AERA 特集

テーマ:

今日はコドモを実家において、お買い物にお出かけ。

電車に吊られていたAERAの広告を見て、「ぎょっ」っとなってしまった。


特集

「育児でネット買い中毒」

左手でだっこ、右手で検索/育休中なのに数十万の買い物


だって。

え?私の生活、誰か見てた??

私の場合は「左手でだっこ」に、さらに「そのまま授乳」がプラスされますが。(^_^;)


だってさぁ、仕事が休みに入ってからコレといってすることないわけよ。

コドモが生まれてからは、外に買い物に出て行くのも一苦労。

毎日毎日コドモの世話でストレスは溜まる。

で、自宅にこもったままでできるストレス解消っちゃねー。

しかも、子育て便利ツール、コドモ用品などなど、

これまでの生活には不要だったものがいろいろ欲しくなってくるわけで。

購買意欲はとどまるところを知らず。

私も出産してから3ヶ月、どれだけネットショッピングのお世話になったことか。

収入はないのにねー。

それでも社会保険料や住民税を会社から請求されてるのにねー。

さすがに数十万円まではまだ行ってないけど、

この生活が続けば時間の問題ですな。


AERAの記事は読んでないけど、どうコメントしてくれてるのだろー。

責められてるのだろーか、それとも同情されてる?

何か解決案を提示してくれてる?

ちょっと気になる。


AD

続 笑いの教育

テーマ:

今日は大学時代の友人宅を訪問。
女ばかり4人が久しぶりに集まり、バカ話に花を咲かせる。
で、昨日のブログに書いた私の目下の悩みを告白してみた。

北海道出身、関西在住10年超の友人が真剣な顔でいわく・・・
「そーやなぁ、ボケはともかくツッコミくらいはできんと厳しいかなぁ・・・」
って、やっぱりあなたも苦労したのね。
友人の来し方を思う。

AD

笑いの教育

テーマ:

現在わけあって長期実家滞在中です。


実家でテレビを見てたり、地元の友人たちと会って話して思うこと。

「この関西人独特のしゃべりをどうやって東京生まれ東京育ち(予定)のコドモに習得させるか」

多くの大阪人にとって、笑いは体の一部で

小さいころから常にどうやって笑いをとろうかってのを考えている。

日常会話の中に「ボケ」と「ツッコミ」を入れ込んで。

友人の4歳の子供なんかは、机のうえにあるものを「それとって」とお願いすると必ず3回は違うものをとってくれるらしいですぜ。すでに「ボケ」方を練習中。

(↑私の周囲のヒトだけかもしれませんので・・・あしからず)

「おまえあほやな」ってのは、間違いなくほめ言葉。

この感覚、関西で育たないとなかなかむずかしいんだよな。

私は関西の笑いを愛しているので、自分のコドモがボケることもツッコムこともできないなんて悲しすぎ。

うーん、毎年1ヶ月くらいは実家で修行させるか・・・。

ってなことを考えてるくらい、特にすることなしな日々です。


関西の笑いのエッセンスが入ってない夫はよいのかって?

よいのです。

彼は稀にみるレベルの「天然」なのです。

AD

激動の2007年

テーマ:

ということで(昨日の続きから・・・)、

2007年は図らずも私にとっては盛りだくさんな年になりました。


2007年になってすぐコドモができたことが発覚。

周囲の人(主に仕事関係)に「コドモができた。」というと、

「えっ・・・(沈黙)。おめでとう・・・でいいんだよね?」と

十中八九確認されて、自分のキャラクター設定を再認識。

口の悪い友人いわく「母性のかけらもない・・・」と。

会社の先輩に告げたときなど、

ストレートに「で、産むの?」って。

産みますとも。産みますとも。

だって、作ってみたんですもん。

いや、ホントにできるもんなのかと思って・・・

過去に婦人科で排卵してなくてできにくいと聞いていたので。

でも、できたのでそういうもんかと。

相手はすでに10年付き合って一緒に住んでる彼なもんだから、

結婚してなかったってだけで、本人たち的には

そんなに驚きもなかったんですが(ま、一瞬動揺はしたけど)

確かに周囲の人からすれば衝撃だったのかもねぇ。


そんなこんなで、

妊娠8ヶ月で婚姻届を出し(事実婚のままでいこうと思ってたのだけど、

新居のローンの関係で敢え無くギブアップ)、妊娠9ヶ月で産休に入り

(産後3ヶ月で復帰を目論んでいたが、保育園が空きなくいまだ育休中)、

産休と同時に引越しをし(3人と1匹には手狭だったため

引っ越そうかと考えていたところ、何を血迷ったか新居を衝動買い)、

めでたく9月に出産と相成りました。


周囲の評価のとおり、コドモは好きじゃないし、子育てなんて絶対ムリ。

とずっと思ってたけど、これがやってみると意外に楽しい。

よく考えてみれば、たまごっちをはじめとする育成ゲーム系は

好きな方だし(長続きしないけど)、犬を溺愛している私たちなので

(小動物という意味では同じ)、赤ちゃんもイケるってのに

不思議はないんですな。

コドモはまだあんまり人間としてのコミュニケーションはとれないので

今のところ飼育係みたいなもんで、実際のところ、

声をたてて笑ってくれる分、精神的には子犬育てより楽かも。


目下の悩みは、ライバルが出現して、

りく(犬)が赤ちゃんがえりしたかのように甘えんぼになったこと。

自分のテリトリーを守るためか、家のなかで

マーキングするようになってしまい・・・ (ノ_・。)

一日も早い両者の和解を望むばかりです。

さてさて

テーマ:

前回の更新からなんと1年と半年。

読者のみなさまお待たせいたしました。私またしても戻ってまいりました!

って、誰も待ってないんだけど。

普通、1年半放置されたブログは二度と更新されないと思われますが

そこは「もったないない」世代の私(?)。

もいっかいブログ書こうかと思いたった今、この見捨てられていた

スペースを続けて使用していこっかなーと思った次第です。

(↑単に新しく開設するのが面倒なだけだったり・・・)


ここから書かれるネタはこの1年半で私の身に起こった変化を反映し、

今までとはがらっと変わっちゃいますがね。

ま、そのあたりは、おいおい・・・。


またしてもいつまで続くかはわからないですが、仕切りなおしでどーぞよろしく。


で、何が変わったかというと・・・

今これを書いている私のとなりには、なんと生後3ヶ月の男子が転がっています。

驚いたことに今度は犬じゃないのよ、人間よ、人間。

1年半という期間はなんと人間を一人生み出してしまえる時間なわけですねぇ。

ということで、現在会社を休んで子育て中。

いやいや、人生何が起こるかわかんないもんよ。