最近毎日のように、





   いや~な夢

  
    で、目覚めます。



   

   


  ① 学校に遅刻しそうになのに、

    体操服が見つからない夢。




  ② 体育の授業が始まりそうなのに、

    体操服が見つからない夢。




  ③ 学校に行ってみたら、体育が

    あることに気づき、体操服がない。








     私、


     もしかして、










  体操服に呪われて


  ます・・・?










    私は体育の授業は大好きで、体育に嫌な思い出なぞ


    ひとつもないんだけどね・・・。


    よくわかりません。




    しかし、この体操服シリーズに変わって、


   最近新しく始まった新シリーズ!










  ① 起きたら結婚式当日。

    な~んにも準備ができてない夢。




  ② 気づいたら結婚式の開始時刻で、

    招待客が怒っている夢。










    怖いでしょ、怖いでしょ、


    ほんとに寝汗かくよ!








    更に最近、このシリーズ、ストーリーが具体的に

   展開するようになりまして、続きも上映されるんです。






   ③ 結婚式がいつの間にか始まって


     いて、急いでメイクしようとするが、









   「SF映画」の


   特殊メイク担当者


   しかいない夢。





      しかも、撮影時間がおしてるから、と言われて、







      こんな人や






             





      こんな人の           





 
            







      列の後ろに並ばされて、



   超、後回し!







     

     で、この夢のシリーズのラストですが、だいたい、



 

  
  そのまま、


  結婚式をほっぽり出し、


  新郎とふたりで

 
  知らない港町に逃げる




    って結末・・・。

    更に、




  寂しげな港町の公衆電話


  から、私の親に謝罪の


  電話をしてる。


     ↑携帯電話じゃないあたりも、寂しすぎる。









     正夢にならないように、したいものです。



いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005年05月22日(日)

フレーベルフレーベルフレーベル

テーマ:結婚式内容


    迫っています・・・



    9月の結婚式の





  ヒストリービデオの

  原稿提出締切が。




    ヒストリービデオについては、

   コチラを






   このヒストリービデオには、約100枚の写真を用意し、

   更に、新郎新婦が原稿を書く。

   親に書いてもらう原稿もある。

   


   新郎新婦の書く原稿は、結構な量である。

   しかし、新郎の原稿は、全く進む気配がない。



   仕方ないので、インタビュー形式で、私が新郎に質問。




   私 「幼稚園時代の思い出を教えてください」








  新郎 「フレーベル幼稚園だね」








   私 「どんな子供でしたか?」








  新郎 「フレーベル幼稚園に

       行ってたんだよ」








   私 「どんな遊びをしていましたか?」








  新郎 「フレーベル幼稚園

       って幼稚園だったなあ」















   フレーベル、フレーベル、


   って、










  うるせーよ!!












     呪いの呪文か?












  新郎 「だって俺、小さい頃の記憶が

       あまりないんだよ~」



   

   と、いうワケで、未だ、原稿は真っ白です。






    新郎のお母さんに、新郎の幼稚園時代のエピソードを

    聞いてみました。





   義母 「親が参加しない園児だけの

        旅行があって、




     三日間、ウンチを我慢して


     帰ってきたことがあったわ」











        結婚式で



  いきなり、


  ウン○ネタですか・・・?









     と、いうわけで、





   フレーベル幼稚園の卒園生の、

   新郎と共有の想い出

   (旅行のウン○の話以外)

   お持ちのあなた!

   今すぐ連絡をください!!


   締切りは今月末です!






いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年05月20日(金)

彼のテクニック

テーマ:花嫁について



   私、今、すんごい、



  肩がこってます・・・。





  普通は、寒い冬に体がこると思うのですが、私の場合、

   冬は割と平気で、ゴールデンウィークが過ぎて

  暖かくなった今頃から発症します。



   これって


  5月病・・・?





   毎年、発症した頃から、マッサージなどに通いまくるのですが、

   結婚が決まってからこっち、節約のために我慢しておりました。


   去年までは、マッサージ類のものに、相当金をつぎこんで、

   快楽に身をゆだねていました。


   時々、思うんです。






  私が男だったら、


  風俗に通う青年に


  なってたのでは・・・?



     と。




    たまたま女に産まれたので、今世は「性的快楽」でない方に、

    興味が向きましたけど。



    最初は、清く美しい体が、肩こりに蝕まれたと感じるやいなや、

   性感、もとい、クイックマッサージにイッてました。

   しかし一時の快楽だけで、完全に治療されるわけでもなく、

   30分3,000円。

   

   こうなったら医療に頼ろうと思い、会社近くの接骨院へ。

   接骨院だと、保険が適用になるようで安いんですね。


  



   出てきた男は、

  サラサラヘアーを少し茶髪にした若造。






  まずは、オイルをつけての上半身のマッサージ、

   注) 仰向けではなく、うつぶせです。




  変な器具を使ってのマッサージ、
  
   注) 医療器具です。




  電流プレイ、

   注) 医療行為です。





   そして極めつけが





   「言葉攻め」









  「ブラはつけたままで、お風呂上りみたい

   にバスタオルを巻きつけて下さい」




  「ブラの肩ひもを落としてください」












  ブーッ!

  (鼻血の出た音)


 

 

   

    今夜もこの接骨院で、先生のリズミカルなテクニックに

    お世話になる予定。





    あ、ここは「結婚ジャンル」でしたよね・・・・。

    
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005年05月19日(木)

立つんだ、ジョー!

テーマ:花嫁について



   昨日、弊社の健康診断がありました。

   誰が結果を見るわけでもないのですが、

  毎年この健康診断に合わせ、壮絶なダイエットを

  していました。

  注) 去年までは・・・。






   欲望のままに喰らふ生活を続けて臨んだ
 
   今年の検診は、






 入社以来、最高体重!







  オカシイナー、モウスグ花嫁ナノニー



  

   ただ、実際、体重はそんなに激太りの数字ではない。

   私にとっては、フツーの数字である。



   去年までの

   「健診直前限定ダイエット」


   は、とにかく検診当日だけ、一瞬、激ヤセさせ、

   「検診結果上の記録」を平常より大幅に減らす、というもの

   だったので、今年の体重結果こそが真実なのだ。



   
   「検診直前限定ダイエット」は、

   異常な運動量と、過酷な食事制限という

   ボクサーばりな減量法を、検診直前1週間でやると

   いうものである。


   入社以来、そのボクサーみたいなダイエットを

   8年間繰り返していたワケで、




  燃えたよ、真っ白な灰に・・・

                    

                            BY あしたのジョー






   仕上げには、





  検診当日、

  桜の季節だろうが、冷たい雨だろうが、


 

  ノースリーブ、ペラペラの夏スカート、素足



   で体重計に乗る、という悪あがきも忘れてはならない。




  
   「リバウンドしない」 とか 「健康的に痩せる」 

   と、いったダイエット界の常識なぞ、クソクラエだ。





   しかし昨年、その減量法を実行中、朝になって目覚めた時、


  体に力が入らず起き上がれない

   という恐ろしい経験をした。

   体を起こすだけのことなのに、全く力が入らないのだ。







   何とか手を伸ばし、部屋の隅にあった
   

     




   ナビスコリッツ ジャンボサイズパック。





   これを



 2箱、一気食いした。

  

                              (寝たまま)








   そして多少、力が出たところで、冷蔵庫まで這い、

   
   
        



    愛媛の ポンジュース 1リットル。








    これを




 1本、一気飲みした。



                             (寝たまま・・・)





   

   給油された車のように、徐々に元気が出てきたものの、




   あの時、確実に




 今までの人生で、


 最も、死に近いところ


  にいた




    と思う。






    女性がダイエットする際に、推奨される

   1日の摂取カロリーが約1800カロリーなところ、




    リッツ大型パック2箱で、

   2970カロリー

    
    もあるようですが・・・。 ま、いいや・・・。





    9月の結婚式までには、計画的にダイエットしたいと

   思います。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年05月17日(火)

美男美女夫婦

テーマ:ブログ


   昨日、日本テレビ「スーパーテレビ情報最前線」を

 新郎と二人で見た。

  「私が顔を変えるワケ」と題して、整形をした男女の特集。



  ふ~ん・・・、2、30万であんなとこまでできるんだぁ~。




  私  「ねえ、







   整形してもいい?」








   新郎 「絶対ダーメ!!!」



   

   私 「彼女がカワイイ方がいいじゃん」


   新郎 「今のままでいいの!整形なんて嫌だよ」



   っつーか、やんないし、やれないけどね・・・。




   番組内では、15歳の女の子が整形で目を変えた。

   どう見ても、元々、かなりカワイイ顔だったのに、何だかねぇ・・・。


   でも、中高生ぐらいのとき、私も自分の容姿が

  気になって仕方なかったかも。ダイエットのことばかり考え、

  目がもっとこうだったら、鼻がこうだったら、と、ため息の毎日。

 




  私 「あの年頃はそうなんだよな~。好きな男の子のことが

     気になるし、モテたいし、友達に負けたくないし、みたいなさ。

     若いのよね~・・・。





  ちなみにこの歳になると、

  そういうの全然なくなったけど」










  ビバ!三十路!



     今更、どうしようもないぜ~♪






  私 「キミも、彼女がほしくて悶絶していた

     という中高生時代、

     そのちっちゃい目、整形したいと

     思ったでしょ?」









 新郎  「全然」





  私 「マジ?現状で満足してるの?」




  新郎 「満足、ってことはないけどさぁ。

      だいたい顔さえ直せばモテる

      と思ってるのは、大間違いなんだよ。



   俺みたいに、容姿以外の

   ところでも、女を夢中に

   させられればねぇ

   やれやれ・・・ ┐(´ー`)┌ 」








   そのセリフ、




  カッコイイんだか、

  カッコ悪いんだか・・・。






   何がそんなにキミに自信を持たせてるのか・・・。


    だってキミの顔ってば、



    



       






      朝青龍に似てるよ・・・。








     あと、キミのお父さんがね、

     この前の和装結婚式の写真を見て、







  「息子のヤツ、何だって

    こんなに顔が

   パンパンなんだ?」




     って半分怒ってたらしいよ。





    だって、ホントに、こんな感じ。








               

   
     ボク、新郎~



いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年05月16日(月)

いらないのですが・・・

テーマ:ブログ



   前にも書きましたが、新郎兄がニューヨークに

  転勤になりました。


   現在、新郎兄一家は、引越準備に追われています。





   ところで、


  新郎兄と、新郎。



   男ふたり兄弟、は、女姉妹ほどベタベタ仲良くは

  ないものなのでしょうが、更に、ふたりは

  10歳の年の差があるので、



  「ねえ、お兄ちゃん」

  「なんだい、弟よ」




   って感じは、まーったくないそうです。

   仲が悪いわけではないですが、ふたつ年下の妹と

  「友達状態」な私とは全然感覚が違うらしい。

   まず、新郎は、お兄さんのことを、面と向かって

   何と呼んだらいいかもわからないぐらいだそうで。




   まずその兄弟が、ほとんど交わりがないため、

  私も、新郎兄一家と、頻繁に会う機会はありません。



   しかし、新郎兄一家が急な海外引越で

  てんやわんやしているのを、弟嫁として、

  無視しているのも何だか気が引ける・・・よね・・・?

   しかも、新郎兄一家とは、家が近いから尚更。



 これが親戚づきあい、ってヤツぅ~?






   てなワケで、新郎は仕事だったため、私ひとりで

  新郎兄の家に行ってみた。


    

   新郎兄は留守。

   片付けに追われる新郎兄嫁

   新郎兄の長男、マー君(4歳)。

   新郎兄の長女、キーちゃん(1歳)。

   そして、手伝いに来ている新郎母





    この



   新郎母

   新郎兄嫁

   私



    って・・・・、






 新郎家の女衆、勢ぞろい









   何だか緊張するんですが・・・






   特に、お茶を飲んだり、ご飯食べたり、ってとき、

   どこまで手伝うべきか、「座ってていいよ」って言われたら、

  座ってて良いものなのか・・・?







  どっちにしても・・・、

  すごく気を遣うんですが・・・。






   しかし、

   
   バタバタしている義理の姉と義理の母、が気になる

   私の複雑な心境など、まるで無視して、




 マー 「お姉ちゃんの顔、舐めてもいい~?」




   と、嫁入り前のアタシ(まだ一応)に、鼻息荒く のしかかってきて、

  顔をベロベロ舐めてくる




  オス4歳。


    

   
    

   マー君、キミ、4歳じゃなかったら、







  犯罪ですよ。





  


  
   そのまま、引越手伝いもほぼしないで、

   甥っ子マー君とじゃれていると、





   義姉 「ねえねえ」





   ギクッ!



   

   義姉 「ベビーベッドと、ベビーカー、

       あげるから持って帰って

       くれない?」








    お、お義姉さま・・・、

    まだ、うちは受精もしてないですし・・・、









   義姉 「あと、5キロのダンベルが

       2つあるんだけどさ~。

      スポーツ大好きな、君達夫婦に

      ピッタリ!」









    お、お義姉さま・・・、

    狭い私のアパートには、全くもって邪魔なワケで・・・、

    

    





    なんとな~く、苦笑いでその場をごまかした私ですが・・・。






   子供もいない、筋トレもしない我が家に、

   ベビーカーとベビーベッドとダンベルが来る日は近い・・・・。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。