月末につき、今週の拡大版ランキングをお届けします。


主要20誌
■2016年6月30日付
■表紙登場回数ベスト29
① 久松郁実 12
② 浅川梨奈 11
3 柳ゆり菜 10
4 宮脇咲良 9
4 石川恋 9
6 おのののか 8
6 欅坂46 8
6 武田玲奈 8
6 橋本マナミ 8
10 橋本環奈 7
10 渡辺麻友 7


⑫ 齋藤飛鳥 6
12 吉木りさ 6
12 乃木坂46 6
⑮ 祥子 5
⑮ 生田絵梨花 5
⑮ 朝比奈彩 5
15 広瀬すず 5
15 有村架純 5
15 安枝瞳 5
15 篠崎愛 5
15 杉原杏璃 5
15 柏木由紀 5


24 馬場ふみか 4
24 兒玉遥 4
24 原幹恵 4
24 筧美和子 4
24 入山杏奈 4
24 AKB48 4



ベスト3は火曜日に解説しましたので、今日は4位以下を解説します。


初めにベストテンでは、4位の石川恋、6位の武田玲奈と欅坂46がニューフェイスとして頑張っています。


ベスト20では、12位の齋藤飛鳥と15位の生田絵梨花がまず注目です。乃木坂46では今まで、生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未などがグラビアでは強かったのですが、今年はメンバーチェンジな感じでしょうか。


このほか、実話誌中心ですが「謎の美女」祥子と、「淡路島の至宝」朝比奈彩も15位と健闘しています。


ベスト30では、仮面ライダードライブの敵役メディック様でブレイクした馬場ふみか、AKB総選挙で9位に入ったギャルっぴこと兒玉遥も新勢力としてこれからが楽しみです。


一方で、昨年4位の篠崎愛が15位で伸び悩んでいるほか、昨年5位の佐野ひなこ、一昨年女王で昨年も7位だった山本彩などが上位から(今のところ)姿を消しています。




AD

毎週火曜日はグラドル週間ランキングをお贈りします。



■主要20誌
■2016年6月30日付
■表紙登場回数ベスト10
① 久松郁実 12
② 浅川梨奈 11
3 柳ゆり菜 10
4 宮脇咲良 9
4 石川恋 9
6 おのののか 8
6 欅坂46 8
6 武田玲奈 8
6 橋本マナミ 8
10 橋本環奈 7
10 渡辺麻友 7




今週は久松郁実と浅川梨奈が2回ずつ表紙に登場。これで、いくみんは単独トップに浮上。なぁぽんも2位浮上と、ツートップの争いが熾烈になってきました。


7月クールの連ドラ2本【注1】にレギュラー出演の決まったいくみんの方が若干有利に見えますが、なぁぽんもSUPER☆GiRLSの第3章幕開け【注2】でこれから攻勢に出そうで、勝負の行方はまだまだわかりません。


また、このあおりで柳ゆり菜はCo-Leaderから3位に転落しちゃいました。



【注1】

TBS「闇金ウシジマくんSeason3」と、CX「ラブラブエイリアン」


【注2】
6/25で勝田梨乃と荒井玲良が卒業。木戸口桜子、石橋蛍、尾澤ルナ、阿部夢梨、長尾しおりの5人が新加入。14人体制となり前島亜美が新リーダーとなる。8月31日に3章初のシングル「ラブサマ!!!」をリリース。





<デジタル週プレ写真集> 久松郁実「ボンキュッボン」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

ヤングマガジン 2016年18号 [2016年4月4日発売] [雑誌]/講談社
¥価格不明
Amazon.co.jp

<デジタル週プレ写真集> 柳ゆり菜「大人ゆり菜始めました」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

AD

3/31付で今年最初の年間ベストテン予想を行いましたが、3か月経ちましたので、再び予想を行いたいと思います。初めに、3/31に行った、最初の予想のおさらいから。



■主要20誌

■2016年3月31日付
■年間ベストテン予想
1 浅川梨奈
2 宮脇咲良
3 欅坂46
4 久松郁実
5 乃木坂46
6 おのののか
7 橋本マナミ
8 柳ゆり菜
9 篠崎愛
10 橋本環奈




次に、直近のベストテンです。



■主要20誌
■2016年6月23日付
■表紙登場回数ベストテン
1 柳ゆり菜 10
1 久松郁実 10
3 宮脇咲良 9
3 浅川梨奈 9
3 石川恋 9
6 武田玲奈 8
6 橋本マナミ 8
6 おのののか 8
6 欅坂46 8
10 渡辺麻友 7
10 橋本環奈 7




そして最後に、6/23付の最新予想です。



■主要20誌
■2016年6月23日付
■年間ベストテン予想(第2弾)
1① 浅川梨奈
2④ 久松郁実
3⑧ 柳ゆり菜
4- 石川恋
5② 宮脇咲良
6③ 欅坂46
7⑤ 乃木坂46
8⑥ おのののか
9⑦ 橋本マナミ
10ー 武田玲奈


※丸数字は前回3/31の予想順位




なぁぽんの1位予想は変わらず。久松郁実は現在女王のため2位まで上げましたが、最終的には昨年同様涙を飲むと予想しています。柳ゆり菜も昨年女王の底力を発揮し始めているので3位まで大幅に順位を上げてみました。


逆に、宮脇咲良、欅坂46、乃木坂46、おのののか、橋本マナミは、ベストテンには残留させましたが、順位はそれぞれ落としました。


また、前回、⑨位と予想した篠崎愛と、⑩位の橋本環奈を外し、石川恋と武田玲奈を新たに加えました。




2016年度もすでに折り返し地点を過ぎており、大勢も固まりつつありますが、逆に言えば、グラドルランキング的にはまだ5か月も残っていますので、まだまだひと波乱もふた波乱もあることでしょう。


本当になぁぽんが新女王に輝くのか、はたまた、久松郁実以外のダークホースが全てをひっくり返すのか、今後もしばらく、いや、最終最後まで、グラドルランキングから目が離せませんネ!





ヤングアニマル 2016年 6/10 号 [雑誌]/白泉社
¥440
Amazon.co.jp

<デジタル週プレ写真集> 久松郁実「10代最後のイクボディ」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

Beach Angels柳ゆり菜 in オアフ島 [DVD]/バップ
¥4,104
Amazon.co.jp

<デジタル週プレ写真集> 石川恋「夏よ、終わらないで」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

AD

毎週火曜日はグラドル週間ランキングをお贈りします。


■主要20誌
■2016年6月23日付
■表紙登場回数ベストテン
1 柳ゆり菜 10
① 久松郁実 10
③ 浅川梨奈 9
3 宮脇咲良 9
3 石川恋 9
⑥ 武田玲奈 8
⑥ 橋本マナミ 8
6 おのののか 8
6 欅坂46 8

⑩渡辺麻友 7
10 橋本環奈 7



今週は武田玲奈と橋本マナミが回数を伸ばし6位タイに浮上。総選挙2位だったまゆゆもベストテンに復帰しました。ただ、全般的には無風状態でした。


さて来週は、なぁぽんが2回、いくみんが1回、表紙登場の予定です。ということは!、ついに両雄(正しくは両雌かな(^^ゞ)首位に並び立つかも!?


いやあ、来週が楽しみデス(^_-)-☆




橋本マナミ タイムストリッパー (メイキングDVD(70分)つきフォトムック)/光文社
¥2,808
Amazon.co.jp

武田玲奈1st写真集「short」/集英社
¥2,484
Amazon.co.jp

ヤングマガジン 2016年 6/13 号 [雑誌]/講談社
¥360
Amazon.co.jp

久松郁実/19(いく) [Blu-ray]/リバプール
¥1,980
Amazon.co.jp

昨日、6/18はAKB48選抜総選挙の開票日でしたが、最近グラドルランキングではAKBが弱いので、すっかり忘れていました(^^ゞ


しかし、長年の慣例ですので、今年も、総選挙の結果とグラドルランキングの相関関係について、後付けですが検証したいと思います。まずは選挙の結果から。



【1】AKB48総選挙2016の神16
1指原莉乃
2渡辺麻友
3松井珠理奈
4山本彩
5柏木由紀
6宮脇咲良
7須田亜香里
8島崎遥香
9兒玉遥
10武藤十夢
11横山由依
12北原里英
13向井地美音
14岡田奈々
15髙橋朱里
16にゃんにゃん仮面(小嶋陽菜)



次に、今年度選挙直前のグラドルランキングで見た神7です。



【2】2016年度6月16日付ランキングでの神7
1⑥宮脇咲良
2②渡辺麻友
3⑤柏木由紀
3⑨兒玉遥
3-入山杏奈<18位>
6①指原莉乃
6⑬向井地美音
6⑯にゃんにゃん仮面(小嶋陽菜)
6-峯岸みなみ<17位>
6-大場美奈<22位>
6-朝長美桜<23位>


※丸数字は総選挙順位(16位以内)
※<>内は総選挙順位(17位以下)



グラドルランキングでは、③松井珠理奈、④山本彩、⑦須田亜香里が入っていませんでした。でも、サンプルが少ないのであまり参考にはなりませんよね。


そこで次に、2015年年間+2016年で比較してみました。



【3】2015+2016ランキングでの神16
1⑥宮脇咲良
2⑤柏木由紀
3③松井珠理奈
4②渡辺麻友
4⑨兒玉遥
6④山本彩
6⑯にゃんにゃん仮面(小嶋陽菜)
8⑧島崎遥香
8ー大場美奈<22位>
10-入山杏奈<18位>
11-朝長美桜<23位>
12①指原莉乃
12⑬向井地美音
12-峯岸みなみ<17位>
12-古畑奈和<29位>
16⑪横山由依
16⑫北原里英
16-小嶋真子<19位>
16-白間美瑠<24位>
16-加藤玲奈<26位>
16-木崎ゆりあ<37位>
16-神志那結衣<53位>


※丸数字は総選挙順位(16位以内)
※<>内は総選挙順位(17位以下)



データが1年半分あると、かなり一致しますね。それでも、⑦須田亜香里、⑩武藤十夢、⑭岡田奈々、⑮髙橋朱里はランクインしていませんでした。



個人的には、指原莉乃の得票内訳を開示してもらうと、今の日本の状況が分かって非常に有益だと思うのですが。折角のビッグデータなんですし(って、実際は運営側が使ってますよね。個人的に伝手と辿れば見ることはできると思いますが、その場合は口外できないでしょうから、世間一般への開示を期待しています)。



再来週の話ではありますが、『千年に一人の童顔巨乳』こと、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈(なな)タンが、ヤングマガジンと少年チャンピオンの表紙に登場する予定となりました。


現在なぁぽんは、首位に1回差の二番手グループにつけていますので、2回登場ということは、もしかして、遂に「千年に一人の童顔巨乳」がグラドルランキングの首位に立つかもしれません!


今年、なぁぽんが年間首位を獲ると予想しているひでまろとしては、遂にその日が来たか!、と感無量です。今後の更なる活躍に期待したいですネ!




ヤングマガジン 2016年18号 [2016年4月4日発売] [雑誌]/講談社
¥価格不明
Amazon.co.jp

<デジタル週プレ写真集> 浅川梨奈「忘れられない冬に」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

SUPER☆GiRLS 3rd写真集 「Revolution」 (Tokyo news mook)/東京ニュース通信社
¥3,000
Amazon.co.jp

SUPER★CASTLE/iDOL Street
¥3,000
Amazon.co.jp

毎週火曜日はグラドル週間ランキングをお贈りします。


■主要20誌
■2016年6月16日付
■表紙登場回数ベストテン
① 柳ゆり菜 10
1 久松郁実 10
3 宮脇咲良 9
3 浅川梨奈 9
3 石川恋 9
6 おのののか 8
6 欅坂46 8
⑧ 橋本マナミ 7
8 武田玲奈 7
8 橋本環奈 7



柳ゆり菜がフライデー表紙に登場、久松郁実と並んで首位に立ちました。3月末時点では登場5回で8位と前年女王としては出遅れ感がありましたが、その後2か月半で表紙5回とハイペースで積み上げ、ついに首位に並びました。



ちなみに直近5回は、フライデー2回、ヤンマガ・大衆・アサ芸で各1回となっており、比較的対象年齢層の高い雑誌に登場しています。このことから、ゆりなんは人気が定着し、ベテランへの道を歩み始めていると思われます。ドラマや映画にも出始めていますから、女優への転身が進むかもしれませんね。




柳ゆり菜写真集「yurina」/講談社
¥価格不明
Amazon.co.jp

<デジタル週プレ写真集> 柳ゆり菜「大人ゆり菜始めました」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

Beach Angels柳ゆり菜 in オアフ島 [DVD]/バップ
¥4,104
Amazon.co.jp

昨年女王ながら、今年は出遅れ感のあった柳ゆり菜タン。


しかし、今日売りのフライデーの表紙を飾った結果、なんと!、新女王久松郁実と並んでグラドルランキングの年間トップに立ちました。


いやあ、びっくりデス。



映画 うわこい2 完全版 DVD-BOX/エスピーオー
¥3,780
Amazon.co.jp

柳ゆり菜写真集「yurina」/講談社
¥価格不明
Amazon.co.jp

<デジタル週プレ写真集> 柳ゆり菜「大人ゆり菜始めました」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

毎週火曜日はグラドル週間ランキングをお贈りします。



■主要20誌
■2016年6月9日付
■表紙登場回数ベストテン
1 久松郁実 10
2 浅川梨奈 9
2 柳ゆり菜 9
2 宮脇咲良 9
5 おのののか 8
5 石川恋 8
7 橋本環奈 7
7 欅坂46 7
7 武田玲奈 7
⑩ 橋本マナミ 6
10 吉木りさ 6
10 乃木坂46 6



今週はベストテン陣が全く表紙に登場せず、珍しく無風状態でした。そんな中唯一、橋本マナミに赤丸がついているのは、次号の週プレに登場予定だからです。



また、恒例のAKB48選抜総選挙も始まり、AKB系の露出も増えてきました。ちなみに今年の開票は6/18(土)に新潟で行われます。速報1位はまゆゆのようですが、果たしてどうなりますやら?




<デジタル週プレ写真集> 橋本マナミ「疑似恋愛 彼女の部屋で……。」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp


AKB48総選挙公式ガイドブック2016 (講談社 MOOK)/講談社
¥1,200
Amazon.co.jp


渡辺麻友写真集『まゆゆ』/集英社
¥1,234
Amazon.co.jp



志田未来から神木隆之介を「寝取った」と文春にスクープされた佐野ひなこタン。


文春にも「身長160センチ、B84W51H83の“驚異のくびれ”を誇るグラビアクイーンの佐野。」と紹介されるほどのナイスバディを誇る超一流グラドルですが、今日は、彼女のグラドルとしての凄さを検証してみましょう。


まず、スリーサイズですが、ウエスト51cmって驚異的細さですよね。


もし、彼女のウエストがグラドルとして標準的な58cmだったとしたら、バストは91cmということになるわけですから、井上和香(B90W60H90)もマッサオの超ボインボイン(完全死語)なわけです。いんやあ、すんごいですねぇ。


また、グラドルランキング的にも、2014年度・2015年度と2年連続で総合3位。


しかも、青年4誌に限れば、なんと、2年連続で年間1位!。実は人気もすんごいんです。


神木クンも「つるぺた」より「ボンッキュッボンッ」に目移りしちゃったのかナ。羨ましい(爆)。




佐野ひなこ ファースト写真集 Hinako/講談社
¥2,160
Amazon.co.jp

<デジタル週プレ写真集> 佐野ひなこ「楽園天国」/週刊プレイボーイ
¥価格不明
Amazon.co.jp

晴れのちツインテール/飛鳥新社
¥2,592
Amazon.co.jp