アイリッシュオーナーさんからのお便りが届きました♪


こちらは、ジルちゃんと、アビーちゃん。&育ての親の、優しいピレネーのアンちゃん♪


みんな、幸せオーラに満ちてますね!!


なんとなんと、アビー(右)は生後5か月過ぎにして、体重29キロですって!!

(ジルは22キロだって。うちもこれくらいかな)


昔、男の子で成犬で42キロくらいあった子いたけど、女の子で、今、この大きさはすごいな~。


若干、オーバーサイズかもしれないけど、大きい子は好きだなぁ♪


姉妹なのに、まるで親子!?(笑)



こちらは、ユウ母さんと共に暮らしてる子たち。


今、私に向かって笑顔で猛ダッシュしてるのは、チョコちゃん♪


馬の放牧地にて。



左 チョコと、右 クッキー。


この直後、体当たりされて、こけそうになりましたが(笑)


こんな、すばらしい環境ですが、お客様も増えて、大切なお花畑もあるので、いつもは丸馬場で運動しているそう。


でも、やっぱりアイリッシュは、伸び伸びと走り回っている姿が一番好きだな~♪


私が行った時は、呼びの訓練も兼ねて、あえてフリーにして運動するようにしてます。


ここでは、ユウがとってもお利口で呼びも聞くから、遠くにいかないから安心。


うちの方が、よっぽど不安だわ・・・


我が家は、ツバメに目がないリアンとか、野生児がそろってるから(笑)


本当は時間的に、馬4頭乗るので精一杯なんだけど、この子たちの声(心の声)を聞いたら、時間がないとか言ってられません。


動物優先。命優先。




********




そう、思い出した。最近思うことがあるのだけど。


犬の無駄吠えって、よく聞くけど、本当は「無駄な吠え」ってないんじゃないだろうか、とさえ思う。


啼く、吠えるっていうのは、なにかしらの欲求があって、それを訴えるためのもの。


馬でいえば、「前掻き」がそうかな。


そのほとんどは、お腹すいた、ここ嫌だよ、外に出して、お腹痛いよ・・・など、なんらかの欲求のサインです。

犬の吠え方も、すべて意味があるものだと思う。


吠え続ける犬は、何かを訴えたいんだと思う。


その、動物の心の声を、動物に関わる人たちは感じてあげるべきだと思う。

現に、いろんなことに満たされた犬は吠えない。


何も、ワガママを叶えるということじゃなく。



それを気付かせてくれたのは、うちのエリー。


本当に訴えの多いヤツなのです・・。


やっぱり、目も開かないうちから、哺乳瓶が嫌だの、その後の離乳食が嫌だのと、こだわりを持って生きているだけあります(苦笑)


Tomさんくらい、こだわりがあります(笑)


でも、その訴え全てに意味があるのです。


たとえば、ガレージにいても、ヒンヒン、ウォンウォン鳴いてるとき。


それを無視してると、静かになって見ると、粗相をしてました・・。


あー、そうだったのね、ごめんね・・・・と、こっちが反省しました。


トイレはさっき行ったでしょ!と思って無視してても、体調悪くて、また行きたかったようなのです・・・・。


人間の都合だけで考えてしまった自分を猛反省。ほんと、申し訳なくなりました。


納得してるとき、満足してるときは、とても静かで良い子なのです。


当たり前のことかもしれないけど・・・。


いつもウルサイ!!!と思ってる飼い主さんがいれば、その原因は何か、言葉を話せない犬が、何を飼い主に言おうとしてるのかを、もっと多くの人が、気づいてほしいですね。







我が家・・・・。


うちのセッターズ(笑)


プイップー(赤い鳥の名前、私が付けた)はどこ!?


ほら、下ばっかり見てないで!!



あったー、あったよ~!!!!


お~、エリー、天才やねぇ~!!!


なんて賢いアイリッシュでしょう!!(笑)



取る~!私が取る~~!!


頑張った末に、この後、ローラがバキバキーッと・・・・・


パワープレー・・・・。


はい、レモンの木の枝が折れたのでした・・・・


お~まいが・・・


うん、でもあなたたちは悪くないね。


コントロールの悪すぎる私が悪かったね・・(苦笑)



シェルビーのやってたやつは、たしか・・・・


って、もう水たまりないっちゅーの(笑)


あ~、毎日が珍プレーの続出、笑


毎日、楽しすぎるぜ!!(笑)

AD

コメント(6)