鈴きのこのブログ

451リトルジャーニー


テーマ:

最近自転車に乗ることが少なくネタ不足なので韓国縦走の件をまとめてみた。



①サイクリングロード


ほぼすべての曲がり角には看板がかかっているので、慎重に進めば迷う

ことはないと思う。逆に交差点にぶつかった時点で看板が無い場合は道を

間違えていると思って間違いない。

「ほぼ」としたのは、時々ない時があるからで、安東含めて約700kmの縦走で

迷いそうになったのが2回ほどあった。2回とも引き返してみたら、やはり

看板を見落として、間違った方向に進みそうになっていた。



この「4-river」マークを見落としてはいけない。
鈴きのこのブログ-image



鈴きのこのブログ-image



鈴きのこのブログ-image


ただし、迷うこと前提で地図とコンパス片手に進む方向を判断できる位の

スキルは必要だと思う。ちなみに私は地図はiPhoneのMap Offlineを愛用している。

ダウンロードに時間がかかるが、日本で済ませておけば問題なし。

電波があれば、GPSとも連動してくれて、現在地まで表示してくれる。電波が

なくなってもしばらくはGPSが機能しれくれるけど、そのうち出てこなくなるので

あてにし過ぎは禁物。


もちろん韓国語ができる人は別だが、ハングル文字は全くと言っていいほど

読めないので、車道の看板もあてにできない。


また、認証センターなどで配布されている無償のサイクリングマップはGETマスト。

認証センターまでの距離など、必要な情報が満載である。ただし折り目が異常に

破れやすいのでセロハンテープで補強が必要である。



ぼろぼろだけど、サイクリングマップ
鈴きのこのブログ-image

鈴きのこのブログ-image

鈴きのこのブログ-image


認証センターの場所はもちろん、その他にも


・ホテル

・キャンプ場

・レストラン

・トイレ

・給水ポイント

・見どころ


なんかがざっくりと載っている。


Map Offline+写真のサイクリングマップ+コンパスでなんとか乗り切れた。



獲得したスタンプ達

鈴きのこのブログ-image


鈴きのこのブログ-image


鈴きのこのブログ-image


鈴きのこのブログ-image

鈴きのこのブログ-image



スタンプラリーが完了すると、賞状、メダル、ステッカーがもらえ、

認証番号が発行される。
鈴きのこのブログ

鈴きのこのブログ-image




②峠


ソウルから釜山に向かう体で。


もともと高い山があまり無い韓国なので、普段から自転車に乗っている人なら

心配する必要はないと思う。まず最初の登りがChungju Dam。200m位登った

ところにダムと認証センターがある。


その次はHapcheon ChangnyeongboとChangnyeong Hamanboの間に200m

くらいのアップダウンが3~4か所くらいあったと思う。続いて縦走最大の登りが

標高500mくらいの峠で、登ったところには認証センターが設置されている。


峠の手前の看板。貴重な標高情報をGET。

鈴きのこのブログ-image



峠の認証センター
鈴きのこのブログ



この峠を越えた後は大きな峠は無い。ただし地図でもわかるとおり山間部が多いので

100m位のアップダウンを繰り返すことになる。アップダウンはサイクリングマップの

くねくねしているところにあるのでマップを見ればおおよそポイントが想像できる。




③韓国自転車事情


韓国のスポーツバイクと言えばMTBが主流。おおよそMTB×7割、ロード×1割、

折りたたみ・ミニベロ×1割、残りその他。やはり日本に比べて舗装道路のクオリティが

低いからだと思われる。慣れた道ならロードでもいいと思うけど、突然アスファルト

に穴が開いていたりすることを考えるとMTBが安心だと思う。かといってぶっとい

オフロードタイヤはオーバースペックなので、MTB+オンロードタイヤがツーリングには

いい組み合わせがベスト。もちろん個人の主観にもよりますけど。


実際、フロントサス/リアリジッドのMTB+シュワルベマラソンプラスの組み合わせを
よく見かけた。


フレームのメーカーで知っているのはGIANT位で他のメーカーはあまり日本では

見かけないものが多い。

あと気になったのがブロンプトン率の高さ。流行ってる?輪行とツーリングを組み合わ

せて乗っているのかな?




④宿


今回はMOTELを中心に泊り歩いた。


大きな町には格安ゲストハウスもあったけど、MOTELがだいたい3000円前後と
お手頃価格なのでおすすめ。装飾はいかがわしいけど男1人予約なしで
入ってもなんら問題ない。町の中心や駅からも近いことが多いので、観光の拠点と

しても便利である。


ベッドの方がいいと言う人もいるかもしれないけど、快適なオンドル部屋+布団に

あたれば喜ぶべきだと思う。



⑤食事


基本的に日本の韓国料理屋と味に変わりは無い。


完食せずに残して「十分な量が振舞われた」ことを示すことが美徳とされているので、
定食などを頼むとごはんとメインの他に必ずおかずが数品と数種類のキムチが添え

られる。おかずのボリューム、質どれをとっても日本の韓国料理屋よりも大判振舞で

ある。ごはんのおかわりも無料なことが多かった。



ソウル出発の朝ごはん。
鈴きのこのブログ-image


確か忠州に向かう途中の昼ごはん。韓国冷麺。
鈴きのこのブログ-image


食べた場所は忘れたけど昼食。

付け合わせに秋刀魚の塩焼き。うれしい誤算。
鈴きのこのブログ-image


下南の夜ご飯。豚肉のサンチュ巻き
鈴きのこのブログ-image


安東の朝ごはん。のもやしスープ。
鈴きのこのブログ-image


ソウルの夕食。壺に入ったキムチは食べ放題。
鈴きのこのブログ-image


釜山の昼食。焼き魚だけ頼んだつもりがしっかり定食ででてくる。
鈴きのこのブログ-image


大人数で食べること前提のお店も多く、一人で注文すると食べきれないほどの大皿が
くることが何度かあった。値段を見て少し高いなぁと思った時がだいたいそれで、
量を見て納得で、特別高くないことが多い。親切からか?一人では食べきれないよ、
と入店を断られたこともあった。



初日にソウルで受けた洗礼。ファミリーサイズのフライドチキンがいきなり出てきた。
鈴きのこのブログ-image


亀組で食べた夕食。辛鍋料理屋。
鈴きのこのブログ-image


安東名物のチムタク。サイズは鶏1羽かハーフの2種類。

写真はハーフサイズでなんとか完食。
鈴きのこのブログ-image



⑥反日感情


前大統領の竹島上陸などもあり(最近は防空識別圏!?)、関係が悪化していたころ

だったから少し気にしてはいたけど、今回の旅で嫌な思いをしたことは無かった。特に

釜山なんかは日本と交流が盛んで、日本語を話す好意的な人が多かった。


メディアの調査なんかで好きか嫌いかの2択と言われれば嫌いと答えるひとも多い
のかもしれないけど、実際のところ街中の人が日本人に敵意をむき出して歩いて
いるかというと、全くそんなことはない。


むしろ北朝鮮に向ける目の方が冷ややかだった印象がある。


ひと昔前は北朝鮮でミサイル発射の動きが報道されると混乱が起きてスーパーから

日用品や食料が買い占められてたらしいけど、最近は徐々に慣れてきて、そういった

ことも無くなったとのこと。




おわり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

coxsone-doddさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。