GEARBOX

日本で壊滅的人気のクーペをこよなく愛する男のひとりごと。花やら鳥やら風景の写真ときどきアルファロメオなブログです。


テーマ:

昨日は帰省前のチェックでディーラーへ。

チンクの限定車が色々ありましたがGenioがちょっと目立ってました。

 

 

日伊国交150週年を記念したモデルで日本限定150台のスペシャルです。

ポルトローナ・フラウのシートなど特別装備もありますが、目玉は何と言っても。。。

 

 

ダッシュボードとBピラーにデザイナーのデッサンがプリントされてます。

こういうことができるのはイタリア人だけだよなぁ(笑)

 

 

 

リモコンキーまで徹底されたスペシャルです。

それと、地味ですがホイールのセンターキャップには円周率が入ってます(笑)

 

 

好き嫌いはあるでしょうけどこういうことができちゃう事自体は羨ましく思いますねェ。

個人的にはちょっとやりすぎな気もしますが、日本に溢れる色や装備だけの特別仕様は単なるお買い得車でしかないから、本当の意味での特別仕様車はこういう「遊び」が良いよなぁ。

 

まぁある意味生活スタイル的に乗りこなすのが難しいクルマでもあるけどね(^^)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

VWグループはアウディの世界耐久選手権(WEC)及びVWの世界ラリー選手権(WRC)からの撤退を表明しました。

これはどうやら先のディーゼル排気ガス不正問題の多額の保証金のためと思われます。

 

正直、とても残念。

WECはトップカテゴリーがポルシェとトヨタだけになるし、WRCに至ってはいきなりチャンピオンが不在。。。

WRCはトヨタが参戦するから面白くなると思っていたんだけど。。。

 

VWが抜けると力をつけてきたヒュンダイとシトロエン、フォードの巻き返しに期待ってところ。

新しい規格に切り替わるところでどうやらシトロエンはニューモデルを投入予定らしい。

正直、今のDS3 WRCは個人的に素直にカッコイイと思えなかったから、ちょっと期待していたら。。。。

 

 

今度はDS3ではなくC3ベースになるらしい。

そのC3、カクタス顔のミニRV風にモデルチェンジしてしまいました。

 

 

で、これでWRC戦うの?って感じですが、発表されたコンセプトモデルが意外とカッコ良かった(笑)

 

 

なんだか昔のプジョー206WRCあたりを彷彿とさせるリアの巨大なスポイラーがえらい迫力を醸し出しています。

 

な~んかヴィッツのWRCがカッコ悪そうでどうなるかと思っていましたが、ちょっと来年以降のWRCも見てみたい気が起きました(^^)

 

実はヒュンダイも韓国での開発をやめてドイツのスタッフに開発をさせたらやっぱり戦闘力が大幅に上がってVWを脅かす存在になって来ていたものの、リコールやらストなんかで会社の足元も危うくなってるようでどうなるかと思っていたら、そのまま継続の方向らしくホッとしました。

ヒュンダイなんて興味ないんだけど、とりあえずいてもらわないと盛り上がらないし(笑)

 

しかしね、韓国ではまったくWRCは認知されていないらしく、これだけ活躍してるのに、4月にアルゼンチンで初優勝した時など韓国ネット上で

「スバルはいなくなったの?」

「日産やトヨタは出場してないの?」

などという時代錯誤の発言があったほど。私がもしヒュンダイの社員だったらちょっと切なくなるな(^_^;)

 

ヒュンダイは韓国国内ではリコール対応などで国内の人気が伸び悩んでいる。

韓国ではどうもドイツ信仰があるからVWに勝った!って宣伝すればいいのに、と思いました。

まぁプライドの高い人達だから、開発は全部外国人がやってるので自慢しづらいんだろうか?。。。なんてね(笑)

まぁトヨタに勝ったらきっとお祭り騒ぎになるんだろうけど(爆)

 

VWもいなくなってトヨタが参戦し、新しい規格になってマシンも一新され勢力図が大きく変わると思われるWRCはちょっと目が離せません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パリで出品されたレクサスのシートのコンセプトモデルが面白い。

クモの巣の応用で自由度が高く長時間運転しても疲れないらしい。

シートに使われる素材も人工的に蜘蛛の糸を模した「QMONOS」という新素材らしい。

しかも骨格とネットだけなので非常に軽量にできるし。

 

いつも最先端技術は自然界にヒントを得ているものが多いですね。

 

 

。。。ってなんとなくかつてのフィアットパンダ45のハンモックシートの発展系っぽいかも?(笑)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去る10月16日、富士スピードウェイでWEC第7戦 富士6時間耐久レース決勝が行われました。

これがまぁ素晴らしい接戦で、勝ったトヨタと2位アウディの差がわずか1秒4。

6時間耐久レースなんですけどねぇ(^^)

 

本当に今のWECは各カテゴリーの規格がうまく行っていて、どこのカテゴリーも大接戦。

だからこそ6時間走って差が1秒4なんてことが起こり得るわけです。

言ってみれば6時間のスプリントレース(笑)

 

ず~っとバトルしてます(笑)

 

だから中だるみがほとんど無い感じ。

4つのカテゴリーのクルマが走っているので速いカテゴリーの車にとっては障害物競走。

どこで遅い車に引っかかるかで簡単に1秒2秒ラップタイムが変わってしまう。

 

燃費やタイヤ交換のスケジュールを計算していても、事故でフルコースイエローが出たり、ライバルの動向でそんなものはいくらでも変わる。

タイヤも使用本数制限があるからどこでニュータイヤを投入するかで展開も変わるし。

 

富士ではタイヤ交換の時間を節約して逃げるトヨタと最後にニュータイヤに交換して勝負に出たアウディの猛追が手に汗握る展開に。

ラスト30分は本当に見ものでした。

アウディは1周で2秒も速いペースで追いかけてきて、25秒だった差が12秒になり4秒になり。。。

でもトヨタも必死で逃げる。

さらに遅い車にどこで出会うかで差が縮まったり開いたり。。。

最後には張り付かれてあと一周逃げ切れるかwって展開。

結果、1秒4の僅差でトヨタが逃げ切った。。。という1戦でした。

 

地上波では放送していないのでファン以外は知らないレースかもしれませんが、バトルが普通のレースの3倍楽しめるお得なレースなのです(笑)

 

面白かったなぁ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここで最近ブレラの記事を書いてません。

特に何も起きてないのでそんなに書くことがないのです(笑)

まぁこれはとても良いことであるということで(^^)

10年落ちになろうかというのに拍子抜けするほど健康体。

電装部品のトラブルもほぼ皆無。

 

そういえばクーペ・フィアットも大きなトラブル未経験だったし。

JAFのお世話になったのも自分の不注意でバッテリーをあげてしまった1回のみ。

 

2台のイタリア車と暮らした約20年はほとんど苦労らしい苦労をしていません。

 

なんかね、身構えていたけど肩透かしを食らった感じ。

なんだ、大丈夫じゃん。。。的な。

もちろん多少のマイナートラブルはあったけれど、車の魅力を削ぐ要因にはなりませんでした。

 

 

もし国産大衆車と暮らしていたらきっと面白くもない20年だったに違いない、と思ってます。

機械的に優れているとか便利だとかそういうことではなく、いてくれないと困る相棒のような存在。

10年乗ってもやっぱり乗るたびに楽しいなという気持ちにさせてくれます。

 

この感覚はきっとイタ車好きの皆さんならわかってもらえると思いますが。

無いと困る。。。。足としてではなくて、気持ち的に(^^)

 

たぶんね、これはパンダなどの実用車でもきっと一緒。

間違いなく、型落ちのパンダと暮らす日々だってきっと楽しい毎日になるという確信があります。

なんだろうな、この感覚?

ゴルフやCクラスじゃダメなんですよ、たぶん。

得られるものが違う。

 

欲しいのは快適な日々ではなく、楽しい日々。

イタリア車はひとりで出掛けても楽しいわけですよ。なんだか意味もなく、ね。

もちろんみんなで出かければなお楽しいわけですが。

 

どなただったか、女性の自動車評論家が「フィアット500は街角に止まってるだけでそこから物語が始まりそうな気がする」と仰っていましたがなるほど言い得て妙という感じ。

 

イタリア車は色んな所がダメなんだけど、その欠点が短所になるどころかだからこそ愛おしく感じてしまう。

 

不思議な乗り物なんだな。

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。