朝ドラ マッサン 余市町ブログ

NHK連続テレビ小説 マッサン(朝ドラ マッサン)の情報やあらすじ・感想と、ニッカウヰスキー余市蒸溜所や余市町を紹介します。


テーマ:
朝ドラ「マッサン」
マッサンを演じた玉山鉄二さんが、
ニッカウイスキーの魅力について対談されました。

マッサン 玉山鉄二


NHK連続テレビ小説「マッサン」
主演の玉山鉄二さんが演じたマッサンの、
モデルとなったニッカウヰスキーを創業したマッサン・竹鶴政孝。

理想のウイスキー造りを求めて、北海道余市町にやってきたマッサンは、
余市町にニッカウヰスキー余市蒸溜所を創業し、
本場スコットランドのスコッチウイスキーにも負けない、
美味いウイスキー造りに取り組み、
そしてついにマッサン竹鶴政孝が作ったウイスキーは、
世界一のウイスキーの栄冠に輝きました。

そんなマッサン竹鶴政孝こだわりりのニッカウイスキーの魅力について、
マッサンを演じ、ニッカウヰスキーアンバサダーとなった玉山鉄二さんと、
ニッカウイスキーチーフブレンダーの佐久間正さんが語り合われました。

対談は、ニッカウヰスキー余市蒸溜所ではなく、
ニッカウヰスキー柏工場にて行われました。

会談に先立って、
10数種類のニッカウイスキーのテイスティングも行われ、
マッサン玉山鉄二さんもじっくりとニッカのウイスキーを味わわれました。

マッサン 玉山鉄二 ニッカ


玉山
僕はウイスキーが大好きで、最近、特にブレンドに興味があります。
きっかけは、プレミアム・ブレンデッドウイスキーの「ザ・ニッカ12年」。
初めて飲んだとき、シングルモルトウイスキーでは、
味わったことのないバランスの良さと、
どこまでもまろやかなのに奥深い味に驚きました。
今日はニッカのチーフブレンダー、佐久間さんにお話が聞けるのが楽しみです。

佐久間
こちらこそ。
玉山さんのお話をうかがい、
私が言いたいことを当てられたようでドキッとしました(笑)。
いうのは、弊社の創業者・竹鶴政孝が生涯追求し、
今私たちが受け継ぐニッカの理想は、本当においしいウイスキーをつくること。
そのために、個性豊かなモルト原酒はぜひ必要。
でもその上で、多彩な個性のバランスをとってこそ
生まれるおいしさもあるからです。

玉山
シングルモルトだけでは到達できない領域に進むのがブレンドだと?

佐久間
はい。個性の先の〝調和〟を生み出すのがブレンドです。
竹鶴政孝が、北海道・余市蒸溜所と宮城県・宮城峡蒸溜所をつくったのは、
個性が異なるモルト原酒を手に入れるため。
今、宮城峡にあるカフェ式連続式蒸溜機は、上質なグレーンウイスキーをつくるため。
すべては、理想のブレンデッドウイスキーのための準備です。

玉山
一言でブレンドと言っても、歴史の重みを感じる話ですね。

佐久間
一方で竹鶴政孝は、
より多くの人に本物のウイスキーを飲んでもらいたいとの情熱を傾けた人です。
今日はニッカの身近なウイスキー4種を、
じっくりお話ししながらテイスティングしていただきたいと思います。
まず、「ブラックニッカ クリア」から。これはハイボールがお薦めです。

玉山
あ、クセがなくて爽やか。
ハイボールで飲むと、のどごしが抜群にいい。
麦の風味かな? ほのかな甘味が心地いいです。

佐久間
それがノンピートモルトの特長です。
ピート(草炭)で燻さない麦芽でつくる原酒同士をブレンドすることで、
こんなにクリアな風味が生まれるんです。
次は「ブラックニッカ リッチブレンド」と
「ブラックニッカ ディープブレンド」。
ロックで飲み比べてみてください。

玉山
一転してものすごく個性的ですね。
「ブラックニッカ リッチブレンド」は、干し葡萄とかドライフルーツの甘い香り。
「ブラックニッカ ディープブレンド」は濃くて強い。
ただ、どちらもロックで飲み進めるとうまさが感じられ、
まったりと時間をかけて味わいたくなるウイスキーです。

佐久間
この二つは、ブレンドの鍵となるキーモルトがハッキリ違います。
「ブラックニッカ リッチブレンド」は、甘い香りのシェリー樽原酒。
「ブラックニッカ ディープブレンド」は、
ウッディな新樽原酒と、スモーキーフレーバーを効かせたヘビーピートモルト原酒。
それぞれの味わいは、玉山さんのおっしゃった通りです。 
最後は今までの三つとは異なるブレンド技術を使った「竹鶴ピュアモルト」です。

玉山
これは本当にバランスがいい。
ハイボールにしても味の厚みがしっかりあるし、
ロックでは氷が溶けるに従い、香味の扉が徐々に開いていく感じ。
おいしいですね。

佐久間
「竹鶴ピュアモルト」は、
個性の異なる複数の蒸溜所のモルト原酒を何十種類も混ぜ合わせることで、
シングルモルトのフルーティーで豊かな香りと、
ブレンデッドウイスキーのまろやかさを両立させたウイスキーです。
グレーンウイスキーを使わずに、
この〝調和〟を実現するには長い年月が必要でした。

玉山
お話をうかがっていると、ブレンドというのは、
調合室の中だけで行なわれている作業ではないですね。

佐久間
おっしゃる通りです。
昨日より今日、今日より明日は、
もっとおいしいウイスキーをつくろうという意志をもって、
蒸溜や熟成、あらゆる工程を追求し、最後に調合する。
その総合力こそ、ニッカが伝統とするブレンド技術なのだと思っています。

玉山
ニッカのウイスキーから感じる奥深い魅力の理由が少しだけわかった気がします。
このおいしさを、一人でも多くの方に楽しんでほしいですね。




ニッカウイスキー創業者である、
マッサンこと竹鶴政孝から受け継がれるブレンドの奥義。
マッサン玉山鉄二さんも納得されたようですね。

ウイスキーが大好きだと言うマッサン玉山鉄二さん。
ニッカウイスキーサイトでは、各酒ニッカウイスキーのテイストについても、
コメントしてみえます。

朝ドラ「マッサン」が放映終了してから半年。
マッサン玉山鉄二さん、たまにはニッカウヰスキー余市蒸溜所、
そして余市町にも来ていただきたいものです。

マッサン 玉山鉄二 ブラックニッカ



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
いいね!(35)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)