看護師を辞めたいほど仕事が辛いあなたのためのお悩み相談室~転職するかどうか迷っているあなたをサポートします

毎日のように、仕事を辞めたいと思い続けていて苦しい
失敗ばかりしていて落ち込んでいる
看護師としてやっていく自信がない

そんなあなたの悩みを解決し、これからの人生を前向きに進んでいくためのお悩み相談を行っています。

NEW !
テーマ:

●申し送りがうまくできなくて困っています


こんばんは。坂口です。


新人さんの悩みのベスト1といっても過言ではないものは「申し送りがうまくできない」ということです。


「困っていることはなに?」と聞くと、ほぼ100%、この言葉が返ってきます。


本当は、申し送りのコツも、方法もあるのですが・・・。


実はまだ言語化できていません・・・。


しかも、病院によってもやり方やポイント、内容も違いますので、「こうすれば申し送りがうまくなる!」というのは、どうしても「だらだら申し送りをしない」「起承転結が大事」「優先順位の高いものから送る」「バイタルならバイタルを、時系列で送る方法もある」などという抽象的な感じになってしまいます。


このことを、もう少し、具体的に書いてもいいのですが、それを書いたところで役に立つとは思えません。


なぜなら、本気で参考にしたい人がもしもいたとしたならば、そこに囚われてしまう可能性があるからです。


人に何かをわかりやすく伝えるときに、いくらポイントを伝えても、実はうまくいかないことが多いのです。


その理由はコミュニケーションは、基本、「なまもの」だから。


ですから、「とにかく、失敗してみ。まずは失敗から。」としか言いようがなかったりもして・・・


そして、やはり人それぞれ、微妙に知りたい情報も違いますし、送りの仕方も、人それぞれです。


だから、「どうやったら、申し送りがうまくなりますか?」と直接聞かれても、「うーん・・・慣れ(爆)」という返答しかできなかったような気がするのです。


申し送りの場は、送る相手が変われば、送るときにも超緊張する相手もいれば、リラックスする相手もいます。


その場の空気、相手が何を大切にしているのか(細かく何でも情報を知りたがるタイプなのか、最低限の重要な情報だけで、他の周辺領域の情報は要らないと思っているタイプなのか)の特徴を掴むというのは、でたとこ勝負です。


ただ、覚えていて欲しいのは。


申し送りで半年も経てば、1日目よりは、確実に進歩しているはずです。


昨日より今日、今日より明日。


自分のどこが良くなっているのかということに気づくセンスを磨いていって下さい。


どんなに下手でも、半年経てば、「申し送りが下手だねぇ・・・」ということが問題になる新人さんの確率は、超低いです。


なぜなら、人というのは順応する力があるからです。


要するに、半年後、1年後に「申し送りがうまくできません・・・」という声は、ほぼ、0%だということです。


なので、安心していいと思います。


まぁ、ベテランでも話が超長いのが特徴の人もいますし。


私も基本的には話が超短いときもあれば、超長いときもありますので(笑)


私自身の経験からいうと、申し送りの練習をしたことは、ほんの数日しかありませんでした。


時には、頭の中で整理したものを箇条書きにしてみたりもしましたが。


そんなことをしている間に「はい。申し送りちょうだい」と言われ、間に合わず、強制的に「でたとこ勝負!」にならざるを得なかったからです。


なので、でたとこ勝負で、何を学び、どう生かすかを考え、失敗を繰り返した方がうまくいったような気がします。


まさに、失敗なくして成功なし。のわかりやすい事例が申し送りなのだと思います。

- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●効果的に反省をするためには


こんばんは。坂口です。


11月28日の19時頃、「仕事がとにかく辛い新人看護師さんの悩みがスッと楽になる方法」」のメルマガを発行します。


タイトルは「効果的に反省をするためには」


あなたは、自分を反省するとき、

どのように反省をしていますか?


今回は、「効果的な反省の仕方」についてポイントをおつたえします (^-^)

ご登録がまだの方はぜひ、ご登録を☆

楽しみにしていてくださいね(^-^)



登録(パソコン)

登録(携帯・スマーフォン)

- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●患者さんからクレームが来た…私のやってきた看護は間違ってたの?!


こんばんは。坂口です。


メルマガのご案内です。


11月27日12時頃、3分間の幸せ体質改善プログラムのメルマガを発行します。


タイトルは「患者さんからクレームが来た…私のやってきた看護は間違ってたの?!」


自分なりに精一杯患者さんとコミュニケーションを取ったにもかかわらず、

患者さんからクレームが来てしまった。


長く経験を積んできた方なら、一度はそういうことがあるかもしれません。


中には患者さんからクレームが来たことをきっかけに、


「私の何が悪かったんだろう…」


「自分が今まで気づかなかっただけで本当は知らない間に患者さんに迷惑を掛けるようなことをしていたんじゃないだろうか」


「…私はもう看護師には向いてないのかもしれない…」と看護をすることが怖くなってしまうこと、ありますよね。


今回のメルマガは、そんなあなたにメッセージをお届けします(^-^)

ご登録がまだの方はこちら  から


※携帯、スマホからご登録の方は こちら  から

いつでも解除できます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●誰かに批判をされたときの考え方


こんばんは。坂口です。


自分が誰かに批判されることに対し、非常に敏感になるときって誰にでもありますよね。


しかも、批判されたくないと思えば思うほど、相手が、ただ単に意見を言ったとしても、それが「自分の考えと異なっている」。


それだけで「批判された」と解釈してしまうことも起こりがちです。


しかし、例え、明らかに批判をされたとしても、私たちが目指す方向性というのは「批判をされないように過剰に気を遣って振る舞う」のではなく、「批判をされても動じない心のあり方を、どう身につけるか」というところではないかと思うのです。


それは、批判をされても、「負けてたまるか!ポジティブに前向きに!」というニュアンスではなく。


「批判?そんなのは批判する方がバカなんだよ!」というニュアンスでもなく。


「気にならないわけじゃないけれど、特別、何とも思わない」という状態を経て、「全く気にならない状態に 無理なく 戻していく」 という作業を、どのように工夫してやっていくか否か。というところではないかと思います。


つまり、感情をむりやり抑えつけて感じないようにしたり、闇雲に怒りの方向性を他者に向けて吐き出したりするという極端なやり方ではなく、「怒りや悲しみを感じたとしても、それをどうやって自然に立て直すか」ということだと思うのです。


そういえば、こんなこともありました。


私の知り合いは時々、「○○という言葉を使う人は嫌い」とか、「流行りの△△という言葉をみんな、こぞって使いたがる風潮が嫌だ」などという記事を書くことがありました。


それで、そのNGワード(?)を使って何かを発信すると、私も、その人に何か書かれるのではないか?という恐れを持ちながら、心の中で「なんだかなぁ・・・。そんなこと、なんでいちいち、書くかなぁ・・・」と、数年、思い続けており、意図的にその言葉を使うことを避けていたほどです。


しかし、昨日、私は「この言葉、あの人がもしも見たら、嫌がるワードだな」と思いながらも敢えて、その言葉を何のためらいもなく発言した瞬間。


私は、誰かの目を気にせず、自分の言いたいことを言う自由を、自然に選択したことに気づきました。


それと同時に、「私は他者に 振り回されている と感じる心のあり方をしていた」ということにも気づいたのです。


その方に直接、指摘をされた訳でもないのに、私自身が勝手に「何かを言われるのではないか」と恐れ。


その方のことを心で「そんなこと、いちいち書かなきゃならないの?」と私が勝手に批判し。


自分で「その言葉は、使わないでおこう・・・」と勝手に決めてしまっていた。


そんなことに気づきました。


きっと、こうして少しずつ気づいて、その度に、自分が必要だと思ったときに修正をかけていくことで、「自分が大切にしたいこと」が浮き彫りになり。


そして、「私らしさ」や「自分がありたい姿」が確立していく。


となると、私を苛立たせていると感じる人。私の批判をしていると感じる人。批判に怯えてビクビクするような相手などというのは。


自分がありたい姿に近づいていくために存在している人なのではないかな。とも思います。

- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)



いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

●話下手で仲間の輪に入れず、悩んでいます


こんばんは。坂口です。


11月25日の19時頃、「仕事がとにかく辛い新人看護師さんの悩みがスッと楽になる方法」」のメルマガを発行します。


タイトルは「話下手で仲間の輪に入れず、悩んでいます」


仕事には何とか慣れてきたけど、

休憩室で仲間の輪の中にいても、

なかなか自分から話ができないし、

話を広げることができない・・・。


相手が話を振ってくれているのに、

うまく返すことができない・・・。


私は黙って話を聞いていることしかできないんです。 。。


そんな悩みがあるあなたにメッセージをお届けします(^-^)


ご登録がまだの方はぜひ、ご登録を☆

楽しみにしていてくださいね(^-^)


登録(パソコン)

登録(携帯・スマーフォン)

- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)





いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●相手の立場になって考えることができないという悩みについて 


こんばんは。坂口です。


「患者さんの立場に立って考えなさい」  という話とは、ほんのり違い、今回は別の視点からお話をさせていただきます。


「自分がもしも、相手の立場だったら、どう思うだろう?どうするだろう?」と考える視点は「相手のことを思いやるという気持ち」「相手の思いを理解したいという心」という意味合いも含め、とても大切です。


例えば、 深夜3時に、自分がとても寂しくて、彼に電話をしたい。

→私だったら、次の日の朝から仕事の時に電話されたら嫌だな・・・


付き合っている彼がいるけれど、元カレと連絡を取りたい

→私が逆の立場なら、今の彼が元カノと連絡を取られるのは嫌だな など。


こういうわかりやすい例だと「あ。やっぱ、やめとこ」という気づきは起こりやすいのですが。


こういう場合は、どうしたらいいの?と、迷ってしまうケースという場面も多々あります。


落ち込んでいる彼に、声を掛けた方がいいのか。それとも、そっとしておいた方がいいのか。


疲れて、早い時間にソファーで寝ている彼を、「あんまり寝ると夜、寝れなくなって明日が辛いだろうから」と無理矢理、起こすのか。それとも、疲れているんだから、このまま静かに寝かせてあげるといいのか。


一体、何をしてあげることが正しかったんだろう・・・と考えると、疲れてしまうときもありますよね(^-^;)


そして、同じ人に、同じ気遣いをしたとしても、それが時には喜ばれることもあれば、時には嫌がられることもある。


・・・なかなか難しいものです。


「このテクニックを使えばうまくいく!」的マニュアルで失敗するのは、「スキルに頼っているから」だと思うのです。


だから、コミュニケーションがうまくいかなくて、何から改善していけばいいのか全くわからないと悩む人は、最初はスキルを使ってみればいいと思うんです。


でも、スキルが通用するときもあれば、しないときも、当然あります。


ここからが、勝負どころだと思うんですね。


要するに、いかに「想像力」や「直観力」などの能力を鍛えるか。なんだと思うんです。


「この人を助けたらいいのか」「あえて付き放せばいいのか」


「そっとしておいた方がいいのか」「声をかけた方がいいのか」 などなど、様々な場面で、この力は試されます。


そんなときに、相手のことを察する能力を、どう使いこなしていくか。というところだと思うのです。


多くの人は、全て等しく能力があるにも関わらず、それをせず、うまくいかないことがあれば、「私の気遣いをわかってもらえない」「あなたのことを思ってやったのに」と、人のせいにします。


・・・すごくもったいないです。 相手の立場にたって考えることができない。と悩む人は、「相手の立場にたちたい」と思うからこそ悩むのではないでしょうか。


それは既に、相手を思う気持ちそのものがあるということなので、「全然OKじゃないですか~」と私は思います。


あとは、「相手の気持ちを察する力」を磨いていけばいいだけなのだと思います。

- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●新人には「優しく」「怒らない」で指導しなければならないって、本当ですか?


こんばんは。坂口です。


師走が近いですねぇ。


最近、今まで溜まっていた仕事を一気にやろうかと思ったら、それどころじゃないほど、新しいお仕事が入ってきています。


さぁ、気合入れて頑張るぞー!


てなわけで、本題です。



今の新人教育の方針というのは、基本的には「優しく」そして「怒らない」で接するようにして下さいという傾向にあり、管理職の方々からも、「新人さんには優しくしてあげてね」「新人さんを怒らないで育ててあげてね」などと言われます。


これは、「新人さんが簡単に辞めないようにするため」の1つの打開策案として提示されていることなんだろうなと思います。


しかし、実際に指導する側が、様々な個性のある新人さんに接したとき。


当然、指導者も人間なわけですから、時には「イラッ」としますし、とてもじゃないけど我慢できないことだってあるのです。


そして、飲み会などで仲間に


「上の人間はさぁ~。「優しくしろ」だの「怒らないで」だの言うけど、あんなに仕事のできない新人と一緒に仕事してたら、やってらんない!って思うよね!時間外労働までして残らなきゃならないし、こんなに人の少ない状況で、入院受けだってしなければなんないしさぁ。そんな中で新人指導なんて、できるわけないっつーの!(怒)」


「そうだよね!超しんどいわ!アホくさい!」


などという会話が交わされる場面は、容易に想像できます。


結局、「方針」というものは元々、「大まかな方向性」でしかないわけですから、あえて抽象的な表現になってしまうのは当然のことともいえます。だから、「優しく」「怒らない」という表現も、抽象的になるわけです。


1人1人、「優しさ」や「怒らない」の定義が違うので、「何をもって優しいというのか」「何をもって怒らない」というのか。という部分も当然、曖昧になるのは仕方がないとも思います。


しかし、私が見ていて思うのは「あなたは、上の方針が「優しくしてね」「怒らないでね」と言っているからさぁ~」と、「上の人が言ったから」ということで何でもかんでも上の責任にしてはいませんか?というところが気になるときがあります。


あなたが、どんなにきついことを言われても、素直に反省できたのは、どんな先輩でしたか?


私は、信頼できる先輩、尊敬できる先輩、そして根に持たない先輩、陰口を言わない先輩ならば、たとえ怒られても叱られても、その時は非常に傷ついたと感じますが、素直に反省できました。


つまり、「「優しくして」「怒らないで」と言われているから仕方なく」という思いが仮にあるとしたならば。


そもそも、あなたは、それ以前に、「相手に信頼されるような自分になれるような関わりを相手にすることができているのでしょうか?」という疑問が私の中に生じるのです。


もちろん、「上がそう言ってるから」「怒っているところを見られて、上に注意されたから」などという不満は、この過酷な勤務状況の中で、自分自身ですらまともな精神状態を保つことが難しい状況にあるからこそ、出てくるのだとも思うのです。


しかし、何でもかんでも「あの人がそう言ったから」「やれって言われたから」では、ただの「指示待ち人間」でしかないと感じるときもあります。


つまり、「自分で工夫することができないマニュアル人間」です。


部下が、自発的に、積極的に行動したいと思うのはどんな時なのか。


それは、尊敬できる、あるいは信頼できる魅力的な人であるからこそ、「この人の期待に応えたい」「努力したい」「頑張りたい」という思いが内側から生まれ、行動を起こすのではないでしょうか。


人は、誰もが承認されたいという欲求を持っています。


だとしたら、自分のできる範囲で惜しみなく、そして利害関係なく人を応援し、承認し、相手を理解し、信じようとする姿勢があってこそ、人は「本気で動く」のではないかとも思うのです。

- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●心が楽になる魔法の言葉?!


こんばんは。坂口です。


1つ、何か気になることがあると、これでもかというほど、あーでもない。こーでもないと考え続けてしまうことってよくありますよね。


例えば、「仲のいい同僚が、自分の知らない所で他の同僚や先輩らと数人で一緒にご飯を食べに行っていた。


確かにあの人達はみんな日勤で、私はその日、休みだったけど、暇だったからメールで誘ってくれてもよかったのに・・・


それとも、わざと私が休みの日を選んで、私が知らない間に前からみんなで約束していたのかな・・・


私って、実は嫌われてるんじゃないのかな・・・私の居ない所で私の悪口を言われていたらどうしよう・・・


みんなに「どうして誘ってくれなかったのー?!(笑)」って、なるべく明るく聞いてみようかな・・・


でも何か、そんなこと聴くのも変だし・・・」とか。


他にも、「自分が気になる男性に送ったメール。数回のやり取りはしたけれど、その後、彼からのメールの返信はない。


私、何か気に障るようなこと書いたかな?そういえば、メールを読み返してみたら、相手が誤解する表現だったかも。


もう1回、私からメールした方がいいのかな?


でも、それも逆にウザイと思われるかも知れないし・・・


だけど、もし彼に誤解されたままだったら、嫌われちゃったのかも?!」など。


「どうすればいいのかわからない状況」というのは、ほんとに小さなことであっても、悶々と考えてしまいがちです。


このような時、私は自分の心の中で以下のような言葉を使います。


その言葉とは。


「どっちでもいいじゃん」という言葉と、「ま、そういうこともありだよねー」という言葉です。


「どっちでもいいじゃん」というのは前者の例の場合、別に同僚が自分を誘ってくれなくても、その理由を聞く勇気もなければ、聞いたところで本心を言ってくれるとも限らない。


つまり、考えてもわからないのに延々と考え続けている「頭の中のおしゃべり」をスパッと立ちきるために、自分に使います。


「ま、そういうこともありだよねー」という言葉は、後者の事例の場合、「どんなに非の打ちどころがないメール」であったとしても、人は基本的に、「自分の都合のいいように解釈をする生き物」ですから、勝手に誤解をして、気にする人もいれば、全く気にしない人もいます。


もしも何か、そのメールで問題が起こるかも知れない可能性が明らかに高い場合なら考えますが、微妙なラインの場合。


「何か問題が起きた時に考えればいい」だけの話ですし。


「ま、人生いろいろ。大きなことも小さなこともあるから、そういう行き違いも時にはあるよね~」などと自分に対して言葉を投げかけます。


締めくくっても考えづける時には、同じ言葉を何度か使います(笑)


これは、色々と応用が出来ます。


自分が正しいのか間違っているのか答えが出なくて延々と悩んでいるのなら。


「どっちだっていいじゃん。正しくたって間違ってたって」


辛くて、どうしようもない時には「こうやって、色々と延々と考え続ける時期があっても、ま。いっか」と締めくくります。


これは実は、「無意識を意識化する」ということとも繋がるのです。


考えている時の自分は、「思考にどっぷりと浸かっている状態」であり、しかも本人は、そのことに気づいていません。


気づくことなしには、自己修正もできませんので、意識的にこのような言葉を投げかけることによって、自発的に「気づく」ことが、大切なのです。

- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

●絶対に怒りを出してはならない相手に怒りを感じたときの対処方法


こんばんは。坂口です。


メルマガのご案内です。


11月20日12時頃、3分間の幸せ体質改善プログラムのメルマガを発行します。


タイトルは「絶対に怒りを出してはならない相手に怒りを感じたときの対処方法」


・・・タイトルがちょっとややこしくなってしまいましたが(笑)


基本的に、相手に怒りをそのままぶつけることは、自分にとってもリスクが高いので、あまり好ましいことではないのですが・・・。


やはり、私たちは人間。


上司や患者さんの頭に血が上るほどの怒りを感じることだって、ありますよね(^-^)


そんなときはどうするとよいかについて、明日のメルマガでお話しします(^-^)

ご登録がまだの方はこちら  から


※携帯、スマホからご登録の方は こちら  から

いつでも解除できます。



- - - - - - -


2年目以降の看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


新人看護師さん専用メルマガ

(スマホ・携帯の方は こちら )


メニュー


お客様の声


メールフォームから直接お問い合わせ



たくさんの看護師さん仲間がいますよ~(^-^)



いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード