アグネスデジタル
アグネスデジタル

1997.5.15生まれ

父 クラフティプロスペクター
母 チャンシースクウォー

生産者 ケイツビーW.クレイ&ピーターJ.キャラバン
馬主  渡辺孝男

通算成績 32戦12勝〔12.4.4.11〕

主な勝ち鞍
・マイルCS(2000年)
・マイルCS南部杯(2001年)
・天皇賞(秋)(2001年)
・香港C(2001年)
・フェブラリーS(2002年)
・安田記念(2003年)
・全日本3歳優駿(1999年)
・名古屋優駿(2000年)
・ユニコーンS(2000年)
・日本テレビ盃(2001年)

日本ダービーは牝馬ウオッカの圧勝で幕を閉じました。
競馬界はもうすでに来年のダービーに向けて走り出しています。
今年2007年の新種牡馬をざっとみてシンボリクリスエス・ファルブラヴあたりが

注目かなって思いますが私はアグネスデジタルに注目します。

水陸両用の自動車ではありませんがアグネスデジタルの現役時代は
芝・ダート問わず走りました。
特にダートを走った次の芝のレースでは強かった。(マイルCS獲らせた貰いました)
今週末行われる安田記念を勝ったときもダートを使ってからの優勝でした。
アグネスデジタルは2000メートルまでOKでしたが血統的にはダートの

短距離がベストなのかな。タイキシャトルっぽい感じがしますこの馬は。
母系次第では芝の中距離もOKだとも思います。
血統的に軽い感じがするので早い段階から産駒がどんどん勝ち上がると思います。

父を越える芝・ダートを問わない活躍をしてくれるのか楽しみです。

AD
アドマイヤマックス

アドマイヤマックス

1999.4.10生まれ

父 サンデーサイレンス
母 ダイナシュート

生産牧場 ノーザンファーム
馬主    近藤利一

通算成績 22戦4勝〔4.2.5.11〕

主な勝ち鞍
・高松宮記念(2005年)
・富士S(2004年)
・東京スポーツ杯2歳S(2001年)

先日カントリーサインの撮影と一緒に数箇所牧場めぐりをしてきました。
マイネル軍団の虎の穴「ビッグレッドファーム」へいきアドマイヤマックスに
あってきました。坂路がスゴイ!
この日はアドマイヤマックスとマイネルラヴの2頭だけ放牧されておらず
馬房からの撮影となりました。
アドマイヤマックスといえば来週のGⅠ高松宮記念の昨年の優勝馬。
勝ち鞍を見ると全て左回りコースでの勝利。典型的なサウスポーですね。
今年から種牡馬となりました。
サンデーに母父ノーザンテーストとこちらも今年から種牡馬となる
デュランダルと同じ配合ですが距離適正ではアドマイヤマックスのほうが
少々長くても融通がきくのではないのでしょうかね。
いい仔をターフに送るよう期待しています。


今日も1クリックお願いします。

人気blogランキングへ
AD
SW


スペシャルウィーク

1995.5.2生まれ

父 サンデーサイレンス
母 キャンペーンガール

生産牧場 日高大洋牧場
馬主    臼田浩義

通算成績 17戦10勝[10.4.2.1]

主な勝ち鞍
・日本ダービー(1998年)
・天皇賞(春)(1999年)
・天皇賞(秋)(1999年)
・ジャパンカップ(1999年)

代表産駒
・シーザリオ
・インティライミ

シーザリオがオークス制覇。SW産駒初のGⅠ馬です。
しかも父がダービーを制した同じ舞台。
写真のスペシャルウィークは普段は社台では一般公開されて
いない馬で夏季限定(しかも10分のみ)しかお目にかかれず
逢えた時は非常に嬉しかったことを記憶しています。
武豊に初のダービー勝ちをもたらした馬。
今日の武豊は完璧な騎乗でしたがそれでもSWの仔に負けたのは
心境はいかに?
来週のダービーはインティライミがディープインパクトに挑戦です。



ディープインパクト2冠なるか?人気blogランキングへ
AD
トウカイポイント


トウカイポイント


1996.5.18生まれ

父 トウカイテイオー
母 マッチポイント

生産牧場 竹内良一
馬主    内村正則

通算成績 36戦7勝[7.8.2.19]

主な勝ち鞍
・マイルCS(2002年)
・中山記念(2002年)

祖父シンボリルドルフ、父トウカイテイオーそしてトウカイポイントと3代に
渡ってGⅠ制覇。
個人的には馬券の相性はよくありませんでした。
勝った中山記念は8番人気、マイルCSは11番人気
2着になった札幌記念は10番人気と人気がないと走る馬でした。
セン馬ということで長く走って欲しかったのですが2003年の中山記念で
競争中止でそのまま現役引退。
セン馬は気性が悪いと思っていましたがノーザンホースパークでは
おとなしくそして撮影にはカメラ目線で応えてくれました。


馬産地北海道を応援しています。人気blogランキングへ
タキオン

アグネスタキオン


1998.4.13生まれ

父 サンデーサイレンス
母 アグネスフローラ

生産牧場 社台ファーム
馬主    渡辺孝男

通算成績 4戦4勝[4.0.0.0]

主な勝ち鞍
・皐月賞(2001年)
・弥生賞(2001年)
・ラジオたんぱ杯3歳S(2000年)

フジキセキと同じ4戦4勝で引退したSS産駒です。
デビュー戦の上がり33秒8の末脚
そして2戦目のラジオたんぱ杯3歳Sで
ジャングルポケット・クロフネを相手にしなかったレース
道悪での弥生賞5馬身の圧勝。
無敗で制した皐月賞。
長浜調教師が3冠を意識させた馬アグネスタキオン
残念ながらダービー前に屈腱炎で引退。
今年産駒がデビューします。楽しみです。
ダイナガリバー

ダイナガリバー

1983.3.23生まれ

父 ノーザンテースト
母 ユアースポート

生産牧場 社台ファーム
馬主    社台レースホース

通算成績 13戦5勝[5.2.1.5]

主な勝ち鞍
・日本ダービー(1986年)
・有馬記念(1986年)
・共同通信杯4歳S(1986年)

代表産駒
・ファイトガリバー
・ゴーイングスズカ
・インターライナー

2002年に種牡馬引退。現在ノーザンホースパークにいます。
特徴は父ノーザンテーストそっくりの白面。
社台ファーム初の日本ダービー馬として社台グループの悲願を
叶えてくれた馬です。
北海道にきた際は彼にあってみてはいかがでしょうか。