ひでまろが感じた大きな不満点。それは「Office mobile」でした。

 

エクセルで、ピボットテーブルのスタイルとレイアウトのカスタマイズができないことを筆頭に、機能制限のせいで出来ないことが多過ぎ。これでは使い物になりません(怒)。

 

まあ、機能制限を解除するには、Office365に加入すればいいのですが、プリインストールモデルを買ったのにOfficeに追加支出なんて、毛頭する気はございません(怒怒)。

 

 

というわけで、たまたま余っていたOffice2013をオンラインインストールして、フルパッケージ使えるようにしましたけど、たぶん皆さん、ちょっと前までのOffice Personalプリインストールモデル感覚でいらっしゃると思うので、この点はお気を付けください。

 

 

Miix2 8でできたことが、なんでYOGA Bookではできなくなったんだッ、という怒りで爆発する前に(^^;)

 

 

 

 

 

AD

前回の続き、6位以下を解説します。

 

 

6位 スレンダー美乳の時代へ
7位 もはや手ブラはセミヌードに非ず!?
8位 平均年齢が16年ぶりに低年齢化

 

昔は、「手ブラ」になっただけで大騒ぎだったのに、今は写真集を出す時のお約束レベルまで自由化wwwされてしまいました。ま、ありがたいことですが。

 

出自がアレな(失礼)石川恋はともかく、久松郁実や馬場ふみかまで手ブラとは、グラドルのアイドルとしての格の低さを嘆かざるを得ません。そういう意味で、まだ手ブラをやっていない篠崎愛センパイは偉大ですよね。

 

 

 

 

また、皆さん結構バストが豊かに見えるのに、公式サイズは83cmにするコが多くなってきました。昔なら85cm以上を公称するレベルなのに!。まあ、その分ウエストも減っているので、カップ的には変わらないようですが、単純に数字だけでは表せない時代になったのはオリコン本家と同じく厳しいですね。

 

そんな中、12誌総合のベストテン入りグラドルの平均年齢が、なんと16年ぶりに19.8歳まで下がりました。最年長も石川恋の23歳(こちらでは橋本マナミ姉はベストテン落ちしているので)と、大幅に若返っています。

 

 

9位 写真流出スキャンダル止まらず
10位 御伽ねこむ 藤島康介と31歳差デキ婚
番外 Yun*chiまさかの下乳!

 

欅坂46の現役JKメンバーがデビュー直前にJC時代のセンセイとのプリクラスキャンダルで活動辞退に追い込まれるなど、流出スキャンダルは今年も猛威を振るいました。もっとも、高崎聖子のAVデビューも動画流出から実現したので、一概に悪い話とは言い切れないのかもしれませんがwww

 

御伽ねこむは本当にびっくりしましたねえ。まあ、ファンとセンセイの関係だったのでしょうが、中年ヲタに夢と希望と絶望を同時に与えた稀有な出来事でした。

 

 

番外は、年度末最後に飛び出したびっくりグラビア。まさかYun*chiがあんなに豊満で、しかも下乳出しをやるなんて、個人的には今年のグラビアで最大の衝撃でしたwww。磯山さやか師匠の提唱する「下乳をやると次はヌード」というグラドルあるあるを、折角ですので来年は是非実現していただきたいと思います。

 

 

Pixie Dust*Pixie Dust*
3,000円
Amazon

 

 

AD

グラドル研が選んだ『2016グラドル十大ニュース』。

 

今回は、選定した理由について述べていきましょう。

 

 

1位 高崎聖子AV転身
2位 橋本奈々未衝撃引退!
3位 週刊ポストもグラドル表紙を休止

 

 

 

1・2位は解説不要ですよね。やっぱ、たかしょーのAV転身は、今年一番のニュースでした。結局はお金が決めてだったようですがwww

 

お金という意味では、稼ぐためにアイドルになった橋本奈々未が、予定額を稼ぎ終わったので潔く引退する、というのもびっくりです。1年でサラリーマンの数倍以上稼ぐわけですからねえ、生涯賃金を考えれば、あと3年は頑張ってほしかった(爆)。

 

一方3位は、グラドルランキングならではの重要トピックです。グラドル研的には実はこれが1位なんですけど、余りにも内容が地味で(^^;)。でもベストスリーには入れておきました。週刊現代も含めて、アイドル表紙の復活キボンヌです。写真は、上が現在のグラドルなし、下が去年までのグラドルありです。

 

 

 

 

 

4位 浅川梨奈が童顔巨乳で大ブレイク
5位 乃木坂46、グラビア主流を奪取

 

 

浅川梨奈は、最終的には3位でしたが、一時期はトップにも立ち、久々に正統本格派童顔巨乳JKアイドルとして大活躍してくれました。童顔巨乳JKがベストスリーに入ったのは2002年度1位だった小向美奈子以来でなんと14年ぶりの快挙。なあぽんの将来が先達と重ならないことを祈ります(爆)。

 

 

 

すっかり汚れアイドル役になっちゃったAKB48本体。まあ指原莉乃が連覇するんじゃあ仕方ないですが、おかげで清純派役の乃木坂46グループが本体も含め大躍進。ロングテールまで含めるとまだまだAKB48グループの方が上ですが、上位では乃木坂46グループが気を吐いています。

 

 

 

 

 

AD

グラドル研が選んだ、2016年度グラドル十大ニュース。今年はこうなりますた(^^ゞ

 

1位 高崎聖子AV転身
2位 橋本奈々未衝撃引退!
3位 週刊ポストもグラドル表紙を休止
4位 浅川梨奈が童顔巨乳で大ブレイク
5位 乃木坂46、グラビア主流を奪取
6位 スレンダー美乳の時代へ
7位 もはや手ブラはセミヌードに非ず!?
8位 平均年齢が16年ぶりに低年齢化
9位 写真流出スキャンダル止まらず
10位 御伽ねこむ 藤島康介と31歳差デキ婚
番外 Yun*chiまさかの下乳!

 

 

※解説準備ちう

 

 

 

 

 

今回は、コアなグラドルマニアの動向を一番反映している、隔週5誌のランキングについて見ていきましょう。

 

■隔週5誌
■2016年度年間
■表紙登場回数ベストテン

1 浅川梨奈  7
2 大場美奈  5
2 石川恋  5
2 篠崎愛  5
5 宮脇咲良  4
6 欅坂46  3
6 朝長美桜  3
6 向井地美音  3
6 松本愛  3
6 植村あかり  3

 

 

女王・篠崎愛やプリンセス宮脇咲良を退けて新女王の座に就いたのは、「千年に1度の童顔巨乳」で大ブレイクした浅川梨奈。さすがの篠崎愛も、17歳のピチピチ巨乳には勝てませんでした。

 

とはいえ、2位グループにはしっかり入っており、まだ威光は衰えていません。また、総合年間トップの石川恋、AKB48本体のグラビア女王・大場美奈などもしっかり上位をキープしています。

 

 

 

このほか、朝長美桜もランクインするなど、童顔巨乳が強いイメージですが、松本愛や植村あかりなど、巨乳ではないモデル寄りのグラドルもランクインするなど、実は幅があるランキングになっています。

 

 

 

 

今回は趣向を変えて、実話週刊誌3誌の2016年度年間ランキングを見ていきましょう。


■実話3誌
■2016年度年間
■表紙登場回数ベストテン

1 安枝瞳  8
2 橋本マナミ  5
2 原幹恵  5
2 磯山さやか  5
2 杉原杏璃  5
6 柳ゆり菜  4
6 祥子  4
6 中村静香  4
6 吉木りさ  4
6 熊田曜子  4

 

 

総合年間ランキングや、以前発表した「青年誌ランキング」と比べて、極めて特色あるランキングになっていますよね。

 

 

 

 

ダントツのトップはレースクィーン安枝瞳。安産型の豊かなヒップでヲジサンたちを悩殺!。橋本マナミおねえさまから実話誌女王の座を奪い取りました。

 

ただ、昨年は3回だった実話誌登場が今年は約3倍に急増した理由はちょっとわかりません(爆)。たぶん表紙号の売上やアンケート結果が良かったのでしょうが、2017年度はどうなるか注目していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

また、ランキング全体を見ると、レベル30が5名(うち1名は子持ち人妻!)、他もゆりなん以外はアラサーと、読者層を反映した結果になっていますね。

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅの妹分アーチスト Yun*chi(ゆんち)が、月曜売りの『ヤングキング』巻末グラビアで、まさかの下乳グラビアを披露!

 

 

いやあ、とってもびっくりしました\(◎o◎)/!

 

 

イメージ的に、とても水着グラビアすらやる感じじゃなかったのに、ビキニどころか下乳

 

 

想定外の豊満ボディに超びっくりです。しかも、想定外のヤングキングでの掲載とびっくりづくめ。

 

 

なお、超一流ベテラングラドル磯山さやか師によりますと、下乳を見せると次はヌードが待っているというグラドルあるあるがあるそうです。

 

 

ということは、Yun*chiも次は芸術の名のもとに!?

 

 

是非ヌードになってください。期待しています(^^ゞ

 

 

あ、新譜も早く出してね。一応ひでまろは、Yun*chiの楽曲のファンなので(爆)。

 

 

 

 

Pixie Dust*Pixie Dust*
3,000円
Amazon

 

Lucky Girl*Lucky Girl*
1,300円
Amazon

 

 

 

 

 

 

懺悔コーナーです(^^;)

 

今日は、ひでまろの年間ベストテン予想と結果の乖離について発表したいと思います。

 

■主要20誌
■2016年6月23日付
■年間ベストテン予想

1③ 浅川梨奈
2① 久松郁実
3⑤ 柳ゆり菜
4① 石川恋
5⑦ 宮脇咲良
6⑦ 欅坂46
7- 乃木坂46
8⑦ おのののか
9⑤ 橋本マナミ
10④ 武田玲奈

 

※丸数字が実際の順位

 

 

残念ながらなぁぽんは首位なりませんでしたが、上位9組は一応全部当てました(^^ゞ

 

冷静に見ると、かなり当たっていますよね!?

 

つーか、鉄板の久松郁実を敢えて首位から外したのはやっぱ失敗だったと(爆)。

 

あと、武田玲奈だけはブレイク規模を見誤りましたね。懺悔します(^^;)。

 

 

 

 

 

 

そして最後に、ベスト50の発表です。

 

■主要20誌
■2016年度年間
■表紙登場回数ベスト50

㊱(45) 橋本奈々未 5
㊱(-) 最上もが 5
㊱(-) 稲村亜美 5
㊱(-) 朝長美桜 5
㊱(-) 指原莉乃 5

36(7) 佐野ひなこ 5
36(9) 山本彩 5
36(12) 中村静香 5
36(23) 大場美奈 5
36(35) 壇蜜 5
36(35) 有村架純 5
㊼(-) 桜井日奈子 4
㊼(-) 吉岡里帆 4
㊼(-) 植村あかり 4
㊼(-) 松本愛 4
㊼(-) 峯岸みなみ 4
㊼(-) 生駒里奈 4
㊼(-) 熊田曜子 4

47(12) 山地まり 4
47(17) 兒玉遥 4
47(17) 島崎遥香 4
47(17) 小嶋陽菜 4
47(45) 波瑠 4

 

※カッコ内は昨年度順位(-:ベスト50圏外)
※赤丸は昨年度より順位を上げたグラドル

 

 

36位グループには、衝撃の電撃引退を表明した橋本奈々未、童顔巨乳アイドル歌手からHKT48の朝長美桜やでんぱ組inc.の最上もが、スポーツ美女の稲村亜美などが初ランクイン。一方で昨年ベストテンに入っていた佐野ひなこと山本彩がここまで下がって来てしまいました。

 

 

 

 

47位グループには、CMでブレイクした桜井日奈子、朝の連ドラでブレイクした吉岡里帆、Juice=Juiceの植村あかり、モデルの松本愛などが新たにランクインしました。また、出産後に活動を再開した往年の超一流グラドル熊田曜子も復活しました。

 

 

 

 

 

 

続いて、ベスト30の発表です。

 

■主要20誌
■2016年度年間
■表紙登場回数ベスト30

⑯(-) 向井地美音 8
16(5) 篠崎愛 8
16(9) 柏木由紀 8
⑲(-) 片山萌美 7
⑲(-) 生田絵梨花 7
⑲(-) 入山杏奈 7
⑲(-) 永尾まりや 7
⑲(45) 西野七瀬 7
⑲(27) 朝比奈彩 7
⑲(27) 吉木りさ 7

19(12) 乃木坂46 7
19(17) 白石麻衣 7
㉘(-) 祥子 6
㉘(-) 大川藍 6
㉘(-) 深田恭子 6
㉘(35) 杉原杏璃 6

28(12) 磯山さやか 6
28(23) 原幹恵 6
28(23) AKB48 6
28(27) 広瀬すず 6

 

※カッコ内は昨年度順位(-:ベスト50圏外)
※赤丸は昨年度より順位を上げたグラドル

 

 

AKB系でも世代交代が進みつつあり、16位タイの向井地美音、19位タイの入山杏奈と永尾まりやがベスト20に初めて顔を出しました。

 

 

 

 

また、今年ブレイクした巨乳ナイバ美女の片山萌美とスポーツモグラ美女の朝比奈彩も19位グループに躍進。

 

 

 

28位グループでは、謎の美女・祥子、写真集をリリースした大川藍と深田恭子などがランクインしました。

 

 

 

 

一方、隔週誌女王・篠崎愛は遂にベストテンから陥落。ゆきりんも陥落しました。

 

 

 

乃木坂46は19位グループに4組集中してランクイン。写真集をリリースした生田絵梨花と西野七瀬が躍進した一方、本体と白石麻衣リーダーは少し順位を落としました。