看護師を辞めたいほど仕事がつらいあなたのためのお悩み相談室~転職するかどうか迷っているあなたをサポートします

毎日のように、仕事を辞めたいと思い続けていて苦しい
失敗ばかりしていて落ち込んでいる
看護師としてやっていく自信がない

そんなあなたの悩みを解決し、これからの人生を前向きに進んでいくためのお悩み相談を行っています。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

テーマ:

●「私ばかりが責められている・・・」とよく感じるあなたへ


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


あなたは、スタッフから突然、何かを言われたとき。


「・・・もしかして今、私のことを責めた?(涙)」


「あーあ・・・。絶対に責められたよね・・・これって・・・」


「そんなに責めなくたって・・・(涙)」 と思って落ち込むことはないですか?


例えば


①「さっき頼んだ伝票、まだ検査室に流してないよね?」


②「まだ帰れないの?」


③「それって、ドクターに報告した?」


④「点滴の落ちが悪いからちょっと早めたよ。あとで見ておいて」


⑤「まだバイタルとか、測ってないよね」 などと言われたとき。


あなたはは、①~⑤の中で「・・・責められている・・・」と感じたものはありましたか?


ちょっと考えてみてください。


もしあるとしたら、いくつありましたか?


日ごろから「私ばかりが責められている・・・」と感じているあなたに、7月6日の20時に こちら  から大切なことをお伝えしますね。


1つでもあてはまるものがある場合、ぜひ、ご登録くださいませ(^-^)


仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法 」にご登録の方にも、同じメッセージをお届けします。

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●現状を変えたいときにやっておくとよいこと


マイナビ看護師さまの「ナースぷらす」で、「坂口千絵の幸せ看護師のつくりかた」のコラムを書いています。


今回のテーマは「現状を変えたいときにやっておくとよいこと」です。


現状を変えたいと考えるときに必要不可欠なのは「行動」ですが、やみくもに行動する前に、自分自身に確認しておく必要のあることがあります。


それは、いったい、どのようなものなのでしょうか? 詳しくは こちら  から

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●新人を評価するときに気をつけたいこと


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


新人教育において、組織の中では様々な評価表が存在していることと思います。


その目的は、業務の出来具合や、進行度合いを表す指標のようなもので、3ヶ月、6ヶ月、1年というように、振り返りを定期的にするための位置づけも、1つとして挙げられるのではないでしょうか。


評価表に基づいて、新人を評価するときに、忘れてはいけないのは「評価表が主ではない」ということです。


つまり、評価表という基準に無理やり、新人を当てはめようとすることではなく、新人を、一人の人間として考えた時には、評価表以上の能力を持った存在であるということを前提にして考えるということです。


このように書くと、「・・・そんなの当たり前でしょ?」と思うかも知れません。


しかし、人によっては評価項目に到達していないことを必要以上に問題視したり。


あるいは評価表がなかったとしても、「同期で入った○○さんはできるのに、△△さんはできていない」


または、「半年も経つのに、あれもこれも、できていない」と、知らない間に自分基準の物差しで審判しているというケースは少なくありません。


あくまでも、評価表は1つのツールに過ぎないということをきちんと理解した上で関わるということが必要です。


逆に、評価表に依存してしまうことで、新人も、評価基準を元に自分の能力を図ろうとして、「その基準が満たされていない私はダメな人間である」という風潮になってしまっては、悪循環になる場合も、ないとは言い切れないのです。


折角、評価基準があるのだとしたら、それは、自分が成長し、前進していくための1つの指標として活用すること。


この人は、基準に達していないから駄目だ、困ったと審判するためのツールにはしないということを意識していく必要性があるのです。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●本日20時より新人看護師さん専用カウンセリング受付開始です。


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


あっという間に 新人看護師さん専用カウンセリングの受付を本日20時に こちら から開始します。


詳細は こちら です。


次回の受け付けは8月1日20時~4日20時までとなります。

(新人看護師さんの場合、毎月1~4日以外は受付をしていませんのでご了承願います)


募集人数が規定に達しましたら、受け付けは自動的に終了いたします。


ご縁のある方のお申し込みをお待ちしております^^

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

いいね!した人  |  コメント(0)

●報われなくてつらいと感じても、「いいじゃない」と思えるように


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


今日は、私のカウンセリングを受けてくださった方のご感想をご紹介しますね。


今回のカウンセリングのクライアントさまは、3ヶ月間、月に1回のペースで私と話し、課題の報告メールでのふか~いやり取りをもとに、 再びクライアントさまがヒントを得て、行動をし、自分なりの考えを深めていきました。


私とのやりとりと行動で、このクライアントさまはどんな成果を得たのでしょうか?


-----


・自分を責めて、気持ちもその先(未来)の人生のビジョンもどんどん落ちていく不幸のループにはまることが時々あったのですが、そこから抜ける言葉をもらえた。


・新しく入った方にきちんと仕事を教えるのが初めてだった私ですが、タイミングよく「指導する人のための指導」を受けられたこと。 滅多に受けられるものではないと思うので、とてもよかったと思います。(中略)


教えることや教えなきゃと思うことが無意識のうちにプレッシャーになっていって、 こうありたいと思うけどできない自分にやきもきしたり疲れたりイライラしたりしていて それが指導のときも出てしまってそれにまた落ち込むという悪循環になっていたところがあったのですが、 そういうときにこの言葉を思い出すとすごく支えられるし実際違うと感じています。


頑張ってきたことが報われなかったとき、報われないと感じてとてもつらくなったとき、坂口さんに言われた言葉を思い出し、 またそれを課題にして実行すると、気持ちが支えられているのを感じられてオンタイムでは確かにすごくつらいけど そこまで気持ちが落ちなくてすんだり、過去のいくつかの大きめなトラウマは優しく包めるようなイメージ(このイメージがすごく大事なんだと思います)ができ、 「結果はああなっちゃったけど、私頑張ってた、だからいいじゃない」と思えるようになったものもありました。


・仕事のことで悩んだとき、私は「何をすればいいのか、足りないのは何か」というような足し算的な発想しかなかったのですが、今まで思いもつかなかった引き算的な発想を知ることができたこと。


・話をすることや何かの説明をするのが苦手だったのですが、今でもそれはありますが、話をすることにあきらめなくなったこと。


今までは話している途中で「もうわかってもらうの無理」とあきらめたりしがちだったのですが、 「私が伝えたいことは伝えてやる!!」と思えるようになりました。


何かの説明(私がしたのはニュースや事件、映画や小説、マンガの内容を端的に説明)をするのを課題にして実行しました。


これはすごく手ごたえがあっておもしろいです。


-----


クライアントさま、ありがとうございます!


そうなんです。私のカウンセリングの特長は、まず、「不幸のループ」にいることをご自身が選択していることに気づいてもらうことからすべてがはじまります。


不幸のループを一時、中断♪といった感じでしょうか。


また、このクライアントさまは、ご自身より経験も年も上の新人さんを指導することに対して悩まれていましたが、 「それは私(坂口)の出番で~っす!」と身を乗り出して、新人教育がうまくいくための考え方を惜しみなくお伝えさせていただきました。


それでなくてもこのクライアントさまは、ご自身の仕事でも一生懸命ななかで、教育係をやることは、大きなストレスでもあったでしょうし、「どうやってやったらいいのかの具体策がわからない状態」 でしたので、私の本領発揮タイム!でした(笑)


また、「頑張ってきたことが報われなかったとき、報われないと感じてとてもつらくなったとき、坂口さんに言われた言葉を思い出し・・・」と いうお言葉をいただきましたが、私はクライアントさんのことはもちろん、 あなたのことも、あなたが思っている以上に坂口は味方である。ということを、この機会に知っていただければと思います^^


そして、クライアントさまが、楽しんでやって下さった課題は こちら  です。


この課題を楽しみながら確実にやっていったことで、以前よりも苦手意識がなくなったのです!


やはり、素直に実践される人は、きちんと結果がでるのだな~ということを改めて感じましたよ^^


あなたも「目標を決めて成長する体験」をしてみませんか?^^




2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●絶対に怒りを出してはならない相手に怒りを感じたときの対処方法



こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。




基本的に、相手に怒りをそのままぶつけることは、自分にとってもリスクが高いので、あまり好ましいことではないのですが・・・。


やはり、私たちは人間。


上司や患者さんに対し、頭に血が上るほどの怒りを感じることだって、ありますよね(^-^)


もしも、あなたの怒りがすぐに頂点に立つ頻度が高い場合。


そういうときは、怒りが頂点に達した「そのとき」に「どうやって怒りを鎮めるのか」とう視点で考えるよりも、 「日常的に心穏やかに過ごす時間をどうやって増やすか」という視点で考えていくことにより、次第に怒る回数が減っていきます。


じゃあ、瞬間的に怒りを感じたときにはどうするか。ということなんですが、まずは、あなた自身が今、「超頭に血が上っている」ということに、まずは「気づく」という訓練をしていく必要があります。


意識することなしに、感情のコントロールはできませんので(^-^)


怒っていることに、とにかく気づいて、「あ。ヤバい。自分ではこの怒りを止めることができない」。と思ったとき。


次の言葉をあなた自身に投げかけてほしいんです。


「私、○○さん(相手)が(無意識に仕掛けてくる)罠には絶対にはまらないから」と。


実は、この言葉は非常に深い「カラクリ」があるのですが、今ここで説明してしまうと、逆に難しくなるので省きます。


もちろん、相手が悪意をもって、意図的に「ワナ」を仕掛けてくるわけではありません。


ぶっちゃけて言うと、無意識に「ワナ」(?)を仕掛けているのは他でもない「あなた自身」だったりします(^-^)


でも、怒りが頂点に達しているときには、「(どちらが罠を仕掛けているか)そんなことどーだっていい!」と思っちゃいますよね。


ですから、相手があなたに対してぶち切れたときにあなたが逆ギレしたり。


あるいはムカつくことを言われたり。ムカつく態度をされたりしたときにはまず、 「あなたの仕掛けるワナにははまらないよ」と、こころの中で何回かつぶやいてみてください。


なんとなーく、この言葉に抵抗がある方は、「あなたが出すエネルギーに私は同調しない」でもよいです(^-^)


やってみたご感想をぜひ、お聞かせくださいね(^0^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●入社3ヶ月で仕事辞めたいという新卒は転職も失敗しますか?


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


今回は、新卒だけど、仕事を辞めてしまいたい!とお悩みの方に私からのメッセージを書かせていただいてます。


新人として入職してから数日、あるいは数ヶ月で「仕事を辞めたい!」と退職を決意し、そのまま辞めてしまう新卒の方は、年々多くなってきているのだそうです。


退職の連絡を親が代わりにするという話も聞いたことがあります(^-^;)


実際に、働きだしたのはいいけれど、「仕事辞めたくてたまらない!…でも、新卒だし…すぐに辞めても大丈夫なのかな…」とお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


ここでは「仕事辞めたい…でも新卒だし…」と、答えが出ず、悶々とお悩みのあなたに、私から解決のヒントをご紹介します


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●「なにをやっても変われない・・・」とイラ立っているあなたへ


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


6月29日の20時、「2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法 」にご登録の方に、メッセージをお届けします。


今回のテーマは、「いつまでも変われない自分がイヤです」。


あなたは「変わりたいのに変われない」ことで苦しんでいませんか?


「自分のこんな性格がイヤ」


「こんな状態のままじゃ絶対にイヤだ」


「自分自身が大嫌い・・・」と思い、真剣に悩みながらも、


「でもやっぱり変わらない・・・。どうせ私は何やったってダメなんだよ!!どんなに頑張ったって無理なんだよ!!」と、悔しくて悔しくてたまらない日々。


たくさんの「自分を変える方法」にまつわる本も読んだ。


自分にとって「変われるきっかけになるかもしれないブログ」も夢中になって読んだ。


幸せになれる方法も、自分が変われる方法もいっぱいいっぱい探したよ。


できそうなことは私なりに取り入れても見たんだよ!


でも。でも。


蓋をあけてみたらどうなの?


私は結局、何も変わっていないじゃない!!!ってね。


そんな苦しい思いをしているあなたに、6月29日の20時、こちら  からメッセージをお届けしますね。


ご登録がまだの方は、ぜひ、ご登録くださいませ(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●過保護な教育の基準って何だろう


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


今日は、過保護な教育の基準について、私的見解をお話しします。


そもそも、その基準に明確なガイドラインはありませんので、当然、イレギュラーなケースも出てきます。


多分、私が思うに、私自身の教育のやり方は、過保護か、そうじゃないかと聞かれれば、過保護だったと思います。 (何せ、説明好きの私なので・・・。)


しかし、そのような状況の中でも、私なりに守ってきた、「あるルール」がいくつかありました。


その中の1つに、「自らが考える力を育てる」という視点があります。


「今どきの若い子なんて、私たちの時代とは違って看護大学や看護学校も、実習より論文とかのレポートメインだし、自分で考える力もないんだから、1から10まで手取り足取りいちいち教えてあげないといけない」という話もちらほら耳にします。


しかし、私は正直、疑問に感じます。


自分で考える力がないから、いちいち説明をしてあげないといけないのではなく、自分で考える力がないと思っているなら、自分で考える力を引き出す必要性があるのです。


以前、記事にもちらっと書きましたが、やはり多数のスタッフは、新人に対し、すぐに答えを与えてしまうのです。


その理由としては、元々の奉仕のこころも去ることながら、忙しくて、相手が答えるのを待ってあげられないことが習慣化し、時間が多少、あったとしても、相手の答えを待たずに、ついつい教えてしまうケースがあります。


また、そもそも、相手には自分で考える力がないという思い込みやレッテルが、その信念を、より、強固なものにしてしまい、疑いようのない真実として信じ込んでいるため、自分で考える力を引き出す必要性があることすら、気づかないケースなど、色々とあります。


しかし、今日に至るまで、全く何も考えずに生きてきた人など、この世にはいません。


ですから、大切なのは、元々、相手が持っている「自ら考える力を育てる」という意識を持ちながら、どのようにバランスを取って「与える」ことと、「自ら考えてもらう」ということを使い分けるのかという視点で物事を考えることが大切です。


そもそも、自ら考える力というのは、元々、誰もが持っている力です。


その力を、現場でどのように生かすかという考え方が、大切なのだろうと思っています。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇