『自分を生きれば、自由になれる!』心理カウンセリング 大阪 堺 泉佐野 (全国対応可)

「人間関係がしんどい」
「自分にイライラする」
そんな自分から自由になりたいあなたへ

NEW !
テーマ:

 

 

ども!富田れいこです。

 

 

今日は、「公開カウンセリング」に登場して下さった方が、感想を送ってくださったので紹介させてもらいますねニコニコ

 

 

その時の記事はこちらです

リンク 【公開カウンセリング】私は家族の奴隷です

 

 

1490577971872.jpg

 

 

こんにちは 
公開カウンセリングしてもらった〇〇です

感想送ります。 

まず、「優しい方」 
に衝撃 

自分では自分のどこを切り取ってみても 
優しさのカケラすら見当たりませんから。 
でも、優しいって言われたならそういうことにしようと受け取りました。 

私の思う素敵なお母さんは 
★いつも笑顔 
★どんな時も子どもを受け止める 
★子どもに何かあっても動揺しない 
★社交的、友達がいっぱい 
★いつも楽しそう 
★夫婦仲が良い 

そんな奴いねーーー 
って書いてあった通りが 
私の理想でした。 

私の周囲のママたちは 
私にはこのように見えてましたが、実は違うの⁈ 
これも衝撃的(ふらふら) 

忙しくても不満を感じず 
甲斐甲斐しく子どもの世話をするべき 

これ、実母に言いたいんですΣ(-᷅_-᷄๑) 
母は 
不満は言わないが 
仕事と生活に気持ちがいっぱいで 
楽しそうでも幸せそうでもなかったので 

母に言えなくて望んでたことを 
今の自分に言っているのですね。 

母に 
いつも一緒にいてよ 
話を聞いてよ 
遊んでよ 
おかえりって迎えてよ 
喧嘩しないでよ 

って言いたかったんですね。 

子どもの頃 
両親共帰宅が遅く 
小学生の私と妹2人で味噌汁を作った時 
母がすごく驚いて 
私はそれを褒められたと受け取った気がします。 
だから、言われなくてもお手伝いしていたのかもしれません。 
相談時は 
手伝わないと 
家の中が険悪になるからやらされた感満載でしたが、 
れいこさんの回答を元に考えてみると 
母を喜ばせたい 
というメリットがあったようです。 

随分と過去のイメージが変わりました。 


感想がなかなか遅れず失礼しました。 
長男の大学受験&合格発表と 
私自身の転職と同時進行で 
どうにも時間が取れず、、、 

家族の奴隷って感じてもいいや 
感じない時があってもいいや 
こう書くと投げやりっぽいですが、 
自分の理想の母にはなれない、とはっきりわかったのでスッキリです。 

ありがとうございました😊 
 

 

 

「優しい人」ほど、「自分は優しくない」って言います。

 

 

「本当に優しくない人」は、「優しくなれない自分」に落ち込んだり、自分を責めたりしないんですよ。笑

 

 

そういう人は、「自分は優しいか?」なんて気にもしないですからねウシシ

 

 

 

花

 

子供の頃の辛かった思い出に、私は

 

 

「相談者さんにもメリットがあったから、そうしたんでしょ」

 

 

という表現をしました。

 

 

「自分のメリットの為に行動したんでしょ」って、なんだかエゴのかたまりのような感じに聞こえるかもしれませんが、そうではないんです。

 

 

(後から自分の書いた表現について反省したのですが・・・あせる

 

 

それだけ、ご両親を愛してたって事ですよね♪

 

 

親の喜ぶ顔を見るのが、自分の幸せ(=自分のメリット)になるぐらい、愛情深い人

 

 

そういう事なんですよね。

 

 

 

ご自身のネガティブな感情を責めておられる人は、自分がそのぐらい愛情深い人間で、優しい人間なんだ・・・という事を思い出して欲しいなぁって思います(^^)

 

 

 

ではまた!

 

 

 

ベルメルマガ・LINE@では、読者様限定の無料お悩み相談受付中です

 

メール メールマガジン

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

LINE LINE@

友だち追加数

 

 

※頂いたメッセージ、コメント等は、全て読ませて頂いていますが、お返事は出来ない場合もございます。
また、許可なくブログやメールマガジンに掲載させて頂くことがありますので、掲載不可の場合は、その旨を記載しておいて下さいネ。

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

facebook 【Facebook個人アカウント】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ども!富田れいこです。




今日は「嫌い」という感情が起きるしくみについて です。
 

 

 

誰でもみんな、人に嫌われるのは嬉しくないと思います。

 

 


でも、全ての人に好かれるのは無理だ と言う事は、なんとなく気づいておられるのではないでしょうか。



なぜ、全員に好かれるのは無理なのか…。



今日は、その第一歩として、
「人を傷つける行為をする理由」
について、お話したいと思います。





人は、どんな時に
誰かを攻撃すると思いますか?



ざっくり言いますと、
これは、動物の本能的な事なんです。



動物は、
「自分の身が危険にさらされている」
と、感じた時、

 


逃げられるのなら逃げますし、逃げられないと思えば戦います。



人間も動物なので、同じなんですニコニコ



自分の身に危険を感じた時、逃げられない(逃げたくない)と、判断したときに、相手を攻撃してしまうんです。



この、「身の危険」と言うのは、命に関わる事だけではありません。


・自分に意地悪をしてくる
・自分の地位が脅かされる
・自分が不快感を感じる
・自分が寂しい思いを感じてしまう
・自分のコンプレックスを刺激される
・自分と価値観が違う



…などなど。




…ほら。

 


見てもらうと分かる通り、
嫌われた人は何も悪くない事の方が多いですよね

(  ̄∇ ̄)




ちなみに、その人にとって、「嫌だ」 と感じる事は、全部 「危険」 と判断します。



もし、あなたが、誰かの攻撃を受けているとしたら。

 


相手は、何らかの理由であなたの事を、
「危険な存在」
と、思っているという事です。




でも、その「危険」って…。

 


明らかに暴力を振るわれたとか以外なら、その人その人によって、「危険」と感じるツボが違うんで、『全員に危険と思われないようにする』 なんて無理なんです。

 

 

 

全員に好かれたいと思う気持ちは私もわかります。

 

 

でも、そこを目指してしまうと、とても苦しい日々がまっています。

良い意味で諦めてしまいましょう(^^)

 

 

ではまた♪

 

 

 

 

 

ベルメルマガ・LINE@では、読者様限定の無料お悩み相談受付中です

 

メール メールマガジン

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

LINE LINE@

友だち追加数

 

 

※頂いたメッセージ、コメント等は、全て読ませて頂いていますが、お返事は出来ない場合もございます。
また、許可なくブログやメールマガジンに掲載させて頂くことがありますので、掲載不可の場合は、その旨を記載しておいて下さいネ。

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

facebook 【Facebook個人アカウント】

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

 

 

個別カウンセリングのご案内です。

 

あなたの人生を、自由で、開放感に満ちた世界にするためのお手伝いをしています。

 

 

ピンクキラキラ 私のカウンセリングは、こんな方におすすめです

 

チェック 親子関係や職場問題など、人間関係を改善したい

 

チェック 自己嫌悪・自己否定しながら生きるのをやめたい

 

チェック 他人に気を使い過ぎて、疲れてしまった

 

チェック 起業したいけど勇気が出ない

 

チェック 周りの反応を気にせず、本来の自分のまま生きていきたい

 

チェック 自己肯定感を高めたい

 

チェック 自由に、のびのびと、楽に生きていきたい


 

 

いろんな方が、いろんな目的で利用されています。

あなたが気になることなら内容は問いません。

 

 

あなたがあなた自身でいるために。

 

自由と開放感をつかみ取るために。

 

 

どうぞ、私のカウンセリングを活用して下さい。

 

ふんわりリボン 【 メニュー1 】 対面カウンセリング 


※写真はイメージです
 

大阪市内のカフェなどでお話をお聞きします。

 

120分 28,000円

 

※ 2人の飲食代、富田の交通費は、上記料金に含まれます。

 

※ ご相談者様の交通費はご負担をお願い致します。

 

※お支払いは、銀行振込か、クレジット決済による事前入金とさせて頂いています。

 

リンク お申し込みはこちらからお願いします

 

 

ふんわりリボン 【 メニュー2 】電話 or ネットカウンセリング

※写真はイメージです

 

電話、もしくはLINE、スカイプなどのソフトを使ってカウンセリングをします。


電話の方は、こちらからお電話させて頂きますので、通話料はかかりません。

(国内通話のみ受け付けています)

 

120分   20,000円
90分15,000円
60分10,000円
30分5,000円

 

※お支払いは、銀行振込か、クレジット決済による事前入金とさせて頂いています。

リンク お申し込みはこちらからお願いします

 

 

ふんわりリボン  お試しカウンセリング ふんわりリボン

1467073587366.jpg

 

 

富田のカウンセリングを1回も受けた事が無い方が対象です。

 

対話方法は、LINE、Skype、ハングアウト、Zoom、電話からお選びいただけます。

 

 

30分  無料
 

 

無料お悩み相談は、メールマガジン、もしくはLINE@で募集しています。

どちらかお好きな方をご登録下さい。

 

メール メールマガジン

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

LINE LINE@

友だち追加数

 

 

 

メール お問い合わせはこちらからお願いします

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

ども!
心理カウンセラーの富田れいこです。

 

 

さて・・・今日は、

 

リンク「悪口を言われた!そんな時のために、覚えておいて欲しい事」

 

 

の続きです。

 

 

 

 

 

 

私が悪口に対して、あまりショックを受けないようになったのは、

最初に就職した仕事がオンナだらけの職場だったからかもしれません。

 

 

 

私は大阪出身・在住なのですが、高校を卒業してすぐ、関東のデパートに就職して会社の寮に入りました。

 

 

 

ギリギリ就職氷河期の前で、どえらい人数の同期がいたんです。

 

 

でも、一緒に生活しているというだけでなくて、面白いキャラの人が多かったせいか、同期の仲の良さは先輩方にも認められるほどでした。

 

 

結束力も強くて、本当に楽しい生活でした。

 

 

「特に仲良い子」というのはそれなりにあって、

 

それぞれ軽くグループ的なものは出来るんだけど

 

 

それ以外の子と同じ仕事をする事になっても、食事が一緒になっても、気まずさを一切感じないぐらい、気心のしれたメンバー達だったんですね。

 

 

 

それでも、

やっぱり 「悪口」はあるんですよ。

 

 

その場にいない子の欠点が、どうしても話題に上ります。

 

 

 

もちろん、悪口を言ってる子全員、その話題の主が大好きです。

 

 

 

でもね。

 

 

どんなにその人が好きでも「直接本人に言う」って、なかなかしないんです。

 

 

 

直接本人に苦言を言うってよっぽどの事なんです。

 

 

ものすごいエネルギーが必要な事ですから。

 

 

 

<1>これは直接言ってあげないと本人の人生に多大な影響がある

(もしくは自分にものすごい影響がある)

 

<2>ものすごいエネルギーを使ってもその子を助けてあげたい

(もしくは改めて欲しい)

 

 

 

 

 

こんな強い理由がないと、

直接本人には言わないんです。

 

 

 

 

 

私は仕事が出来ないドンクサイ子だったので、ツッコミレベルの事はその場でハッキリ言われましたけどね。笑

 

 

どーも微妙なラインの事ってのは、私も、他の同期も、直接は言ってもらえない感じでした。

 

 

性格的な欠点など、

「どうしても直して欲しい」レベルでない不快な部分

ってのは、酒のサカナ?的に話題に上るだけで、

それ以上深刻な事態にはなりにくいんです。

 

 

 

例えばさっきの条件で言いますと

 

 

<1>これは直接言ってあげないと本人の人生に多大な影響がある

⇒・・・と思っても、本人の事を大切に思ってなければわざわざ言わないし、

 

 

 

<2>ものすごいエネルギーを使ってもその子を助けてあげたい

⇒・・・と思う存在の子でも、たいして問題視しなくていい欠点だったらあえて言わないし

 

 

<1>と<2>の両方の条件がそろわない事には、

「本人に直接言う」なんて自体は起こらないんです(^^;

 

 

 

私が直接同期の子に

苦言として言われた事と言えば・・・

 

 

 

「借金してホストクラブに通ってた事」

 

 

ぐらいかなぁ・・・。

 

 

 

 

・・・・・・。

 

 

 

 

 

・・・・・・。

 

 

 

 

今、サラッと

ものすごい事言いましたけど(笑)

 

 

 

事実なんです。テヘ♪

よっぽどの事でしょ??

 

 

 

 

若かったなぁ・・・(遠い目)

 

 

 

 

ま・・・まあ、

とりあえず言えることは

 

 

「直接苦言を言われることなんて奇跡」

 

 

 

だと思っててちょうど良いって事です。

 

 

 

 

何か気になる事がある度に、ズバズバ本人に言えちゃう人なんて、本当に少数派なんです。

 

 

 

みんなそんなに強くないんです。

 

 

 

もっと言うと、なんでも思った事をズバズバ ハッキリ言う事が優しさだとも、正義だとも私は思っていません。

 

 

 

言う事で自分の気をスッキリさせたいだけ の人もいますしね(^^;

 

 

 

・・・なんか長くなってしまいましたが。

 

 

「悪口」=「嫌われてる」ではない

という事は、わかって頂けましたでしょうか?

 

 

 

まあ、直接言われないのは

 

 

・大した問題じゃないか

・大した存在じゃないか(^^;

 

 

どっちかって事なので、それはそれで、

場合に応じて割り切っちゃえば良いかなって思います。

 

 

 

ではまた♪

 

 

 

ベルメルマガ・LINE@では、読者様限定の無料お悩み相談受付中です

 

メール メールマガジン

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

LINE LINE@

友だち追加数

 

 

※頂いたメッセージ、コメント等は、全て読ませて頂いていますが、お返事は出来ない場合もございます。
また、許可なくブログやメールマガジンに掲載させて頂くことがありますので、掲載不可の場合は、その旨を記載しておいて下さいネ。

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

facebook 【Facebook個人アカウント】

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

ども!富田れいこです。

 


今日は、「悪口」について書きます。


悪口...

言われてうれしい人は、いないとは思いますが、


悪口を言われたからといって
「言われた人に嫌われた」 と
ヘコむ必要はないな。


と、言うのが、私の考えです。


特に、女性はそうかなって思います。


私の偏見かもしれませんが…


誤解を恐れず書かせて頂くと、


「女性は、悪口を言う生き物」


と、私は思ってますニヤリ


1489373336577.jpg

 


もう、本能ですね。あれは。


中には悪口を言う事でコミュニケーションを取る人もいるかなって感じ。


なんて言うんでしょうか…。


女性の悪口って、深刻に思って言ってる人はあんまりいないですねウシシ




本当にその人が嫌いで言っている…と、言うよりは、


「私とは価値観が違う!私が正しい!私の気持ちを分かって欲しい!」


って事を一生懸命言ってるだけのような気がします。


「グチ」なんですよね。
単なる。


どちらかと言うと、「嫌いな人」より、「仲良く付き合ってる」人の事が話題になる方が多いかもなぁというのが私の感想です。

 

 

きっと、好きな人にこそ、自分の気持ちを分かって欲しいんだと思う。


だから、悪口の話題に上がってる人と友達付き合いしたくないと思って言ってるかって言うと、全然そんな事はなかったりするんですよ。



ちなみに、私も、悪口、グチは、良く言いました。


よく話題にのぼる人は、母だったんですけども。


ほーんと、イライラさせられる事多かったのですよね~・・・最近まで。

 

 

最近は、本人にズバズバ言えるようになったので、ストレスはないんですけどね。

 

(その分、母がストレスためてたりして。笑)

 

 

あと、自分の娘の悪口を良く言ってましたね~。


(そういや、これも最近なくなったなぁ・・・年取ったな、私も。笑)


娘の悪口は、母に。


母の悪口は娘にって感じで。笑




じゃあ、私が2人の事を嫌いかって言うと、もちろんそんな事なかったわけでね。


花


あ、ちなみに、うちの母も、私の悪口、色んな人に言ってますよーー笑い泣き



でも、お互いがお互いの事を大好きです。



悪口なんて、そんなもんです。


他人に言われると、
なんだか 動よう してしまうかもしれませんけどね。

 

 

悪口の本質なんて、他人でも身内でもあんまり変わりませんよ。



「怒り」は、「愛」ですから。



悪口を言われる事を必要以上に恐れたりする必要は全~然ないんです♪



「あー、なんか言ってるなー。ごめんねー。あなたの思い通りに行動してあげられなくて。 でも、これが私だから。そんな私でも友達してくれてありがとうー!」



って、思っておけばいいんです(  ̄∇ ̄)



裏切られたとか、嫌われたとか、そんな風に悲しまなくて、全然大丈夫ですからね。

 

 

自分も大好きな人の悪口を、思いっきり言ったら良いんじゃないですかね。

 

 

これも、過去記事で書いた「お願いを断る」と一緒で。

 

 

「悪口言っても大好き」って気持ち、いっぱい体験したら傷つかないですよ。

 

 

・・・たぶん。笑

 

 

 

 

ではまた!

 

 

ベルメルマガ・LINE@では、読者様限定の無料お悩み相談受付中です

 

メール メールマガジン

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

LINE LINE@

友だち追加数

 

 

※頂いたメッセージ、コメント等は、全て読ませて頂いていますが、お返事は出来ない場合もございます。
また、許可なくブログやメールマガジンに掲載させて頂くことがありますので、掲載不可の場合は、その旨を記載しておいて下さいネ。

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

facebook 【Facebook個人アカウント】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)