看護師を辞めたいほど仕事がつらいあなたのためのお悩み相談室~転職するかどうか迷っているあなたをサポートします

毎日のように、仕事を辞めたいと思い続けていて苦しい
失敗ばかりしていて落ち込んでいる
看護師としてやっていく自信がない

そんなあなたの悩みを解決し、これからの人生を前向きに進んでいくためのお悩み相談を行っています。

ブログでは決して書かない「深い話」を

こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

テーマ:

やりがいを期待していたのに、全くやりがいを感じられません

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

突然ですが、あなたにとっての

「やりがい」って、どのような

ものですか?^^

 

最近、やりがいを求めて転職した

はずなのに。

 

あるいは、部署異動を

したのに、やることや覚えることが

多すぎて、「やりがいを感じられない」

といった言葉を目にする

ようになりました。

 

私自身の経験や考えから思うに、

必ずしも、そんなに簡単にやりがいを

見つけたり、感じたりする必要はないし、

求める必要はないのではないかと

思います。

 

もちろん、新しい環境に

馴染めなくて、東奔西走している

中でも、例えば患者さんに

「ありがとう」と笑顔で言われたり。

 

自分が行ったことに対し、

先輩から感謝をされたり。

 

自分がした判断が正しくて、

良い結果を生んだり。

 

そういうことに目を向け、

やりがいを感じる力のある人は

いますから、その力をどんどん

伸ばしていけばいいのだと思います。

 

しかし、心に余裕がなくて、

やりがいに気づけない人も、

それはそれでいいんだと思います。

 

余裕がないのに、やりがいを

見つけようとするのは

至難の業です。

 

余裕がないときは、物の見方も

狭くなりますし、不利益だと

感じやすい心理状態です。

 

あと、不平不満しか浮かばない

心の状態のときも。です。

 

そして、やりがいは、すぐには

見つからないからこそ、徐々に

深みを増し、味わい深くなる

場合もあるのではないかと思います。

 

しかし、例えば、

「システムや体制が不十分だから、

やりがいなんて見いだせない」

 

「やってもやっても、上司には

認められないし、感謝されるわけ

でもないから、やりがいがない」

 

「上の人間がしっかりしてくれない

から、チームも整わないし、

やりがいがない」

 

などと、周囲や環境のせいに

している人は、いつまで経っても

「やりがい」は見つけにくいと感じます。

 

そもそも、「やりがい」は、

周囲の環境などに自分の

こころが反応するからこそ

感じるものであり、最初から外側の

世界にやりがいが存在している

わけではないのです。

 

日々の業務に追われて、やりがいが

見えないのは、ある意味、当然ですし、

本当に「やりがい」を求めるのなら、

それに必要な「感性」を磨いていく

必要があります。

 

やりがいを感じるときの「気持ち」

を思い出したとき。

 

そこには、充実感や達成感、

満足感に近いものが

あるのではないでしょうか。

 

もしも、そうだとしたならば、

自分がどれだけ、「日常を、

1分でも1秒でも、丁寧に味わうのか」。

 

そして、充実感や達成感、満足感を

味わうために、自分は日頃、

どんなことをしているのかを観察し、

その要素を取り入れていく必要も

あるのではないかと感じています。

 

やりがいを見つけたいのなら、

やりがいを探すのではなく、

日常を味わう感性を磨け。

 

ということなのかもしれませんね^^

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたが見ている世界は真実ですか?

こんばんは。

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

何年も前の話になりますが、

「笑っていいとも」のテレホン

ショッキングに、「Kinki Kids」の

堂本光一さんが出ており、

当時、私はその話の内容を、

興味津々に見ていました。

 

堂本光一さんは、子供の頃から

「究極の直線って何だろう」という

ことを考え続けていたそうです。

 

自然界に「直線」は存在せず、

それはあくまでも人間の創造の

産物であり、結局、「究極の直線とは

何か」についての答えは出なかった

とのこと。

 

それで、ある日、数学の先生に

「究極の直線は、あなたの中に

あります」と教えられ。

 

それを聞いた彼は、自分の心の

中に「ドッカーン」と雷が発したと。

 

話はそれだけではなく、

究極の直線の上に、究極の円を

置いたとき。

 

究極の接点は「点」ではなく、

「無」であるとのこと。

 

人間は、それを「点」という

概念で考えるが、その「点」そのものは

単なる「概念」でしかなく、数字も

「0、1、2、3・・・」のように、

あくまでも「概念」として考えるけれど

そこに「実態」は存在しない。

 

もちろん、鉛筆か何かで、1、2、3・・・と

書けば「ほらー。ちゃんと「1、2、3って

書いて「ある」じゃない」となりますが、

そこにあるのは、単に鉛筆で書かれた

もの(しいていえば、単なる記号なの

でしょうね)でしかないですし。

 

さて。

 

今回、私がお伝えしたいことは。

 

私たちが、それぞれの目で見ている

もの、感じているもの、考えていること。

それは、どれくらい、本当のことなんで

しょうか。

 

「私は「努力」が足りない」

「私は「勇気」がない」

「私にはできない」

 

この「努力」「勇気」「できない」だって、

ただの「概念」です。

 

概念に実態なし。

 

実態のないものを、私たちは、

実に巧妙に、日常の中で

自身にとって都合のいいように

生かしています。

 

その概念を、ある人は「向上心」

として使います。

 

 

私はあの人のように「できない」

だから、少しでもできるように

なるために頑張ろう。

 

また、ある人は、変わらない理由の

正当化に使います

 

 

私はあの人のようにできない

だって、私なんてダメ人間だもん。

どうせやったって変わるわけがない。

 

そして、ある人は、周囲の気を引く

ための口実に使います。

 

 

私はあの人のようにできなす

ね?私って、こんなに努力している

のに報われないの。可哀想でしょ?

 

などというように・・・。

 

つまり、同じ出来事でも捉え方が

違うということは。

 

「自分が決める物の見方(世界)が、

その人にとっての真実」となるのです。

 

だとしたら、いかようにも、

この世界がどのように見えるのかは

「自分で決めることができる」

んですね。

 

そして、

 

究極の直線は「自分の心の中にある」

自分が、創造の源である。

 

究極の接点は「点」ではなく、「無」である

今まで、信じて疑わなかった認識が、

誤った認識であることは多々ある。

 

「点」というもの自体は単なる

(人間が考えた)概念」でしかない

人は、どのようにも解釈できる

自由がある。

 

ということだとも思います。

 

この考え方だと、

「出来事が自分を苦しめている

のではなく、自分が認識している

「概念」(もしくは解釈)が自分を

苦しめている」ということも、

何となく理解できるような気がします。

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

できる看護スタッフになるためのちょっとした工夫とは?

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

私が看護師としてバリバリと

働いていた頃は、 けっこう、

ぼーっとした看護師だったように

思います。

 

「ぼーっとした」というのは、

「ぼーっと突っ立っている」という

意味ではなく。

 

気がついても良いところに

気が回らない看護師だったな。

と思います。

 

飲み会で、隣の人のビールが

なくなっても、 あんまり

気づかないタイプです(苦)

 

だから、自分が気づかない

ところに気づくスタッフって、

「すごいな」と思っていたし、

「かっこいいなー」って

思ってました。

 

気づかないところに気づくとは、

具体的にどういうことかといいますと、

毎日、繰り返し行われている業務を

「あれ?このままでいいのかな?」と

気づけること。

 

患者さんの状態変化を、

早期発見するのが得意な

看護師さんは多いけれど、

慢性的に不変のものって、

なかなか気づきにくいんです。

 

例えばDMで、1週間に1回、

血糖チェックをしている

患者さんがいるとしましょう。

 

FBSは、まぁ、200mg/dl台のときも

あるけれど、そんなに大きな

変動がないまま、 2ヶ月以上

経っている。

 

気づける看護師って、

 

「・・・血糖ってさぁ。けっこう、

安定してるけど、BSチェックって

中止することできないのかな?」

 

って、思える人のこと。

 

これね、一見、「気づくよー(笑)」とか

思うでしょ?

 

実は、意外と気づかないものなんです。

 

多忙であるがゆえに、なぜか

「スルーされたまま」の案件。って

意外にあるんですよ(^-^)

 

「っていうか、今まで誰も気づかな

かったなんて・・・(汗)」

 

と、 顔を見合わせる場面って、

少なくはなかったです。

 

すーっと、尿測している患者さん

いるけど、病態的に安定しているのに、

まだ尿測、必要?とかね。

 

これまで当たり前のように

続けられている処置などを

「まだ、続ける必要があるのかな?」

って気づいて、Dr確認の方向へと

もっていけるような気づきを持てる人って、

仕事ができるナースだな。

って思います。

 

あなたも、日常で当たり前と

化している業務、ないですか?

 

ルーチン(定期的に行っている)

業務に、「実はもういらない」

というものはないですか?

 

もしも、あるときは減らす方向で

考えてみてくださいね。

 

不必要な仕事が減ることは、

患者さんにとっても、

看護師にとっても、

それだけ、負担が減る

ということなので(^-^)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いきなりのアクセス人気ランキング1位!&新企画開始のお知らせ

こんばんは。

看護師の悩み解決

専門カウンセラーのブルゾン坂口です。

 

2月10日から、ナースプラス様で

新しい企画が開始となり、その

一部を私が担当させていただく

こととなりました。

 

新企画のタイトルは、

「Q&Aで悩みスッキリ

~ハッピーナース養成講座」です。

 

看護師のみなさんからいただいた

ご相談にスペシャリストとして

私がお答えする形の企画と

なります(^-^)

 

そして、開始からたった3日間で、

ある悩み相談に対するQ&Aの

アクセス数が1位に!

(2月14日現在)

 

そのQ&Aの内容とは何か。

ぜひ、ご自身の目で

お確かめくださいね。

 

看護師ではなくても、仕事に関して

悩んでいる方にも必ずお力に

なれる、絶対の自信作です!

 

【Q&A】

 

①苦手なスタッフと一緒の夜勤が憂鬱

 

私には苦手なスタッフが何人かいます。

 

毎月、勤務表ができあがると

その人たちと月に何回、顔を合わせる

ことになるのか何度も数えてしまいます。

 

とくに夜勤が一緒だと、すごく憂鬱な

気分になります。

 

私からの回答は こちら から

 

②ミスを隠すクセがついた

 

私が働いている職場は、インシデント・

アクシデントが発覚すると、すぐに誰かが

事故が起きた日の担当者を確認し、

「やっぱり、○○さんか……」と

陰で話しています。

 

それを聞いていると自分もミスしたときに

犯人探しをされて、いろいろと

言われるのではないかと怖くなり、

ついミスを隠してしまいます。

 

私からの回答は こちら から

 

③口を開けば悪口ばかりの

スタッフにうんざり

 

仕事をしにきているのか、

おしゃべりにきているのか

わからないスタッフがいます。

 

ナースステーションで記録を

書いていても、数人集まれば

人の悪口ばかり……。

 

そんなスタッフをすごく

不愉快に感じます。

 

注意したいのですが、自分も

悪口を言われそうでなかなか

勇気がもてません。

 

私からの回答は こちら から

 

④やり方が古い職場に驚き

 

民間の病院に転職して2カ月が

たとうとしています。

 

今の職場は「いまどき、そんな

やり方はしないのに……」と

思うような消毒方法や褥瘡の

処置をしています。

 

これまで大学病院で働いていた

こともあり、納得いかない部分も

多々あります。

 

人間関係はそれほど悪くない

のですが、こんなところで働き

続けて大丈夫なのかと不安です。

 

私からの回答は こちら から

 

⑤転職するかどうか迷う

 

働き始めて3~4年くらいは

いろいろと大変でしたが、

それなりに学びもありました。

 

しかし、8年目となった今では

看護研究、係の仕事など

いろいろなことを任され、

休みの日まで研修などがあり、

休んだ気がしません。

 

こんな日々がいつまで続く

のかと思うと、仕事がイヤで

イヤでたまりません。

 

いっそ、転職しようか

迷っています。

 

私からの回答は こちら から

 

⑥作業スピードが遅く、帰れない

 

同期のみんなは、それなりに

仕事をこなして早く帰れている

のに、私だけ帰れないことが

多々あります。

 

作業するスピードが遅いのが

原因だとは思うのですが、

先輩にも「まだ帰れないの?」

「早く帰りなさい」と言われ、

責められているように感じます。

早く帰れないのがつらいです。

 

私からの回答は こちら から

 

※回答をクリックしても表示されない

場合は、こちら よりお入りください。 

 

※ちなみに、フェイスブックページ、

運営しています。

 

「看護師が綴る人生のお悩み相談室」

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の人生を「大丈夫」と思えるための具体的な方法とは

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

人生を生きる上で、最強の究極の

考え方って、「自分の人生は何が

起きても大丈夫」って思えること

じゃないかと思います。

 

そう思えたら、何が起きても良い。

 

というか、ほんとは人間って、

何が起きても大丈夫なはずなんです。

 

だって、あなただって私だって、

いろんなことがあって、こうして

生きているわけだし。

 

乗り越えようが

乗り越えなかろうが。

 

つらいことや苦しいことが

あろうが。

 

こうして存在しているわけですから。

 

だから、これからも

「自分は何とかしていくし、

何とかできるんだ」という

もともと、あなたに備わっている真の力を

思い出せば良いだけなのだろう

とも思います。

 

つまり、意識>出来事。

になるので、意識の力、

思考の力って大事だよな・・・と

思います。

 

じゃあ、どうしたら「大丈夫か」と

思えるかと言うと・・・。

 

あなたなら、具体的に

どんなことをしますか?

 

ことあるごとに「大丈夫」「大丈夫」・・・

と、 呪文のように唱えて言い聞かせる!

のも、良いかもしれませんが、

このやり方は、 実は逆効果になる

ことも。

 

なぜかというと、ホントは大丈夫だと

思っていないのに「大丈夫」と唱えても、

「ほんとかな?」と、逆に不安が

不安を 生んでしまうからなんですね。

 

つまり、「心の抵抗」を引き起こすので、

その抵抗の方が脳にインプット

されてしまうんです。

 

だとしたらどうするか。

 

それは、「ホントに大丈夫なんだ」という

場面を、日常の中で意図的に

探していくこと。

 

たとえばあなたが、患者さんの部屋に

ラウンドしに行ったあと。

 

体温計を入れるケースを、

どこかにうっかり 置き忘れてしまって、

ラウンドの合間にあちこちを

探したとします。

 

でも、いくら探しても、ない。

 

数時間後、別のスタッフがケースを

たまたま見つけて返してくれた。

 

そのときに「あー。よかった!」だけで

なく、 この出来事を、「自分の人生」

という「大きな視点」で眺めてみる

のです。

 

「ああ、私って、何だかんだあるけど

結局は誰かに助けてもらえる人生

なんだなぁ。 だとしたら、きっと

これからも、 大丈夫なのかも

しれないなぁ」

 

とか。

 

その思いと気持ちを、自分で

育てていくんです。

 

自分が危うく、インシュリンを

打つのを忘れて、経管栄養を

つないでしまいそうになった瞬間。

 

「は。やばい!あやうくインシュリンを

打ち忘れるところだった!!」 と、

まるで、天から降ってきたかのごとく、

気がついて、未然に事故を防げた

場合。

 

「ふぇ~。あっぶない。ヤバかった・・・」

で 終わらせるのではなく。

 

「やっぱり私は、ヤバイときにでも

ちゃんと、気づけるようになって

るんだなぁ・・・。だとしたら、きっと、

これからも大丈夫かも・・・」

 

というように、

 

「無理のない範囲で」

 

関連付けをしていくことが

大切です。

 

起きた出来事に対し、ホントは

そう思っても いないのに、

無理やりポジティブに

捉えようとするのは、

オススメ できません。

 

もちろん、

 

「げ。インスリンするの忘れてた・・・

最悪・・・」ということだって、

あるかもしれません。

 

でも、「やっぱり私の人生なんて・・・」

とはあえてフォーカスしないこと。

 

あなたのこころが無理なく

腑に落ちるポイントを探し。

 

「もしかしたら、大丈夫・・・かも・・・ね」

と関連付け、そうじゃない出来事に

注力しない。

 

ちょっとした場面で無理のない範囲で

「ほっ」とできる考え方に変えていく。

 

その積み重ねで、感覚的に「大丈夫」と

いう思いが自然と育っていくのです。

 

ぜひぜひ試してみてくださいね(^-^)

 

 「自分の人生、大丈夫だ。何とかなる」と

早く実感したい方は、そのお手伝いを

させていただきます(^-^)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

業務改善したいのに、スタッフが動いてくれない

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

いまの職場の体制に問題を感じ、

何とかして業務改善をしたいのに、

スタッフが協力してくれない・・・。

 

みんなが協力してくれないなら、

自分が頑張って何とかしないと・・・。

 

そんな悩みを抱えている方は、

少なくありません。

 

この悩みは、私自身も幾度となく

経験してきましたし、

 

「どうして、こんなに問題だと

いうことに、周りは気づかないのか」

 

「なんで、みんな、のほほーんと

仕事をしているんだ(怒)」 と、

 

毎日のようにイライラして

仕事をしていた時期も、

確かにありました。

 

で、自分だけが頑張っているのに、

周りのスタッフのリアクションが

薄い。

 

なんで、問題意識がないのか?

 

こんな状況じゃ、いつか患者さんに

迷惑がかかってしまう。

 

実際に、もう、患者さんに支障が

出てきているじゃんか・・・。

 

ムカつく。ムカつく。

ほんっっっっと!

ムカつく!!

 

こうなったら、誰もやってくれなくても、

私が業務改善してやる。

絶対に!!!(怒) と、激昂していた

時期もありました。

 

若い頃の私は、超がつくほど

短気だったのです。

 

でもねー。今思うと・・・。

 

「患者さんのため」

「スタッフのため」

「組織のため」

「病院のため」

 

そんなものは、単なる名目に

すぎなくてね。

 

結局は、「自分の強烈な問題意識」を

解決したいがための欲求に

過ぎなかったのかもしれないな。

と思うんです。

 

とくにね、「絶対に変えるべきと

信じて疑っていないのに、

周りの反応が薄い」のは。

 

周りの問題意識が薄いからと

いうだけではないのかもしれない。

と、疑ってみてほしいんです。

 

よくあるのが、 転職してきて、

あまりの感染管理のずさんさに

びっくり。とか。

 

大学病院から転職してきて、

当時、医者が 常駐していなかった

私の元職場にきた看護師さん。

 

「こんなのありえない!何かあっても、

すぐに 医者が来れないなんて、

どういうこと?!」 といい、

3日で辞めちゃった人もいました。

 

だけど、「ありえないかもしれないけど、

でも、それで今までやってきたし、

やってこれたのさ」。

 

というのも事実だったりするわけで。

 

それで「OK」とは私も言えない

んですが。

 

でも、「数%の確率で起こるかも

しれないこと」に 対し、改善を進めた

としても、 残り90%以上は、

 

「でも、そういう可能性は

あるかもしれないけど、

これまで問題なく、やってこれたじゃない?」

 

という思いの方が、勝ったりも

するわけで。

 

「患者さんなどに悪影響を及ぼす

可能性は、できるかぎり潰していく

必要がある」というのも、

もっともなんだけど。

 

そこがね。

 

なかなか難しい部分って、

ありますよね。

 

だから、「たとえ、そういわれても、

絶対に問題だと思うこともある」

と思うんです。

 

なので、あとは、「どうやって変えて

いくか」ではなくて、実は自分自身の

物の見方をちょこっと変えるだけで、

ストレスが減ったり。

 

イライラする頻度が減ったりするかも

しれないですよ?というお話でした^^

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

よけいな仕事を自ら増やしていませんか?

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

あなたは頼まれてもいない仕事まで、

責任感から引き受けすぎて、

疲れていませんか?

 

たとえば、まだ記録用紙の

最後の3行くらい、記録を書く

スペースが残っているのに、

ため息をつきながら補充する・・・。

 

 「最後の1枚になったら、(追加分の)

コピー用紙を補充して下さい」と

書いてあるのに

 

「1枚だけしか残ってなかったら、

次の人が2枚とか3枚とか使うことに

なったら、その人が困るでしょ?!」

 

と、イライラしながら補充してしまう。

 

看護サマリーも、翌日に担当看護師が

出勤して、書く予定であったにも関わらず、

 

「明日の日勤、もしも忙しくて

バタバタしていたら書けなくて、次の日に

間に合わないでしょ!何で転院する日が

わかっているのに、あらじめ、

書いておかないかなー」

 

と、頼まれてもいないのに、サマリーを

代筆した挙句、イライラしながら

受け持ちに

 

「明日、転院の患者さんのサマリー、

書いといたからね!」と不機嫌に言う・・・。

 

この行為は、やってはいけないことでは

ありません。

 

あくまでも自分のこころからの好意で

やるなら、積極的にやっても構わな

いんです。

 

でも、そうではない場合は、

 

「なんで、こんなことくらい、

気をつかえないかな~(怒)」

 

「他の人のことも少しは

考えなさいよ(怒)」

 

「私ばっかりやる羽目に

なってんじゃん(怒)」

 

というストレスばかりが

溜まっていきます。

 

そして、「病棟の管理が全然、

できていないんだよね!この病院って!」とか。

 

「気のきかないスタッフばっかりで、

もうイヤになる!」と、一人で

いらだちを抱えてしまうことになります。

 

もちろん、あなたが今いる環境の

管理体制を変えるという方法も

ありますが。

 

 「ま、いっか。サマリーは受け持ち

看護師に任せよう」

 

 「ま、いっか。記録の残りがなくなった

時点で補充すれば」

 

という、「ま、いっか」を増やしていく

ことが課題なのかもしれませんね。

 

今、あなたが係の仕事や

看護研究など、さまざまなことで

仕事の負担が大きすぎて

精神的に参っているときはとくに。です(^-^)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「〇〇させる」って言葉、使っていませんか?

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

以前、看護や医療に関する

さまざまな文献や資料を

読む機会があったのですが。

 

文章の中で気になったのが

「患者にマスクを『つけさせる』」とか。

 

「患者が自分でできるところは

自分で『やらせる』」

 

などの言葉。

 

何か自分の中で引っかかるんだよなぁ・・・

と思っていたら、 やっぱり個人的に。

なんですが、「上から目線」が

すごく気になる表現の仕方だなと

感じました。

 

スタッフ間でも、そういうやりとりが

聞こえてくることもあるんですけど、

そのたびに無表情に心の中で

 

「マスクをつけてもらう」

「自分でできるところは自分で

行っていただく」

 

などと変換しながら黙って話を

聞いていたこともあります。

 

医療者の立場が上で、患者さんの

立場が下になっているような表現

の仕方がとっても気になっていた

時期もありましたよ。

 

拭いきれない「違和感」と

いうやつです。

 

たとえその場に患者さんがいなくても、

患者さんを表現するときには

十分気をつけたほうがいいよな~と

思った出来事でした。

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

頭の中が混乱して整理がつきません

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

なんだか仕事がつまらない。

毎日の生活も面白くなく、

こんなんでいいのか・・・と

悩みまどう日々。

 

いろんな思いや考えが、

止めどなく浮かんでは消え、

一日が過ぎて行く・・・。

 

あなたは、そんな毎日を

過ごしていませんか?

 

一体、何が原因なのか

わからないけど、 何となく

釈然としない・・・

 

でも、毎日が不満。

 

そんなときはどうしたら

良いのでしょうか。

 

それは、何らかの形で頭のなかの思いを

書きだすこと。

 

一番手っ取り早いのは、紙に何が

不満なのかを 自分だけにわかる形で

良いので、 自由に書いてみる。

 

自由に・・・と言われて困る場合は、

箇条書きにしてみる。

 

そして、すべての不満を書き出した

後に、 それぞれの項目に対し、

「それのどんなところが問題だと

感じているのか」を書き出すだけで

 

「ああ、そうか・・・。私はこれが問題だと

思っているのか・・・」と、納得し、

それだけで気持ちが少し、

楽になることがあります。

 

あとは、「もう、すでにやっているよー」と

いう場合はスルーして欲しいのですが、

もしも、あなたが「人に何かを伝えるのが

苦手・・・」 とか、「人に嫌われるのが

怖い・・・」という 気持ちが強い場合。

 

ブログを始めてみて欲しいんです。

 

どうしてかというと、多かれ少なかれ、

誰かが見ている可能性があるということは、

ある程度の文章構成が必要になります。

 

つまり、頭の中も整理されるし、

人に伝える力を磨くことにもなるんですね。

 

そして、不特定多数の人が見るということは

自分の文章に対し、「なんかイヤだなこの人・・・」と

思われて、嫌われたり、反発される可能性も

あるけれど 「それでも私は書きたいの!」と、

自分の気持ちを優先させる訓練をして

ほしいんです。

 

もちろん、そのなかでいろいな葛藤も

生まれるかと思います。

 

でも、自分が日ごろから付き合いの

ある人に見られない限りは、リスクが低い

チャレンジであるとも言えます。

 

私は小学校6年生のころから足かけ

20年以上、 ときには日記で、そして、

ときにはブログで、ずっと日記を

書いていました。

 

日記は昨年から再開し、今も日課に

なっています。

 

今のブログではなく、個人で匿名で

ブログを書いていた頃なんて、もう8割が

悪口!!!

 

でも、自分の思いを、とにかく書き出すことが

ストレス解消になっていたんだと思います。

 

なので、ぜひブログをやっていないと

いう方は、この機会にチャレンジ

してみてくださいね^^

 

ブログに抵抗があるという方は、私のメルマガの

とある企画にご参加くださいね^^

 

ご登録は↓からできます。

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事ができない=辞めた方がいい。ではないよ。

こんばんは。

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

今日はまず、結論から言いますね。

 

私の長年の経験から来る感想

なんですが、 これ、ほんとに

個人的な思い。ね。

 

「本当にこの人は、仕事ができないから

辞めたほうがいいよな」って思う人って、

その本人には『自覚がない』ことが

ほとんどです。

 

ということは逆に言うと、

「仕事ができないことを自覚している人」は、

それが原因で辞める必要性って

あんまりないような気がするんです。

 

仕事ができないことを自覚している人は

伸びしろを持っています。

 

で、ほんとに「この人まずいぞ・・・」と思う人

は、本人に「ヤバい」「マズい」という自覚が

ありません。

 

これから書くことは、もしも、今、あなたが

仕事で悩んでいる場合は

あまり関係のない話ですが、

(なぜなら自覚があるので)

 

いくら注意しても、指摘しても

改善が見られない人って、

こっちがびっくりするくらい

キモが座っているというか、

言っていることが響かないのです。

 

(・・・と書くと、「私も同じ失敗を

何度もしている・・・ヤバい・・・」と

焦ることもあるかもしれませんが、

もう、その時点で自覚があるので

大丈夫です)

 

さすがの私にも

 

「?この人の頭の中

どうなっているわけ?!」

 

と全く理解できない人がいます。

 

もう、異星人と話をしている

感覚です。

 

で、そう遠くない過去に

そういう人と 一緒に仕事をする

機会があったのですが、

「?!」と思うと同時に「あ!!!」と

気づいたことがあったんです。

 

それは何かといいますと

「仕事ができない自覚がなくても

働いてていいんだな」ということ。

 

よくよく考えると、それはある意味

当然のことなのですが、当時の私に

とっては 結構新鮮な気づきで。

 

で、仕事ができない自覚がある人も

ない人も、 ある意味「仕事ができない」

ことに変わりはないんです。

 

だから、「仕事ができないから

辞めたほうがいい」 という考えは、

全然違うよなって。

 

だって、自覚がなくても普通に

仕事を続けている人、いますもん。

 

でも、よくよく考えると、

「仕事ができない」というのは、

できるようになるための過程を

歩んでいるに過ぎないだけですし、

仕事ができるようになるスピードなんて、

早ければ良くて、遅ければダメ。

なわけではない。

 

そして、私たちは、自分や誰かの

成長過程の一部を切り取って

「評価」しているにすぎないだけ

だったりもします。

 

それでも、早く仕事ができるように

なるためには、メンタルの整え方とか、

目標達成するためのステップは

必要だなと思います。

 

これは一人で何かしようと思っても、

たいてい、つまづくんです。

 

なぜなら、「自分の思考のクセ」が、

仕事ができるようになることを

阻んでしまうから。

 

だから、もしも、あなたが

「できるだけ早く仕事が

できるようになりたいな」 と、

真剣に考えている場合は

 

こちら で解決してくださいね(^-^)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。