鶴岡

さすがダルの女房の鶴岡

北海道日本ハム 5-4 東北楽天

【本日の川柳】

「試合では ダルの正妻 鶴岡だ」

多忙につき川柳のみで。追記あるかもしれません。

追記

浪花恋しぐれのセリフより

「そりゃダルはアホや ヌードにもなるし 女も泣かす
そやかて それもこれも みんな野球のためや
今にみてみい!わいは日本一になったるんや

日本一やで わかっているやろ 鶴岡

なんやそのツチノコみたいな顔は an・anや! an・anや!
an・an買うてこい!」

ネット裏で本当の意味で妻になるサエコに負けんばかりに良妻ぶり発揮の鶴岡
まぁそれを抜きにしてもリードも打撃も不振の信二より鶴岡の調子が明らかに上
鶴岡をダル以外での使ってくれることを希望。

AD

ジョーンズ

ミッチのくひとり旅・・・

北海道日本ハム 1-3 東北楽天

【本日の川柳】

「どのミッチ 刺激にならぬ 打線には」

ヒルマン曰く「オフェンスに刺激を」ということで
鎌ヶ谷から舞い戻ったミッチ・ジョーンズ

全然刺激になっていません( ̄∩ ̄#

低刺激にもなっておりません。

むしろ変なツボを刺激しているようです・・・
高年俸だからこそ働いてもらわねば困るという球団の思惑もわかるが
鎌ヶ谷からジョーンズ以上の選手はいないんですかね?
目先の費用対効果にこだわるんですかね。球団は
もっと若手でイキのいいやついるでしょ鎌ヶ谷には。
チームが目先に拘らず、将来を見据えるのであれば若手をつかってあげて欲しい。
まぁ鎌ヶ谷にジョーンズを越える野手がいないのであれば
そもそも成り立たない話なんですが・・・

今の打線は将棋でいえば稲葉サンを除けばほとんと「歩」みたいなモンです。
「歩打線」ですよ。
ただね、「歩のない将棋は負け将棋」という将棋の格言があるように
歩も大事なコマなんですよ。ひっくり返したら「金」にもなるし。
その持ちコマを上手く使うのも今はヒルマンの一手にかかっている。
とはいえ持ちコマがあまりにも乏しいのが悲しい現状です・・・

AD

ラッキーセブン

カッコイイよ 山﨑武・・・

北海道日本ハム 1-11 東北楽天

【本日の川柳】

「パパは打つ 娘に捧ぐ ホームラン」

マサルさんがマイケルがその他投手陣が打ち込まれたというより
楽天の打線、特に山﨑武がスゴすぎた。

それもそのはず今日は山﨑の娘さんの誕生日
ちなみに山﨑の背番号7は娘さんの名前の「菜々(なな)」から付けているようで
打席に入るときは背番号7をそっと手で触ってから打席に入り
テレビを見ている家族へ「ホームランを打つよ」というメッセージが
込められているという話を聞いたことがある。
そして今日はその娘の目の前でHR2本で今季40本目。
しかも初めて仙台の招待して打つんだから
スゴイしカッコイイわ~山崎。敵ながらあっぱれですよ。

今日のファイターズは山﨑の家族愛に撃沈ということで・・・


明日の相手は春先に札幌ドームで公開処刑に晒した楽天市場一場ということで
今日の大敗は明日への倍返しにしてもらいましょうか。
これだけ打ち込まれたら逆にスカッとしますわ。

AD

B☆B

拝啓 日刊スポーツ様

北海道日本ハム 2-3 西武

【本日の川柳】

「もうやめて 不敗神話の ジンクスは」

日本ハムのマスコットB・Bに不敗神話(日刊スポーツ)

この記事を見たとき正直イヤな予感がしました・・・
それは去年の4月26日の同じく日刊スポーツの記事から

日本ハム、新庄ヒット打ったら11戦無敗(日刊スポーツ)

この記事がUPされた日の試合にファイターズは負けました。
しかも今日と同じく西武に・・・
去年もこのことについて個人的な意見を述べさせていただきましたが
スポーツ紙が一生懸命に不敗神話を探したら負けるから
余計なジンクスを探すべきではないと。
あえて私は日刊スポーツにモノ申したい

日刊スポーツが不敗神話の記事をUPしたら神話は崩れる

こういった記事はファンの気持ちを鼓舞させるのが目的なのか
どうかはわかりませんが得てしてジンクスは破るためにあるもの。
それをいったら八木が西武にプロに入って勝ち星なしというジンクスも
いつかは破ってもらわないといけません。
神話を信じて野球をしているわけではないですし・・・

みなさんジンクスを見つけたら密かに自分の心の中にしまいましょう(苦笑)
あといっておきますが私は道スポよりも日刊スポーツ派です。
だからといってどーでもいいことなんですがね・・・

08250011.JPG
♪取って~取って~取られて 取って~
取って~ 取り潰れて 点を取って~♪

北海道日本ハムファイターズ 12-3 西武

♪湯気 湯気 湯気 湯気 湯気 湯気♪
ということで私ただいま
登別にいます。
川柳は明日にします。
とりあえず閻魔様びっくりの快勝ということで。
で明日は八木ですか。

久

久は今モーレツに疲れている

北海道日本ハム 5-6 西武

【本日の川柳】

「久しくは 休むことなく 投げ抜いて」

「敗軍の将、兵を語らず」今日の久のコメントはまさしくそうでした。
言い訳を一切言わなかった。身体が辛いのは誰の目にも見てわかること。
はっきりいって久は勤続疲労なんでしょうね。しかも夏場。
この時期どの選手も疲れているのは当然なんでしょうが久は昨年からの

疲労が蓄積している感じが特にします。
逆転を許した久に苛立っているファンも少なからずいるでしょうが
一番今の久に苛立っているのは久自身。
思うようにコントロールが定まらない、スピードが出ないetc
でもこの状態を打開するのも久自身。
久以外にセットアッパーは誰が務まる?

少しは楽にさせてあげるにはやっぱり打線の援護が必要
5点をとったとはいえ、まだまだ拙攻が目立つ
投打が噛み合う時って投手陣が疲れたときに打線が打ってなるべく

投手を休ませて、逆に打線が打てない時は投手陣でカバーするのが
本来の投打が噛み合うっていうことなのでしょうね。
そんなことをラジオの解説で新谷博さんがおっしゃっていました。

それにしても点を取れないときは1点を死守して
5点も取ったときはそれ以上に点を取られてしまうファイターズって一体?
これも噛み合っていないといえばあっていないんでしょうね。

日高町
日高町

人口:14296人(H19.6現在)
デザイン:日高山脈と沙流川と馬

今回のカントリーサインの町は日高町
日高町は合併した町

日高町 門別町
        

          日高町                        門別町

この2つの町が合併してTOPのカントリーサインとなったわけですが

日高町

合併当初は門別町のカントリーサインに町名の部分だけ張り替える
手抜きっぷり(苦笑)

デザインにもなっていますが日高という名前だけあってこの町は
馬産地としても有名。競走馬生産数は日本一の町です。
それだけあってこの町で生産された名馬も数多くいます。
七冠馬のシンボリルドルフや牝馬三冠馬で先日惜しくも亡くなったスティルインラブ

その他二冠馬ミホノブルボンや武豊に初の日本ダービーの勝利をもたらした
スペシャルウィークなど名馬がズラリ。

そして個人的にはこの町に寄ったらここの蕎麦屋がオススメ

いずみ食堂

いずみ食堂は手打そばの食堂

いずみ食堂

いかにも手打ちといった感じの麺の太さのバラバラ感と意外とあっさりの
スープがなかなか美味しい蕎麦屋です。
お昼時はなまら混んでいますよ。

撮影日2006/7/8

完全制覇まであと78市町村

ダルビッシュ

最終回はダル劇場

北海道日本ハム 1-0 オリックス

【本日の川柳】

「ハラハラと 自作自演の ストーリー」

わざとです。これはあくまでもリップサービス。
本音は最後の飯山への打球は一瞬ヤバイと思ったらしい。
1点差だろうと10点差だろうと勝ちは勝ちですがもう1点ぐらい取れない
モンですかね~
スコア的には非常に締まった試合っぽいですが中身がねぇ・・・
同じ1-0でも去年のプレーオフのソフトバンク戦はドキドキしたんだけどな・・・
まぁシチュエーションとかの違いもあると思いますが・・・

勝ちは勝ちといいながらも歯切れが悪いのはなんだろう?

あと個人的な意見でどーでもいいことですが
ヒーローインタビューでアノこと聞くのはいい加減にしたらどうですか。
ワイドショーのネタ提供の場所ではないし
いい加減野球に専念させてあげたらどうですかね。

マサルさん

被り物のXデーはいつ?

北海道日本ハム 1-0 オリックス

【本日の川柳】

「噂まで シャットアウト マサルさん」


日本ハム武田勝が珍パフォーマンス披露?(日刊スポーツ)

この記事のことをヒーローインタビューで聞いたHBC山内アナも
あっさり噂ですの一言で討ち取られました(笑)
これだけ被り物ネタを温めるわけですから単なるB☆Bの被り物じゃないことを
私期待しております。

例えば(過去の被り物といえば)

SHINJO

これのパクリで5人のマサルさんとか

SHINJO

これのマサルさんverとか

早くこいこい、Xデー
楽しみにお待ちしております( ̄▽+ ̄*)

グリン

♪ブルーブルーブルーブルーブルー シャットアウト~♪

北海道日本ハム 0-2 千葉ロッテ

【本日の川柳】

「打てなくて 青息吐息 つきまくる」

♪  ある日

   パパとふたりで 語りあったさ

   ボークを取られた怒りと

   そして 援護なき打線
   グリン グリン
   青空には マリサポ歌い

   グリン グリン
   丘の上には ララ グリンがキレる ♪

ボークはとらないがストライクをなかなか取ってくれない
審判にキレるグリン
成瀬の前に手も足もでずまったく援護がなく
打線にキレるグリン
間もなく帰国するカイルの不在でますます冷静になれず
誰にでもキレるグリン

今まではボークと援護しない打線にキレていたグリンが
プラス、ストライクをなかなかとらない審判にキレだした・・・
どんだけキレれは気が済むの???
せめてもの鎮火する材料だったカイルも帰国で
ますます今後もヒートアップするのが不安です・・・

チケット完売なのに満員にはならず、とりあえず満員での
不敗神話は継続中・・・
そしてWE LOVE HOKKAIDOシリーズは負け越し・・・
ラッキーセブンでWE LOVE MARINESの曲が流れるロッテにとって
今回のシリーズタイトルは相当にイラっとしてパクられた感があったと
個人的には思うんですよ。
ロッテの意地をかなり見せられた3連戦だったと思います。