看護師を辞めたいほど仕事がつらいあなたのためのお悩み相談室~転職するかどうか迷っているあなたをサポートします

毎日のように、仕事を辞めたいと思い続けていて苦しい
失敗ばかりしていて落ち込んでいる
看護師としてやっていく自信がない

そんなあなたの悩みを解決し、これからの人生を前向きに進んでいくためのお悩み相談を行っています。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
NEW !
テーマ:

●転職するのは逃げですか?


看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


明日の20時に、「2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みが解決する方法」」 にご登録の方に、メッセージをお届けします。


今回のテーマは、「転職するのは逃げですか?」です。


それでは、いただいたメッセージをご紹介します。


(あ。ちなみに、このメッセージはご登録の方へお届けしている「とある企画」からいただいたものです。無料相談という形では、受け付けはしておりません。念のため(^-^;))


-----


今転職についてすごく悩んでいます。


2ヶ月前からICUに異動になりました。


勉強にはなりますが、ついていけないと思い退職届を出しました。


他の病院への面接もしました。


でも退職届は保留で、もう少し考えてみてと上司から言われました。


また、他の病院の先輩からもいつでも大丈夫と言われて迷っています。


絶対自分のスキルになるけど、環境についていけない。


でも逃げるみたいで自分が情けない。


どうしたいのか分からなくなります。


-----


改めまして、メッセージをありがとうございます!


転職するか否か・・・。


働き続けていると、人生一度や二度くらい、あなたも迷うことがあるのではないでしょうか。


「辞める」「辞めない」で悩むときって、ほんと、精神的に「きっつい」んですよね。


看護師さんの転職の悩みについて、どのように解決したらいいのかのヒントを明日の20時に こちら  からお伝えしますね^^


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●希望とは違う部署に配属されて悩んでいます


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


本当は、循環器や呼吸器など、専門性があり、バリバリ働ける病棟に行きたかったのに、慢性期病棟の配属となってしまった・・・。


あるいはその逆で、 退院に向けての退院支援をしたいと思っているのに、急性期の病棟に配属されてしまった・・・。


と、希望の部署に配属されなかったことに対し、悩んでいる方は少なくありません。


もしも、あなたが希望の部署に行けなくなり、やる気がダウンしている場合、もちろん、他の病院への転職や異動の希望を出すのも1つの方法です。


しかし、いろいろな事情があり、どうにもこうにも動けないと感じている場合、どのような視点が必要なのでしょうか?


結論から言いますと、「その答えはあなたの足元にあります」ということ。


「いったい、こんな所で働き続けて、何の意味があるんだろう?」と思うこともあるでしょう。


希望の部署で働けないことに対してのジレンマだって、当然、ありますよね。


こう言ってしまうと身も蓋もなくなりますか、理想の職場で働くことだけが人生ではありません。


うまくいかないこと、辛いことも含めて人生だったりもします。


あ。だからといって、今の職場で耐え続けてくださいね。という意味ではないですよ~。


今、あなたの周りにいる、人々。


スタッフも患者さんも含めて、色々な人がいると思います。


意地悪な人も、怖い人も優しい人も、温かい人もたくさん。


そんな環境にあなたがなぜ、その場にいるのかというと、実は、その中に「あなた自身のクリアできる課題」が潜んでいることがあります。


「こんなこと、何のためにやってるんだろー・・・」ということに対し、あなたなりの意義を見出すことが課題なのかもしれないですし。


あるいは、人と人とのつながりの中で、患者さんやスタッフといろいろな出来事を共有して大切な経験を重ねていくこと自体が課題だったりすることもあります。


仲間の温かさや患者さんの笑顔に支えられて癒しをもらって・・・


そんな風に人とのつながりを通して自分を支えてくれる中で、あなた自身がさまざまことを感じ、成長していくステージにいるのかもしれない。


また、次の職場で希望の部署に働けるときが着たら、「あー。やっぱりこの職場でよかったなぁ・・・」をかみしめる前段階なのかもしれない・・・とか。


いずれにしても、あなたが今、置かれているこの苦しい現状に対し、あなたが今後、どのように「主体的に」捉えていくかによって見える世界は180度、変わっていきますよ。


どんな環境に置かれていても「無駄なものばかり」ではなく、「今置かれている環境を何一つ無駄にはしない」というあなたの心が、あなたの人生を作っていくのだともいえるのです(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●「私は一体、いつになったら、仕事ができるようになるのでしょうか?」


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


「いつになったら、私は仕事を覚えられるようになるのでしょうか?」


「私、いつ頃、仕事ができるようになると思いますか?」


私が新人の頃はいつも、先輩にお昼休みの休憩中、質問をしていました。


「みんな、大体、どれ位でできるようになってきますか?」


「いつまで経っても覚えられない私はやっぱり、駄目なんでしょうか」


矢継ぎ早に、似たような質問をしていました。


何度も似たような、あるいは同じような質問をしてしまう心の裏には、大きな不安が存在しているという自覚も、当時の私には全くなく・・・(苦)


「不安を解消するために、問題を解決しようと試みる」


これは一見、当たり前の概念のようにも見受けられますが、本質的には違うのです。


問題を解決しても、解決しても、次々に問題が起こる場合。


「不安そのもの」にアプローチすれば、「問題だと思っていたこと」すら気にならなくなる場合もあります。


解決する方法は、「いま、この瞬間」に存在している。私はそう思います。


新人看護師さん専用カウンセリングは本日20時に こちら  からご案内します^^



2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

●人はなぜ、悩みを持ち続けるのか


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


さて。突然ですが、想像してみて下さい。


もしも、あなたの人生において、悩みが全くなくなったとしたならば。あなたはどんなことを感じるでしょうか。


恐らく、最初は「凄くすっきりした。」、「楽になった。」、「安心した。」と思いながら、そんな状況に清々しさすら感じるのかも知れません


以前、この問いを試しに自分に投げかけてみて、「やっぱりな・・・。」と思ったのですが、自分が今、抱えている悩みが全くなくなったとしたら、どう感じるのかを実験してみました。


つまり、「頭で知っている状態」(思考)ではなく、心(感情)がどう反応するのかを自分で観察してみるわけです。


案の定、もう一人の私が冷静に、自分を見つめていたら・・・。


「もしも、自分の人生に悩みが全くなくなったとしたら・・・。」


                 ↓


「超楽じゃね?超楽しい毎日が続いて、全部丸ごとOKじゃね?(思考の声)」


                 ↓


「もしも、その状態が一生続いたとしたら?」


                 ↓


「・・・・・。」(←一瞬だけ生まれた微かな不安を見逃さずにキャッチしているの図)


そうです。一瞬、不安が生まれました。


では、この不安とは一体何の不安かということを一言で表現すると、「何か、物足りない人生?・・・かも。」そんな感じです。


少なからず私は、「悩みがあるからこそ、チャレンジしがいもあるのだろうし、乗り越えられたときに得られる様々な学びがある=人生のメリハリ」と捉えられているのではないだろうかとも思いました。


だから悩みが1つ解決したと思ったら、今度はまた別の大きなのがやってきた・・・。やれやれ。と、あたかも向こうから問題がやってきたかのように見えますが、ちゃっかりと、自分自身がこしらえたものであったりもします。


しかし、何かの出来事が起こったときに、その出来事をどのように受け止めるのかというのもやはり、本人次第だったりします。


ある人にとっては、それは「問題」でもあるでしょうし、また、ある人にとっては「悩み」でもあるでしょうし、別の人にとっては自分のパターンや、幸せに生きる「ヒント」にもなりえるのでしょう。


つまり、悩みは、本人が悩みであると認識した時点で悩みである。


しかし、同じ出来事が起こったとしても、「大いなるヒントである。」と受け止める人もいるのです。


だとしたら、「私の悩みは本当に「悩み」なのだろうか。」


「もしも、「悩み」であるとしたら、私は、この出来事を本当はどのように乗り越えたいのだろうか」と自分に聞いてみると違った発見があるのかも知れませんね。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●何だか仕事をうまく回せないと感じるときにやっておきたいこと


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


何だか最近、業務がうまく回らないなぁ・・・


やり方が悪いのかなぁ・・・


もっと効率のよい方法ってないのかなぁ・・・


などと感じることはありませんか?


プリセプターとしての指導がうまくいかないとか。


看護研究が進んでいかないとか。


患者さんとのコミュニケーションに行きづまっているとか。


そんなときにぜひ、やってみていただきたいことがあります。


それは、「周りのスタッフにインタビューをしてみる♪」です。


あ。インタビューといっても、もちろん、マイクを持って・・・という意味ではありませんよ~。


つまり、「ねぇねぇ、あなたって、こんなときはどうやってやってるの?」と聞いてみるのです。


実は、うまくいかない理由として考えられるのは「自分のこれまでのやり方を振り返って対処方法を考える」ことが挙げられます。


もちろん、ある程度はその方法でうまくいきますよ。


でも、どうしても原因がわからないけど、なんかうまくいかない。というときは、もう少し、視野を広げてみる。


つまり、うまくいった経験のある第3者がどうやっているのかを知り、その方法を取り入れることが大事な時期にきているともいえるんですね。


で、聴き方にもコツがありまして。


例えば、「『業務』をうまく進めるためには、どうしたらいいんですかね?」だと、相手も「・・・私もよくわからない」となります。


なぜなら、『業務』をうまく進めるためって、具体的にはどんなことを指しているのかが抽象的すぎて相手に伝わらないんです。


それは『業務』という言葉を『看護研究』『新人指導』『コミュニケーション』などに変えても同じなんですね。


ですから、より具体的に相手がイメージできるように伝えることが大切です。


たとえば、「21時ちょうどに○○さんが眠剤を希望しているのでなるべく時間ぴったりに持っていくようにはしているんですけど、ナースコールとかで行けないときがあって困ってるんです。


で、もっといいやり方がないかな~と思っていろいろな人に聞いてるんですが、○○さんだったら普段、どうしてます?」


これくらい、具体性があることが大切なんですね。


そしたら、 「私、もう先に、「時間よりも10分位、前後するときあるけどご了承くださいね」ってお願いしてあるし、○○さんも納得しているから、あんまり気にしてなかったけど?」とか。


「あの人、しっかりした人だから、もう20時すぎてたら渡しちゃってたよ」 とか、「臨機応変な対応策」が聞けることが多々、あります。


「えっ?そーか、そんな方法があったんだ!なんでそんなこと、今まで気づかなかったんだ?わたし・・・」ということが、意外と多かったりするんですよ。


なので、「一人で考えてうまくいかないとき」は、周りのスタッフに聞いてみる。


とくに、「うまくいっている人」に、より相手がイメージできるような聴き方をしてみてくださいね(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●高齢者への接し方、あなたは大丈夫ですか?


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


超高齢化社会と言われる現在。 看護師という職業をしている方は、高齢者の方と接する機会が多いかと思います。


コミュニケーションを取る機会が多い分、接し方もポイントを押さえているかと思われますが、「あなたは大丈夫ですか?」と私が聞く理由は、次のようなものがあるからです^^


詳しくは こちら  から


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●失敗の捉え方


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


今日は、「失敗の捉え方」について、思うところを書きます。


けっこう前の話になりますが、非常に頭から湯気が出るほど、ぶち切れた出来事がありました。


相手のあまりにも理不尽な言動に対し、意見をしても私が言い終わる前に自分の意見を無理にでも通そうとし、怒鳴られ、まさに「取りつく島もない」状態。


正直、どうして私がここまで言われなければならないのかと、怒りと悲しみで一杯で、数日、悶々としていましたし、思い出すだけで怒りを通り越して、悔しくて泣いていました。


「こういう切り口で話を進めれば、もっと、相手はすんなりと聞いてくれていたかも知れない」


そんな反省点もありましたが、今回の件は、私は別の切り口から話を進めたので、結果的に事が大きくなってしまった。


その意味では、今回の出来事は、「失敗」だったのかも知れません。


でも、そういう風に冷静に考えること以上に、怒りを消化することが数日間、できなかったのも事実です。


怒ったって、何も解決しない。


大人げない。


言ってもわからない相手とまともにぶつかりあってもしょうがない。


そんなことはわかっていながらも、怒りがどうしても収まらない自分を正直、持て余していました。


私の心の中で、正論と本音がぶつかり合いました。


私の本音は、それはそれは決して綺麗なものでもなく。


ものわかりも悪く。


恐らく、私の本音を誰か他の人に対して愚痴ったところで、周りは決していい思いはしないだろうし、「じゃあ、一体、あなたはどうしたいの?」と聞かれる可能性満載の状態。


確かに、状況的に考えると、世間一般の尺度からすると、私の方が逆に責められかねないほどの本音を抱えていました。


でも、それでも、あの時の私は、1人でもいいから、私のこの怒りを理解して欲しい。


わかって欲しいという思いで一杯でした。


その思いがたとえ、常識的に「とんでもない発想」だとしても。


言いたい。


私の怒りをまき散らしたい。


そんなやり場のない怒りを抱えている時に、ふっと、気づいたのです。


「失敗から受ける「恩恵」ってあるよな」と。


それは、無理矢理に自分に言い聞かせた訳ではありません。


多分、自分の中で怒りに怒って感情を感じきったからなのでしょう。


やっと、冷静な自分を取り戻せました。


ここでいう「恩恵」というのは、「失敗したから次は、こうする」。


つまり、今回の私の出来事でいうと、「次からは伝える切り口を変えてみる」という、直接の対応策ではなく、「失敗」から連鎖し、付随してきた様々な感情のことです。


やり場のない怒りや悲しみをどうすることもできず、ただただ、打ちひしがれている自分を、どこか別の自分が傍観している。


そして、傍観している自分が思ったのです。


「この経験をいつか、必ず役立てよう」と。


私と同じように、どこに怒りをぶつけたらいいのかわからない思いを抱えている誰かのことを、今よりももっと、深いレベルで理解できるかも知れない。


どれだけ心の中で、ひどいことを思おうが、何をどう感じようが、それはそれでOKなんですよ。と私が代わりに言ってあげることは、これまでも普通にやってきたスタンスですが。


今回の強烈な怒りに対して、改めてそのしんどさや葛藤をリアルに私の中での実体験として感じることができたんですね。


私はこれまでの人生で、様々な葛藤も怒りも悲しみも苦しみも、それなりに感じてきましたが、心のどこかで、「ここまで辛い思いをして、それで相手の理解ができたところで、それが何になるの?」と何度も思ってきました。


相手の理解をするために、ここまで苦しい思いをしなければならないのならば、いっそ、相手のことなんて理解なんでできなくてもいい。と。


ですが、結局、他人とのコミュニケーションがうまくいかない理由の1つに、「相手の思いが理解できない、共感できない」が故に、「そんなひどいこと言っちゃ駄目だよ」とか、「私にはあなたの気持ちはわかんなーい」などと、簡単に言ってしまい、逆に相手の心を傷つけてしまうケースがあるのです。


それはそれで、言う側の「本音」なので、それ自体に良し悪しはありませんが、言い方によっては、相手は自分の「気持ち」を否定されたように感じ、ますます心を閉ざしてしまう。


あなたも、そんな行き違いを経験したことは一度くらいはあるのではないでしょうか。


しかし、相手の思いを理解しようとすることは、結局、自分を理解することにも繋がっていくのだとも思うのです。


相手のことを理解する前から、「わかんない。信じられない。そんなこと思うなんて」と跳ね除けてしまい、中には嫌悪感を抱くことだってある。


それはそれで、自分もイライラするという「おまけ」がついてくる場合もあるのではないかと。


自分の価値観と相手の価値観は違うから、「相手の考えそのもの」を肯定しましょうということではありません。


相手が、怒りや悲しみを抱く「権利」。


それは、誰にも邪魔できるものではないし、正す必要があるものではないのです。


ならば私は、ある意味、「失敗」ともいえる出来事から学んだことを、いつか必ず、同じように苦しんでいる「誰か」に、役立てていきたい。


私が学んだことを、誰かの心の安らぎのために、お返ししたい。


そんな風にも思った貴重な出来事でした。

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:

●気づきの深い質問


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


人には、「深い質問」をされたときに、「はっ」とする答えが浮かぶことがあります。


私も、とある質問を真剣に考えたとき、はっと気がついた瞬間があります。


それではみなさんにも質問です。



あなたの父親の人生の目的について考えてみて下さい。



あなたの母親の人生の目的について考えてみて下さい。



あなたの父親の人生と、母親の人生の目的を統合させる目標について考えてみて下さい。


私の場合は


父親:自分の弱さを見つめ、どんな状況でも困難を打破し、家族との絆を深め、愛する者達とお互いを大事にしながら人生の喜びを経験する目的で生まれてきた。


母親:人を許すことを覚え、人を尊重することを学び、固定観念、思い込みを払拭し、自分をありのまま認めるために生まれてきた。


それでは私は.. 「本当に人を大事に思うとはどういうことなのか、家族の絆を大切にするとはどういうことなのか。 生きることの本質は非常にシンプルであり、そのシンプルさを実践していくことが目的である。」


これを書き上げた時には、腑に落ちた感じがして、ちょっぴり、泣けました。


それぞれの子供は、「親」を選んで生まれてくるとはよくいいますが、なるほど。気付きの多い質問だなー。と思いました。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇