スープカレー納豆

ついにスープカレーもここまできましたか・・・

札幌発「スープカレー納豆」

北海道限定か定かではありませんがとりあえず札幌発と
いうことで。
カレーに納豆を入れる人は聞いたことがあるがその発想で
作られたものでしょうね。
早速食してみる。
カレーはというと納豆のタレがスープカレーになっているもの。
味は・・・
なかなかスパイシーご飯にはぴったりでしょう。
昨日ジャスコで買い物をしていて発見して思わず買っちゃいました。
さすがスープカレーの町札幌です。
発売元は坂田発酵食品なる会社。
調べてみると楽天市場で坂田食品の店舗がありました。

見たい方はここをクリック

坂田発酵食品の店舗

っていうか札幌発といいながら・・・
坂田食品さん小樽の会社じゃないですか・・・orz


今日も1クリックお願いします。

人気blogランキングへ
AD
三種の神器を興味本位で見た為見た人次々と
死んだことがある。



今日の歴史トリビアは過去ネタから。
今日は天覧競馬だったのでこのネタで。
三種の神器といえば
・八咫鏡(やたのかがみ)
・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)
・草薙の剣(くさなぎのつるぎ)

三種の神器とは日本の歴代の天皇が継承している3つの宝物で
天皇即位の際に鏡と剣のレプリカと勾玉所持することが必要と
されている。

鏡と剣はレプリカと書きましたが鏡は伊勢神宮、剣は熱田神宮に
あるといわれています。
三種の神器は秘宝中の秘宝といわれています。

そんな秘宝を見ようとして見た人が次々と死んでしまった事件が
ありました。

時代は江戸時代舞台は熱田神宮。熱田神宮の神官5人ほどが
興味本位で草薙の剣を見てしまったのです。
そして・・・
次々と謎の死を遂げていきました。
しかしながら1人だけ生きていた人物が草薙の剣について
寸法・形など記したものがあり記録されています。

まるでピラミッドを調査して呪われて死んでいく人のようです。
ああ怖い。


へぇ~と思ったらクリックお願いします。

人気blogランキングへ
AD

上ノ国町

上ノ国町

人口:6862人(H17.3現在)
町花:エゾヤマツツジ
デザイン:夷王山とカブト

上ノ国の歴史は鎌倉時代にさかのぼります。
鎌倉幕府より蝦夷地(北海道)の管轄を命じられた安東氏が

函館など渡島半島に12の砦(館)を築きました。
地域的な位置上函館周辺を下ノ国、そしてここ上ノ国町あたりを
上ノ国と呼ばれ現在の町名は鎌倉時代からの名残でもあります。

ここ上ノ国にも「花沢館」や「勝山館」などの館があり北海道の
中世の歴史上非常に重要な場所になっています。
ここ北海道には先住民族アイヌ(ウタリ)が住んでいたわけで
本州から来た人(和人)との対立もあったわけです。
ここ上ノ国も戦いの舞台になった1457年のコシャマインの蜂起は
小刀の出来栄えを巡って和人の鍛冶屋がアイヌの少年を殺したことを
きっかけに起こったものでした。
コシャマインはほとんどの館をおとしましたが松前藩の始祖とされる
武田信広の策略にはまり敗北した戦いです。

話は変わってここ上ノ国町でしかない石があります。
それが「ブラックシリカ」です。
ブラックシリカとは半永久的に遠赤外線を放出する不思議な石として
健康器具としても重宝されています。
北海道の人間にとって一番身近なのがブラックシリカを使った
岩盤浴です。
岩盤浴とはブラックシリカの上に寝るだけで大量の汗がでてくる
いわばサウナみたいなものです。
ただしサウナとは違い高温ではありません。
正しい岩盤浴の入り方はうつぶせで約10分その後仰向けで10分石に
寝るだけで少々休憩してからまた同じ寝方の繰り返しを行います。
しかも流れ出てくる汗はサラサラ。どこの岩盤浴でもその汗はシャワーで
流さないでタオルで拭いてくださいといわれます。
北海道ではかなりメジャーですが本州ではあまり知られていないようです。
一度入って見ることをオススメします。
汗のかき方にビックリすると思います。
サウナと比べて全然苦しくありません。

撮影日2005/7/10


クリックお願いします。

人気blogランキングへ

AD

天皇賞(秋)予想

テーマ:

先週の一本被りだった菊花賞とは一転今週は混戦模様
予想してからいまだ的中なし・・・そろそろ当てたいとです。
明日のGⅠは天皇賞(秋)です。

◎タップダンスシチー
○ゼンノロブロイ
▲キングストレイル
△ハーツクライ
△スズカマンボ

◎はタップダンスシチーにしました。
去年の有馬記念でも調子が悪いといいながらあの結果。
左回りは得意でないとはいえ金鯱賞3連覇、JCでの勝利と
相性はいいです。地力を買って本命に。

○はゼンノロブロイ。度重なる寝坊による調教に参加できず
藤沢師の怒りを買ってダービー後降ろされた経緯がある。
ここは名誉挽回。

▲△はご覧の通り。
毎日王冠組は平成9年のバブルガムフェロー以来連対が無いため
今回スバっと斬りました。


人気blogランキングへ

残りそうで残らないかもなんて最終戦の後のSHINJOの
発言で微妙だった来年の契約はとりあえず1年契約で決定。

とりあえずホッとしています。今年は怪我が多くて
SHINJO自身納得はしていないでしょう。
SHINJOのセンターの華麗な守備、レーザービームをまた
レフトスタンドから間近に見ることができて本当に嬉しいです。
とりあえず来年の春までに怪我をしっかり治して大暴れして
欲しいものです。

♪メジャーで鍛えた技と熱き鼓動を 打ち鳴らして
   燃えろSHINJO 北の大地の星となれ~♪

「エリーゼのために」は実はエリーゼではなく
テリーゼの間違い。


ロッテの優勝で幕を閉じた日本シリーズ。
ロッテが得点すると「エリーゼのために」の曲に合わせて
♪千葉!ロッテ!マリーンズ♪とマリサポがコールします。
(札幌ドームで何度聴いたことか・・・)
余談ですがファイターズはトライダーG7(古いアニメです)の
曲のあとに「お~い北海道」(昔のサッポロビールのCM曲)を
歌います。

「エリーゼのために」はベートーベンが作曲した曲ですが実は
ベートーベンはエリーゼのためにではなく「テリーゼ」のためにが
正しいといわれています。
というのもベートーベンの女性関係を調べるとテリーゼという人物は
いるもののエリーゼという人物はいないのです。
その原因はベートーベンの字が下手だったからといわれています。
要はエリーゼだかテリーゼだか読めなかったのです。
もう「エリーゼのために」で定着しているので今更テリーゼと
いわれても・・・変更なんてできないんです。

でテリーゼなる人物はハンガリーの伯爵令嬢でベートーベンが40歳の
時にまだ18歳だったテリーゼにプロポーズするために作られたのが
この曲です。
しかしながら結果は・・・







テリーゼ・・・「ごめんなさい」




プロポーズ大作戦は撃沈・・・

余談ですがベートーベンは「テリーゼ」という曲を作曲しています。
こちらはきちんとエリーゼではなくテリーゼと読めたようです。
今日はロッテ優勝記念「歴史トリビア」でした。

へぇ~と思ったらクリックお願いします。人気blogランキングへ

旅行から

テーマ:

帰ってきました。
日曜日の朝早くから昨日の夜遅くまでびっちり時間を使って。
初日(日曜日)は横浜、お台場巡り。
ランドマークタワーの展望台は高所恐怖症の私のとっては
汗かきっぱなし。中華街では梅蘭のやきそば美味しかったです。
お台場では疲れを癒すため大江戸温泉物語へゆっくり浸かりました。
ヒルトンホテルへの帰る途中のJR新木場駅で阪神・ロッテファンを発見。
顔をみればどちらが勝ったか一目瞭然でした。

2日目・3日目はディズニーランド・シーへ行ってきました。
特に2つ目のランドでの人の多いこと・・・月曜日なのに・・・
日曜日が運動会だったので振替休日で人が多いとのこと。
北海道じゃ10月に運動会なんてやりませんからね。

東京は高校の修学旅行以来。でもその修学旅行も吹奏楽の
全国大会を聴きにいったのでほとんど観光せず。
本社が京都なので関西方面は何度かいったことがありますが
東京は実質初めて。
田舎者の率直な感想は人が多すぎ・・・
人ごみがあまり得意ではないのでかなり疲れました。
今日は普通に仕事・・・
疲れた体にムチを打って働きました・・・
これから「水曜どうでしょう」みたら寝ます。

話は変わってロッテ優勝おめでとうございます。
来年こそファイターズが頑張ってくれることを期待して。
阪神は試合間隔が開き過ぎましたね。
イコールコンディションとは個人的には思っていません。
それでもロッテの4連勝は立派。
パの代表としてよく頑張りました。
本当におめでとうございます。

今日も旅行中なのであらかじめ書いています。

今日は先日の高校生ドラフトで指名した陽・木下両選手が
札幌に施設見学にきている(はず?)

陽選手はあのドラフトの事件で色々とありましたが・・・
台湾出身ということで雪も当然見たことがないらしくネックは
寒さらしい。
また木下選手は地元が名古屋ということで中日が希望で当初は
かなり難航していましたが条件提示で態度を軟化。
両選手ともとりあえず施設を見てみて・・・ということで今回の
運びになったらしい。

施設見学は札幌ドーム・屋内練習場・札幌合宿場を見るとのこと。
札幌ドームはよしとして、屋内練習場と合宿場はどうなんだう?
施設自体は素晴らしいがすぐそばはサッポロビール園で
ジンギスカンの匂いがプンプン。またそのとなりは巨大な
イトーヨーカドーが完成する予定だし・・・
こんな観光客や地元の買い物客が賑わうところにある立地条件が
個人的にはネックかな。(JRの線路に隣接しているし・・・)

ジンギスカンのニオイが嫌で・・・なんてことがなければいいんですが。

旅行へ行ってまいります。
妻にサービスすることも必要なので・・・
ちょうど1年前の大阪へ行って以来の北海道脱出。
で行き先は東京(高校生の修学旅行以来)
その間は記事は予約でUPするようにしました。
今日の朝一で新千歳を発って火曜の羽田発の最終で
戻ってくる予定。
馬券は携帯で購入。後はどこで菊花賞を見るかだ。

菊花賞予想

テーマ:
ディープインパクトが勝てば史上6頭目の3冠馬誕生
私が競馬を始めたのがちょうど13年前の菊花賞。
当時は今と同じく無敗の3冠馬誕生かといわれた
ミホノブルボンがライスシャワーに敗れたあのレース。
あの時も確かブルボンのゼッケンは「7」そして今回の
ディープインパクトのゼッケンも「7」
どこかの記事で「7」は過去ビワハヤヒデしか勝った事が
ないなんて書いてましたね。
根掘り葉掘りジンクスなど書く記事もありますが・・・
そんなことを全て払拭してくれる馬それがディープインパクトだと
思っています。

で菊花賞の予想は・・・

◎ ディープインパクト
○ シックスセンス
▲ ローゼンクロイツ
△ アドマイヤフジ
△ フサイチアウステル


非常に堅い予想ですが・・・
ディープ1着固定の残り4頭の2着3着のBOXで勝負予定。
でも馬券抜きで見ていても楽しいかもしれません。
なんていったって歴史的瞬間なんですから。

3冠馬券

ここにもう1枚増えることを願って・・・


めざせ3冠ディープインパクト!人気blogランキングへ